霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章 婚談(こんだん)〔一三九三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第54巻 真善美愛 巳の巻 篇:第2篇 恋愛無涯 よみ:れんあいむがい
章:第7章 第54巻 よみ:こんだん 通し章番号:1393
口述日:1923(大正12)年02月21日(旧01月6日) 口述場所:竜宮館 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月26日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
ビクトリヤ王はさまざまなことが一度に起きて体がぐったりと弱り、ヒルナ姫に足をもませてベッドに横たわり休んでいた。
そこへ左守がやってきて、アールの婚姻話を報告した。ビクトリヤ王は息子が賤しい身分の女を連れてきたことに嘆息したが、ヒルナ姫は、自分も賤しい身分でありながら王によって見出されて王妃となったことを挙げ、家庭が円満に治まり国家が泰平に治まればよいのではないか、と王に意見した。
ビクトリヤ王も、自分が手本を見せたことだから、これも因縁だと思い直し、アールの思うとおりに縁談を進めるように左守に伝えた。左守から、治国別も同じ意見だと聞くと、刹帝利はすぐに準備にとりかかるよう左守に命じた。
一方、アールはハンナに、自分は人間の作った不自然な階級制度を打破し、四民平等の政治するのが自分の本懐だと決心を明らかにしていた。しかし到底この婚姻が認められる見込みはないだろうから、今のうちに裏門から抜け出し、山林に潜んで一緒に暮らそうと相談しているところであった。
そこへ左守がやってきて、二人の案に相違して、ビクトリヤ王が結婚を許可したという報せを持ってきた。左守に促されて、アールとハンナはビクトリヤ王に面会するために王の居間に進んで行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5407
愛善世界社版:91頁 八幡書店版:第9輯 653頁 修補版: 校定版:89頁 普及版:43頁 初版: ページ備考:
001 刹帝利(せつていり)ビクトリア(わう)はフェザーベッドの(うへ)(よこ)たはり、002ヒルナ(ひめ)(あし)()ませ(やす)んでゐた。003何分(なにぶん)老年(らうねん)(うへ)(うれ)しい(こと)や、004(おそ)ろしい(こと)(など)一度(いちど)()()たので(からだ)がグツタリと(よわ)半病人(はんびやうにん)(ごと)有様(ありさま)で、005どこともなく(からだ)(いた)むので休養(きうやう)してゐた。006そして世継(よつぎ)のアールが(この)(ごろ)ソハソハとして城内(じやうない)()らず、007臣下(しんか)()(しの)んで一人(ひとり)郊外(かうぐわい)()で、008()()れてから(かへ)つて()てはシュナップスを(あふ)り、009()うては大声(おほごゑ)()()近侍(きんじ)役人(やくにん)(ども)手古摺(てこず)らせる(など)(こと)刹帝利(せつていり)(こころ)(いた)めた大原因(だいげんいん)となつてゐる。
010 かかる(ところ)左守(さもり)のキユービツトは衣紋(えもん)(つくろ)拝謁(はいえつ)()うた。011刹帝利(せつていり)左守(さもり)(うかが)ひと()いて(ただ)ちに(これ)(ゆる)した。012左守(さもり)はフェザーベッドの(そば)(ちか)(すす)()り、013両手(りやうて)をついて、
014左守(さもり)申上(まをしあ)げます』
015刹帝(せつてい)左守(さもり)016何事(なにごと)だ。017(つね)(かは)つて其方(そなた)様子(やうす)018(なに)(また)変事(へんじ)突発(とつぱつ)したのではないか』
019左守(さもり)『ハイ、020王様(わうさま)申上(まをしあ)げたら、021(さぞ)(おどろ)(あそ)ばすで(ござ)りませうが、022アール(さま)(ひと)もあらうに(いや)しきサーフの(むすめ)ハンナとやら()(もの)をホーフスに引入(ひきい)れ、023()うしても(この)(をんな)でなければ結婚(けつこん)はしない。024そして万一(まんいち)(ちち)(これ)をお聞届(ききとど)けなくば、025城内(じやうない)脱出(だつしゆつ)山猟師(やまれふし)となつて田園生活(でんえんせいくわつ)(おく)る」と駄々(だだ)(こね)られますので、026(この)老人(らうじん)大変(たいへん)心配(しんぱい)(いた)しました。027如何(いかが)取計(とりはか)らつたら(よろ)しう(ござ)りませうかな』
028 刹帝利(せつていり)左守(さもり)意外(いぐわい)注進(ちうしん)(おどろ)いて、029ベツドを()火鉢(ひばち)(まへ)端座(たんざ)(なが)ら、
030刹帝(せつてい)嗚呼(ああ)031ビクトリア王家(わうけ)最早(もはや)終末(しうまつ)だ。032肝腎(かんじん)長子(ちやうし)がサーフの(むすめ)女房(にようばう)()ちたいと()(やう)になつては、033最早(もはや)貴族(きぞく)末路(まつろ)だ。034如何(どう)したら()からうかなア』
035双手(もろて)()んで思案(しあん)(てい)036ヒルナ(ひめ)(そば)より()をついて、
037ヒルナ『刹帝利様(せつていりさま)038さうお(おどろ)きには(およ)びますまい。039如何(いか)にアール(さま)耕奴(かうど)(むすめ)をお(めと)りになつた(ところ)で、040家庭(かてい)円満(ゑんまん)(をさ)まり、041国家(こくか)太平(たいへい)(をさ)まれば()いぢや(ござ)りませぬか。042(わらは)だつて腰元(こしもと)抜摺(ばつてき)され、043(たふと)貴方(あなた)御見出(おみいだ)しによつてアーチ・ダッチェスに抜摺(ばつてき)されたぢやありませぬか。044アールさまの結婚問題(けつこんもんだい)御心配(ごしんぱい)(あそ)ばすならば、045()刹帝利様(せつていりさま)から(わらは)放逐(はうちく)(あそ)ばさねばなりますまい』
046刹帝(せつてい)『うん、047さうだな。048(おや)から手本(てほん)()せておいて(わが)()()むる(わけ)にも()くまい。049いや如何(どう)なり()くも因縁(いんねん)だ。050左守(さもり)051アールの(まを)(とほ)りにしてやつて()れ。052さうして一応(いちおう)053治国別(はるくにわけ)宣伝使(せんでんし)御相談(ごさうだん)をせなくてはなるまいぞや』
054 左守(さもり)(あん)相違(さうゐ)しヤツと(むね)()()ろし、
055左守(さもり)(じつ)(ところ)治国別(はるくにわけ)(さま)へお(うかが)ひをして(まゐ)りました(ところ)056治国別(はるくにわけ)(さま)のお言葉(ことば)では、057なるべく(この)結婚(けつこん)(ととの)へたがよい、058との(こと)(ござ)ります』
059刹帝(せつてい)宣伝使(せんでんし)のお言葉(ことば)とあれば大丈夫(だいぢやうぶ)だらう。060(ぜん)(いそ)げだ、061一事(いちじ)(はや)(せがれ)(この)(よし)(つた)へて()れ』
062左守(さもり)(じつ)有難(ありがた)(きみ)(おほ)せ、063(さぞ)アール(さま)御満足(ごまんぞく)思召(おぼしめ)すで(ござ)りませう。064(これ)郊外散歩(かうぐわいさんぽ)もお(とど)まりになるでせう。065左様(さやう)ならば(これ)からお使(つかひ)()つて(まゐ)ります。066何分(なにぶん)(よろ)しう、067(わが)君様(きみさま)068ヒルナ(ひめ)(さま)069(ねが)(まを)します』
070欣々(いそいそ)として(この)()()がり()く。
071 アールの居間(ゐま)にはハンナと二人(ふたり)072いろいろの(はなし)(はじ)まつてゐた。
073ハンナ『もし、074アール(さま)075貴方(あなた)(なん)仰有(おつしや)つて(くだ)さいましても御両親様(ごりやうしんさま)(はじ)頑迷固陋(ぐわんめいころう)老臣(らうしん)(ども)沢山(たくさん)ゐられますれば、076屹度(きつと)(この)(はなし)駄目(だめ)(ござ)りませう。077何卒(どうぞ)そんな(こと)仰有(おつしや)らずにお(ひま)(くだ)さいませ。078そして貴方(あなた)はビクトリア(わう)世継(よつぎ)としてビク一国(いつこく)君臨(くんりん)相当(さうたう)奥様(おくさま)(むか)へて安楽(あんらく)()をお(おく)りなさる(やう)(ねが)(いた)します』
079アール『エー、080最前(さいぜん)()(とほ)り、081(わし)(なが)らくの(あひだ)山住居(やまずまゐ)をし、082放縦(はうじう)生活(せいくわつ)()れて()たのだから、083斯様(かやう)窮屈(きうくつ)貴族生活(きぞくせいくわつ)到底(たうてい)()へきれない。084万一(まんいち)其方(そなた)()(こと)出来(でき)なければ(わし)はここを()()して山林(さんりん)()簡易生活(かんいせいくわつ)(おく)(かんが)へだ。085何卒(どうぞ)そんな心細(こころぼそ)(こと)()はずに(おれ)()(こと)()いて()れ。086(たの)みだから……』
087ハンナ『(わたし)(やう)耕奴(かうど)(むすめ)一国(いつこく)王様(わうさま)になるお(かた)堕落(だらく)させたと()はれては申訳(まをしわけ)(ござ)りませぬ。088出来(でき)(こと)ならばお小間使(こまづかひ)になりとお使(つか)(くだ)さいまして(この)縁談(えんだん)だけは何処(どこ)(まで)もお(ゆる)(くだ)さいませ。089(しか)(なが)終身(しうしん)貴方(あなた)のお(そば)御用(ごよう)をさして(いただ)きますから……』
090アール『(わし)刹帝利(せつていり)だの、091浄行(じやうぎやう)だの、092毘舎(びしや)093首陀(しゆだ)(など)と、094そんな区別(くべつ)をつける虚偽(きよぎ)社会(しやくわい)(いや)になつたのだ。095それで純朴(じゆんぼく)のサーフの(むすめ)のお(まへ)如何(どう)しても結婚(けつこん)をして()たいのだ。096そして人間(にんげん)(つく)つた不自然(ふしぜん)階級制度(かいきふせいど)打破(だは)し、097上下一致(じやうげいつち)098四民平等(しみんべうどう)政事(まつりごと)をして()たいのだ。099それが出来(でき)なければ(わし)現代(げんだい)生存(せいぞん)希望(きばう)はない』
100ハンナ『そこ(まで)仰有(おつしや)つて(くだ)さるのならば(わたくし)はお言葉(ことば)(あま)へて(したが)ひませう。101(しか)(なが)御両親(ごりやうしん)(そむ)きなさつて(まで)決行(けつかう)なさる(かんが)へですか。102さうすればもはや(この)城内(じやうない)(とど)まる(こと)出来(でき)ますまい。103(わたくし)(やう)(もの)貴方(あなた)(つま)にお(ゆる)(くだ)さる(はず)はありませぬ』
104アール『そら、105さうだ。106(わし)(その)覚悟(かくご)はしてゐる。107さア、108(これ)からソツと裏門(うらもん)から()()し、109山林(さんりん)()つてお(まへ)簡易生活(かんいせいくわつ)(たの)しまうぢやないか。110照国山(てるくにやま)には(わし)(なが)()まつてゐた古巣(ふるす)がある。111そこへ()けばどうなりかうなり生活(せいくわつ)出来(でき)るから……』
112ハンナ『そんなら仕方(しかた)(ござ)りませぬ。113(とも)(いた)しませう』
114アール『ヤ、115早速(さつそく)承知(しようち)116満足(まんぞく)(おも)ふ。117さア(はや)(たび)用意(ようい)をしよう』
118二人(ふたり)一生懸命(いつしやうけんめい)城内(じやうない)()()用意(ようい)()りかかつてゐた。119そこへ左守(さもり)(あら)はれ(きた)り、
120左守(さもり)御免(ごめん)なさいませ。121アール(さま)122一寸(ちよつと)貴方(あなた)にお(とう)さまのお言葉(ことば)をお(つた)(まを)()いと(おも)(まゐ)りました。123(また)足装束(あししやうぞく)(あそ)ばして郊外散歩(かうぐわいさんぽ)にでもお()ましになるのですか。124郊外散歩(かうぐわいさんぽ)にしては大変(たいへん)なお準備(こしらへ)ぢやありませぬか』
125アール『左守殿(さもりどの)126(じつ)(ところ)(わし)はここにゐると色々(いろいろ)(をんな)(すす)められ()()はぬ女房(にようばう)()つのが(つら)いから、127何処(どこ)かへ()()心算(つもり)()つたのだ。128何卒(どうぞ)(たの)みだから見逃(みのが)して()れ』
129左守(さもり)『いや、130それはなりませぬ。131(いま)結婚問題(けつこんもんだい)持上(もちあが)つた最中(さいちう)132そして貴方(あなた)はここを()られてはなりませぬぞ。133国家(こくか)のため、134王家(わうけ)のため、135何処(どこ)(まで)刹帝利(せつていり)(あと)()いで(くだ)さらねばならぬのです』
136アール『さアその結婚問題(けつこんもんだい)()()らないので、137()()さうと()ふのぢやないか。138(わし)がゐなくてもまだ四人(よにん)(おとうと)がある。139その(おとうと)でいかなければ、140国民(こくみん)(うち)から立派(りつぱ)人間(にんげん)()()して刹帝利(せつていり)(あと)()がせばよいぢやないか。141(なに)自分(じぶん)(あと)()がねばならぬ(かみ)命令(めいれい)でもあるまい。142それよりも(わし)はここに()(この)(をんな)山林(さんりん)()簡易生活(かんいせいくわつ)(たの)しむつもりだ』
143左守(さもり)若旦那様(わかだんなさま)144御心配(ごしんぱい)(あそ)ばしますな。145(この)左守(さもり)東奔西走(とうほんせいさう)結果(けつくわ)146治国別(はるくにわけ)(さま)やヒルナ(ひめ)のお骨折(ほねをり)によつて到頭(たうとう)刹帝利様(せつていりさま)のお(こころ)(うご)かし、147ハンナ(さま)御夫婦(ごふうふ)とおなり(あそ)ばす(やう)にお(はなし)がきまりましたので御報告(ごほうこく)(まゐ)つたのです』
148アール『うん、149さうか、150それは頑固(ぐわんこ)(ちち)()ずよくまア(ひら)けたものだな。151ヤツパリ(これ)時節(じせつ)(ちから)だらう。152(しか)(なが)らお(まへ)一寸(ちよつと)談判(だんぱん)をして(もら)はねばならぬ(こと)がある。153それは(ほか)でもない、154自由自在(じいうじざい)夫婦(ふうふ)()()をとつて城外(じやうぐわい)散歩(さんぽ)をさして(もら)へるか、155それもならぬと()ふのなら(わし)はこれから、156此処(ここ)()()田園生活(でんえんせいくわつ)(つづ)ける覚悟(かくご)だから』
157左守(さもり)『そんな(こと)御心配(ごしんぱい)なさいますな。158大丈夫(だいぢやうぶ)(ござ)ります。159屹度(きつと)(わたくし)(とり)もつて自由自在(じいうじざい)御行動(ごかうどう)出来(でき)(やう)(いた)しませう』
160アール『(ちち)証言(しようげん)()()かなくては、161(また)(あと)からゴテゴテ干渉(かんせう)されると(こま)るからな』
162左守(さもり)(けつ)して(けつ)して左様(さやう)御心配(ごしんぱい)御無用(ごむよう)です。163さア、164(はや)く、165父上(ちちうへ)()つて()られます。166二人(ふたり)(とも)居間(ゐま)へお()しを(ねが)ひます。167治国別(はるくにわけ)(さま)(はう)へも使(つか)ひを()てておきましたから、168(すぐ)()しになるでせう』
169アール『アアそんならお()にかからうかな。170これハンナ、171(まへ)(わし)について()るかな』
172ハンナ『ハイ、173如何(いか)なる(ところ)へもお(とも)(いた)します。174(いや)しき(わらは)()175(おそ)(おほ)(ござ)りますが、176貴方(あなた)附属(ふぞく)(いた)した以上(いじやう)は、177影法師(かげばふし)(ごと)何処(どこ)(まで)()いて(まゐ)りませう』
178 左守司(さもりのかみ)はヤツと安心(あんしん)したものの(ごと)顔色(がんしよく)(やはら)げ、179二人(ふたり)(さき)()つて刹帝利(せつていり)居間(ゐま)(いざな)()く。
180大正一二・二・二一 旧一・六 於竜宮館 北村隆光録)