霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章 忍術使(にんじゆつし)〔一一一一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第41巻 舎身活躍 辰の巻 篇:第1篇 天空地平 よみ:てんくうちへい
章:第7章 第41巻 よみ:にんじゅつし 通し章番号:1111
口述日:1922(大正11)年11月11日(旧09月23日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
右守の手の者・マンモスは、忍術を使って左守クーリンスの屋敷に忍び込んだ。そしてクーリンスの寝室をうかがい、鼠を放ってクーリンスが寝入っているかを確認した。
隣の部屋で不寝番をしていたウヰルスは鼠に気づき、主人の寝室をうかがうと黒装束の男が現れ、主人に切りつけようとする。ウヰルスはやにわにふすまを開けて曲者をねじ伏せ、縛り上げてしまった。
クーリンスはこの物音に驚いて目を覚ました。主従が曲者の顔を改めると、右守の近侍・マンモスであることが見て取れた。クーリンスとウヰルスに責められて、マンモスは右守の命令で左守を暗殺に来たことを明かし、命乞いをした。
クーリンスはマンモスの縄を解き、右守に計画失敗を伝えて改心するようにと言い含めた。マンモスは九死に一生を得て闇にまぎれて逃げて行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4107
愛善世界社版:96頁 八幡書店版:第7輯 566頁 修補版: 校定版:100頁 普及版:48頁 初版: ページ備考:
001大正(たいしやう)壬戌(みづのえいぬ)(とし)
002月日(つきひ)(こま)もスクスクと
003十一年(じふいちねん)晩秋(ばんしう)
004十一月(しもつき)十一日(かみのいちにち)
005()しき神代(かみよ)物語(ものがたり)
006一千一百十一(いつせんいつぴやくじふいち)
007節面白(ふしおもしろ)()()つる
008時刻(じこく)恰度(ちやうど)十一時(じふいちじ)
009(をさ)まる神代(みよ)松村(まつむら)
010昨日(きのふ)(かは)真澄空(ますみぞら)
011百年千年(ももとせちとせ)(いしずゑ)
012万年筆(まんねんひつ)(はし)らせて
013原稿用紙(げんかうようし)打向(うちむか)
014()もたなしらに(しる)しゆく
015あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
016御霊(みたま)(さち)はひましまして
017(あま)つたひ()(ほし)(かげ)
018きらめき(わた)(あき)(たか)
019(うま)(いなな)(いさ)ましき
020御空(みそら)()める瑞月(ずゐげつ)
021安全椅子(あんぜんいす)(よこ)たはり
022(かみ)(をしへ)四方(よも)(くに)
023百八十島(ももやそしま)(はて)までも
024(くま)なく(ひら)敷島(しきしま)
025煙草(たばこ)(けむり)()かせつつ
026現幽神(げんいうしん)三界(さんかい)
027超越(てうゑつ)したる物語(ものがたり)
028(をしへ)御子(みこ)()(なか)
029青人草(あをひとぐさ)魂柱(たまはしら)
030(ふと)しく()てむと()()つる
031(この)物語(ものがたり)永久(とこしへ)
032天地(てんち)(とも)(きは)みなく
033(かみ)御苑(みその)(はな)となり
034果実(このみ)となりて五六七神(みろくしん)
035胎蔵(たいざう)したる五種(いついろ)
036(あぢ)はひうまく調合(てうがふ)
037霊魂(みたま)(ゑさ)とならしめよ。
038
039盤古神王(ばんこしんわう)奉戴(ほうたい)
040ウラルの(みち)(ひら)きたる
041ウラルの(ひこ)やウラル(ひめ)
042三五教(あななひけう)神人(かみびと)
043(しこ)(とりで)をやらはれて
044千代(ちよ)住家(すみか)(かま)へたる
045()にも名高(なだか)きアーメニヤ
046(やかた)をすてて常世国(とこよくに)
047ロツキー(ざん)常世城(とこよじやう)
048(あら)はれ()でて自在天(じざいてん)
049大国彦(おほくにひこ)奉戴(ほうたい)
050バラモン(けう)建設(けんせつ)
051盤古神王(ばんこしんわう)はどこへやら
052押込(おしこ)めおきてバラモンの
053(をしへ)常世(とこよ)国内(くにうち)
054(ひら)()たりし(をり)もあれ
055(また)もや(かみ)(いまし)めに
056常世(とこよ)(くに)()(いだ)
057埃及国(エヂプトこく)打渡(うちわた)
058豊葦原(とよあしはら)中津国(なかつくに)
059メソポタミヤの自凝(おのころ)
060(しま)(わた)りて自在天(じざいてん)
061(をしへ)(ひら)(をり)もあれ
062ウラルの(みち)(つか)へたる
063音彦(おとひこ)亀彦(かめひこ)両人(りやうにん)
064三五教(あななひけう)帰順(きじゆん)して
065(かみ)(つかさ)となりすまし
066大江(おほえ)(やま)三岳山(みたけやま)
067鬼ケ城(おにがじやう)へとかけ(むか)
068言霊戦(ことたません)開始(かいし)して
069(いきほひ)(つよ)()(きた)
070(その)神力(しんりき)辟易(へきえき)
071大国別(おほくにわけ)(つか)へたる
072鬼雲彦(おにくもひこ)大棟梁(だいとうりやう)
073鬼熊別(おにくまわけ)諸共(もろとも)
074(そら)(ふさ)がる黒雲(くろくも)
075(かく)れて()げゆく(つき)(くに)
076ハルナの(みやこ)(きよ)(かま)
077(ふたた)びここにバラモンの
078(をしへ)(ひら)きゐたりしが
079カルマタ(こく)にウラル(ひこ)
080ウラルの(ひめ)初発(しよつぱつ)
081盤古神王(ばんこしんわう)奉戴(ほうたい)
082(みち)(ひら)きしウラル(けう)
083ウラルの(ひこ)系統(けいとう)
084名乗(なの)常暗彦(とこやみひこ)(かみ)
085ウラルの残党(ざんたう)()(あつ)
086(その)(いきほひ)()(つき)
087(さか)りとなりてバラモンの
088(をしへ)根底(こんてい)(くつが)へし
089(いま)(あやふ)くなりにける
090ウラルの(ひこ)やウラル(ひめ)
091(はじ)めに(ひら)きしウラル(けう)
092常世(とこよ)(くに)()()きて
093(あら)たに(ひら)きしバラモン(けう)
094(その)(みなもと)一株(ひとかぶ)
095教主(けうしゆ)(をしへ)主斎神(しゆさいしん)
096盤古神王(ばんこしんわう)自在天(じざいてん)
097(ふた)つに(わか)れし(その)結果(けつくわ)
098(たがひ)(しのぎ)(けづ)りつつ
099(にく)(あらそ)ふぞ是非(ぜひ)もなき。
100 小亜細亜(せうアジア)神都(しんと)エルサレムの(みやこ)(ちか)黄金山下(わうごんさんか)埴安彦(はにやすひこ)101埴安姫(はにやすひめ)(かみ)顕現(けんげん)して、102三五教(あななひけう)(ひら)(たま)ひしより、103八岐(やまた)大蛇(をろち)醜狐(しこぎつね)邪神(じやしん)は、104正神界(せいしんかい)経綸(けいりん)極力(きよくりよく)対抗(たいかう)せむと、105常世彦(とこよひこ)106常世姫(とこよひめ)()なるウラル(ひこ)107ウラル(ひめ)憑依(ひようい)し、108三五教(あななひけう)神柱(かむばしら)国治立命(くにはるたちのみこと)対抗(たいかう)せむと盤古神王(ばんこしんわう)塩長彦(しほながひこ)(かつ)()げ、109(ここ)にウラル(けう)開設(かいせつ)し、110天下(てんか)攪乱(かくらん)しつつありしが、111三五教(あななひけう)宣伝神(せんでんしん)常住不断(じやうぢゆうふだん)舎身的(しやしんてき)活動(かつどう)(てき)()ず、112ウラル(さん)113コーカス(ざん)114アーメニヤを()てて常世(とこよ)(くに)(わた)り、115ロツキー(ざん)116常世城(とこよじやう)(とう)にて今度(こんど)大自在天(だいじさいてん)大国彦命(おほくにひこのみこと)(およ)大国別命(おほくにわけのみこと)神柱(かむばしら)とし、117(ふたた)びバラモン(けう)開設(かいせつ)して、118三五教(あななひけう)殲滅(せんめつ)せむと計画(けいくわく)し、119エヂプトに(わた)り、120イホの(みやこ)(おい)て、121バラモン(けう)基礎(きそ)(やうや)(かた)むる(をり)しも、122(また)もや三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)()()てられ、123メソポタミヤに()()きて、124ここに(ふたた)基礎(きそ)確立(かくりつ)し、125(いきほひ)(やうや)(さかん)ならむとする(とき)126神素盞嗚尊(かむすさのをのみこと)(つか)はし(たま)宣伝使(せんでんし)太玉命(ふとたまのみこと)神退(かむやら)ひに退(やら)はれ、127当時(たうじ)大教主(だいけうしゆ)(けん)大棟梁(だいとうりやう)たる鬼雲彦(おにくもひこ)黒雲(こくうん)(じやう)じて自転倒島(おのころじま)中心地(ちうしんち)大江山(おほえやま)本拠(ほんきよ)(かま)へ、128鬼熊別(おにくまわけ)(とも)大飛躍(だいひやく)(こころ)みむとする(とき)129(また)もや三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)言霊(ことたま)畏縮(ゐしゆく)して、130フサの(くに)()え、131やうやく(つき)(くに)のハルナの(みやこ)にバラモンの基礎(きそ)(かた)め、132鬼雲彦(おにくもひこ)大黒主(おほくろぬし)改名(かいめい)して印度(いんど)七千余ケ国(しちせんよかこく)刹帝利(せつていり)大部分(だいぶぶん)味方(みかた)につけ、133その威勢(ゐせい)日月(じつげつ)(ごと)(かがや)(わた)りつつあつた。134(しか)るにウラル(ひこ)135ウラル(ひめ)初発(しよつぱつ)(ひら)きたる盤古神王(ばんこしんわう)主斎神(しゆさいしん)とするウラル(けう)教徒(けうと)は、136四方(しはう)八方(はつぱう)より何時(いつ)となく(あつ)まり(きた)りて、137ウラル(ひこ)落胤(らくいん)なる常暗彦(とこやみひこ)推戴(すゐたい)し、138デカタン高原(かうげん)東北方(とうほくぱう)にあたるカルマタ(こく)に、139ウラル(けう)本城(ほんじやう)(かま)へ、140本家(ほんけ)分家(ぶんけ)(せつ)主張(しゆちやう)し、141ウラル(けう)常暗彦(とこやみひこ)(ちち)ウラル(ひこ)最初(さいしよ)(ひら)(たま)ひし(をしへ)であり、142バラモン(けう)常世国(とこよのくに)(おい)て、143第二回目(だいにくわいめ)(ひら)かれし(をしへ)なれば、144教祖(けうそ)同神(どうしん)である。145(ただ)主斎神(しゆさいしん)(ちが)つてゐるのみだ。146ウラル(けう)如何(どう)してもバラモン(けう)(したが)へねば神慮(しんりよ)(かな)はない。147()づバラモン(けう)帰順(きじゆん)せしめ、148一団(いちだん)となつて神力(しんりき)四方(しはう)発揮(はつき)し、149()いで三五教(あななひけう)殲滅(せんめつ)せむものと、150ウラル(けう)幹部(かんぶ)(いき)まきつつあつたのである。
151 (ここ)にバラモン(けう)大黒主(おほくろぬし)(この)消息(せうそく)(みみ)にし、152スワ一大事(いちだいじ)鬼春別(おにはるわけ)153大足別(おほだるわけ)をして一方(いつぱう)はウラル(けう)へ、154一方(いつぱう)三五教(あななひけう)短兵急(たんぺいきふ)()()せしめ、155バラモン(けう)障害(しやうがい)(のぞ)き、156天下(てんか)統一(とういつ)せむと計画(けいくわく)をめぐらし、157(すで)にウラル(けう)本城(ほんじやう)へは大足別(おほだるわけ)部隊(ぶたい)差向(さしむ)け、158三五教(あななひけう)中心地(ちうしんち)(きこ)えるたる斎苑(いそ)(やかた)へは鬼春別(おにはるわけ)をして、159数多(あまた)勇卒(ゆうそつ)(ひき)ゐ、160進撃(しんげき)せしめたるは、161前巻(ぜんくわん)(すで)()ぶる(とほ)りである。
162
163 (あき)夜嵐(よあらし)()(すさ)び、164(あめ)さへ(まじ)り、165()()はバラバラと(おと)して()()く。166左守(さもり)(かみ)クーリンスの高塀(たかへい)()して(しの)()覆面(ふくめん)頭巾(づきん)曲者(くせもの)があつた。167これは右守(うもり)(かみ)(つか)ふるマンモスといふ忍術(にんじゆつ)達人(たつじん)である。168(ここ)忍術(にんじゆつ)(つい)一言(ひとこと)()べておく必要(ひつえう)があると(おも)ふ。
169 忍術(にんじゆつ)とは変幻出没(へんげんしゆつぼつ)170肉身(にくしん)自由自在(じいうじざい)相手(あひて)(まへ)(けむり)(ごと)消滅(せうめつ)し、171(たくみ)(その)踪跡(そうせき)をくらます魔術(まじゆつ)(やう)(かんが)へてゐる(ひと)もある(やう)だが、172忍術(にんじゆつ)なるものは(けつ)してそんな不可思議(ふかしぎ)なものではない。173忍術(にんじゆつ)とは忍耐術(にんたいじゆつ)意味(いみ)であつて、174敵情(てきじやう)(うかが)ふに(さい)し、175屋根裏(やねうら)一週間(いつしうかん)でも十日(とをか)でも()まず()はずに、176(せき)もせず、177(いき)(ひそ)めて様子(やうす)(かんが)へたり、178(あるひ)寒暑(かんしよ)()はず、179目的(もくてき)(たつ)するまで、180仮令(たとへ)十日(とをか)でも二十日(はつか)でも水中(すゐちう)()(ぼつ)し、181(はな)()だけを水面(すゐめん)()して空気(くうき)()ひ、182(かほ)(うへ)()などを(かぶ)つて、183敵情(てきじやう)視察(しさつ)したり、184(あるひ)(ひろ)泉水(せんすゐ)などを(わた)るにも(なみ)()てないやうに、185水音(みづおと)のせない(やう)活動(くわつどう)()(まで)には、186余程(よほど)習練(しふれん)(えう)するのである。187(また)一夜(いちや)(うち)百里(ひやくり)以上(いじやう)高飛(たかとび)徒歩(とほ)でせなくてはならぬのである。188(その)(ある)(かた)(ひだり)(かた)(さき)にし、189()るべく空気(くうき)(あた)らない(やう)にして(みち)突破(とつぱ)し、190(かに)(ごと)くに(よこ)(あゆ)(とき)は、191足音(あしおと)もせず、192三四倍(さんしばい)(みち)(あゆ)めるのである。193甲地(かふち)にて(よひ)(くち)(ある)目的(もくてき)(たつ)し、194(その)(よる)(うち)百里(ひやくり)(はな)れた乙地(おつち)到着(たうちやく)して(をさ)まり(かへ)つてゐるのが忍術(にんじゆつ)目的(もくてき)である。195(また)忍術(にんじゆつ)使(つか)(もの)は、196黒白青赤(くろしろあをあか)(その)()いろいろの布巾(ふきん)(ふところ)にかくしおき、197白壁(しらかべ)(まへ)()(とき)白布(はくふ)()して(その)()(かく)し、198(くろ)(もの)(そば)立寄(たちよ)(とき)(くろ)(ぬの)(もつ)()(おほ)ひ、199(あを)(ところ)では(あを)(ぬの)()して()(おほ)ひ、200(ひと)()誤魔化(ごまくわ)(こと)(もつ)忍術(にんじゆつ)奥義(おくぎ)としてゐるのである。201つまりカメレオンがあたりの草木(さうもく)(いろ)によつて(へん)ずる(ごと)活動(くわつどう)をするのである。202(また)(うへ)から(した)まで黒装束(くろしやうぞく)(ちやく)し、203四五尺(しごしやく)ばかりもある手拭(てぬぐひ)一筋(ひとすぢ)()ち、204(これ)頬被(ほほかぶ)りにしたり、205(あるひ)(たか)(ところ)から()()りる(つな)にも応用(おうよう)するのである。206(また)一本(いつぽん)鎧透(よろひどう)しといふ(きは)めて丈夫(ぢやうぶ)一尺(いつしやく)ばかりの短刀(たんたう)所持(しよぢ)し、207(その)短刀(たんたう)無銘(むめい)である。208万一(まんいち)(あやま)つて遺失(ゐしつ)した(とき)に、209(その)(ぬし)(わか)らない(やう)との注意(ちゆうい)から無銘(むめい)(かたな)(もち)ひ、210(また)一切(いつさい)(しるし)()つた持物(もちもの)()につけないのである。211そして(その)短刀(たんたう)には三間(さんげん)四間(しけん)もある(なが)丈夫(ぢやうぶ)()()をくくりつけ、212(へい)などを()(とき)は、213()()(はし)手頃(てごろ)(いし)(また)分銅(ふんどう)(くく)りつけ、214庭木(にはき)(えだ)などに、215(そと)からパツとふりかけ、216(つな)(むす)びつけ、217短刀(たんたう)大地(だいち)()て、218(その)(うへ)片足(かたあし)をのせ、219()()(ちから)として()(をど)らし(へい)飛上(とびあが)り、220()()をたぐつて短刀(たんたう)()()れ、221(また)スルスルとほどける(やう)にして()(えだ)から()りおり、222座敷(ざしき)(しの)()るのである。223そして皮袋(かはぶくろ)二三合(にさんがふ)ばかりの(みづ)()れておき、224ソツと敷居(しきゐ)(なが)し、225()をあける(とき)226(おと)をさせぬ(やう)にして暗夜(あんや)(しの)()み、227敵情(てきじやう)視察(しさつ)するのが忍術使(にんじゆつし)職務(しよくむ)であつた。228そして(てき)寝所(しんじよ)(しの)()つた(とき)は、229(あたま)(はう)から(すす)みよるのである。230万一(まんいち)(あし)(はう)から(すす)(さい)231(てき)()をさまし、232起上(おきあが)途端(とたん)(その)姿(すがた)(みと)めらるる(こと)(おそ)るるからである。233(あたま)(はう)から(すす)(とき)は、234(てき)(おどろ)いて起上(おきあが)るを、235(うしろ)から短刀(たんたう)にて()りつくるのに(もつと)便宜(べんぎ)なからである。236(また)室内(しつない)様子(やうす)をよく(かんが)へ、237屏風(びやうぶ)(かげ)とか、238行灯(あんどん)(かげ)とかに()(ひそ)める(こと)(つと)めるものである。239そして(その)(へや)()(まへ)(てき)熟睡(じゆくすい)せるや(いな)やを()ぶみする(ため)に、240平常(ふだん)から()ひならしておいた二匹(にひき)(ねづみ)(ふところ)にかくし()き、241()一匹(いつぴき)室内(しつない)(はな)つて()る。242(ねづみ)(かは)つた(いへ)()つた(とき)は、243うろたへて座敷中(ざしきちう)をガタガタと(さわ)ぎまはるものである。244(その)(ねづみ)(おと)()をさますやうではまだ熟睡(じゆくすい)してゐないのである。245()まぐれにシーツ シーツと相手(あひて)(ねづみ)(しか)り、246(その)(まま)グツと()(しま)ふ。247ソツと障子(しやうじ)(あな)から忍術使(にんじゆつし)(のぞ)くと、248(ねづみ)(その)(かほ)()(ふたた)(ふところ)(かへ)つて()る。249今度(こんど)(また)(ねん)(ため)(つぎ)(ねづみ)一間(ひとま)投入(なげい)れると、250(また)もや(ねづみ)はうろたへて(さわ)いで、251ガサガサとかけ(まは)る。252それでも()がつかずに(ねむ)つてゐたならば、253最早(もはや)忍術使(にんじゆつし)安心(あんしん)して(その)目的(もくてき)(たつ)するのである。
254 クーリンスはセーラン(わう)面会(めんくわい)し、255種々(いろいろ)右守(うもり)(かみ)のカールチンが陰謀(いんぼう)(そな)ふべく、256密議(みつぎ)()らし、257初夜(しよや)(ごろ)(やうや)(わが)()(かへ)り、258草疲(くたび)()てて、259グツと(しん)()いてゐた。260そこへ(へい)()()黒装束(くろしやうぞく)となつてやつて()たのがマンモスであつた。261(かれ)(かた)(ごと)くクーリンスの寝室(しんしつ)(しの)()り、262(ねづみ)(はな)つて()た。263第二回目(だいにくわいめ)(はな)つた(ねづみ)はうろたへて(ふすま)(やぶ)(あな)から(となり)宿直役(とのゐやく)のウヰルスの()飛込(とびこ)んだ。264ウヰルスはウツラ ウツラ(ねむ)つてゐたが、265飛込(とびこ)んだ(ねづみ)自分(じぶん)(かほ)(はし)つたので、266フツと()をさまし、267起出(おきい)でて()れば合点(がてん)()かぬ(ねづみ)行動(かうどう)268こりやキツト何者(なにもの)かが(しの)()つたに相違(さうゐ)ない……と、269左守(さもり)(かみ)寝室(しんしつ)(みみ)をすまして(うかが)つてゐた。270そこへノツソリと黒装束(くろしやうぞく)(あら)はれた(をとこ)271「ヤア」と一声(ひとこゑ)272左守(さもり)(かみ)(あたま)(はう)から()りつけむとする。273この(こゑ)(おどろ)き、274矢庭(やには)(ふすま)押開(おしあ)け、275夜具(やぐ)()いた(まま)276曲者(くせもの)捩伏(ねぢふ)せ、277短刀(たんたう)(うば)()り、278(ただち)後手(うしろで)(しば)()げて(しま)つた。
279 左守(さもり)(かみ)(この)物音(ものおと)起上(おきあが)り、
280『ウヰルス、281夜中(やちう)にあわただしく何者(なにもの)であつたか』
282(たづ)ぬれば、283ウヰルスは(こゑ)(ふる)はせ(いき)(はづ)ませながら、
284何物(なにもの)か、285あなたの寝室(しんしつ)(しの)()り、286危害(きがい)(くは)へむと(いた)しました(ゆゑ)287()びかかつて短刀(たんたう)をもぎ()り、288後手(うしろで)(しば)()げました。289サア(これ)からよく調(しら)べて()ませう』
290『ヤア険呑(けんのん)(ところ)だつた。291よくマア(たす)けてくれた』
292()ひながら、293カンテラの()()()て、294曲者(くせもの)(かほ)をよくよくすかし()れば、295右守(うもり)(かみ)近侍(きんじ)(つと)めるマンモスである。
296ウヰルス『オヽ(その)(はう)はマンモスではないか、297大方(おほかた)カールチンに(たの)まれたのだらう。298(これ)には(ふか)(たく)みのある(こと)ならむ、299様子(やうす)逐一(ちくいち)白状(はくじやう)(いた)せ』
300 マンモスは(うら)めしげに()()ひしばり、301(まる)()をギヨロリと()いて、302ウヰルスを(にら)みつけ、303(くび)左右(さいう)にふつて一言(ひとこと)(こた)へない。304ウヰルスは(こゑ)(はげ)まし、
305委細(ゐさい)白状(はくじやう)すれば(この)(まま)(たす)けてつかはす。306さもなくば(なんぢ)(いのち)()つて、307イルナ(じやう)(わざわひ)(のぞ)かねばならぬ。308これでも返答(へんたふ)いたさぬか、309(その)(はう)はカールチンに(たの)まれて、310左守(さもり)(かみ)(さま)暗殺(あんさつ)()たのだらう』
311(けつ)して(けつ)してカールチンに(たの)まれたのではない。312つい(めう)(ゆめ)()()らず()らずにここへ飛込(とびこ)んで()たのだ。313(べつ)何等(なんら)(かんが)へもないのだから、314御無礼(ごぶれい)したのは(ゆる)してくれ』
315馬鹿(ばか)(まを)すな、316(その)(はう)(かく)(ごと)忍術(にんじゆつ)装束(しやうぞく)()け、317一切万事(いつさいばんじ)準備(じゆんび)(いた)して()てゐる以上(いじやう)は、318最早(もはや)かくしても駄目(だめ)だ。319白状(はくじやう)(いた)さぬか』
320といひながらマンモスの短刀(たんたう)(もつ)て、321(むね)のあたりを(しき)りに(くすぐ)つてみた。322マンモスは可笑(をか)しさ(いた)さに(わら)()きしながら、
323『アハヽヽヽ、324イヒヽヽヽ、325(いた)(いた)()ひます()ひますキツト()ひます、326どうぞこらへて(くだ)さい』
327最早(もはや)白状(はくじやう)するに(およ)ばぬ、328証拠(しようこ)歴然(れきぜん)たるものだ。329それよりもチツと(こそ)ばかして、330(わら)はしてやらうかい』
331(また)もや(むね)のあたりをクルリクルリとさいなむ。
332『アハヽヽヽ、333イヒヽヽヽ(いた)(いた)いどうぞこらへて(くだ)さいませ。334(じつ)(ところ)右守(うもり)(かみ)カールチンさまから(たの)まれました。335左守(さもり)(かみ)(わが)大望(たいまう)邪魔(じやま)(いた)()(うへ)(こぶ)だから、336(なんぢ)得意(とくい)忍術(にんじゆつ)にて(うま)仕留(しと)(かへ)りなば、337()がイルナの国王(こくわう)となつた(とき)338(その)(はう)右守(うもり)(かみ)にしてやらうと仰有(おつしや)いましたので、339つい(よく)にかられて(わる)(こと)とは()りながら、340出世(しゆつせ)(もと)だと(おも)ひ、341(しの)()みました。342モウ今度(こんど)はキツと心得(こころえ)ますから、343どうぞお(ゆる)しを(ねが)ひます』
344旦那様(だんなさま)345如何(いかが)取計(とりはか)らひませうか』
346左守(さもり)『ウン、347(おれ)(まか)せ』
348()ひながらマンモスの(かほ)をグツと(にら)みつけ、
349(ゆる)(がた)悪人(あくにん)なれども、350今日(けふ)()のがしてくれる。351一時(いちじ)(はや)右守(うもり)(かみ)(やかた)立帰(たちかへ)り、352クーリンスはビチビチ(いた)して()る。353其方(そなた)(はや)改心(かいしん)なさらぬと御身(おんみ)(わざわひ)354()のあたりに(せま)つてゐますぞ。355(いま)(うち)御改心(ごかいしん)をなされと、356よつく(つた)へよ』
357といひながら(いまし)めの(なは)()(はな)ちやれば、358マンモスは九死一生(きうしいつしやう)難関(なんくわん)(のが)れ、359(よろこ)(いさ)み、360足早(あしばや)(やみ)(まぎ)れて、361(やかた)裏口(うらぐち)より一目散(いちもくさん)()げてゆく。
362大正一一・一一・一一 旧九・二三 松村真澄録)