霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 万亀柱(まきばしら)〔一三九六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第54巻 真善美愛 巳の巻 篇:第2篇 恋愛無涯 よみ:れんあいむがい
章:第10章 万亀柱 よみ:まきはしら 通し章番号:1396
口述日:1923(大正12)年02月21日(旧01月6日) 口述場所:竜宮館 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月26日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:117頁 八幡書店版:第9輯 662頁 修補版: 校定版:115頁 普及版:54頁 初版: ページ備考:
001 カルナ(ひめ)(また)(うた)ふ。
002カルナ『朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
003(つき)()つとも()くるとも
004仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
005(まこと)(ひと)つは()(すく)
006(まこと)(かみ)御教(みをしへ)
007四方(よも)(つた)ふる宣伝使(せんでんし)
008治国別(はるくにわけ)神司(かむづかさ)
009産土山(うぶすなやま)聖地(せいち)より
010(うづ)御伴(みとも)(したが)へて
011(くだ)らせ(たま)天地(あめつち)
012(きよ)(をしへ)()らせつつ
013若君様(わかぎみさま)御結婚(ごけつこん)
014とりなし(たま)ひし有難(ありがた)
015(あめ)(つち)との(いき)(あは)
016(うま)()でたる人々(ひとびと)
017所謂(いはゆる)(かみ)()(かみ)(みや)
018()きては(この)()(かみ)となり
019()しては護国(ごこく)(かみ)となり
020豊葦原(とよあしはら)瑞穂国(みづほくに)
021()()(さか)ゆる人草(ひとぐさ)
022あつく(まも)りて皇神(すめかみ)
023()さしのままに赤心(まごころ)
024(つく)すは(ひと)(つと)めぞと
025(をし)(たま)ひし有難(ありがた)
026(わらは)夫婦(ふうふ)(つつし)みて
027(かみ)御為(おんため)(くに)()
028蒼生(あをひとぐさ)(まも)るため
029(たふと)(かみ)御前(おんまへ)
030(あさ)(ゆふ)なに()(きよ)
031(あめ)(した)をば(たひら)けく
032いと(やす)らけく(まも)りませ
033(ひとへ)(ねが)(たてまつ)ると
034()言霊(ことたま)(むな)しからず
035若君様(わかぎみさま)御結婚(ごけつこん)
036いよいよ無事(ぶじ)調(ととの)ひて
037御国(みくに)(さか)えを(まつ)(はな)
038(みどり)(いろ)もいや()ゆく
039(さか)(さか)えていつ(まで)
040(はて)しも()らぬ(よろこ)びは
041(まつた)(かみ)御恵(おんめぐ)
042(つつし)感謝(かんしや)(たてまつ)
043ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
044御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
045 松彦(まつひこ)(また)(うた)ふ。
046松彦(まつひこ)此処(ここ)()()ふビクの(くに)
047堅城鉄壁(けんじやうてつぺき)(めぐ)らし
048四方(よも)見晴(みは)らす宮城(きうじやう)
049(もも)国民(くにたみ)()おろして
050御空(みそら)(たか)(かがや)ける
051月日(つきひ)(ごと)(ひかり)をなげ
052(めぐみ)(あめ)()らし
053国人(くにびと)(あつ)(まも)らせたまふ
054(おと)名高(なだか)刹帝利(せつていり)
055万代不易(ばんだいふえき)のビクトリア(わう)(いへ)
056いや益々(ますます)天地(あめつち)
057むた永久(とこしへ)(なが)からむ(こと)
058(かみ)御前(みまへ)(いの)(まつ)
059一度(いちど)黒雲(くろくも)(つつ)まれて
060(おと)名高(なだか)名城(めいじやう)
061(つひ)(あやふ)()えけるが
062(たふと)(かみ)御守(みまも)りに
063(しこ)曲津(まがつ)(ほろ)()
064(いま)(まつた)風塵(ふうぢん)
065(とど)めぬ御代(みよ)目出度(めでた)さよ
066(その)目出度(めでた)さにまた(ひと)
067(よろこ)びを(かさ)(たま)ひたる
068アールの(きみ)御結婚(ごけつこん)
069いとさやさやに(はこ)びまし
070(たま)緒琴(をごと)()(きよ)
071(ひび)(わた)れる(いさ)ましさ
072(この)(きは)みなき(よろこ)びは
073(そと)へはやらじと(こころ)をこめて
074松彦司(まつひこつかさ)惟神(かむながら)
075(かみ)(いの)りをかけまくも
076(かしこ)(きみ)御前(おんまへ)
077(ことほ)(つか)(たてまつ)
078ビクトリアの神殿(しんでん)
079(きづ)(あが)りし(あかつき)
080アールの(きみ)よハンナ(ひめ)
081()()()つて朝夕(あさゆふ)
082かかさず(まう)(あめ)(した)
083四方(よも)国民(くにたみ)(つつが)なく
084(きみ)政治(せいぢ)(よろこ)びて
085(つか)へまつるべく
086(いの)らせたまへ
087治国別(はるくにわけ)()(きみ)
088(われ)(したが)(ちか)(うち)
089(こひ)しき(みやこ)(あと)にして
090(かみ)御為(おんため)(みち)のため
091聖地(せいち)をさして(すす)むべし
092ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
093御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
094(うた)(をは)()についた。095竜彦(たつひこ)(また)(うた)ふ。
096竜彦(たつひこ)(わが)()(きみ)(したが)ひて
097(ほこら)(もり)(はな)れつつ
098曲神(まがみ)(たけ)山口(やまぐち)
099(ひる)さへ(くら)(もり)()
100野中(のなか)(もり)小北山(こぎたやま)
101(あと)(なが)めてすたすたと
102浮木(うきき)(もり)()()れば
103(おも)ひも()らぬ曲神(まがかみ)
104(ふか)(たく)みし陥穽(おとしあな)
105()君様(きみさま)諸共(もろとも)
106千尋(ちひろ)(そこ)転落(てんらく)
107(たま)(たちま)()()けて
108精霊界(せいれいかい)彷徨(さまよ)ひつ
109(たふと)(かみ)御指図(みさしづ)
110霊国(れいごく)天国(てんごく)巡覧(じゆんらん)
111(また)もや(くだ)りて八衢(やちまた)
112(つかさ)(かみ)とあれませる
113伊吹戸主(いぶきどぬし)にいろいろと
114(たふと)(みち)(をし)へられ
115(ふたた)(この)()()(かへ)
116バラモン(けう)のゼネラルと
117(あら)はれ(たま)片彦(かたひこ)
118ランチの(きみ)言向(ことむ)けて
119三五教(あななひけう)神力(しんりき)
120(あら)はせまつり吾々(われわれ)
121(わが)()(きみ)諸共(もろとも)
122荒野ケ原(あらのがはら)()(わた)
123ライオン(がは)(よこ)ぎりて
124ビクトル(ざん)(ふもと)まで
125(すす)みて(きた)(をり)もあれ
126(にはか)(きこ)ゆる(とき)(こゑ)
127只事(ただごと)ならじと(すす)みより
128よくよく()ればバラモンの
129鬼春別(おにはるわけ)久米彦(くめひこ)
130一斉射撃(いつせいしやげき)真最中(まつさいちう)
131見逃(みのが)()くも三五(あななひ)
132(かみ)(つかさ)(われ)として
133如何(いかが)ならむと(おも)ひつつ
134(わが)()(きみ)諸共(もろとも)
135(いづ)言霊(ことたま)()()せば
136(あに)(はか)らむやバラモンの
137(ひき)ゆる(いくさ)(あら)ずして
138右守(うもり)(かみ)反逆(はんぎやく)
139(さと)りし(とき)(にく)らしさ
140吾等(われら)師弟(してい)一斉(いつせい)
141(こころ)(そろ)(くち)(そろ)
142一目散(いちもくさん)太祝詞(ふとのりと)
143(すず)しく()りて言霊(ことたま)
144連続的(れんぞくてき)()()せば
145雲霞(うんか)(ごと)大軍(たいぐん)
146(くも)(かすみ)()()りぬ
147()かる(ところ)へヒルナ(ひめ)
148カルナの(ひめ)女武者(をんなむしや)
149(かみ)(まも)られかつかつと
150栗毛(くりげ)(こま)(またが)りて
151反逆人(はんぎやくにん)右守(うもり)をば
152(ばく)して(かへ)(たま)ひたる
153忠勇義烈(ちうゆうぎれつ)(はたら)きは
154末代(まつだい)(まで)(かがみ)ぞと
155()めそやさぬは()かりけり
156刹帝利様(せつていりさま)御前(おんまへ)
157吾等(われら)師弟(してい)(みちび)かれ
158いろいろ雑多(ざつた)待遇(もてな)しに
159厚意(こうい)感謝(かんしや)(たてまつ)
160三五教(あななひけう)御教(みをしへ)
161完全(うまら)委曲(つばら)相伝(あひつた)
162皇大神(すめおほかみ)御舎(みあらか)
163ビクトル(ざん)頂上(ちやうじやう)
164(いは)()(くだ)(つち)()
165(うは)岩根(いはね)()きこらし
166(そこ)岩根(いはね)()(かた)
167大宮柱(おほみやばしら)太知(ふとし)りて
168(いま)(やうや)九分通(くぶどほ)
169竣工(しゆんこう)したるぞ(うれ)しけれ
170これに先立(さきだ)刹帝利(せつていり)
171ビクトリア(わう)御子(みこ)とます
172五男一女(ごなんいちによ)行衛(ゆくゑ)をば
173(かみ)御告(みつげ)(かうむ)りて
174照国岳(てるくにだけ)谷間(たにあひ)
175(すす)みて(むか)(たてまつ)
176長子(ちやうし)(きみ)()れませる
177(こころ)やさしきアールさま
178今日(けふ)目出(めで)たき結婚(けつこん)
179(しき)()げさせ(たま)ひつつ
180(もも)(つかさ)()ふも(さら)
181吾々(われわれ)師弟(してい)(まね)かれて
182目出度(めでた)(せき)(つら)ねられ
183(かみ)(めぐみ)大神酒(おほみき)
184(あた)へられたる(うれ)しさよ
185(もと)より酒豪(しゆがう)竜彦(たつひこ)
186(なに)より()より(さけ)()
187とは()ふものの三五(あななひ)
188(をしへ)(みち)(つか)()
189()第一(だいいち)大酒(おほざけ)
190(つつし)まなくてはなりませぬ
191(しか)るに今日(けふ)(なん)となく
192(うれ)(うれ)しが(かさ)なりて
193(めぐ)(さかづき)(かず)(かさ)
194(おも)はず()らず()ひつぶれ
195いかい失礼(しつれい)したでせう
196(ただ)何事(なにごと)神直日(かむなほひ)
197大直日(おほなほひ)にと見直(みなほ)して
198(ゆる)させたまへ刹帝利(せつていり)
199(その)(ほか)(もも)司達(つかさたち)
200御前(みまへ)(つつし)()びまつる
201ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
202御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
203 万公(まんこう)(その)()についてヘベレケに()うた(まま)204(あし)もよろよろ(うた)()ふ。
 
205万公(まんこう)謡曲調(えうきよくてう))『ああ目出度(めでた)目出度(めでた)しお目出(めで)たし、206朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも、207(この)結婚(けつこん)(つつが)なく、208千秋万歳楽(せんしうばんざいらく)と、209(いは)(をさ)むる(その)(うへ)は、210仮令(たとへ)天地(てんち)(かは)るとも、211(なに)(おそ)れむ(かみ)御恵(みめぐ)み、212ビクの国主(こきし)御威勢(おんゐせい)213(そら)()(とり)羽翼(はがひ)をゆるめて()()ち、214草木(くさき)(かん)じて自然(しぜん)音楽(おんがく)(そう)し、215(かは)(なが)れは(つづみ)()ち、216(きみ)幾世(いくよ)(しゆく)すらむ。217(また)三五(あななひ)皇大神(すめおほかみ)(つか)へたる、218(わが)()(きみ)(はじ)めとし、219三人(みたり)伴人(ともびと)(うち)(おい)て、220さる(もの)ありと(きこ)えたる、221万世(よろづよ)(いは)(かめ)(よはひ)万公(まんこう)が、222(この)(よろこ)びを万世(よろづよ)に、223(つた)へむものと(いさ)()ち、224手足(てあし)(まま)ならぬ(ほど)225()ひつぶれたる(おも)たき()(おこ)し、226(いのち)(かぎ)りに()(まつ)る。227(つる)千年(せんねん)(よはひ)(たも)ち、228(かめ)万年(まんねん)寿命(じゆみやう)をつづく、229(つる)(かめ)との(いのち)(おろ)か、230幾億万年(いくおくまんねん)(すゑ)(まで)も、231ビクの御国(みくに)永久(とこしへ)に、232ビクトリア王家(わうけ)は、233天地(てんち)(つづ)かむ(かぎ)り、234(かぎ)りも()らず(さか)えませ。235それにつけてもアールの(きみ)236(あらた)(むか)(たま)ひし(きさき)(みや)のハンナ(ひめ)237いと(むつ)まじくどこ(まで)も、238(いん)(やう)との(いき)(あは)せ、239(あめ)(した)(いも)()の、240(きよ)(かがみ)(しめ)させ(たま)へ。241()()()(つき)(かがや)く、242(ほし)御空(みそら)永久(とこしへ)に、243(ひかり)()せず(つき)(くに)大海原(おほうなばら)(そこ)(ふか)く、244(ちぎ)らせ(たま)惟神(かむながら)245(かみ)御前(みまへ)(つつし)みて、246(かめ)(よはひ)万公(まんこう)が、247今日(けふ)寿(ことぶき)(すゑ)(なが)ふ、248幾千代(いくちよ)(まで)も、249(いは)(まつ)る』
 
250泥酔者(よひどれ)()ず、251いと真面目(まじめ)(いは)(をさ)(もと)()()きぬ。252(この)(ほか)253数多(あまた)司人(つかさびと)(いはひ)(うた)はあれど、254あまり管々(くだくだ)しければ省略(しやうりやく)するなり。
255 アールの王子(わうじ)理想(りさう)(つま)256ハンナを(めと)りしより、257(くに)政治(せいぢ)()(つき)()けて国民(こくみん)悦服(えつぷく)し、258ビクトル(さん)神殿(しんでん)(まつ)りたる国治立尊(くにはるたちのみこと)259()大神(おほかみ)260(つき)大神(おほかみ)261神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)(あさ)(ゆふ)なに国民(こくみん)一般(いつぱん)信仰(しんかう)をなし、262(おのおの)(その)(げふ)(たの)しみ、263ミロクの聖代(せいだい)地上(ちじやう)現出(げんしゆつ)する(こと)となりぬ。264ああ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
265大正一二・二・二一 旧一・六 於竜宮館 加藤明子録)