霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

跋文(ばつぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第14巻 如意宝珠 丑の巻 篇:後付 よみ:
章:跋文 よみ:ばつぶん 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年11月04日(旧09月16日) 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年11月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
現幽神三界を説いた第十四巻の終わりに、三途の川の真相を述べておく。三途の川は、現幽神三界に、諸人たちの霊魂が行く先が定まる場所である。八洲の河、またヨルダンの河とも言われる聖場である。
悪の御魂には脱衣婆が現れて衣服をはぎ、善の御魂には美女が錦の服を授ける。善悪未定の霊魂は、婆が竹箒で娑婆へ追い返す。善悪正邪を立て別ける、御魂の分水嶺である。
川水は、集まってきた人々の霊魂によって清くも濁りもする。激しい上の瀬を渡るのは、現界に生まれ変わったり蘇生したりする霊魂である。弱い下津瀬を渡るのは、根底の国に落ち行く人たちである。温かく美しい中津瀬を渡るのは、天国に行く人たちである。
一方一途の川は、至善至真の天国に一直線に上って行く稀有な御魂や、地獄に一筋に堕ち行く極悪の御魂が渡る、善と悪の一途の川である。
物語は滑稽交じりに述べたが、ぜひ意を留めて反省悔悟の念を起こし、人生の行路を清く正しく歩ませ給え。
神諭にミロクは宇宙一切万有の親神であるとあるが、仏教においてはそうではない、という人がある。仏典にある菩薩は、それぞれ何神・何命にあたるのかは、物語を全部通読すれば、わかってくるのである。
大本教祖の筆先は、仏神一体の神理によって、現代人の耳に入りやすいように仏教の用語を用いられているのである。筆先は、仏教の用語が主となって現れていることを、ここに示しておくものである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:284頁 八幡書店版:第3輯 265頁 修補版: 校定版:297頁 普及版:133頁 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第二巻 宗教・教育編 > 【宗教編】第四篇 神霊世界 > 第六章 三途川と一途川
001(かみ)御諭(みこと)(かうむ)りて
002()(はじ)めたる霊界(れいかい)
003()しき神代(かみよ)物語(ものがたり)
004神代(かみよ)(ばか)りか幽界(いうかい)
005また現界(げんかい)押並(おしな)べて
006(かみ)()()口車(くちぐるま)
007現幽神(げんいうしん)三界(さんかい)
008(たうげ)()ちて()瀬川(せがは)
009()()(たうげ)()()
010(みね)(ふもと)にそそり()
011黄金閣(わうごんかく)(かげ)(きよ)
012教主館(けうしゆやかた)横臥(わうぐわ)して
013三途(せうづ)(ながれ)滔々(たうたう)
014(みづ)御魂(みたま)(はし)()
015十四(じふし)(まき)のいや(はて)
016その真相(しんさう)(しめ)すべし
017三途(せうづ)(かは)神界(しんかい)
018現界(げんかい)(また)幽界(いうかい)
019諸人等(もろびとたち)霊魂(れいこん)
020行衛(ゆくゑ)(さだ)まる裁断所(さばきどこ)
021八洲(やす)河原(かはら)とヨルダンの
022(かは)とも(とな)神聖場(しんせいぢやう)
023(あく)霊魂(みたま)()(とき)
024その川守(かはもり)鬼婆(おにばば)
025(たちま)(へん)着衣(ちやくい)()
026裸体(らたい)となりて()(くに)
027(そこ)幽世(かくりよ)(おと)()
028(ぜん)御魂(みたま)()(とき)
029川守(かはもり)(たちま)美女(びぢよ)となり
030(やさ)しき言葉(ことば)使(つか)ひつつ
031(ふる)衣服(いふく)脱却(だつきやく)
032(にしき)衣服(いふく)着替(きか)へさせ
033高天原(たかあまはら)楽園(らくゑん)
034()くべき印綬(いんじゆ)(わた)(なり)
035善悪(ぜんあく)未定(みてい)霊魂(れいこん)
036()たれば川守(かはもり)また(ばば)
037(たちま)(かは)竹箒(たけばうき)
038()()娑婆(しやば)追返(おひかへ)
039(あさ)(ゆふべ)区別(くべつ)なく
040(かは)(なが)れの(かは)(ごと)
041千変万化(せんぺんばんくわ)活動(くわつどう)
042いや永遠(とこしへ)(ひら)()
043善悪正邪(ぜんあくせいじや)立別(たてわ)ける
044(これ)霊魂(みたま)分水河(ぶんすゐか)
045千代(ちよ)(なが)れて(はて)もなし
046(そもそ)もこれの川水(かはみづ)
047(きよ)(なが)るることもあり
048(にご)(けが)るることもあり
049清濁(せいだく)不定(ふてい)有様(ありさま)
050(あつ)まり()たる人々(ひとびと)
051霊魂々々(みたまみたま)(うつ)()
052()しき(たふ)とき(めづ)らしき
053宇宙(うちう)唯一(ゆいつ)(なが)れなり
054(はげ)しき(うは)()(わた)るのは
055現実界(げんじつかい)(うま)()
056霊魂(みたま)蘇生(そせい)する(ひと)(ばか)
057(よわ)下津瀬(しもつせ)(わた)()
058霊魂(みたま)()(くに)(そこ)(くに)
059暗黒(あんこく)無明(むみやう)世界(せかい)へと
060()()(かな)しき(たま)のみぞ
061(ゆる)けく(つよ)(きよ)らけく
062()(あたた)かく(うる)はしき
063中津瀬(なかつせ)(わた)()くものは
064至喜(しき)至楽(しらく)(はな)(ひら)
065天国(てんごく)浄土(じやうど)(のぼ)(たま)
066それぞれ霊魂(みたま)因縁(いんねん)
067(つな)()かれて(すす)()
068(かみ)律法(みのり)(たふ)とけれ
069三途(せうづ)(かは)物語(ものがたり)
070(ほか)一途(いちづ)(かは)もあり
071(そもそ)一途(いちづ)因縁(いんねん)
072現世(げんせ)一旦(いつたん)(うま)()
073至善(しぜん)至真(ししん)神仏(しんぶつ)
074(をしへ)(まも)(みち)()
075(かみ)御子(みこ)たる天職(てんしよく)
076(つく)()はせし神魂(かむみたま)
077大聖美人(たいせいびにん)天国(てんごく)
078(すす)みて(のぼ)八洲(やす)(かは)
079(きよ)めし御魂(みたま)(いま)一度(いちど)
080(きよ)めて(すす)(わた)()
081(ぜん)一途(ひとみち)生命川(いのちがは)
082(わた)(ひと)こそ(めづ)らしき
083一旦(いつたん)現世(げんせ)(うま)()
084体主霊従(たいしゆれいじう)悪業(あくげふ)
085(やま)()みたる邪霊(まがたま)
086裁断(さばき)()けず一筋(ひとすぢ)
087(わた)りて根底(ねそこ)暗界(あんかい)
088()()亡者(まうじや)濁水(だくすゐ)
089(おぼ)(くる)しみ(わた)()
090(ぜん)(あく)との一途川(いちづがは)
091()にも忌々(ゆゆ)しき(なが)(なり)
092アヽ惟神(かむながら)々々(かむながら)
093御霊(みたま)(さちは)へましまして
094三途(せうづ)(かは)一途川(いちづがは)
095滑稽(こつけい)(まじ)りに()()てし
096この物語(ものがたり)()()めて
097()()(ひと)霊魂(たましひ)
098反省(はんせい)改悟(かいご)信念(しんねん)
099(おこ)させ(たま)ひて人生(じんせい)
100行路(かうろ)(きよ)(たの)もしく
101(あゆ)ませ(たま)へと天地(あめつち)
102(かみ)御前(みまへ)()(わた)
103大空(おほぞら)(かがや)瑞月(ずゐげつ)
104天照(あまてら)()大神(おほかみ)
105(あま)ねく(てら)光明(くわうみやう)
106(てら)され(なが)人々(ひとびと)
107身魂(みたま)行衛(ゆくゑ)(あきら)かに
108()(しめ)()(うれ)しさよ
109朝日(あさひ)()るとも(くも)(とも)
110(つき)()つとも()くるとも
111たとへ大地(だいち)(しづ)(とも)
112(まこと)(かみ)御諭(みさと)しは
113万劫末代(まんごまつだい)いつ(まで)
114天地(てんち)(つづ)くその(かぎ)
115(かは)りて()ちて(ほろ)()
116ためしは永遠(とは)にあらざらめ
117アヽ惟神(かむながら)々々(かむながら)
118御魂(みたま)(さち)はへましませよ。
119
120 神諭(しんゆ)に『(まつ)()弥勒(みろく)()神世(かみよ)(いた)すぞよ云々(うんぬん)』とあり、121弥勒(みろく)至仁(しじん)至愛(しあい)()にして、122宇宙(うちう)万有(ばんいう)一切(いつさい)(おや)(なり)()(なり)(しゆ)(なり)()きたまへり。123読者(どくしや)(なか)には、124仏教(ぶつけう)教典(けうてん)()りて釈迦(しやか)(せつ)()(あは)せ、125ミロクは七仏(しちぶつ)出生説(しゆつしやうせつ)(なか)にある一仏(いちぶつ)にして、126大本(おほもと)神諭(しんゆ)にある(ごと)(たふと)位置(ゐち)にある(ぶつ)(また)(かみ)にあらずと()(ひと)あり。127仏書(ぶつしよ)のみを()みたる(ひと)意見(いけん)としては、128(もつと)至極(しごく)なる見解(けんかい)()ふべしである。129王仁(おに)は、130(ついで)(もつ)本巻(ほんくわん)末尾(まつび)(おい)仏典(ぶつてん)(あら)はれたる弥勒(みろく)位置(ゐち)(ここ)掲載(けいさい)して、131読者(どくしや)参考(さんかう)(きよう)して()ようと(おも)ふ。
132 法華経(ほけきやう)序品(じよほん)第一(だいいち)
133 前略(ぜんりやく)
134 菩薩(ぼさつ)摩訶薩(まかさつ)八万人(はちまんにん)あり。135(みな)阿耨多羅(あのくだら)三藐(さんみやく)三菩提(さんぼだい)(おい)退転(たいてん)せず、136(みな)陀羅尼(だらに)()137楽説(げうせつ)弁才(べんさい)あつて不退転(ふたいてん)法輪(ほふりん)(てん)じ、138無量(むりやう)百千(ひやくせん)諸仏(しよぶつ)供養(くやう)し、139諸仏(しよぶつ)(ところ)(おい)(もろもろ)徳本(とくほん)()ゑ、140(つね)諸仏(しよぶつ)称嘆(しようたん)せらるることを()141()(もつ)()(をさ)め、142()仏慧(ぶつゑ)()り、143大智(だいち)通達(つうたつ)し、144彼岸(ひがん)(いた)名称(みようしよう)(あまね)無量(むりやう)世界(せかい)(きこ)えて、145()無数百千(むすうひやくせん)衆生(しゆじやう)()す。146その()を、
147  一 文珠師利(もんじゆしり)菩薩(ぼさつ)
148  二 観世音(くわんぜおん)菩薩(ぼさつ)
149  三 得大勢(とくだいぜい)菩薩(ぼさつ)
150  四 常精進(じやうしやうじん)菩薩(ぼさつ)
151  五 不休息(ふぐそく)菩薩(ぼさつ)
152  六 宝掌(ほうしやう)菩薩(ぼさつ)
153  七 薬王(やくわう)菩薩(ぼさつ)
154  八 勇施(ゆうせ)菩薩(ぼさつ)
155  九 宝月(ほうげつ)菩薩(ぼさつ)
156  十 月光(げつくわう)菩薩(ぼさつ)
157 十一 満月(まんげつ)菩薩(ぼさつ)
158 十二 大力(たいりき)菩薩(ぼさつ)
159 十三 無量力(むりやうりき)菩薩(ぼさつ)
160 十四 越三界(おつさんかい)菩薩(ぼさつ)
161 十五 跋陀婆羅(ばつだばら)菩薩(ぼさつ)
162 十六 弥勒(みろく)菩薩(ぼさつ)
163 十七 宝積(ほうしやく)菩薩(ぼさつ)
164 十八 導師(だうし)菩薩(ぼさつ)
165 (みぎ)(ごと)菩薩(ぼさつ)摩訶薩(まかさつ)八万人(はちまんにん)(とも)(なり)
166(しる)してある。167この菩薩(ぼさつ)霊界物語(れいかいものがたり)全部(ぜんぶ)通読(つうどく)されなば、168(なに)菩薩(ぼさつ)何神(なにがみ)何命(なにみこと)()たるやといふことは(おのづか)判明(はんめい)することと(おも)ひます。
169 釈提桓因(しやくだいくわんいん)その眷属(けんぞく)二万(にまん)天子(てんし)(とも)(とも)なり。170(また)
171  一 名月天子(みやうげつてんし)
172  二 普香天子(ふかうてんし)
173  三 宝光天子(ほうくわうてんし) 四大(しだい)天王(てんわう)あり、174(その)眷属(けんぞく)(よろづ)天子(てんし)(とも)(とも)なり。
175  四 自在天子(じざいてんし)
176  五 大自在天子(だいじざいてんし)
177 その眷属(けんぞく)三万(さんまん)天子(てんし)(とも)(とも)なり。
178 娑婆(しやば)世界(せかい)(しゆ)
179  六 梵天王(ぼんてんわう)
180  七 尸棄大梵(しきだいぼん)
181  八 光明大梵(くわうみやうだいぼん)
182 (とう)その眷属(けんぞく)万二千(まんにせん)天子(てんし)(とも)(とも)なり。
183 (やつ)竜王(りうわう)あり、
184  一 難陀(なんだ)竜王(りうわう)
185  二 跋難陀(ばつなんだ)竜王(りうわう)
186  三 娑伽羅(しやがら)竜王(りうわう)
187  四 和修吉(わしうきつ)竜王(りうわう)
188  五 徳叉迦(とくしやか)竜王(りうわう)
189  六 阿那婆達多(あなばだつた)竜王(りうわう)
190  七 摩那斯(まなし)竜王(りうわう)
191  八 優鉢羅(うばつら)竜王(りうわう)なり。
192 (かく)若干(じやくかん)百千(ひやくせん)眷属(けんぞく)(とも)(とも)なり。
193 (よつ)緊那羅王(きんならわう)あり
194  一 (はふ)緊那羅王(きんならわう)
195  二 妙法(めうはふ)緊那羅王(きんならわう)
196  三 大法(だいはふ)緊那羅王(きんならわう)
197  四 持法(ぢはふ)緊那羅王(きんならわう) なり。
198 (かく)若干(じやくかん)百千(ひやくせん)眷属(けんぞく)(とも)(とも)なり。
199 (よつ)乾闥婆王(けんだつばわう)あり。
200  一 (がく)乾闥婆王(けんだつばわう)
201  二 楽音(がくおん)乾闥婆王(けんだつばわう)
202  三 ()乾闥婆王(けんだつばわう)
203  四 美音(みおん)乾闥婆王(けんだつばわう) なり。
204 (かく)若干(じやくかん)百千(ひやくせん)眷属(けんぞく)(とも)(とも)なり。
205 (よつ)阿修羅王(あしゆらわう)あり
206  一 婆稚(ばち)阿修羅王(あしゆらわう)
207  二 佉羅騫駄(からけんだ)阿修羅王(あしゆらわう)
208  三 毘摩質多羅(びましつたら)阿修羅王(あしゆらわう)
209  四 羅睺(らご)阿修羅王(あしゆらわう)なり。
210 (かく)若干(じやくかん)百千(ひやくせん)眷属(けんぞく)(とも)(とも)なり。
211 (よつ)迦楼羅王(かるらわう)あり、
212  一 大威徳(だいゐとく)迦楼羅王(かるらわう)
213  二 大身(だいしん)迦楼羅王(かるらわう)
214  三 大満(たいまん)迦楼羅王(かるらわう)
215  四 如意(によい)迦楼羅王(かるらわう) なり。
216 (かく)若干(じやくかん)百千(ひやくせん)眷属(けんぞく)(とも)(とも)なり。
217 韋提希(ゐだいけ)()阿闍世王(あじやせわう)若干(じやくかん)百千(ひやくせん)眷属(けんぞく)(とも)(とも)なり云々(うんぬん)
218と、219(しめ)されてある。220(これ)(もつ)(これ)()(とき)は、221大本(おほもと)教祖(けうそ)筆先(ふでさき)なるものは(かみ)(みち)とは()ひながら、222最初(さいしよ)より仏神(ぶつしん)一体(いつたい)神理(しんり)により、223現代人(げんだいじん)(みみ)()(やす)きやうに仏教(ぶつけう)用語(ようご)をも(もち)ゐられてあることを(さと)()らるるのである。224明治(めいぢ)二十五年(にじふごねん)正月(しやうぐわつ)元日(ぐわんじつ)(はじ)めて(うしとら)金神(こんじん)(さま)出口(でぐち)教祖(けうそ)神懸(かむがかり)された(とき)大獅子吼(だいししく)は、
225 三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)(うしとら)金神(こんじん)()になりたぞよ。226須弥仙山(しゆみせんざん)(こし)()(うしとら)金神(こんじん)世界(せかい)(まも)るぞよ云々(うんぬん)
227 三千世界(さんぜんせかい)仏教中(ぶつけうちう)用語(ようご)であり、228(うしとら)金神(こんじん)神道(しんだう)()ではない。229須弥仙山(しゆみせんざん)仏教家(ぶつけうか)(もつと)大切(たいせつ)にして()霊山(れいざん)である。230またミロク菩薩(ぼさつ)とか竜宮(りうぐう)とか竜神(りうじん)とか、231天子(てんし)とか、232(わう)とか(あら)はれて()るのは、233(ことごと)仏教(ぶつけう)()()りて()かれたものであります。234(ゆゑ)筆先(ふでさき)にある(わう)とは、235八大竜王(はちだいりうわう)(および)諸仏王(しよぶつわう)略称(りやくしよう)であり、236天子(てんし)()へば明月(めいげつ)天子(てんし)237普香(ふかう)天子(てんし)238宝光(ほうくわう)天子(てんし)239四大(しだい)天王(てんわう)その()(しよ)天子(てんし)240(しよ)天王(てんわう)略称(りやくしよう)であることは勿論(もちろん)であります。241自在天子(じざいてんし)242大自在天子(だいじざいてんし)243梵天王(ぼんてんわう)244その()(わう)()()いた(ぶつ)沢山(たくさん)にあり、245(ぶつ)(かみ)同一体(どういつたい)246(もと)一株(ひとかぶ)()いてある。247また大自在天子(だいじざいてんし)のその眷属(けんぞく)三万(さんまん)天子(てんし)(とも)(とも)なりとあるを()れば天子(てんし)とは(すなは)神道(しんだう)にて()神子(みこ)(また)神使(しんし)であります。248(えう)するに、249(かみ)(みち)250(ぶつ)(みち)(すぐ)れたる信者(しんじや)意味(いみ)になるのであります。251天子(てんし)は、252また天使(てんし)エンゼルとキリスト(けう)では()つて()ます。253大本(おほもと)筆先(ふでさき)教祖(けうそ)入道(にふだう)最初(さいしよ)より仏教(ぶつけう)用語(ようご)(あら)はせられたのであるから(すべ)仏教(ぶつけう)(えん)()つて説明(せつめい)せなくては、254大変(たいへん)間違(まちが)ひの(おこ)るものであります。255王仁(おに)弥勒(みろく)菩薩(ぼさつ)(ちな)める五百六十七節(ごひやくろくじふしちせつ)口述(こうじゆつ)(をは)るに(さい)し、256仏教(ぶつけう)(あら)はれたるミロク菩薩(ぼさつ)位置(ゐち)(しめ)すと同時(どうじ)筆先(ふでさき)一切(いつさい)(ぶつ)用語(ようご)(しゆ)となりて(あら)はれて()ることを(ここ)説明(せつめい)しておきました。
257 アヽ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)ませ。
258   大正十一年十一月四日
259(昭和一〇・三・一七 於嘉義公会堂 王仁校正)