霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四章 蜜語(みつご)〔一三六七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第53巻 真善美愛 辰の巻 篇:第1篇 毘丘取颪 よみ:びくとりおろし
章:第4章 第53巻 よみ:みつご 通し章番号:1367
口述日:1923(大正12)年02月12日(旧12月27日) 口述場所:竜宮館 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月8日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
ビクトリヤ城の一室には、ヒルナ姫がひとり、琴を弾じながら述懐を歌っていた。ヒルナ姫は、新しい思想の右守と、旧弊な思想の左守が衝突して国内が割れていることを嘆いていた。歌の中には、姫が右守と道ならぬ仲となっていることもほのめかされていた。
そこへ右守のベルツがやってきた。ベルツは人払いをした。しかし属官の三人は、左守の内名を受けて右守の様子をうかがっており、立ち去ったふりをして次の間でベルツとヒルナ姫の密談を聞いていた。
右守は、ヒルナ姫に妹のカルナが左守のせがれに恋をして、すっかり左守家のひいきになってしまっている事を相談に来たのであった。ヒルナ姫は、これは左守家と右守家の内紛を収める願ってもない機会だと主張した。
ベルツも左守家が身内となることは、自分の計画にもかえっていいかもしれないと姫に賛同し、この縁談を進めるよう、ヒルナ姫に任せることになった。
右守はヒルナ姫の居間を退出し、城を出ると自分の館に帰って行った。密談を聞いていた三人の属官は、左守の館へ報告に行く。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5304
愛善世界社版:45頁 八幡書店版:第9輯 519頁 修補版: 校定版:48頁 普及版:25頁 初版: ページ備考:
001 ビクトリア(じやう)一間(ひとま)にはヒルナ(ひめ)(ただ)一人(ひとり)002(こと)(だん)じながら述懐(じゆつくわい)(うた)つてゐる。
003ヒルナ(ひめ)(この)()(つかさ)()れませる
004盤古神王(ばんこしんのう)塩長彦命(しほながひこのみこと)
005四方(よも)神々(かみがみ)民草(たみぐさ)
006常世(とこよ)(はる)神国(しんこく)
007(すく)ひまさむと御心(みこころ)
008(なや)ませ(たま)ふぞ有難(ありがた)
009(わらは)(わか)()(もつ)
010ビクトリア(ひめ)宮仕(みやつか)
011(あさ)(ゆふ)なに赤心(まごころ)
012()めて(まこと)(つく)しつつ
013(たの)しき()をば(おく)(をり)
014王妃(わうひ)(きみ)如何(いかが)しけむ
015無常(むじやう)(かぜ)(さそ)はれて
016あの()(ひと)となりましぬ
017(わらは)(なげ)(かな)しみて
018(あさ)(ゆふ)なに大神(おほかみ)
019(その)冥福(めいふく)(いの)れども
020()きにし(ひと)(かへ)()
021いとど(さび)しき(あき)(ゆふ)
022野辺(のべ)にすだく(むし)(こゑ)
023いとど(あは)れを(もよほ)して
024()くる甲斐(かひ)なき(なや)みに(しづ)
025草葉(くさば)(つゆ)()(つき)
026何処(いづく)ともなく(ひかり)()
027(ほし)(かげ)さへおぼろげに
028()ゆる(をり)しも(うしろ)より
029ヒルナ ヒルナと(たま)(こゑ)
030乙女(をとめ)(むね)(とどろ)きつ
031後振返(あとふりかへ)(なが)むれば
032(おも)ひもかけぬビクトリア(わう)(きみ)
033此方(こなた)(きた)れとさし(まね)
034(わらは)居間(ゐま)(ともな)ひて
035いとも(やさ)しき(こと)()
036姫君様(ひめぎみさま)御心(みこころ)
037()(はか)らひて一度(ひとたび)
038(いな)みつれ(ども)なかなかに
039(ゆる)(たま)はぬ(わが)(きみ)
040(あつ)(こころ)(ほだ)されて
041女御更衣(にようごかうい)()()えて
042(きさき)(みや)とのぼりける
043さはさり(なが)(なん)となく
044(こころ)おちゐぬ(おも)ひにて
045三歳(みとせ)四歳(よとせ)()ゆる(うち)
046此上(こよ)なき(もの)(わらは)をば
047(いつくしみ)まししあが(きみ)
048(いま)(つめ)たきあき(かぜ)
049()(すさ)むこそ(かな)しけれ
050せめて(わらは)(こころ)をば
051(なぐさ)めくるる(もの)あらば
052(なが)一夜(ひとよ)(かた)らひて
053(わが)()(うき)()らさむと
054(おも)(をり)しも顔容(かほかたち)
055いと(うる)はしき右守(うもり)(かみ)
056ベルツ(つかさ)忠実(まめや)かに
057(なに)くれとなく(わらは)()
058(まも)(たま)へる(うれ)しさよ
059(まこと)のこもる(かれ)(こころ)(ほだ)されて
060()りなき(なか)となりつれど
061人目(ひとめ)(しの)(こひ)(なか)
062女御更衣(にようごかうい)下女(しもをんな)
063下僕(しもをとこ)()二人(ふたり)(なか)
064(さと)られはせぬかと(あさ)(ゆふ)(こころ)(くだ)
065()(くる)しむることは幾度(いくたび)
066()()()もる(こひ)(ふち)
067(ふか)くはまりし二人(ふたり)(なか)
068もしや(わが)()御耳(おんみみ)
069(ひび)きはせぬかと
070(こころ)千々(ちぢ)(くだ)きつつ
071(かな)しき月日(つきひ)(おく)()
072(なん)詮方(せんかた)なく(なみだ)
073()きせぬ(えにし)永久(とこしへ)
074(まも)らせ(たま)へウラル(けう)
075(をしへ)(まも)(たま)
076塩長彦(しほながひこ)大神(おほかみ)
077(わが)()(きみ)七十路(ななそぢ)
078(はや)くも()えさせ(たま)ひぬれど
079いとど頑固(かたくな)にましまして
080(わらは)(あたら)しき思想(しさう)
081()ませ(たま)はず
082(ふる)(ひじり)(みち)をのみ
083(あさ)(ゆふ)なに(たて)となし
084()()()ひと(みだ)れはて
085社稷(しやしよく)(あやふ)くなりつれど
086左守司(さもりのかみ)のキユービツト
087(かれ)頑迷不霊(ぐわんめいふれい)より
088時代(じだい)思想(しさう)逆行(ぎやくかう)
089益々(ますます)()をば(みだ)()
090(じつ)(あさ)ましの()(なか)
091時代(じだい)目醒(めざ)めし右守司(うもりがみ)
092ベルツの(つかさ)逸早(いちはや)
093(わらは)(こころ)()()りて
094(ふる)(たふと)きビクの(くに)
095いや永久(とこしへ)(まも)らむと
096(あか)(こころ)(かぎ)りをば
097(つく)させ(たま)へど()(きみ)
098左守(さもり)(きみ)一々(いちいち)
099右守(うもり)言葉(ことば)(いな)みつつ
100至治太平(しちたいへい)経綸(けいりん)
101申上(まをしあ)ぐれど何時(いつ)とても
102()もなく拒絶(きよぜつ)ましましぬ
103ああ如何(いか)にせむビクの(くに)
104(はしら)ともなり(つゑ)となり
105千代(ちよ)八千代(やちよ)(ささ)へむと
106(おも)(ひと)とてあらざるか
107右守司(うもりのかみ)(さいはひ)
108兵馬(へいば)(けん)(にぎ)(ども)
109(みだり)(へい)(うご)かすは
110(かへつ)世人(よびと)(こころ)をば
111悪化(あくくわ)せしむるものなりと
112平和(へいわ)意見(いけん)主張(しゆちやう)して
113(ふせ)ぎもやらず何時(いつ)(まで)
114如何(いか)なる奇策(きさく)のましますか
115(うご)かざるこそうたてけれ
116さはさり(なが)(わらは)とて
117(わが)()(きみ)()()てて
118(みち)ならぬ(みち)()くべき
119(をんな)にあらねども
120()成行(なりゆき)(うかが)へば
121右守(うもり)()るより(ほか)はなし
122ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
123(かみ)御魂(みたま)(さちは)ひて
124一日(ひとひ)(はや)()(きみ)
125左守(さもり)(かみ)頑迷(ぐわんめい)
126()らさせ(たま)ひてビクの(くに)
127いや永久(とこしへ)(まも)らせ(たま)
128ヒルナの(ひめ)大前(おほまへ)
129(たま)小琴(をごと)(だん)じつつ
130神慮(しんりよ)(なぐさ)()ぎまつる』
131 ()かる(ところ)(うやうや)しく衣紋(えもん)(つくろ)ひ、132二三(にさん)城内(じやうない)役員(やくゐん)(みちび)かれて、133参上(さんじやう)したのは右守司(うもりのかみ)のベルツであつた。134ベルツは主人気取(しゆじんきど)りで、135さも横柄(わうへい)()(きた)り、136三人(さんにん)役員(やくゐん)(むか)ひ、
137ベルツ『ヤア、138御苦労(ごくらう)(ござ)つた。139少時(しばし)国政上(こくせいじやう)(こと)()いて、140(ひめ)(さま)にお(うかが)(いた)したい(こと)あれば、141汝等(なんぢら)(もと)(せき)(かへ)つたがよからう』
142 『ハイ』と三人(さんにん)(その)()立去(たちさ)つた。143そして三人(さんにん)はソツと(つぎ)()姿(すがた)(かく)して、144二人(ふたり)談話(だんわ)一言(いちごん)()らさじと聞耳(ききみみ)()ててゐた。145(これ)はラム、146リツト、147ベールといふ城内(じやうない)属官(ぞくくわん)である。148そしてヒルナ(ひめ)右守司(うもりのかみ)間柄(あひだがら)(この)(ごろ)(すこ)(へん)なので、149左守司(さもりのかみ)内意(ないい)()けて(つね)注意(ちうい)(まなこ)をみはつてゐたのである。
150 ヒルナ(ひめ)151ベルツはラム、152リツト、153ベールの三人(さんにん)(つぎ)()()いてゐるとは(すこ)しも気付(きづ)かなかつた。154ベルツは横柄(わうへい)(ひめ)(まへ)胡座(あぐら)をかき、155煙草(たばこ)(くゆ)らし(なが)ら、
156ベルツ『(ひめ)さま、157(にはか)御相談(ごさうだん)(まを)したい(こと)出来(でき)ましたので、158一寸(ちよつと)(まゐ)りました』
159ヒルナ(ひめ)貴方(あなた)(なん)とか かんとか()つて、160(わらは)(とほ)ざかること(ばか)(かんが)へて()りますね。161今日(こんにち)御相談(ごさうだん)()ふのは、162(また)163(れい)のお惚気(のろけ)でせう。164左様(さやう)(こと)は、165国家(こくか)多事(たじ)今日(こんにち)166(みみ)()(わけ)には(まゐ)りませぬ。167貴方(あなた)はテーナさまの(ところ)()つて、168御相談(ごさうだん)なさる(はう)()いでせう、169チツと方角違(はうがくちが)ひぢやありませぬか』
170ベルツ『さう、171いきなり攻撃(こうげき)()()けられては(おそ)()ります。172八尺(はつしやく)男子(だんし)到底(たうてい)太刀打(たちうち)出来(でき)ませぬ。173今日(こんにち)(まゐ)りましたのは左様(さやう)陽気(やうき)(こと)ぢや(ござ)いませぬ。174(せう)にしては右守家(うもりけ)一大事(いちだいじ)175(だい)にしてはビク一国(いつこく)一大事(いちだいじ)(ござ)います。176()(ゆゑ)貴女様(あなたさま)にトツクリと御相談(ごさうだん)(まを)し、177御意見(ごいけん)(うけたま)はつた(うへ)処決(しよけつ)しようと(おも)ひ、178罷出(まかりい)でました。179何卒(どうぞ)真面目(まじめ)にお()(くだ)さい。180貴女(あなた)(この)右守(うもり)薬籠中(やくろうちう)(もの)となし、181御都合(ごつがふ)()(とき)(ばか)りうまく利用(りよう)して、182(よう)がなくなれば、183弊履(へいり)()つるが(ごと)残酷(ざんこく)()()はす御考(おかんが)へでせう、184どうもマ(ひと)つ、185貴女(あなた)(たい)して()のゆるせない(ところ)があるやうに(おも)はれてなりませぬワ』
186ヒルナ(ひめ)『ホホホホ、187ようそんな(こと)が、188どこを(おさ)へたら仰有(おつしや)れますか、189貴方(あなた)(わたし)(なか)()つても()れぬ関係(くわんけい)(むす)ばれてゐるぢやありませぬか。190イターナルにユニオンして(この)国家(こくか)(まも)らうと御約束(おやくそく)されたでせう。191それに()いても貴方(あなた)要求(えうきう)()れて、192(をんな)()(べか)らざる(みち)(まで)()つたではありませぬか。193左様(さやう)(こと)仰有(おつしや)るとは、194(じつ)残酷(ざんこく)(まを)すもの、195(すこ)しは(わらは)(こころ)推量(すゐりやう)して(くだ)さいませ。196仮令(たとへ)二人(ふたり)がインフエルノの(そこ)()ちても、197共々(ともども)国家(こくか)(ため)(つく)さうと(ちか)つた(なか)だありませぬか』
198ベルツ『イヤ、199(おそ)()りました。200それに間違(まちが)ひは(ござ)いませぬ。201(しか)(なが)今日(こんにち)御相談(ごさうだん)(まゐ)つたといふのは真剣(しんけん)です、202(わたし)(いもうと)カルナ(ひめ)203(ひと)もあらうに左守司(さもりのかみ)馬鹿息子(ばかむすこ)ハルナに恋着(れんちやく)(いた)し、204何時(いつ)()にかラブ・レタースを往復(わうふく)させ、205最早(もはや)(てこ)でも(ぼう)でも(うご)かない(やう)になつて(しま)つたので(ござ)います。206()いては貴女(あなた)御存(ごぞん)じの(とほ)り、207頑迷不霊(ぐわんめいふれい)左守(さもり)(せがれ)ハルナの(ごと)柔弱漢(にうじやくかん)に、208(いもうと)をやるといふ(こと)は、209(すべ)ての計劃上(けいくわくじやう)(おい)て、210大変(たいへん)番狂(ばんくる)はせを(きた)しはせまいかと、211家令(かれい)のシエールと(とも)(あたま)(なや)めて()ります。212(ひめ)(さま)御考(おかんが)へは如何(いかが)(ござ)いますか』
213 ヒルナ(ひめ)(うつ)むいて少時(しばし)(かんが)へてゐたが、214やがて微笑(びせう)()らし(なが)ら、
215ヒルナ(ひめ)『コレ右守(うもり)さま それは(ねが)うてもなき出来事(できごと)だありませぬか、216(この)結婚(けつこん)がうまく()けば、217カルナさまは貴方(あなた)(いもうと)218(なに)かにつけて万事(ばんじ)都合(つがふ)(よろ)しいでせう、219()はばスパイを(てき)陣中(ぢんちう)(はな)つた(やう)なもの、220こんな好都合(かうつがふ)はありますまい』
221ベルツ『(しか)(なが)らカルナといふ(やつ)ア、222左様(さやう)融通(ゆうづう)()(をんな)とは、223どうしても(かんが)へられませぬ。224(かれ)只々(ただただ)ラブ・イズ・ベストだと()つて、225恋愛(れんあい)(ばか)りに(こころ)(かたむ)け、226(かつ)(また)拙者(せつしや)行動(かうどう)(いさ)(やう)とする傾向(けいかう)(ござ)いますから、227(かへつ)左守司(さもりのかみ)(いへ)(つか)はさうものなら、228なまじひ道徳論(だうとくろん)惑溺(わくでき)して、229兄貴(あにき)(ゆみ)()くやうな(こと)出来(しゆつたい)(いた)さぬかと、230それ(ばか)りが心配(しんぱい)()へませぬ。231(ねが)はくば貴女様(あなたさま)より刹帝利様(せつていりさま)言葉(ことば)(つく)して、232(この)縁談(えんだん)成功(せいこう)せない(やう)(みづ)をさして(いただ)きたいと(ぞん)じまして、233御相談(ごさうだん)にあがりました。234刹帝利様(せつていりさま)言葉(ことば)ならば(つる)一声(ひとこゑ)いかに熱烈(ねつれつ)(こひ)(とりこ)となつた(いもうと)のカルナも、235(これ)には(そむ)(わけ)には(まゐ)りますまい。236何卒(どうぞ)(ひと)御骨折(おほねをり)(ねが)ひたいもので(ござ)います。237家令(かれい)のシエールと種々(しゆじゆ)協議(けふぎ)()らしてみましたが、238どうしてもそれより方法(はうはふ)はなきものと(かんが)へます。239一度(いちど)(いもうと)左守家(さもりけ)(つか)はした(はう)目的(もくてき)遂行上(すゐかうじやう)240都合(つがふ)()からうかと(ぞん)じ、241(ほぼ)それに内定(ないてい)して()りましたが、242(ひるがへ)つて熟考(じゆくかう)すれば、243こんな危険(きけん)なことはないと(かんが)へました。244何卒(どうぞ)(この)縁談(えんだん)()いては到底(たうてい)(あに)(ちから)では(やぶ)ることは出来(でき)ませぬから、245貴方(あなた)御力(おちから)(かり)るより(みち)(ござ)いませぬ』
246ヒルナ(ひめ)御心配(ごしんぱい)なさいますな、247今日(こんにち)右守家(うもりけ)左守家(さもりけ)暗闘(あんとう)融和(ゆうわ)させるには、248これ(くらゐ)()機会(きくわい)はありませぬ。249如何(いか)にビクの刹帝利家(せつていりけ)(ふる)くから(つづ)き、250権力(けんりよく)があるとは()へ、251肝心(かんじん)左守(さもり)右守(うもり)(かみ)たる竜虎(りようこ)(たがひ)(あらそ)(とき)は、252どちらも(いきほひ)(まつた)からず、253(つひ)には内部(ないぶ)より破綻(はたん)(きた)し、254国家(こくか)滅亡(めつぼう)(きた)すは()のあたりで(ござ)います。255(じつ)国家(こくか)(ため)256刹帝利家(せつていりけ)のために、257こんな結構(けつこう)縁談(えんだん)はありますまい。258(この)(こと)(ばか)りはヒルナ(ひめ)259()(まで)熟考(じゆくかう)をして(もら)ひたい(こと)主張(しゆちやう)(いた)します』
260ベルツ『成程(なるほど)261それも(かへつ)()いかも()れませぬ。262(しか)らば何事(なにごと)(ひめ)(さま)にお(まか)(いた)します。263何分(なにぶん)(よろ)しく御願(おねが)(いた)しませう』
264ヒルナ(ひめ)左様(さやう)ならば、265これから左守司(さもりのかみ)()びよせ、266(とく)(わらは)より申渡(まをしわた)すで(ござ)いませう。267サア(また)(かべ)(みみ)あり、268(てん)(くち)あり、269(ある)時機(じき)まで(この)秘密(ひみつ)()れないやう、270(はや)くお(かへ)(くだ)さいませ』
271ベルツ『大変(たいへん)秋風(あきかぜ)()いたと()え、272(はうき)()くやうになさいますな。273マア一服(いつぷく)して(かへ)れと仰有(おつしや)つても、274(あま)(ばち)(あた)りますまい。275(また)(わたし)一息(ひといき)二息(ふたいき)276ここで煙草(たばこ)(ぐらゐ)(いただ)いても、277(あま)差支(さしつか)へない(やう)(かんが)へますがなア』
278ヒルナ(ひめ)(また)そんな(こと)()つて、279(わたし)(こま)らせるのですか、280そんなら百年(ひやくねん)なつと千年(せんねん)なつと ここでお煙草(たばこ)をあがつて(くだ)さい』
281ベルツ『ハハハハ、282イヤ(まこと)(おそ)()りました。283左様(さやう)なれば邪魔者(じやまもの)直様(すぐさま)284御前(ごぜん)(さが)りませう。285そこらに(はうき)逆様(さかさま)にして(ほほ)かぶりがさしてあれば、286どうぞ(もと)(なほ)して(くだ)さいませ、287エヘヘヘヘ』
288(いや)らしい(ゑみ)(のこ)し、289スタスタと廊下(らうか)足音(あしおと)をさせ(なが)ら、290(わが)(やかた)をさして(かへ)()く。291ラム、292リツト、293ベールの三人(さんにん)(たがひ)(かほ)見合(みあは)せて苦笑(くせう)(なが)ら、294(あし)(しの)ばせ左守司(さもりのかみ)(やかた)をさして(いそ)()く。
295大正一二・二・一二 旧一一・一二・二七 於竜宮館 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。