霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章 祝莚(しゆくえん)〔一三九四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第54巻 真善美愛 巳の巻 篇:第2篇 恋愛無涯 よみ:れんあいむがい
章:第8章 祝莚 よみ:しゅくえん 通し章番号:1394
口述日:1923(大正12)年02月21日(旧01月6日) 口述場所:竜宮館 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月26日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
ビクトリヤ城の客殿には、刹帝利、ヒルナ姫をはじめ治国別一行、タルマン、左守、右守、ハルナ、カルナ姫ならびに数多の役員が列席し、アールとハンナの結婚式が行われた。このことはだれともなく城下に広まった。そして政治大改革の象徴だと国民一同に期待された。
治国別の媒介で結婚式はつつがなく行われた。祝宴の席で、治国別は祝歌を歌った。今までの道にたがえる形式差別を撤回し、上下心を一つにして神に仕え、ビク国の繁栄に尽くすことを祈った。
左守、右守、タルマンも、金扇を開き、アールとハンナの結婚を祝う祝歌を歌った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:99頁 八幡書店版:第9輯 656頁 修補版: 校定版:97頁 普及版:47頁 初版: ページ備考:
001 ビクトリア(じやう)客殿(きやくでん)には刹帝利(せつていり)002ヒルナ(ひめ)(はじ)治国別(はるくにわけ)一行(いつかう)003(およ)内事司(ないじつかさ)のタルマン、004左守(さもり)005右守(うもり)(はじ)めハルナ、006カルナ(ひめ)007(なら)びに数多(あまた)役員(やくゐん)(れつ)(ただ)し、008結婚式(けつこんしき)(おこな)はれた。009(この)(こと)(たれ)()ふとなく城下(じやうか)(ひろ)がり、010()ると(さは)るとレコード(やぶ)りの結婚(けつこん)だと()つて、011(はなし)(はな)長屋(ながや)(うら)(まで)()いてゐた。012さうして政治大改革(せいぢだいかいかく)象徴(しやうちやう)だと国民(こくみん)一同(いちどう)期待(きたい)されたのである。013ここに治国別(はるくにわけ)媒介(なかうど)にて神前結婚(しんぜんけつこん)(しき)(つつが)なく相済(あひす)んだ。
014 それから刹帝利(せつていり)015ヒルナ(ひめ)治国別(はるくにわけ)(あつ)(れい)()(わが)居間(ゐま)(かへ)つた。016(あと)新夫婦(しんふうふ)(はじ)一同(いちどう)祝宴(しゆくえん)(ひら)かれた。
017 治国別(はるくにわけ)祝歌(しゆくか)(うた)ふ。
018治国別(はるくにわけ)神代(かみよ)(むかし)伊邪那岐(いざなぎ)
019皇大神(すめおほかみ)伊邪那美(いざなみ)
020(かみ)諸共(もろとも)高天原(たかま)にて
021(あめ)御柱(みはしら)(めぐ)()
022妹背(いもせ)(みち)(むす)びまし
023山川草木(やまかはくさき)(かみ)までも
024完全(うまら)委曲(つばら)()(たま)
025(この)()(やす)(うる)はしく
026(つく)(たま)ひし雄々(をを)しさよ
027その神術(かむわざ)(なら)ひまし
028ビクトリア(じやう)(おく)()
029時代(じだい)目覚(めざ)めたアールさま
030上下(じやうげ)障壁(しやうへき)撤回(てつくわい)
031耕奴(かうど)(いへ)(うま)れます
032ハンナの(ひめ)合衾(がふきん)
033(しき)()げさせ(たま)ひしは
034(これ)(まつた)天地(あめつち)
035(たふと)(かみ)御心(みこころ)
036かなひ(まつ)りし吉例(きちれい)
037(たふと)(いや)しき差別(けじめ)をば
038(かみ)御子(みこ)たる人草(ひとぐさ)
039つけて待遇(たいぐう)差別(さべつ)をば
040(つく)ると()ふは皇神(すめかみ)
041(こころ)()らぬ曲業(まがわざ)
042一陽来復(いちやうらいふく)(とき)(いた)
043至仁(しじん)至愛(しあい)大神(おほかみ)
044大御心(おほみこころ)のそのままに
045妹背(いもせ)(みち)(ひら)きまし
046国人(くにびと)(たち)(その)(はん)
047(しめ)させ(たま)(たふと)さよ
048かくなる(うへ)国民(くにたみ)
049(わう)をば(まこと)(おや)となし
050(あるじ)(あが)()となして
051(こころ)(そこ)より真心(まごころ)
052(ささ)げて(つか)へまつるべし
053(かみ)(おもて)(あら)はれて
054(ぜん)(あく)とを立別(たてわ)ける
055(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
056(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
057(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
058直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
059()(あやま)ちは()(なほ)
060皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)
061(いま)まで(みち)(たが)ひたる
062形式(けいしき)差別(さべつ)撤回(てつくわい)
063上下(じやうげ)(こころ)(ひとつ)にし
064御国(みくに)のために国民(くにたみ)
065(ちから)(あは)(こころ)をば
066(ひとつ)になして(きみ)()
067弥永久(いやとこしへ)(たの)しみて
068(まも)(つか)へむ惟神(かむながら)
069(かみ)嘸々(さぞさぞ)(この)(しき)
070(うべな)ひまして永久(とこしへ)
071妹背(いもせ)(みち)(まも)りまし
072ビクの(くに)をば弥栄(いやさか)
073(さか)(にぎは)(たま)ふべし
074ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
075(かみ)御前(みまへ)誠心(まごころ)
076(ささ)げて(いは)(たてまつ)る』
077 左守司(さもりのかみ)金扇(きんせん)(ひら)(みづか)(をど)(みづか)(うた)ふ。
 
078左守(さもり)謡曲(えうきよく))『ああ有難(ありがた)(たふと)やな、079掛巻(かけまく)(あや)(かしこ)天地(あめつち)の、080皇大神(すめおほかみ)神勅(みこと)もて、081ビクの(くに)(しづ)まり()ます、082刹帝利(せつていり)083ビクトリア(わう)の、084(はじ)めての御子(みこ)()れませる、085王子(わうじ)アールの(きみ)に、086耕奴(かうど)(いへ)(うま)(たま)ひし、087(こころ)雄々(をを)しき才女(くわしめ)と、088鴛鵞(をし)(ふすま)永久(とこしへ)に、089(むつ)(した)しみ(いも)()の、090(みち)(ひら)(たま)ひたる、091これの御式(みのり)(たふと)さよ。092仮令(たとへ)首陀(しゆだ)(いへ)(うま)れたりとも、093(まこと)()かき賢女(さかしめ)を、094(めと)らせ(たま)若君(わかぎみ)は、095天地(あめつち)(ひら)けし(その)(とき)より、096(ためし)もあらぬ(うづ)御子(みこ)097(さか)しき御子(みこ)()しまして、098(かみ)(しも)との(へだて)()ち、099(しも)国民(くにたみ)(あはれ)みまし、100(うる)はしき(まつりごと)(ひら)かせ(たま)ふ、101端緒(いとぐち)ぞと左守(さもり)(かみ)(はじ)めとし、102右守司(うもりのかみ)()ふも(さら)103(もも)(つかさ)(いた)るまで、104今日(けふ)芽出度(めでた)御式(みのり)をば、105(あふ)(よろこ)拍手(かしはで)(こゑ)(にぎは)しく、106その(よろこ)びは天地(あめつち)に、107(ひび)(わた)りて大空(おほぞら)の、108(くも)をつきぬき和田(わだ)(はら)109水底(みなそこ)(ふか)(ひび)(わた)り、110四方八方(よもやも)(くに)内外(うちと)(くま)もなく、111(この)(あたら)しき(いも)()御契(おんちぎり)を、112(あふ)がぬものぞなかるべし。113()にも芽出度(めでた)(きみ)()の、114千代(ちよ)万代(よろづよ)(きは)みなく、115(つる)御空(みそら)()(あそ)び、116(かめ)御池(おいけ)(うか)びつつ、117(きみ)幾代(いくよ)(ことほ)ぎて、118(つか)へまつるぞ芽出度(めでた)けれ。119朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも、120(つき)()つとも()くるとも、121(てん)()となり()(てん)となるとも、122(きみ)(まこと)幾千代(いくちよ)も、123(かは)らせ(たま)(こと)ぞあるべき。124()にも(たふと)三五(あななひ)の、125(かみ)(をしへ)(つか)へます、126御空(みそら)(きよ)治国別(はるくにわけ)の、127(うづ)宣伝使(せんでんし)128二人(ふたり)(なか)()たせ(たま)ひ、129神代(かみよ)(ためし)そのままに、130婚嫁(とつぎ)(みち)(あたら)しく、131(はじ)(たま)ひし(たふと)さよ、132(かみ)御稜威(みいづ)高砂(たかさご)の、133尾上(をのへ)(まつ)友白髪(ともしらが)134()もる深雪(みゆき)何処(どこ)(まで)も、135()けずにあれや(いも)()(みち)136ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)137恩頼(みたまのふゆ)(よろこ)(いさ)()(まつ)る』
 
138(うた)(をは)つて()についた。139右守司(うもりのかみ)(また)(うた)ふ。
 
140右守(うもり)謡曲(えうきよく))『(あめ)なるや乙棚機(をとたなばた)のうながせる、141(たま)御統瓊(みすまる)御統瓊(みすまる)に、142あな(たま)はや、143みたにふたわたらす、144あぢしき高彦根(たかひこね)(かみ)の、145その御神姿(みすがた)にも(くら)ぶべき、146(うづ)御子(みこ)なるアールの(きみ)147(かみ)(めぐ)みに(いだ)かれて、148ここに理想(りさう)(つま)()れませる、149ハンナの(ひめ)(めと)らせ(たま)ひ、150今宵(こよひ)芽出度(めでた)合衾(がふきん)を、151完全(うまら)委曲(つばら)()げさせ(たま)ひ、152四海波風(しかいなみかぜ)(しづか)にて、153(えだ)()らさぬ(きみ)()の、154その(いしずゑ)(かしこ)くも、155婚嫁(とつぎ)(みち)(おこな)はせ(たま)ひ、156天地(あめつち)(かみ)(かは)らせ(たま)ひて、157(わが)国民(くにたみ)心安(うらやす)く、158(をさ)(たま)はむ(あめ)御柱(みはしら)159(くに)御柱(みはしら)とこれの(やかた)(なら)ばして、160すみきり(たま)ふぞ(たふと)けれ。161(われ)右守(うもり)神司(かむづかさ)162まだ新参(しんざん)()なれども、163(きみ)御為(おんため)(くに)(ため)164(まこと)(こと)()るなれば、165仮令(たとへ)生命(いのち)()つるとも、166(つか)へまつらむ若君(わかぎみ)御前(おんまへ)167ハンナの(ひめ)御前(おんまへ)に、168ああ二柱(ふたはしら)(いも)()(きみ)よ、169左守司(さもりのかみ)(はじ)めとし、170その(ほか)(もも)司等(つかさら)を、171(まこと)(いへ)(やつこ)思召(おぼしめ)され、172如何(いか)なる(こと)打明(うちあ)けて、173()()(たま)()らせ(たま)へ、174上下(うへした)(むつ)(きみ)()の、175瑞祥(ずゐしやう)(しめ)今宵(こよひ)(そら)176(つき)(ひかり)もさやかにて、177(ほし)さへ今日(けふ)何時(いつ)もより、178(ひか)りも(つよ)くきらめき(わた)り、179世継(よつぎ)(きみ)行末(ゆくすゑ)を、180(ことほ)(まも)らせ(たま)ふなり、181(あら)(かぜ)もなく(あし)(あめ)もなく、182五穀(ごこく)(ゆたか)()のり、183天下太平(てんかたいへい)国土成就(こくどじやうじゆ)184天神(てんしん)地祇(ちぎ)(あが)(まつ)り、185(ちち)(はは)との(きみ)によく(つか)へまし、186(しも)国民(くにたみ)(あは)れみて、187(うる)はしき(きよ)(まつりごと)を、188()かせ(たま)(ひじり)(きみ)(うた)はれて、189(かみ)(たま)ひしビクの(くに)を、190弥永久(いやとこしへ)(まも)らせ(たま)へ、191(かみ)(ちか)ひて右守(うもり)(かみ)192若君(わかぎみ)二柱(ふたはしら)御前(おんまへ)に、193(つつし)(うやま)()(まつ)る。194朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも、195(つき)()つとも()くるとも、196(ほし)(そら)より()つるとも、197()(ふる)(やま)()け、198(うみ)はあせなむ()ありとも、199(きみ)(たい)して二心(ふたごころ)200(われ)あらめやも、201(こころ)(かぎ)()(かぎ)り、202()犠牲(いけにへ)(たてまつ)り、203(きみ)御為(おんため)()(ため)に、204(きよ)(たふと)三五(あななひ)の、205(かみ)(をろが)(つか)へまつり、206(きみ)御言(みこと)(かしこ)みて、207(しも)万民(ばんみん)(のぞ)みまつらむ、208二柱(ふたはしら)若君(わかぎみ)心安(うらやす)くましませよ。209右守(うもり)(かみ)天地(あめつち)の、210皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)に、211誠心(まごころ)(ささ)今日(けふ)慶事(けいじ)を、212寿(ことほ)(まつ)る、213ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)214御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
 
215 タルマンは(また)(うた)ふ。
216『ビクトル(ざん)山麓(さんろく)
217大宮柱(おほみやばしら)太知(ふとし)りて
218皇大神(すめおほかみ)(まつ)りつつ
219(くに)(こきし)()れませる
220ビクの御国(みくに)刹帝利(せつていり)
221仁慈(じんじ)(きみ)(つか)へたる
222内事司(ないじつかさ)のタルマンが
223今日(けふ)慶事(けいじ)(こころ)より
224(よろこ)(いさ)()(まつ)
225三五教(あななひけう)神司(かむづかさ)
226治国別(はるくにわけ)宣伝使(せんでんし)
227松彦(まつひこ)竜彦(たつひこ)万公(まんこう)
228(うづ)御子(みこ)をば(ともな)ひて
229天降(あも)りましたるその(とき)
230(この)城内(じやうない)(ふさ)がれる
231(しこ)雲霧(くもきり)あともなく
232()(はら)はれて千万(ちよろづ)
233(なや)みは科戸(しなど)春風(はるかぜ)
234()()くあとは青々(あをあを)
235野辺(のべ)草木(くさき)(しげ)()
236四方(よも)山辺(やまべ)はニコニコと
237(わら)()めたる芽出度(めでた)さよ
238かかる(とき)しも刹帝利(せつていり)
239世継(よつぎ)(きみ)()れませる
240アールの御子(みこ)(はじ)めとし
241その(ほか)五人(ごにん)御子(みこ)(たち)
242(つつが)もあらず大神(おほかみ)
243(めぐ)みに(やす)(かへ)りまし
244(わが)(きみ)(はじ)(つかさ)(たち)
245(よろこ)(ゑら)()もあらず
246(また)もや今日(けふ)合衾(がふきん)
247芽出度(めでた)(しき)()げられて
248千代(ちよ)(かため)(きづ)きます
249その瑞祥(ずゐしやう)有難(ありがた)
250三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)
251一度(いちど)(きた)常磐木(ときはぎ)
252(まつ)(みどり)もシンシンと
253(はな)()(にほ)(きみ)御代(みよ)
254(えだ)(しげ)りて鬱蒼(こんもり)
255()ぐへる(つる)(こゑ)さへも
256いと(いさ)ましく千代(ちよ)()
257(すずめ)雲雀(ひばり)諸共(もろとも)
258今度(こんど)慶事(けいじ)(いは)(ごと)
259(こゑ)(いさ)ましく(うた)ひけり
260ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
261(かみ)(めぐみ)()のあたり
262(いま)(まで)(なや)ませ(たま)ひたる
263(きみ)(こころ)(はる)()
264(こほり)()けて桜花(さくらばな)
265一度(いちど)()()(ごと)くなり
266(はな)(てふ)とに(たと)ふべき
267妹背(いもせ)(きみ)御姿(おんすがた)
268(あふ)ぐも(かしこ)大空(おほぞら)
269八重(やへ)雲路(くもぢ)()()けて
270(くだ)(たま)ひし天人(てんにん)
271天津乙女(あまつをとめ)降臨(かうりん)
272()るも芽出度(めでた)御姿(おんすがた)
273(よろこ)(いさ)御前(おんまへ)
274真心(まごころ)こめて()(まつ)
275朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
276(つき)()つとも()くるとも
277仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
278(まこと)(ちから)()(すく)
279(まこと)(ひと)つを()(とほ)
280ビクの御国(みくに)何処(どこ)(まで)
281上下(しやうか)(こころ)(あは)せつつ
282(まも)らせ(たま)惟神(かむながら)
283若君様(わかぎみさま)御前(おんまへ)
284(つつし)(うやま)()(まつ)
285ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
286御霊(みたま)(さちは)ひましませよ』
287(うた)(をは)つて()()きにける。
288大正一二・二・二一 旧一・六 於竜宮館 北村隆光録)