霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 出陣(しゆつじん)〔九六六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 篇:第1篇 向日山嵐 よみ:むこうやまあらし
章:第2章 第35巻 よみ:しゅつじん 通し章番号:966
口述日:1922(大正11)年09月15日(旧07月24日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年12月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
日向峠の山麓で、侠客・大蛇の三公のために生き埋めにされていたお愛、兼公、孫公は、通りかかった黒姫によって救い出された。そこへお愛の夫である侠客・虎公が子分をともなってやってきて、一同に合流した。
一同は互いの無事を祝し、屋方の村の大蛇の三公の家に向かって進んで行った。お愛は道々、大蛇の三公に捕われ、生き埋めにされたが黒姫に救われた経緯を、宣伝歌にして歌った。
一行は、大蛇の三公を言向け和すべく、言霊戦を挑みに進んで行く。一同はお愛の雄々しさに心勇んで後についていく。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3502
愛善世界社版:15頁 八幡書店版:第6輯 480頁 修補版: 校定版:16頁 普及版:6頁 初版: ページ備考:
001三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
002黒姫司(くろひめつかさ)はしとしとと
003建日(たけひ)(やかた)()()でて
004岩石(がんせき)起伏(きふく)急坂(きふはん)
005()(くに)街道(かいだう)さして()
006(かみ)経綸(しぐみ)偶然(ぐうぜん)
007()らず()らずに()(まよ)
008(ひだり)()くべき谷道(たにみち)
009いつの()にかは(みぎ)()
010向日峠(むかふたうげ)山麓(さんろく)
011いと(さび)()にさしかかる
012深谷川(ふかたにがは)丸木橋(まるきばし)
013(なかば)()ちたる(その)(うへ)
014薄氷(はくひよう)()心地(ここち)して
015(かみ)(めぐみ)(たす)けられ
016(むか)ふへ(わた)りすたすたと
017樟樹(しやうじゆ)(そら)(ふう)じたる
018細谷道(ほそたにみち)辿(たど)(をり)
019(おも)(やつ)れたるいたいけの
020(むすめ)のお(うめ)出会(しゆつくわい)
021事情(じじやう)()けば武野村(たけのむら)
022義侠(ぎけふ)をもつて(きこ)えたる
023白波男(しらなみをとこ)虎公(とらこう)
024(いもと)()いて()()まり
025(うめ)(いたは)何故(なにゆゑ)
026(そなた)少女(おとめ)()をもつて
027(この)山道(やまみち)辿(たど)るやと
028()くよりお(うめ)(なみだ)ぐみ
029(わたし)義姉(あね)のお(あい)さま
030大蛇(をろち)三公(さんこう)()(やつ)
031(あに)(みこと)不在宅(るすたく)
032数多(あまた)乾児(こぶん)(ひき)つれて
033(あら)はれ(きた)義姉上(あねうへ)
034高手(たかて)小手(こて)(いまし)めて
035向日峠(むかふたうげ)山麓(さんろく)
036(くす)木蔭(こかげ)()(きた)
037義姉妹(おとどい)二人(ふたり)三公(さんこう)
038手下(てした)(やつ)にさいなまれ
039(つひ)には義姉(あね)(いき)()えて
040土中(どちう)(ふか)(うづ)められ
041二人(ふたり)(をとこ)諸共(もろとも)
042あへない最後(さいご)()げしぞと
043()くより黒姫(くろひめ)仰天(ぎやうてん)
044(うめ)(せな)()ひながら
045(くす)根下(ねもと)()けよつて
046(ちから)(かぎ)りに(はか)(いし)
047()りのぞかむと(おも)へども
048(をんな)非力(ひりき)如何(いかん)とも
049(すく)はむよしも()(ばか)
050途方(とはう)()るる(をり)もあれ
051三尺(さんじやく)ばかりの小童児(せうどうじ)
052八柱(やはしら)此処(ここ)(あら)はれて
053さしもに(おも)岩石(がんせき)
054(まり)(ごと)くにひつ(つか)
055彼方(あなた)此方(こなた)()()らし
056(その)(まま)姿(すがた)をかくしける
057黒姫(くろひめ)ハツ(おどろ)いて
058八人(やたり)童児(どうじ)()(むか)
059感謝(かんしや)する()()(ばか)
060童児(どうじ)姿(すがた)白雲(しらくも)
061なつて(その)()()えにける
062黒姫(くろひめ)(あせ)(なが)しつつ
063(ちから)(かぎ)りに(つち)()
064三人(みたり)男女(だんぢよ)抱上(だきあ)げて
065芝生(しばふ)(うへ)横臥(わうぐわ)させ
066(かた)(しば)りしいましめの
067(なは)()(はな)()()(みい)
068(あま)数歌(かずうた)のりつれば
069(あい)(いき)()きかへし
070感謝(かんしや)(なみだ)()れにける
071黒姫(くろひめ)(あい)()()れず
072二人(ふたり)(をとこ)熟視(じゆくし)して
073高山彦(たかやまひこ)には(あら)ずやと
074(なが)むる(をり)しも孫公(まごこう)
075姿(すがた)(おどろ)(むね)()
076ほんにお(まへ)孫公(まごこう)
077(うれ)しい(こと)だと()ひながら
078(うめ)(たに)におり()ちて
079(すく)(きた)れる水筒(すゐとう)
080(みづ)(ふく)ませ(いたは)りつ
081兼公(かねこう)(まで)をも(すく)()
082此処(ここ)五人(ごにん)皇神(すめかみ)
083(たふと)(めぐみ)感謝(かんしや)して
084(この)()(あと)谷道(たにみち)
085(くさ)()みわけてかへり()
086(とき)しもあれや虎公(とらこう)
087(しん)(きう)(はち)三人(さんにん)
088(ともな)此処(ここ)()かかつて
089(たがひ)無事(ぶじ)(しゆく)しつつ
090屋方(やかた)(むら)三公(さんこう)
091家路(いへぢ)をさして(すす)()
092あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
093御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ。
094 お(あい)途々(みちみち)(うた)(はじ)めた。095(その)(うた)
096熊襲(くまそ)(くに)にかくれなき
097大曲津見(おほまがつみ)(きこ)えたる
098八岐大蛇(やまたをろち)分霊(わけみたま)
099(うつ)りて(しこ)のわざをなす
100大蛇(をろち)三公(さんこう)夕間暮(ゆふまぐれ)
101数多(あまた)乾児(こぶん)()きつれて
102(つま)(みこと)不在宅(るすたく)
103どやどや(すす)()(きた)
104(わらは)(すき)(うかが)ひつ
105(くび)細縄(ほそなは)()きかけて
106グイと(うしろ)()(たふ)
107有無(うむ)()はせず三公(さんこう)
108乾児(こぶん)奴等(やつら)(あり)のごと
109(むら)がり(きた)つて(わが)()をば
110縦横無尽(じうわうむじん)()(しば)
111(くち)には()ます猿轡(さるぐつわ)
112(わらは)無念(むねん)(いき)()
113(なみだ)かくして(かたはら)
114ふと(なが)むればこは如何(いか)
115(いもと)のお(うめ)猿轡(さるぐつわ)
116(くち)()められ(ふる)()
117ハツと(おどろ)(かほ)(かほ)
118見合(みあは)すばかり(おと)なしの
119(くち)さへ()けぬ(くる)しさに
120三五教(あななひけう)大神(おほかみ)
121(たふと)(すく)ひを(いの)りつつ
122大蛇(をろち)三公(さんこう)がなすままに
123()(まか)せたる腑甲斐(ふがひ)なさ
124大蛇(をろち)三公(さんこう)(はじ)めとし
125兼公(かねこう)与三公(よさこう)両人(りやうにん)
126兄弟分(きやうだいぶん)両腕(りやううで)
127(わらは)二人(ふたり)をひつかたげ
128西(にし)西(にし)へと向日山(むかふやま)
129(たうげ)(ふもと)森林(しんりん)
130(かつ)(きた)りて三公(さんこう)
131(をつと)ある()妾等(わらはら)
132非道(ひだう)(きは)まる横恋慕(よこれんぼ)
133(おど)しつ(すか)しつ()めかくる
134(その)(こと)()(いや)らしく
135(けが)らはしさに(はら)()
136(いのち)かまはぬ()台詞(ぜりふ)
137手痛(ていた)言霊(ことたま)()()せば
138兼公(かねこう)与三公(よさこう)両人(りやうにん)
139(かは)(がは)るに(そば)により
140(うるさ)(こと)()ひかける
141アヽ惟神(かむながら)々々(かむながら)
142(かみ)(まか)せし(この)(からだ)
143(をつと)ある()如何(いか)にして
144(ちから)(おそ)れて三公(さんこう)
145いかで(のぞ)みを(ゆる)さむや
146(くち)(きは)めて(ののし)れば
147三公(さんこう)(たちま)(はら)()
148(わらは)(まへ)()()つて
149(くろ)(かほ)にて(のぞ)()
150(いや)(にほ)ひのする(をとこ)
151(むか)づくやうに(おも)はれて
152(むね)(ふさ)がるばかりなり
153大蛇(をろち)乾児(こぶん)はむらむらと
154(わらは)(むか)つて()めて()
155(この)(とき)兼公(かねこう)(かへ)(ちう)
156(ふと)度胸(どきよう)のお(あい)どの
157こんな姐貴(あねき)親方(おやかた)
158()つた乾児(こぶん)(さいはひ)
159面白(おもしろ)からうと()(なが)
160秋波(しうは)(おく)可笑(をか)しさよ
161大蛇(をろち)(むね)()()ねて
162与三公(よさこう)(むか)つて(しば)れよと
163めくばせすれば兼公(かねこう)
164不意(ふい)(ねら)つて(つな)をかけ
165(くび)()()めて(はし)()
166(さすが)兼公(かねこう)(よわ)()
167高手(たかて)小手(こて)(しば)られて
168()(ごゑ)()ぐるをかしさよ
169大空(おほぞら)つたふ()(かげ)
170地平線下(ちへいせんか)にかくれまし
171夕暮(ゆふぐれ)()ぐる(とり)(こゑ)
172時々刻々(じじこくこく)寂寥(せきれう)
173気分(きぶん)(ただよ)(をり)からに
174間近(まぢか)(きこ)ゆる宣伝歌(せんでんか)
175三五教(あななひけう)孫公(まごこう)
176(たちま)此処(ここ)(あら)はれて
177(われ)(たふと)宣伝使(せんでんし)
178()国都(くにみやこ)()(たか)
179高山彦(たかやまひこ)空威張(からゐば)
180一同(いちどう)(もの)荒肝(あらぎも)
181(ひし)ぎやらむと(おも)ひつつ
182早速(さそく)頓智(とんち)(みづ)(あわ)
183(ふた)つの(まなこ)目潰(めつぶ)しの
184(すな)なげ()まれ(あは)れにも
185孫公(まごこう)其処(そこ)(しやが)みける
186(とき)(うつ)さず与三公(よさこう)
187孫公(まごこう)(くび)(つな)をかけ
188(かた)にひつかけ二三間(にさんげん)
189(ちから)(かぎ)りに()きずれば
190何条(なんでう)もつて(たま)るべき
191信仰(しんかう)(つよ)孫公(まごこう)
192(またた)(うち)身体(しんたい)
193雁字搦(がんじがら)みに(しば)られて
194(くる)しみもだゆる(あは)れさよ
195大蛇(をろち)三公(さんこう)(ひや)やかに
196三人(みたり)(なが)めて嘲笑(あざわら)
197乾児(こぶん)(やつ)下知(げち)なして
198(たちま)大地(だいち)(あな)()
199男女(だんぢよ)三人(みたり)荒縄(あらなは)
200(しば)りたるまま(はう)()んで
201()るも無残(むざん)生埋(いきう)めの
202悪逆無道(あくぎやくぶだう)(あへ)てなし
203(つち)をかぶせて(はか)となし
204(おも)(いし)をば(はこ)()
205吾等(われら)(うへ)()(かさ)
206凱歌(がいか)()げて(かへ)()
207あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
208(かみ)(まも)りの(ふか)くして
209(いもと)のお(うめ)(つつが)なく
210九死一生(きうしいつしやう)難関(なんくわん)
211()もなく()えて木下暗(こしたやみ)
212姿(すがた)をかくす(かしこ)さよ
213妾三人(わらはみたり)荒鉄(あらがね)
214(つめ)たき(つち)(うづ)められ
215身動(みうご)きならぬ(くる)しさに
216前途(ぜんと)(あん)(わづら)ひて
217天地(てんち)(いの)(わが)(つま)
218御無事(ごぶじ)(いの)折柄(をりから)
219黒姫司(くろひめつかさ)(あら)はれて
220(いもと)(うめ)諸共(もろとも)
221(ちから)(あは)せて三人(さんにん)
222()もなく(すく)ひたまひたる
223(その)御恵(みめぐみ)有難(ありがた)
224感謝(かんしや)(なみだ)()()くも
225黒姫司(くろひめつかさ)(したが)ひて
226(いもと)のお(うめ)()()かれ
227(くさ)()(しげ)木下道(こしたみち)
228(かへ)(きた)れる(をり)もあれ
229(わが)()(きみ)(とら)さまが
230玉公(たまこう)さまを(はじ)めとし
231(しん)(きう)(はち)乾児(こぶん)()
232(きた)りたまひし(うれ)しさよ
233あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
234(かみ)(めぐみ)(さち)はひて
235此処(ここ)一行(いつかう)九人連(くにんづ)
236屋方(やかた)(むら)()(むか)
237大蛇(をろち)三公(さんこう)(おとづ)れて
238三五教(あななひけう)(かみ)(のり)
239善悪正邪(ぜんあくせいじや)大道(だいだう)
240(いまし)めさとし村肝(むらきも)
241かれが(こころ)(ひそ)むなる
242(まが)御魂(みたま)言向(ことむ)けて
243(かみ)大道(おほぢ)(つく)すべき
244(きよ)きみたまとなさしめむ
245朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
246(つき)()つとも()くるとも
247仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
248(まこと)(ちから)()(すく)
249(まこと)(ひと)つの言霊(ことたま)
250(つるぎ)刃向(はむか)(てき)はなし
251黒姫司(くろひめつかさ)(したが)ひて
252(つま)(みこと)諸共(もろとも)
253言霊戦(ことたません)(ひら)くべく
254岩石(がんせき)起伏(きふく)谷道(たにみち)
255(すす)()くこそ(たの)しけれ
256あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
257御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
258(うた)(なが)一行(いつかう)(さき)()ち、259猿田彦気取(さるだひこきど)りになつて(すす)()くお(あい)姿(すがた)雄々(をを)しさ。260黒姫(くろひめ)(はじ)虎公(とらこう)261孫公(まごこう)262(うめ)(なん)となく(こころ)(いさ)みて(すす)()く。
263大正一一・九・一五 旧七・二四 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。