霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一七章 火救団(くわきうだん)〔一四〇三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第54巻 真善美愛 巳の巻 篇:第4篇 関所の玉石 よみ:せきしょのぎょくせき
章:第17章 火救団 よみ:かきゅうだん 通し章番号:1403
口述日:1923(大正12)年02月23日(旧01月8日) 口述場所:竜宮館 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月26日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:211頁 八幡書店版:第9輯 697頁 修補版: 校定版:214頁 普及版:99頁 初版: ページ備考:
001 八衢(やちまた)関所(せきしよ)にトボトボとやつて()一人(ひとり)(をんな)がある。002守衛(しゆゑい)(をんな)(むか)ひ、
003(あか)『ここは八衢(やちまた)関所(せきしよ)だ、004一寸(ちよつと)調(しら)べる(こと)があるから()つて(もら)()い』
005 (をんな)はハツと(おどろ)いて叮嚀(ていねい)辞儀(じぎ)をし(なが)ら、
006(をんな)『ハイ、007(なに)御用(ごよう)(ござ)りますか』
008(あか)『お(まへ)何処(どこ)(をんな)だ。009姓名(せいめい)()かして(もら)はう』
010(をんな)『ハイ、011(わたし)はフサの(くに)012玉木村(たまきむら)のテームスの(むすめ)スミエルと(まを)します』
013 守衛(しゆゑい)は『フサの(くに) フサの(くに)』と()(なが)(よこ)(なが)帳面(ちやうめん)念入(ねんい)りにめくつて、
014(あか)『お(まへ)()未婚者(みこんしや)だなア』
015スミエル『ハイ、016左様(さやう)(ござ)ります。017どうも(えん)遠縁(とほえん)(ござ)りまして(こま)つて()ります』
018(あか)(いま)(まで)幾度(いくど)ともなく縁談(えんだん)(まを)()みがあつたぢやないか。019何故(なぜ)両親(りやうしん)言葉(ことば)()いて(はや)養子(やうし)(むか)へなかつたか』
020スミエル『随分(ずいぶん)立派(りつぱ)養子(やうし)(まを)()んで(くだ)さいましたけれど、021御存(ごぞん)じの(とほ)りお多福(たふく)(ござ)りますれば、022(しん)から(わたくし)(あい)して養子(やうし)()(ひと)はありませぬ。023(みんな)(ちち)財産(ざいさん)相続(さうぞく)するのが目的(もくてき)養子(やうし)(まを)()みがあるのですから、024そんな犠牲(ぎせい)にせられちや(たま)りませぬからな。025(すで)養子(やうし)とならば主人(しゆじん)です。026両親(りやうしん)()(くろ)(うち)()(かく)027両親(りやうしん)国替(くにがへ)でも(いた)しましたら、028そろそろ(かぶ)つて()(ねこ)(かは)()本性(ほんしやう)(あら)はし、029(うつく)しき(をんな)(てかけ)()いたり、030(あるひ)本妻(ほんさい)をおつ()()し、031(てかけ)本妻(ほんさい)にする悪性男(あくしやうをとこ)(おほ)()(なか)ですから、032うつかり養子(やうし)(もら)(わけ)にも(まゐ)りませぬ』
033(あか)『お(まへ)実際(じつさい)(ところ)034番頭(ばんとう)のシーナに恋着(れんちやく)してゐるのだらう。035それだから左様(さやう)(こと)(まを)して、036立派(りつぱ)養子(やうし)があつても(みな)()ねつけてゐるのだらうがな』
037スミエル『お(さつ)しの(とほ)り、038(うち)()いた番頭(ばんとう)(ござ)りますけれど、039ラブに上下(じやうげ)区別(くべつ)(ござ)りませぬ。040(また)番頭(ばんとう)養子(やうし)にして()けば、041世間(せけん)(をつと)(やう)威張(ゐば)らなくて何程(なにほど)()いか()れませぬから、042(いへ)()めにも自分(じぶん)()めにも大変(たいへん)好都合(かうつがふ)(ぞん)じまして、043両親(りやうしん)如何(どう)(かんが)へてるか()りませぬが、044(わたくし)はそれに()めて()ります。045何程(なにほど)番頭(ばんとう)()つても人格(じんかく)(かは)りはありませぬ。046(すべ)(をとこ)(をんな)相互(あひたがひ)個人(こじん)としての人格(じんかく)基礎(きそ)として結合(けつがふ)すべきものだと(おも)ひます。047一方(いつぱう)から一方(いつぱう)奴隷扱(どれいあつか)ひするのでもなく物品視(ぶつぴんし)するのでもなく、048(また)(かみ)(ごと)尊崇(そんすう)するのでもない。049双方(さうはう)(とも)平等(べうどう)人格(じんかく)人格(じんかく)との結合(けつがふ)でなければ(しん)恋愛(れんあい)でもなく、050結婚(けつこん)でもありませぬ。051今日(こんにち)(ごと)男尊女卑的(だんそんぢよひてき)結婚(けつこん)(じつ)不合理(ふがふり)(きは)まるもので、052(その)性的(せいてき)関係(くわんけい)()いても(ほとん)主人(しゆじん)奴僕(どぼく)(ごと)く、053顧客(こきやく)商品(しやうひん)との(ごと)く、054(あるひ)牝馬(ひんば)種馬(たねうま)との(ごと)く、055個人(こじん)として(すで)一度(ひとたび)()()めた人間(にんげん)から()れば(はなは)だしく非人間的(ひにんげんてき)非論理的(ひろんりてき)性的(せいてき)関係(くわんけい)だと()はねばなりますまい。056(をつと)女房(にようばう)(たい)して可愛(かあい)がるとか、057面倒(めんだう)()てやるとか、058(やさし)くするとか(など)言葉(ことば)(たい)して、059(つま)(はう)から旦那様(だんなさま)のお()()るとか、060可愛(かあい)がられるとか()言葉(ことば)存立(そんりつ)()(ごと)夫婦関係(ふうふくわんけい)は、061そこに仮令(たとへ)如何(いか)なる愛情(あいじやう)存在(そんざい)して()らうとも、062(けつ)して真正(しんせい)結婚(けつこん)ではありませぬ。063()(ぬし)愛犬(あいけん)(たい)する愛情(あいじやう)064(あるひ)資本家(しほんか)賃金報酬(ちんぎんほうしう)(たい)する温情主義(をんじやうしゆぎ)(しよう)するものと何等(なんら)(こと)なるものなきもので、065(しん)(ひと)(ひと)との道徳的(だうとくてき)関係(くわんけい)ではありませぬ。066女性(ぢよせい)(むか)つて只々(ただただ)温良(をんりやう)貞淑(ていしゆく)をのみ強要(きやうえう)せむとする(ごと)(をつと)は、067所謂(いはゆる)奴隷(どれい)道徳(だうとく)異性(いせい)()ゆるものであります。068(わたくし)(たち)社会(しやくわい)因襲的(いんしふてき)069かかる悪弊(あくへい)絶対的(ぜつたいてき)排除(はいじよ)したいもので(ござ)います。070今日(こんにち)(おほ)くの婦人(ふじん)(あひだ)()びるとか、071(あま)へるとか、072じやれるとか、073()(いぬ)や、074()(ねこ)共通的(きようつうてき)性情(せいじやう)をさへ具有(ぐいう)せしむるに(いた)つた(かな)しむべき事実(じじつ)()るに(いた)つたのは、075畢竟(つまり)(いま)(まで)人間(にんげん)(すこ)しも恋愛結婚(れんあいけつこん)(たい)する理解力(りかいりよく)がなかつたからで(ござ)います。076(わたし)第一(だいいち)077主人(しゆじん)だとか番頭(ばんとう)だとかの(くだ)らぬ障壁(しやうへき)取除(とりのぞ)き、078神聖(しんせい)なる恋愛(れんあい)()()いもので(ござ)います。079それ(ゆゑ)何程(なにほど)立派(りつぱ)(をとこ)でも智者(ちしや)学者(がくしや)でも、080(この)(かん)道理(だうり)(わか)らない頑固(ぐわんこ)(ひと)には、081一身(いつしん)(まか)せる(こと)出来(でき)ませぬ。082恋愛(れんあい)至上(しじやう)思想(しさう)があつて(はじ)めて一夫一婦(いつぷいつぷ)的確(てきかく)なる精神的(せいしんてき)083道理的(だうりてき)084合理的(がふりてき)基礎(きそ)(あた)ふる(こと)出来(でき)るものでせう。085それ以外(いぐわい)一夫一婦論(いつぷいつぷろん)偽善説(ぎぜんせつ)にあらざれば、086(すなは)(たん)なる便宜的(べんぎてき)087因襲的(いんしふてき)088実利的(じつりてき)御都合主義(ごつがふしゆぎ)か、089形式主義(けいしきしゆぎ)たるものに()ぎないでせう。090理想(りさう)()はない夫婦(ふうふ)は、091何時(いつ)相互(さうご)(あひだ)必然的(ひつぜんてき)紛擾(ふんぜう)(おこ)し、092モルモン(しう)(やう)一夫多妻主義(いつぷたさいしゆぎ)()むを()()らなければならない(やう)になります。093(また)(をんな)(はう)では()むを()ずラマ(けう)(やう)に、094表面(へうめん)()(かく)095裏面(りめん)一妻多夫主義(いつさいたふしゆぎ)(こころ)ならずも(おこな)はねばならぬ(やう)破目(はめ)になりますから、096(この)結婚問題(けつこんもんだい)のみは、097何程(なにほど)両親(りやうしん)言葉(ことば)だと()つても承諾(しようだく)する(こと)出来(でき)ませぬ。098それ(ゆゑ)番頭(ばんとう)のシーナさまも(わたし)(こま)()てて()るのですよ。099頑迷不霊(ぐわんめいふれい)(おや)()つた(むすめ)(ぐらゐ)不幸(ふかう)(もの)(ござ)いませぬ』
100(あか)『またしても恋愛神聖論者(れんあいしんせいろんしや)がやつて()て、101吾々(われわれ)頭脳(づなう)一種(いつしゆ)異様(いやう)反響(はんきやう)(あた)へよつた。102(しか)(なが)(この)(をんな)()(こと)も、103今日(こんにち)人間(にんげん)としては(もつとも)(すぐ)れた(かんが)へだ』
104 ()()(ところ)(すこ)しく(とし)(わか)い、105非常(ひじやう)美人(びじん)がトボトボとやつて()た。106スミエルは(この)(をんな)()るより(うれ)しさうに、
107スミエル『やア其方(そなた)(いもうと)スガールぢやないか』
108スガール『ハイ、109(ねえ)さまで(ござ)いましたか。110いい(ところ)でお()にかかりました。111猪倉山(ゐのくらやま)岩窟(がんくつ)()()まれ(くら)陥穽(おとしあな)(おと)されたかと(おも)へば、112こんな(ところ)(ぬけ)()てゐました。113(ねえ)さまもヤツパリ(わたし)(やう)()()つたのでせうね』
114スミエル『これ(いもうと)115ここは現界(げんかい)ではなく、116どうやら霊界(れいかい)(やう)塩梅(あんばい)ですよ。117姉妹(おとどい)二人(ふたり)(ふか)(あな)()()まれ、118(いのち)(うしな)つて霊魂(れいこん)がここへ()てゐるのでせうよ』
119スガール『そんな(こと)(ござ)いますまい。120これ()気分(きぶん)(しつか)りしてゐますもの。121(ゆめ)でもなければ()んだのでもありませぬ。122そんな(こと)()つて(くだ)さるな。123(わたし)(こころ)(さび)しう(ござ)いますわ』
124(あか)『スガールとやら、125其方(そなた)スミエルの(いもうと)()えるが、126ここは霊界(れいかい)八衢(やちまた)だから()だお前達(まへたち)()(ところ)ではない。127(これ)から現界(げんかい)(かへ)つて(しばら)(はたら)かねばなりますまいぞ。128(しか)(なが)両人(りやうにん)身体(からだ)は、129(ふか)(くら)陥穽(おとしあな)()()まれてゐるのだから、130容易(ようい)(すく)()(こと)出来(でき)まい。131(しか)不思議(ふしぎ)(こと)には生死簿(せいしぼ)には(せい)としてあるから、132神様(かみさま)(なん)とかして現界(げんかい)(かへ)して(くだ)さるだらう』
133スガール『左様(さやう)(ござ)いますか。134さうするとヤツパリ此処(ここ)霊界(れいかい)(ござ)いましたかな。135鬼春別(おにはるわけ)136久米彦(くめひこ)()ふゼネラルの部下(ぶか)(とら)へられ、137(ふか)(あな)()()まれたと(おも)へばヤツパリその(とき)私等(わたしたち)姉妹(しまい)現界(げんかい)()つて()たのですかな』
138 かかる(ところ)道晴別(みちはるわけ)139シーナの二人(ふたり)道々(みちみち)何事(なにごと)(はな)し、140(また)(かす)かな(こゑ)宣伝歌(せんでんか)(うた)(なが)ら、141此方(こなた)(むか)つて(すす)んで()る。142その姿(すがた)道端(みちばた)()()(すか)して、143(ほのか)(あら)はれて()た。
144道晴別(みちはるわけ)(かみ)(おもて)(あら)はれて
145(ぜん)(あく)とを立別(たてわ)ける
146(この)()(かみ)のゐます(くに)
147()人草(ひとぐさ)()()べて
148(たふと)(かみ)御恵(みめぐ)みに
149()れたる(もの)はあらざらめ
150斎苑(いそ)(やかた)立出(たちい)でて
151魔神(まがみ)(たけ)(つき)(くに)
152大雲山(だいうんざん)(わだか)まる
153醜神(しこがみ)(たち)言向(ことむ)けて
154(この)()(ちり)(はら)はむと
155治国別(はるくにわけ)(したが)ひて
156(すす)(きた)れる(をり)もあれ
157(ほこら)(もり)(のこ)されて
158(みづ)御舎(みあらか)(つか)へつつ
159その神業(しんげふ)相果(あひは)てて
160(また)もや(すす)宣伝使(せんでんし)
161浮木(うきき)(もり)(あと)にして
162シメジ(たうげ)山麓(さんろく)
163()かかる(をり)しも曲津見(まがつみ)
164猪倉山(ゐのくらやま)陣取(ぢんど)りて
165四辺(あたり)(ひと)(なや)ませつ
166玉木(たまき)(むら)のテームスが
167(むすめ)二人(ふたり)掠奪(りやくだつ)
168(かへ)りし(こと)()くよりも
169見捨(みす)()ねたる義侠心(ぎけふしん)
170軍服姿(ぐんぷくすがた)()(やつ)
171シーナと(とも)曲神(まがかみ)
172(あつ)まる岩窟(いはや)()(むか)
173悪神達(あくがみたち)計略(けいりやく)
174(くら)(あな)へと()()まれ
175気絶(きぜつ)したりと(おも)ひきや
176何時(いつ)とはなしに漂渺(へうべう)
177(かぎ)りも()らぬ大野原(おほのはら)
178()らず()らずに辿(たど)りける
179(おも)ふにここは霊界(れいかい)
180八衢街道(やちまたかいだう)にあらざるか
181四辺(しへん)空気(くうき)はなんとなく
182(うつつ)()とは(かは)りけり
183ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
184御霊(みたま)(さち)はひましまして
185現界(うつしよ)幽界(かくりよ)(へだ)てなく
186(つみ)(けが)れし吾々(われわれ)
187身魂(みたま)(すく)天国(てんごく)
188(のぼ)らせ(たま)惟神(かむながら)
189国治立(くにはるたち)大御神(おほみかみ)
190豊国姫(とよくにひめ)大御神(おほみかみ)
191(みづ)御霊(みたま)大前(おほまへ)
192(つつし)(うやま)()(まつ)
193ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
194御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
195 二人(ふたり)(やうや)関所(せきしよ)門前(もんぜん)()いた。196よくよく()れば(すく)()さうとしてゐた、197スミエル、198スガールが、199(あか)200(しろ)守衛(しゆゑい)(とも)(なん)だか(はなし)をしてゐるので道晴別(みちはるわけ)不思議(ふしぎ)(さう)に、
201道晴(みちはる)拙者(せつしや)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)道晴別(みちはるわけ)(まを)します。202ここにゐられるのは玉木村(たまきむら)のテームス殿(どの)番頭(ばんとう)シーナさまで(ござ)ります。203二人(ふたり)御婦人(ごふじん)はスミエル、204スガール(さま)ぢや(ござ)りませぬか』
205(あか)左様(さやう)(ござ)る。206只今(ただいま)ここへ精霊(せいれい)となつてお入来(いで)になりましたから、207(いま)(かへ)りを(すす)めて()(ところ)です』
208道晴(みちはる)『あ、209それは御厄介(ごやくかい)(ござ)いました。210(わたくし)(ほのか)(こころ)(うか)びますのは、211(この)御両人(ごりやうにん)(たす)()さうと(おも)ひ、212猪倉山(ゐのくらやま)岩窟(がんくつ)奇計(きけい)(もつ)(しの)()り、213失敗(しつぱい)(いた)し、214(てき)(さと)られ暗黒(あんこく)なる(ふか)(あな)()()まれたと(おも)へば、215斯様(かやう)(ところ)両人(りやうにん)()()りました。216さうすれば、217吾々(われわれ)もヤツパリ現界(げんかい)(もの)ではありませぬかな』
218(あか)『いや御心配(ごしんぱい)()りませぬ。219まだ貴方方(あなたがた)四人(よにん)(とも)ここに()られる(かた)ぢやありませぬ。220何等(なんら)かの手続(てつづ)きを(もつ)現界(げんかい)(かへ)られるでせう。221(とき)にシーナとやら、222ここにスミエルさまが()()られるから御挨拶(ごあいさつ)をなさらぬか』
223シーナ『ハイ、224(なん)とも(はづ)かしくて言葉(ことば)()ませぬ』
225俯向(うつむ)く。
226(あか)『シーナさま、227随分(ずいぶん)スミエルさまは貴方(あなた)(たい)し、228大々的(だいだいてき)気焔(きえん)()いてゐられましたよ。229一度(いちど)現界(げんかい)(かへ)つて何卒(どうぞ)親密(しんみつ)社会奉仕(しやくわいほうし)なり、230神霊奉仕(しんれいほうし)をお(はげ)みなさい』
231シーナ『一旦(いつたん)肉体(にくたい)をとられた(わたくし)232如何(どう)して現界(げんかい)(かへ)(こと)出来(でき)ませうかな』
233(あか)『ここへ()なくてならぬものは、234何程(なにほど)(いや)だと()つても()なくてはなりませぬ。235(また)現界(げんかい)命数(めいすう)のある(ひと)何程(なにほど)()たいと()つても()(こと)出来(でき)ませぬ。236(いづ)立派(りつぱ)宣伝使(せんでんし)精霊(せいれい)()て、237貴方等(あなたがた)現界(げんかい)()れて()つて(くだ)さるでせう』
238 四人(よにん)意外(いぐわい)(かん)()たれて、239二人(ふたり)守衛(しゆゑい)(かほ)()つめてゐた。240そこへ(ひがし)(はう)から、241『オーイ オーイ』と三四人(さんよにん)(こゑ)(きこ)えて()た。242四人(よにん)はハツと(こゑ)する(はう)()(てん)ずれば、243一道(いちだう)光明(くわうみやう)低空(ていくう)(とどろ)かしてゴウゴウゴウと(すす)(きた)り、244四人(よにん)(まへ)(ゆる)やかに()ちて()た。245火団(くわだん)(たちま)四柱(よはしら)神人(しんじん)(くわ)した。246道晴別(みちはるわけ)は『はて不思議(ふしぎ)』と、247よくよく(かほ)()かし()れば、248()(した)うてゐた治国別(はるくにわけ)一行(いつかう)である。249道晴別(みちはるわけ)(うれ)(なみだ)にくれ(なが)ら、
250道晴(みちはる)『ああ先生様(せんせいさま)251松彦(まつひこ)252竜彦(たつひこ)253万公殿(まんこうどの)254よう()(くだ)さいました』
255(なみだ)(そで)(ぬぐ)(うれ)()きに()く。256何時(いつ)とはなしに四方(しはう)から普遍的(ふへんてき)光明(くわうみやう)がさして()た。257(この)光明(くわうみやう)()らされて八人(はちにん)姿(すがた)(けぶり)(ごと)くに()えて(しま)つた。258(したが)つて八衢(やちまた)関所(せきしよ)(あか)(しろ)守衛(しゆゑい)姿(すがた)()えなくなつた。
259大正一二・二・二三 旧一・八 於竜宮館 北村隆光録)