霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第48巻 舎身活躍 亥の巻 篇:余白歌 よみ:
章:第48巻 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年10月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
第一(だいいち)日本(にほん)(くに)官公吏(くわんこうり)
その霊魂(たましひ)改築(かいちく)をせよ〈第1章(三)〉
甲子(きのえね)九八(くはち)(そら)()()びし
(むね)にみろくの(つづみ)うつなり〈第2章(初)〉
三千年(みちとせ)岩戸(いはと)七五三(しめ)()けにけり
みろく三会(さんゑ)神音(かね)(ひぴき)
     (大正甲子旧九月四日)〈第2章(初)〉
西東南(にしひがしみなみ)(きた)大空(おほぞら)
八雲立(やくもた)ちたつ御代(みよ)(さび)しき〈第2章(三)〉
浪速江(なにはえ)のよしとあしとをかき()けて
(とほ)神代(かみよ)物語(ものがたり)する〈第3章(三)〉
  未決監にて
籠城(ろうじゃう)(うま)()えたり秋高(あきたか)〈第4章(初)〉
三十(みそ)あまり六年(むとせ)(あひだ)皇神(すめかみ)
(みち)()りつつ()かざる(われ)なり〈第5章(三)〉
  大阪未決監にて
日照りして米の価も安くなり
唐土の野に蟷螂の斧を振り
蟷螂の亡びしあとに米実り
秋の日は光あれども温みなし
秋津日の光に米はたわむなり
   (大正十三年九月二十七日)〈第6章(初)〉
不合理(ふがふり)なる思想(しさう)四方(よも)伝播(でんぱ)して
世界(せかい)(ほろ)ぼす曲津見(まがつみ)好計(かんけい)〈第7章(三)〉
内外(うちそと)(くに)のことごとマツソンの
毒牙(どくが)にかかりて(くる)しみ(なや)める〈第7章(三)〉
()(くに)前途(ぜんと)(よこ)たふ黒雲(くろくも)
気吹(いぶ)きはらふと雄叫(をたけ)びす(われ)〈第7章(三)〉
教子(をしヘご)(こころ)(くだ)有様(ありさま)
()(たび)ごとに()()して()〈第9章(初)〉
(てん)(あふ)()()()きて(をしへ)子の
上安(うへやす)かれと根底(ねそこ)(いの)るも〈第9章(初)〉
(むね)()(ちやう)()えなむ(くる)しみも
()のため(みち)のためと(しの)びつ
     (大正十三年十月七日)〈第9章(初)〉
わが(おも)(ひと)つを()()(ひと)あらば
かほどに(むね)(いた)めざらまし
     (大正十三年十月九日)〈第10章(初)〉
()てみれば(かみ)経綸(しぐみ)人々(ひとびと)
(われ)()()びて(よろこ)(むか)えぬ〈第12章(初)〉
天地(あめつち)(かみ)御業(みわざ)(つか)へむと
(おも)ふのあまり皆忘(みなわす)れたり
         (甲子二月)〈第12章(初)〉
  大阪未決監にて
満洲(まんしう)(さむ)気遣(きづか)ひしわが()には
合点(がてん)のゆかぬことばかりなる
(大正十三年十月七日)〈第14章(初)〉
唐衣(からごろも)()にまとふとも惟神(かむながら)
(かみ)(めぐ)みは(わす)れざるべし〈第15章(初)〉
刻々(こくこく)曲津神(まがつかみ)たち(せま)()
風吹(かぜふ)かむとす()ゆらむとす〈第15章(三)〉
和光同塵(わくわうどうぢん)(しの)びて(とき)()ちゐたる
()(せま)()(かみ)のまにまに〈第15章(三)〉
宣伝使(せんでんし)(くに)内外(うちと)(くば)りおきて
()(きよ)めむと(いの)朝夕(あさゆふ)〈第15章(三)〉
言霊(ことたま)はたとへ(かよ)はずとも人々(ひとびと)
(おもて)(いろ)意志(いし)(つう)ずる〈第17章(初)〉

  ()御玉(みたま)
如意宝珠(によいほつしゆ)(みづ)御霊(みたま)言霊(ことたま)
(あめ)(つち)とを(むす)神宝(みたから)
天火水地結(てんくわすゐちむす)紫色(ししよく)宝玉(はうぎよく)
弥勒神示(みろくしんじ)霊界物語(ものがたり)なり
黄金(わうごん)(たま)教典(けうてん)内外(ないぐわい)
金言伝(きんげんつた)機関(きくわん)なりけり
(大正十三年十月十一日)〈巻末(初)〉

  ()御玉(みたま)
(むらさき)のマニの宝珠(ほつしゆ)厳御魂(いづみたま)
()(をさ)めます筆先(ふでさき)(たま)
赤色(あかいろ)のマニの宝珠(ほつしゆ)()(もと)
(くに)(そな)はる言語(げんご)なりけり
白色(はくしよく)のマニの宝珠(ほつしゆ)()(うへ)
(ひろ)(わた)れる英語(えいご)なりけり
青色(あをいろ)のマニの宝珠(ほつしゆ)万国(ばんこく)
共通(きようつう)したるエスペラント()
黄色(わうしよく)のマニの宝珠(ほつしゆ)黄竜旗(わうりうき)
(かぜ)になびかす支那語(しなご)なりけり〈巻末(初)〉
[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]