霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章 朝餉(あさげ)〔一四一五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第55巻 真善美愛 午の巻 篇:第2篇 縁三寵望 よみ:えんさんちょうぼう
章:第7章 第55巻 よみ:あさげ 通し章番号:1415
口述日:1923(大正12)年03月03日(旧01月16日) 口述場所:竜宮館 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5507
愛善世界社版:87頁 八幡書店版:第10輯 65頁 修補版: 校定版:89頁 普及版:37頁 初版: ページ備考:
001 万公(まんこう)炊事場(すゐじば)をあとに治国別(はるくにわけ)居間(ゐま)()()り、002(あたま)(はひ)(かぶ)(なが)(かほ)(くろ)(あせ)(にじ)らせ、
003万公(まんこう)『これはこれは三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)治国別(はるくにわけ)(さま)(はじ)(たてまつ)松彦(まつひこ)004竜彦(たつひこ)005鬼春別(おにはるわけ)006久米彦(くめひこ)007スパール、008エミシのお歴々様(れきれきさま)009女房(にようばう)がいかいお世話(せわ)になりまして家内一統(かないいつとう)(よろこ)びは筆紙(ひつし)(つく)(こと)出来(でき)ませぬ。010(なん)とお(れい)(まを)してよいやら、011あまり突然(とつぜん)(こと)とて狼狽(らうばい)(いた)して()ります。012二三日(にさんにち)しましたら(やや)()()きますから、013とつくりと調理法(てうりはふ)調(ととの)へお(くち)にあふものを差上(さしあ)()いと(ぞん)じます。014何分(なにぶん)下女(げぢよ)()たてで(ござ)りますなり、015下男(げなん)(やうや)(くら)から引張(ひつぱり)()して(はじ)めての修行(しうぎやう)をさしたのですから、016何事(なにごと)()(ごと)くなりませぬので、017万事(ばんじ)不始末(ふしまつ)(ばか)りで(ござ)ります、018何卒(なにとぞ)神直日(かむなほひ)大直日(おほなほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)しまして(しば)らくの御容赦(ごようしや)をお(ねが)(まを)します』
019鬼春(おにはる)『アハハハハ、020万公別(まんこうわけ)さま、021貴方(あなた)何時(いつ)()に、022此処(ここ)主人(しゆじん)になりましたか。023まだ御披露(ごひろう)もあつた(やう)にも(おも)ひませぬが』
024万公(まんこう)(けつ)して(けつ)して左様(さやう)御心配(ごしんぱい)()りませぬ。025披露(ひろう)婚姻(こんいん)儀式(ぎしき)(など)何日(いつ)でも(よろ)しう(ござ)ります。026()(かく)(みたま)(みたま)とが密着不離(みつちやくふり)関係(くわんけい)()つてさへ()れば、027最早(もはや)(うご)かない大盤石(だいばんじやく)(やう)なものですからな』
028治国(はるくに)万公(まんこう)さま、029どうやら今度(こんど)はものになりさうだな。030吾々(われわれ)斡旋(あつせん)(らう)()らさうと(おも)へばチツと優待(いうたい)せぬと駄目(だめ)だよ』
031万公(まんこう)滅相(めつさう)もない、032こんな良縁(りやうえん)勇退(ゆうたい)して()まりますか。033仮令(たとへ)幽体(いうたい)になつても勇退(ゆうたい)しませぬわ。034エツヘヘヘヘ』
035治国(はるくに)優待(いうたい)()(こと)大切(たいせつ)もてなす()(こと)だ。036待遇(もてなし)(わる)いと不成功(ふせいこう)(をは)るかも()れないぞ』
037万公(まんこう)先生(せんせい)038縁起(えんぎ)(わる)(こと)()つて(くだ)さいますな。039もてなし(どころ)(おほ)もてありです』
040松彦(まつひこ)『アハハハハ、041先生(せんせい)042こいつは一寸(ちよつと)逆上(ぎやくじやう)してる(やう)ですな』
043治国(はるくに)『うん、044(あたま)から冷水(れいすい)でもぶつかけてやらなくちや大変(たいへん)逆上(のぼ)(かた)だ。045おい、046万公(まんこう)さま、047(まへ)(あたま)(なん)だ、048大変(たいへん)心配(しんぱい)したと()えて(かみ)()真白(まつしろ)になつたぢやないか』
049竜彦(たつひこ)自分(じぶん)はいぐう(配偶)について(こころ)(なや)ましてゐるものだから、050(あたま)()(まで)(はひ)(かぶ)つた(やう)にしてるのですよ。051(これ)では万公(まんこう)さまもゼロハイ(零敗)だ』
052万公(まんこう)『もし、053竜彦(たつひこ)のお(きやく)さま、054ゼロハイ(零敗)でも(なん)でもありませぬよ。055万公山(まんこうざん)噴火(ふんくわ)して降灰(かうはひ)をやつた(ところ)です』
056竜彦(たつひこ)『ハハハハハまるつきり灰猫(はひねこ)同様(どうやう)だ。057一体(いつたい)(なに)をして()たのかな』
058万公(まんこう)炊事場(すゐじば)()つて下女(げぢよ)下男(げなん)(たい)して、059さいはい(采配)をふつて()たものだから、060(この)(とほ)灰殻頭(はひからあたま)になつたのですよ』
061竜彦(たつひこ)万公別(まんこうわけ)さま、062(まへ)大変(たいへん)(はら)(わる)いぢやないか。063俺等(おれたち)(はひ)まぶれの(めし)()べさせやうとしたぢやないか』
064万公(まんこう)何分(なにぶん)家庭(かてい)様子(やうす)がテンと(わか)らぬものですから、065(おも)はぬ(しつ)ぱい(敗)を(いた)しました。066(しか)御心(ごしん)ぱい(配)(くだ)さいますな。067屹度(きつと)(いま)御飯(ごはん)()(なほ)(しもべ)(ども)はいぜん(配膳)をもつて(まゐ)ります』
068久米(くめ)万公別(まんこうわけ)さま、069随分(ずいぶん)(すば)しこうやりますね。070何時(いつ)()にスガールさまと情約締結(じやうやくていけつ)をしましたか。071随分(ずいぶん)(すご)(うで)ですな』
072万公(まんこう)(なん)()つても三五教(あななひけう)万公別(まんこうわけ)ですよ。
073(おと)名高(なだか)きフサの(くに)
074猪倉山(ゐのくらやま)山砦(さんさい)
075(この)()(みだ)曲津神(まがつかみ)
076八岐大蛇(やまたをろち)(かか)りたる
077大黒主(おほくろぬし)醜柱(しこばしら)
078これに(つか)ふる数多(あまた)魔神(まがみ)
079(なか)にも()けて
080鬼将軍(おにしやうぐん)仇名(あだな)をとつた
081悪逆無道(あくぎやくぶだう)鬼春別(おにはるわけ)
082久米彦(くめひこ)両将軍(りやうしやうぐん)
083金城鉄壁(きんじやうてつぺき)(たの)
084数万(すうまん)軍勢(ぐんぜい)引率(ひきつ)れて
085いとも堅固(けんご)(まも)りたる
086(しこ)陣屋(ぢんや)打亡(うちほろ)ぼし
087天下(てんか)(がい)(のぞ)かむと
088万公別(まんこうわけ)部下(ぶか)勇将(ゆうしやう)
089治国別(はるくにわけ)松彦(まつひこ)竜彦(たつひこ)引率(ひきつ)
090旗鼓(きこ)堂々(だうだう)
091(てき)陣屋(ぢんや)()めかくる
092三五教(あななひけう)神将(しんしやう)
093()(きこ)えたる(それがし)
094生言霊(いくことたま)辟易(へきえき)
095流石(さすが)鬼春別(おにはるわけ)将軍(しやうぐん)
096(かぶと)()(けん)()()
097丸腰(まるごし)となつて紅涙滴々(こうるいてきてき)
098五臓六腑(ござうろつぷ)転覆(てんぷく)させ(なが)
099(すす)()きつつ
100(もろ)くも降参(かうさん)したりけり
101()ぐるを()はず
102謝罪(あやま)(やう)腰抜者(こしぬけ)
103(あたま)(ひと)つも(なぐ)つた(ところ)
104(なん)利益(りえき)かあるべきと
105ここは寛仁大度(くわんじんたいど)
106本性(ほんしやう)発揮(はつき)
107(しこ)魔神(まがみ)神直日(かむなほひ)大直日(おほなほひ)
108見直(みなほ)聞直(ききなほ)
109百千万(ももちよろづ)過失(あやまち)()(なほ)
110(すく)(たす)くるは(てん)(みち)
111(またた)(うち)至清(しせい)至潔(しけつ)身魂(みたま)(かん)
112無事(ぶじ)にその(まま)事済(ことず)みとなり
113(てき)大将(たいしやう)霊縛(れいばく)(なが)
114凱歌(がいか)(そう)して(たに)()()
115岩間(いはま)(くぐ)(すぎ)木立(こだち)()()けて
116青葉(あをば)(しげ)大野原(おほのはら)
117(こゑ)()けども姿(すがた)()えぬ
118山時鳥(やまほととぎす)(おく)られて
119玉木(たまき)(むら)里庄(りしやう)(やかた)
120テームス(かた)へと凱旋(がいせん)したりけり
121かかる智勇(ちゆう)神将(しんしやう)なれば
122鬼春別(おにはるわけ)久米彦(くめひこ)
123蚰蜒(げじげじ)(ごと)くに(きら)ひたる
124天下無双(てんかむさう)のスガール美人(びじん)
125(たちま)(われ)懸想(けさう)して
126電光石火(でんくわうせきくわ)
127()にもとまらぬ急速力(きふそくりよく)
128(わが)両眼(りやうがん)視線(しせん)()
129以心伝心(いしんでんしん)
130(たちま)情意投合(じやういとうがふ)
131神界(しんかい)()れての(まこと)夫婦(ふうふ)
132テームス(やかた)若主人(わかしゆじん)
133万公別(まんこうわけ)となりにけり
134ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
135常平生(つねへいぜい)三五(あななひ)
136(かみ)(つか)へし甲斐(かひ)ありて
137(うれ)しき今日(けふ)(わが)()(うへ)
138(ゆめ)ではないかと折々(をりをり)
139(われ)(わが)()(ほほ)(つめ)
140(はな)(ねぢ)つて(うかが)へば
141やつぱり苦痛(くつう)(かん)()
142治国別(はるくにわけ)()(きみ)
143何卒々々(なにとぞなにとぞ)教子(をしへご)
144万公別(まんこうわけ)(いとま)(たま)はり
145二人(ふたり)(なか)媒酌(ばいしやく)
146完全(うまら)委曲(つばら)(むす)ばせ(たま)
147(ひとへ)(ねが)(たてまつ)る。
148小北(こぎた)(やま)十七(じふしち)
149(むすめ)(きく)(はぢ)かれて
150(をとこ)()げた万公(まんこう)
151(わが)()(きみ)のお(かげ)にて
152(やうや)(をとこ)(つく)()
153ビクトリア(じやう)立向(たちむか)
154(ふたた)神力(しんりき)(あら)はして
155ダイヤの(ひめ)(すく)()
156左守(さもり)(かみ)(さへぎ)られ
157いささか閉口(へいこう)為態(ていたらく)
158(しか)るに(なん)(はか)らむや
159金勝要(きんかつかね)大御神(おほみかみ)
160イドムの(かみ)御恵(おんめぐみ)
161(やうや)くここに相思(さうし)男女(なんによ)
162程遠(ほどとほ)からぬ(その)(うち)
163合衾式(がふきんしき)()げむとす
164(いま)万公別(まんこうわけ)にとり
165(もつと)大切(だいじ)正念場(しやうねんば)
166治国別(はるくにわけ)()(きみ)
167(わたし)結婚(けつこん)()むまでは
168何卒々々(なにとぞなにとぞ)辛抱(しんばう)して
169万公別(まんこうわけ)弟子(でし)なりと
170人目(ひとめ)(つく)ろひ一生(いつしやう)
171一度(いちど)(ねがひ)(こころよ)
172何卒(なにとぞ)()いて(くだ)さんせ
173松彦(まつひこ)竜彦(たつひこ)(はじ)めとし
174鬼春別(おにはるわけ)久米彦(くめひこ)
175ゼネラルさんよカーネルの
176スパール、エミシ両人(りやうにん)
177ここはお(まへ)辛抱(しんばう)して
178万公別(まんこうわけ)(はな)()たせ
179そこはそれそれ都合(つがふ)よく
180バツを(あは)して(くだ)さんせ
181(ひとへ)にお(ねが)(まを)します
182(ひと)手柄(てがら)をさそと(おも)
183自分(じぶん)(なん)()はれても
184辛抱(しんばう)するのが(をとこ)ぞえ
185(をとこ)(なか)(をとこ)とは
186(わが)()(きみ)(はじ)めとし
187(みな)さま(がた)(こと)だらう
188ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
189御霊幸(みたまさきは)ひましませよ』
190一同(いちどう)『アハハハハハ』
191鬼春(おにはる)治国別(はるくにわけ)(さま)192大変(たいへん)万公別(まんこうわけ)さまは春情立(にわだ)つてるぢやありませぬか。193()(どく)なものですな』
194竜彦(たつひこ)三五教(あななひけう)大宣伝使(だいせんでんし)英雄(えいゆう)豪傑(がうけつ)万公別(まんこうわけ)(さま)195スガール(さま)御容態(ごようだい)如何(いかが)(ござ)りますか。196一度(いちど)(たづ)(いた)したいとも(おも)ひ、197(みやく)()てお()げし()いと(ぞん)じて()りますが、198(なん)()つても(をとこ)(をんな)()()れると()ふのは剣呑(けんのん)ですからな。199もしや拙者(せつしや)(かほ)()て「やつぱり万公別(まんこうわけ)(さま)よりも貴方(あなた)(はう)がどこともなしに(をとこ)らしう(ござ)いますわ。200ネー貴方(あなた)」などとやられちや当家(たうけ)若主人(わかしゆじん)(たい)して失礼(しつれい)ですから、201まア(ひか)へて()りませうかい』
202万公(まんこう)『や、203有難(ありがた)う。204何卒(どうぞ)205さう(ねが)ひます。206(いづ)主人(しゆじん)(わたし)(した)しく見舞(みま)つてやれば(いきほひ)がついて、207()ぐに全快(ぜんくわい)するでせうが、208(なん)だか(をんな)でれてゐる(やう)(しうと)(しうとめ)(おも)はれても面白(おもしろ)くないと(おも)ひ、209(ひか)へて()るのですよ』
210竜彦(たつひこ)『それだと()つて吾々(われわれ)御祈願(ごきぐわん)もし、211鎮魂(ちんこん)もしてやらなくちやなるまい、212なア松彦(まつひこ)さま。213(ひと)先生(せんせい)にお(ねが)ひして直接(ちよくせつ)鎮魂(ちんこん)をやつて()うぢやないか』
214治国(はるくに)『さア、215夫婦(ふうふ)御心配(ごしんぱい)だらうし、216道晴別(みちはるわけ)(くる)しんでるだらうから、217前等(まへたち)二人(ふたり)鎮魂(ちんこん)(ねが)()いものだな』
218竜彦(たつひこ)『ハイ、219承知(しようち)(いた)しました。220さア松彦(まつひこ)さま、221()(きみ)のお(ゆる)しが()た。222(これ)から第一着手(だいいちちやくしゆ)としてスガールさまの身体検査(しんたいけんさ)をしようぢやないか。223エツヘヘヘヘ』
224故意(わざ)とデレ(ごゑ)()して(わら)うて()せた。
225万公(まんこう)『いや、226その御心配(ごしんぱい)には(およ)びませぬ。227(まへ)さま(たち)拙者(せつしや)女房(にようばう)鎮魂(ちんこん)して(もら)ひましては剣呑(けんのん)です。228乳吸鎮魂(ちちすひちんこん)229接吻鎮魂(きつすちんこん)230裸鎮魂(はだかちんこん)などをやられちや(こま)りますからな』
231竜彦(たつひこ)(わたし)(まこと)宣伝使(せんでんし)だ、232(けつ)して心配(しんぱい)して(くだ)さるな。233偽宣伝使(にせせんでんし)のガラクタ役員(やくゐん)(やう)脱線的(だつせんてき)鎮魂(ちんこん)はやらないからな』
234万公(まんこう)『それでも廿世紀(にじつせいき)の○○(けう)宣伝使(せんでんし)がチヨコチヨコやつて(いへ)()()されたり、235本山(ほんざん)から電報(でんぱう)()(もど)されたりした(ためし)もあるのだから大切(だいじ)女房(にようばう)(まか)(こと)出来(でき)ませぬわい、236イツヒヒヒヒ』
237治国(はるくに)万公別(まんこうわけ)さまが、238あまり心配(しんぱい)をするから松彦(まつひこ)239竜彦(たつひこ)少時(しばら)御遠慮(ごゑんりよ)して鬼春別(おにはるわけ)240久米彦(くめひこ)(さま)御苦労(ごくらう)になりませうかな』
241万公(まんこう)『いえいえ滅相(めつさう)もない。242スガールは何卒(どうぞ)()つといて(くだ)さい。243(この)万公別(まんこうわけ)不断的(ふだんてき)遠隔鎮魂(ゑんかくちんこん)をやつてゐますから、244やがて全快(ぜんくわい)するでせう』
245竜彦(たつひこ)大変(たいへん)()()めると()えますな。246とらぬ(たぬき)皮算用(かはざんによう)ぢやありませぬか。247どうも前途(ぜんと)暗澹(あんたん)不有望(ふいうばう)気配(けはい)(ただよ)うてゐる(やう)ですな。248先生(せんせい)
249 かかる(ところ)へアヅモスはフエルと(とも)膳部(ぜんぶ)(はこ)(きた)両手(りやうて)をついて、
250アヅモス『皆様(みなさま)251先程(さきほど)(まこと)不都合(ふつがふ)(こと)(いた)しました。252何分(なにぶん)俄主人(にはかしゆじん)采配(さいはい)をなさつたものですから、253到頭(たうとう)(なに)()(はひ)まぶれになりまして申訳(まをしわけ)(ござ)りませぬ。254今度(こんど)(あらた)めて支度(したく)(いた)しましたから、255何卒(どうぞ)(あが)(くだ)さいませ』
256治国(はるくに)『どうもお手数(てかず)をかけて()みませぬ。257さア(みな)さま頂戴(ちやうだい)(いた)しませう。258随分(ずいぶん)(なか)()いたでせう』
259万公(まんこう)『いや、260アヅモス、261フエル、262御苦労(ごくらう)だつた。263(これ)から拙者(せつしや)皆様(みなさま)にお給仕(きふじ)(いた)すから、264(まへ)彼方(あちら)()つて其処辺(そこら)片付(かたつ)けるのだ。265グヅグヅしてゐると、266しやうもない(くづ)()ると(こま)るからな』
267アヅモス『ハイ、268承知(しようち)(いた)しました。269ここにお(さけ)沢山(たくさん)(ござ)りますから、270何卒(どうぞ)馬鹿旦那様(ばかだんなさま)……ア、271イヤイヤ若旦那様(わかだんなさま)272客様(きやくさま)充分(じゆうぶん)(あが)(くだ)さる(やう)273(すす)(くだ)さいませ。274左様(さやう)ならば皆様(みなさま)275(ゆつく)りと(めし)あがり(くだ)さいませ』
276とフエルと(とも)(おそ)(おそ)(この)()立去(たちさ)(ふたた)炊事場(すゐじば)(かへ)()く。277(あと)万公(まんこう)(しやく)一座(いちざ)(にぎは)一同(いちどう)舌鼓(したつづみ)をうつて朝飯(あさはん)()ましたりける。
278大正一二・三・三 旧一・一六 於竜宮館 北村隆光録)