霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/2/16 パソコンのキーボード操作だけでページ移動ができるようにアクセスキーを付けました。詳細はこちら
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第53巻(辰の巻)

あらすじ[?]このあらすじは飯塚弘明の作成です。[×閉じる]
第53巻から55巻までは、インドの「ビクの国」の物語である。治国別の一行が活躍する。
本巻では、ビクの国の内憂外患を、王家の若者たちが救う。
第1~9章
ウラル教を奉ずるビクの国は、ビクトリア王が治めていたが、国政が乱れ、暴動が起こり、また右守のベルツは奸悪で、王妃のヒルナ姫に取り入って横暴に振る舞い、権力を握ろうとたくらんでいた。
忠良な左守キュービットは、自分の息子のハルナが、右守の娘カルナ姫と結婚をするのを機に、左守家と右守家が和合して、国家が安泰となることを願っていたが、結婚を祝う宴席で右守が王に反抗し激論となる。
第10~15章
フサの国のイソ館へ侵攻するバラモン軍の総指揮官である鬼春別(おにはるわけ)将軍と久米彦(くめひこ)将軍は、イソ館攻略を断念し、ビクの国を侵略し、ここに永住しようとする。
王も左守も右守もみなバラモン軍に捕まってしまうが、ヒルナ姫とカルナ姫は女の色香で鬼春別・久米彦を手玉に取り、ビクの国を再興しようと奮闘した。
その結果、王を始め捕虜はすべて解放された。
第16~19章
王家と両将軍の和睦の宴席で、ヒルナ姫とカルナ姫は両将軍に酒を呑ませて泥酔させ、そのすきに王や左守、右守らと今後の相談を始めた。
右守一派は王と久米彦将軍を暗殺しようとするが失敗。城外に出て行く。
第20~23章
ビクの国はとりあえず王権が戻り、バラモン軍に城下を貸し与えるという形で、王家とバラモン軍が区画されるようになった。
三五教の宣伝使・治国別(はるくにわけ)の一行がやって来るという知らせを受けると、鬼春別・久米彦将軍始めバラモン軍はビクの国から逃げ去る。
それを知った右守一派が城に攻め寄せて来るが、治国別一行の言霊により、右守一派は城外へ逃げて行った。
王は救国の大恩を感謝し、国を挙げて三五教に帰依する。
主な登場人物[?]基本的にセリフやアクションがある人物のみ採録しています。名前だけしか出てこない人は省いています。[×閉じる]
ビクトリア王70歳、ビクの国の刹帝利(国王)。ウラル教。
ヒルナ姫23歳、王妃。元はビクトリア姫の侍女だった。
ビクトリア姫3年ほど前に帰幽

キュービット左守。忠実な老臣。
ベルツ右守。国政を奪い取る野望を抱いている。軍部担当。

ハルナ左守キュービットの息子。カルナ姫の恋人
カルナ姫右守ベルツの妹。ハルナの恋人

タルマン宣伝使兼内事司、左守右守よりも上位。
エクス左守キュービットの家令
シェール右守ベルツの家令

【バラモン軍】
鬼春別将軍バラモン教の大教主・大黒主の左守。三五教のイソ館を攻撃するため出陣した。
久米彦将軍鬼春別の部下

スパール鬼春別の副官
エミシ久米彦の副官

【三五教】
治国別宣伝使
松彦治国別の弟子
竜公治国別の弟子
万公治国別の弟子
概要:
凡例:
  • 現代では差別的表現と見なされる箇所もありますが修正せず底本通りにしました。
  • 文中[※]及び[#]記号で囲まれた部分は当サイトで独自に付けた脚注・注記です。底本にはありません。
  • 底本で傍点が付されている文字は太字で表記しています。
  • 漢字の旧字体は新字体に変更しています。
  • 本文中のアンカー(3~4桁の算用数字)は当サイトで独自に付けたものです。底本にはありません。
底本:『霊界物語 第五三巻』愛善世界社、2005(平成17)年11月6日 第一刷
初版発行日:1925(大正14)年3月8日