霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 琉球(りうきう)(ひかり)〔八九六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第32巻 海洋万里 未の巻 篇:第1篇 森林の都 よみ:しんりんのみやこ
章:第5章 第32巻 よみ:りゅうきゅうのひかり 通し章番号:896
口述日:1922(大正11)年08月22日(旧06月30日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年10月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
カーリンスも滑稽な歌の中にも兎と鰐を安堵する内容を込めて舞い踊った。
鷹依姫一行が兎の都に迎えられてから一年ほど経った夜、四方の丘から怒号の声が聞こえてきた。兎の王は鷹依姫の前に走り来たって、猛獣の軍隊が攻め寄せたことを注進した。そして、鰐たちが防戦しつつあるが、大軍のために宣伝使たちにも神力による助力を懇願した。
鷹依姫は直ちに拍手して天津祝詞を奏上し、天地に向かって言霊歌を宣り上げた。すると屏風山脈の最高地点の帽子ヶ岳から、二つの火光がサーチライトのように輝いた。兎の都の四方を囲んでいた猛獣の魔軍は光に打たれてその場に震えおののいた。
竜国別は火光に向かって拍手し、琉球の霊光の援軍に感謝の宣伝歌を歌った。そして兎の王に、霊光の威徳が現れたことに安堵するよう伝えた。
鰐の頭も天佑の顕現に勇み立ち、兎の王に防戦の成功を請け合った。一同は帽子ヶ岳の霊光に感謝し、歓声を上げてこの天佑を祝し、その夜を無事に明かすことになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3205
愛善世界社版:51頁 八幡書店版:第6輯 168頁 修補版: 校定版:54頁 普及版:20頁 初版: ページ備考:
001 カーリンスは三人(さんにん)宣伝使(せんでんし)(うた)()き、002(われ)(また)(うた)をうたひ、003(うさぎ)004(わに)一族(いちぞく)(たい)し、005(はば)()かさねばなるまいと(おも)つたか、006(ただち)立上(たちあが)り、007(めう)手附(てつき)をして(をど)りながら、008(うた)(はじ)むる。
009此処(ここ)()()ふハルの(くに)
010アマゾン(がは)沿()ひて()てる
011大森林(だいしんりん)時雨(しぐれ)(もり)(ひと)()
012モールバンドやエルバンド
013(その)(ほか)(もも)(けもの)たち
014堅城鉄壁(けんじやうてつぺき)千代(ちよ)棲処(すみか)
015天日(てんじつ)()ぢず()(はばか)らず
016(つき)(ひかり)(おそ)れず
017自由自在(じいうじざい)
018咆哮怒号(はうかうどがう)魔窟ケ原(まくつがはら)
019優勝劣敗(いうしようれつぱい)
020弱肉強食(じやくにくきやうしよく)修羅(しゆら)(ちまた)
021数百万年(すうひやくまんねん)(むかし)より
022世界(せかい)秘密国(ひみつこく)として
023(なれ)一族(いちぞく)
024(あた)へられたる(この)(もり)
025(もり)(あるじ)(うさぎ)(わう)
026(ほこ)りし(ゆめ)何時(いつ)しか()えて
027(いま)悪魔(あくま)
028棲処(すみか)()()てぬ
029(かは)れば(かは)現世(うつしよ)
030(ためし)()れぬ(うさぎ)()(うへ)
031(わに)一族(いちぞく)(さび)しき生活(せいくわつ)
032広袤千里(くわうぼうせんり)森林(しんりん)
033十里(じふり)四方(しはう)地点(ちてん)(えら)
034要害(えうがい)堅固(けんご)鉄城(てつじやう)
035(たの)みて(くら)霊場(れいぢやう)
036(いま)(あやふ)くなりにけり
037八岐(やまた)大蛇(をろち)醜狐(しこぎつね)
038曲鬼(まがおに)(ども)(たま)(すゑ)
039激浪(げきらう)(たけ)奔流(ほんりう)
040(ふか)河瀬(かはせ)()(ひそ)
041(なれ)一族(いちぞく)(ことごと)
042(いのち)(つな)餌食(ゑじき)にし
043根絶(こんぜつ)せむと()(ねら)
044モールバンドやエルバンド
045()かる仇敵(かたき)のある(なか)
046(とら)(おほかみ)獅子(しし)(くま)
047大蛇(をろち)禿鷲(はげわし)(さる)(むれ)
048(なれ)一族(いちぞく)(ねら)ひつつ
049(まなこ)(くば)(とき)もあれ
050国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
051(まも)(たま)へる三五(あななひ)(かみ)(つかさ)
052鷹依姫(たかよりひめ)(はじ)めとし
053竜国別(たつくにわけ)宣伝使(せんでんし)
054テーリスタンやカーリンス
055四人(よたり)(うづ)(かみ)()
056(すく)ひの(かみ)(あら)はれて
057此処(ここ)まで(くだ)(きた)りしは
058枯木(かれき)(はな)()きしが(ごと)
059大旱(たいかん)(あめ)()たるが(ごと)くなるべし
060(いさ)(よろこ)(うさぎ)(わに)
061吾等(われら)(これ)よりハルの(くに)
062アマゾン(がは)森林(しんりん)
063(かみ)御水火(みいき)言向(ことむ)(やは)
064(なほ)(すす)んで(うづ)(くに)
065(あさひ)のテルやヒルの(くに)
066カルの(くに)まで天降(あまくだ)
067八岐大蛇(やまたをろち)一族(いちぞく)
068言向(ことむ)(やは)(かみ)()
069(かしこ)(きよ)政事(まつりごと)
070()(ほどこ)すは()のあたり
071仮令(たとへ)悪神(あくがみ)アマゾンの
072河底(かはぞこ)(ふか)(ひそ)むとも
073(たけ)(けもの)(いたづら)
074(なれ)(むれ)をば()むるとも
075吾等(われら)此処(ここ)(きた)りし(かぎ)
076ビクともさせぬ神力(しんりき)
077(かた)(しん)じて朝夕(あさゆふ)
078(よろこ)(いさ)(かみ)(まへ)
079(みづ)御霊(みたま)()れませる
080(つき)御神(みかみ)御前(おんまへ)
081()ふも(さら)なり国魂(くにたま)
082(かみ)()れます竜世(たつよ)(ひめ)
083(あつ)(まつ)れよ(うやま)へよ
084(われ)(かみ)()(また)(なれ)
085(おな)じく(かみ)御子(みこ)なれば
086(なん)(へだ)てのあるべきや
087(かみ)万物(ばんぶつ)一切(いつさい)
088平等愛(びやうどうあい)()(たま)
089あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
090(うさぎ)(みやこ)(あら)はれて
091(こころ)(かた)(わに)(むれ)
092(あつ)まり(まも)聖場(せいぢやう)
093三五教(あななひけう)(かみ)(くに)
094堅磐常磐(かきはときは)(かぎ)りなく
095(もとゐ)()つる(たの)もしさ
096あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
097(かみ)(めぐみ)(うれ)しみて
098(うさぎ)(わに)群等(むれたち)
099(よろこ)(いさ)(かみ)(まへ)
100(もり)(こだま)(ひび)くまで
101(うた)へよ(いの)(かみ)(おん)
102あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
103御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
104 (これ)より鷹依姫(たかよりひめ)(ほか)三人(さんにん)数多(あまた)(うさぎ)使嗾(しそう)し、105(うさぎ)(みやこ)(わう)となつて、106(ほとん)一年(いちねん)日子(につし)(この)別世界(べつせかい)(たの)しく面白(おもしろ)(おく)りたり。
107 或夜(あるよ)108(つき)皎々(かうかう)(ひか)りを湖面(こめん)()ぐる(をり)しも、109四方(しはう)(をか)(うへ)より、110一斉(いつせい)に『ウーウー』と咆哮怒号(ほうかうどがう)突喊(とつかん)(こゑ)111(みみ)引裂(ひきさ)くるばかり(きこ)(きた)りぬ。112(うさぎ)(わう)(おどろ)きて鷹依姫(たかよりひめ)(まへ)(はし)(きた)り、
113鷹依姫(たかよりひめ)(さま)申上(まをしあ)げます。114只今(ただいま)四方(よも)山々(やまやま)取囲(とりかこ)み、115(とら)116(おほかみ)117獅子(しし)118大蛇(をろち)119熊王(くまわう)120数多(あまた)一族(いちぞく)()(あつ)め、121雲霞(うんか)のごとく(この)霊地(れいち)占領(せんりやう)し、122吾等(われら)部下(ぶか)(とら)へむと(いきほひ)(たけ)()()せました。123(わに)(かしら)数多(あまた)眷族(けんぞく)()びあつめ、124死力(しりよく)(つく)して(たたか)つて()るでは御座(ござ)いませうが、125(なに)()つても()(あま)大軍(たいぐん)126容易(ようい)撃退(げきたい)することは不可能(ふかのう)なれば、127(なに)とか御神力(ごしんりき)(もつ)彼等(かれら)()()魔軍(まぐん)言向(ことむ)(やは)(たま)はむ(こと)を、128(ひとへ)一族(いちぞく)(かは)御願(おねが)申上(まをしあ)げます』
129(あわ)ただしく(いき)(はづ)ませ(たの)()る。130鷹依姫(たかよりひめ)はウツラウツラ(ねむ)りつつありしが、131(たちま)()(おこ)し、132(つき)大神(おほかみ)(まつ)りたる(もつと)(たか)地点(ちてん)(のぼ)り、133四辺(しへん)をキツと見詰(みつ)むれば、134四方(よも)(つつ)みし青垣山(あをがきやま)彼方此方(あなたこなた)炬火(たいまつ)(ひかり)煌々(くわうくわう)(かがや)き、135咆哮怒号(ほうこうどごう)(こゑ)136万雷(ばんらい)一時(いちじ)(きこ)ゆる(ごと)く、137物凄(ものすご)刻々(こくこく)激烈(げきれつ)となり(きた)る。
138 鷹依姫(たかよりひめ)(ただち)拍手(はくしゆ)しながら天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)し、139天地(てんち)(むか)つて言霊(ことたま)()()げたり。
140天津神等(あまつかみたち)八百万(やほよろづ)
141国津神等(くにつかみたち)八百万(やほよろづ)
142国魂神(くにたまがみ)(はじ)めとし
143取分(とりわ)(この)()(つく)らしし
144国治立大御神(くにはるたちのおほみかみ)
145豊国姫大御神(とよくにひめのおほみかみ)
146天照(あまて)らします大御神(おほみかみ)
147神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
148(うづ)御前(みまへ)三五(あななひ)
149(かみ)(つかさ)()けられし
150鷹依姫(たかよりひめ)真心(まごころ)
151こめて(いの)りを(ささ)げます
152あゝ大神(おほかみ)大神(おほかみ)
153高砂島(たかさごじま)のハルの(くに)
154アマゾン(がは)両岸(りやうがん)
155幾万年(いくまんねん)星霜(せいさう)
156(かさ)ねて()てる大森林(だいしんりん)
157(なか)(たふと)(この)霊地(れいち)
158千代(ちよ)棲処(すみか)(さだ)めつつ
159身魂(みたま)(きよ)(うる)はしき
160(うさぎ)(むれ)(わに)(むれ)
161いや永久(とこしへ)棲居(すまゐ)して
162(かみ)(めぐみ)(よろこ)びつ
163天伝(あまつた)ひます(つき)(かみ)
164(あさ)(ゆふ)なに()(をが)
165天地(てんち)(めぐみ)感謝(かんしや)する
166(たふと)(こころ)(あはれ)みて
167()()魔神(まが)大神(おほかみ)
168稜威(いづ)御水火(みいき)()(はら)
169安全(あんぜん)地帯(ちたい)となし(たま)
170あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
171(かみ)(めぐみ)(つつ)まれし
172(うさぎ)(みやこ)(この)聖地(せいち)
173千代(ちよ)八千代(やちよ)永久(とこしへ)
174曲津(まがつ)(かみ)一指(いつし)だも
175()るる(こと)なく(つつが)なく
176常世(とこよ)(はる)のいつまでも
177(よろこ)(いさ)みの(はな)()かせ
178これの聖地(せいち)(もと)として
179時雨(しぐれ)(もり)(すま)ひたる
180(たけ)(けもの)大蛇(をろち)まで
181(かみ)(めぐみ)()るるなく
182(すく)はせ(たま)惟神(かむながら)
183(かみ)御前(みまへ)()(まつ)
184(あさひ)()るとも(くも)るとも
185(つき)()つとも()くるとも
186(てき)(いきほひ)(たけ)くとも
187(かみ)より()けし言霊(ことたま)
188吾等(われら)四人(よにん)御稜威(みいづ)をば
189天津御空(あまつみそら)()(ごと)
190()らさせ(たま)ひて功績(いさをし)
191千代(ちよ)八千代(やちよ)永久(とこしへ)
192()てさせ(たま)へよ惟神(かむながら)
193(かみ)御前(みまへ)にひれ()して
194言霊(ことたま)(とな)(たてまつ)る』
195 ()(うた)(をり)しも、196西南(せいなん)(すみ)(あた)つて、197屏風山脈(びやうぶさんみやく)最高地点(さいかうちてん)198帽子ケ岳(ぼうしがだけ)方面(はうめん)より、199(ふた)つの火光(くわくわう)200サーチライトの(ごと)(かがや)(きた)り、201四方(しはう)(かこ)みし魔軍(まぐん)(ひか)りに()たれて(こゑ)(ひそ)め、202(つめ)(かく)し、203(きば)(ちぢ)め、204(まなこ)(ふさ)ぎ、205大地(だいち)にカツパとひれ()して、206(ふる)(をのの)()たりける。
207 竜国別(たつくにわけ)立上(たちあが)り、208火光(くわくわう)(むか)つて再拝(さいはい)し、209拍手(はくしゆ)しながら(うた)ふ。
210青垣山(あをがきやま)(めぐ)らせる
211これの聖地(せいち)永久(とこしへ)
212(すま)ひなれたる(うさぎ)子等(こら)
213魔神(まが)(わざはひ)(のが)れむと
214(あさ)(ゆふ)なに(つき)(かみ)
215(いつ)きまつりて誠心(まごころ)
216(かぎ)りを(つく)(つか)()
217(その)誠心(まごころ)同情(どうじやう)
218八尋(やひろ)(わに)(うみ)()
219(あつ)まり(きた)りて夜昼(よるひる)
220区別(くべつ)()らず聖場(せいぢやう)
221(まも)()るこそ(かしこ)けれ
222(とき)しもあれや三五(あななひ)
223(みち)(つた)ふる神司(かむづかさ)
224自転倒島(おのころじま)(あと)にして
225(あら)はれ(きた)吾々(われわれ)
226一行(いつかう)四人(よにん)(つつが)なく
227(かみ)仕組(しぐみ)経糸(たていと)
228()かれて此処(ここ)()()れば
229(うさぎ)(みやこ)永久(とこしへ)
230八尋(やひろ)(わに)(まも)られて
231天国(てんごく)浄土(じやうど)()のあたり
232()るが(ごと)くに(さか)えけり
233あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
234(かみ)(めぐみ)(うれ)しみて
235吾等(われら)はここに大神(おほかみ)
236禽獣虫魚(きんじうちうぎよ)(はし)までも
237(めぐ)(たま)へる御心(みこころ)
238信仰(あなな)ひまつりて(わう)となり
239(うさぎ)(わに)一族(いちぞく)
240(かみ)(めぐみ)間配(まくば)りつ
241(まも)(をり)しも青垣(あをがき)
242(やま)()()()(きた)
243(とら)(おほかみ)獅子(しし)(くま)
244大蛇(をろち)(みたま)諸共(もろとも)
245これの霊地(れいち)蹂躙(じうりん)
246(うさぎ)(わに)一族(いちぞく)
247滅亡(めつぼう)させむと(せま)()
248(その)災害(わざはひ)(のが)れむと
249(あさ)(ゆふ)なに言霊(ことたま)
250稜威(いづ)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)
251(やうや)無事(ぶじ)(きた)りけり
252(しか)るに(また)もや四方(よも)(やま)
253(みね)()()曲津神(まがつかみ)
254雲霞(うんか)(ごと)()(きた)
255(この)聖場(せいぢやう)(うば)はむと
256(いき)まき(きた)物凄(ものすご)
257吾等(われら)四人(よにん)村肝(むらきも)
258(こころ)(かぎ)りを(つく)しつつ
259暗祈黙祷(あんきもくたう)やや(しば)
260(つと)むる(をり)しも西北(せいほく)
261(そら)(へだ)てし屏風山(びやうぶやま)
262帽子ケ岳(ぼうしがだけ)頂上(ちやうじやう)より
263(りう)(きう)との霊光(れいくわう)
264電火(でんくわ)(ごと)(かがや)きて
265魔神(まがみ)咆哮(はうかう)一時(いつとき)
266跡形(あとかた)もなく()みにけり
267あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
268如何(いか)なる(かみ)御救(みすく)ひか
269如何(いか)なる(ひと)救援(きうゑん)
270げに有難(ありがた)今日(けふ)(よひ)
271竜国別(たつくにわけ)(つつし)みて
272皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)
273(こころ)(きよ)()(きよ)
274(はるか)感謝(かんしや)(たてまつ)
275あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
276御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
277 ()感謝(かんしや)言霊(ことたま)()()げ、278(ふたた)(つき)大神(おほかみ)神前(しんぜん)(むか)つて拍手(はくしゆ)(をは)り、279(うさぎ)(わう)(ひと)()安堵(あんど)すべき(こと)宣示(せんじ)した。280(うさぎ)(わう)(よろこ)(いさ)んで(この)(むね)部下(ぶか)伝達(でんたつ)せり。
281 (わに)(かしら)此処(ここ)(あら)はれ(きた)り、282(おほい)(いさ)みて、
283()天祐(てんいう)(あら)はれ(きた)(かぎ)りは、284吾等(われら)湖辺(こへん)(ぢん)()り、285(とら)286(おほかみ)287獅子(しし)288(くま)289大蛇(をろち)(むれ)290仮令(たとへ)幾百万(いくひやくまん)(おそ)(きた)るとも、291これの湖水(こすゐ)一歩(いつぽ)(わた)らせじ、292御安心(ごあんしん)あれ(うさぎ)(わう)よ』
293(いさ)()ち、294帽子ケ岳(ぼうしがだけ)より(かがや)(きた)霊光(れいくわう)(むか)つて感謝(かんしや)し、295一同(いちどう)歓声(くわんせい)()げて天祐(てんいう)(しゆく)し、296(その)()無事(ぶじ)()かす(こと)とはなりぬ。
297大正一一・八・二二 旧六・三〇 松村真澄録)