霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 翼琴(よくきん)〔一四六八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第57巻 真善美愛 申の巻 篇:第3篇 天上天下 よみ:てんじょうてんか
章:第18章 第57巻 よみ:よくきん 通し章番号:1468
口述日:1923(大正12)年03月26日(旧02月10日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年5月24日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5718
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 343頁 修補版: 校定版:238頁 普及版:109頁 初版: ページ備考:
001 小国別(をくにわけ)重病(ぢゆうびやう)は、002二人(ふたり)姉妹(おとどい)無事(ぶじ)(かへ)(きた)りしに(ちから)づきしものと()え、003時々刻々(じじこくこく)元気(げんき)()し、004最早(もはや)憂慮(いうりよ)(えう)せざる容態(ようだい)となつて()た。005小国姫(をくにひめ)(はじ)家族(かぞく)一同(いちどう)(よろこ)びは(たと)ふるに(もの)なき(ほど)であつた。006(また)求道居士(きうだうこじ)007ヘルの負傷(ふしやう)比較的(ひかくてき)(あさ)かりしため、008ケリナ(ひめ)注意(ちうい)周到(しうたう)なる看護(かんご)によつて()()快方(くわいはう)(むか)ひ、009ケリナ(ひめ)()()かれ、010(うら)庭園(ていゑん)散歩(さんぽ)()(まで)(いた)つた。
011 ()てデビス(ひめ)三千彦(みちひこ)(とも)(はな)れの()()つて、012大神(おほかみ)(ねん)じ、013(やかた)無事(ぶじ)祈願(きぐわん)(をは)り、014(むつま)じく四方八方(よもやも)(はなし)(ふけ)つた。015デビスは(ひさ)()りにクラヴィコード(翼琴(よくきん))を()()し、016三千彦(みちひこ)(らう)(ねぎら)はむため、017微妙(びめう)なる声音(せいおん)()()げて指先(ゆびさき)(たくみ)にコードを(だん)じながら、018(こころ)(たけ)(いと)(たく)して()(はじ)めた。
019デビス(ひめ)久方(ひさかた)天津御国(あまつみくに)皇神(すめかみ)
020(きよ)(たふと)(うるは)しき
021(ほか)(ためし)もあら(たふと)
022(うづ)御教(みのり)四方(よも)(くに)
023(ひら)かせ(たま)ひて天地(あめつち)
024(うち)(いき)とし()ける(もの)
025蒼生(あをひとぐさ)()ふも(さら)
026(とり)(けだもの)(むし)けらや
027(くさ)片葉(かきは)(いた)(まで)
028(めぐみ)(つゆ)(あた)へむと
029国治立(くにはるたち)大御神(おほみかみ)
030豊国姫(とよくにひめ)大御神(おほみかみ)
031埴安彦(はにやすひこ)埴安姫(はにやすひめ)
032(うづ)御言(みこと)(かしこ)みて
033(かみ)(みやこ)のエルサレム
034黄金山下(わうごんさんか)(あれ)まして
035(をしへ)(ひら)四方(よも)(くに)
036(しま)八十島(やそしま)八十国(やそくに)
037黄金世界(わうごんせかい)(つく)()
038天国(てんごく)浄土(じやうど)()(うへ)
039(うつ)さむものと瑞御霊(みづみたま)
040神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
041(いづ)雄健(をたけ)()(たけ)
042(いづ)嘖譲(ころび)(おこ)しつつ
043(この)()(みだ)曲津神(まがつかみ)
044八岐大蛇(やまたをろち)醜狐(しこぎつね)
045曲鬼(まがおに)(ども)言向(ことむ)けて
046仁慈(じんじ)無限(むげん)御心(みこころ)
047(あまね)天下(てんか)()らさむと
048(ゆき)(あした)(しも)(よひ)
049(あらし)(かみ)(くしけ)づり
050(あめ)御身(みま)をば(さら)しつつ
051彼方(あなた)此方(こなた)漂浪(さすらひ)
052(なが)旅路(たびぢ)(つづ)けまし
053黄金山(わうごんざん)(はじ)めとし
054斎苑(いそ)(やかた)やコーカス(ざん)
055霊鷲山(りやうしうざん)万寿山(まんじゆざん)
056自転倒島(おのころじま)中心地(ちうしんち)
057四尾(よつを)(みね)(くだ)りまし
058種々(いろいろ)雑多(ざつた)御心(みこころ)
059(くば)らせ(たま)()(なか)
060(あまね)(つみ)(きよ)めむと
061千座(ちくら)置戸(おきど)()(たま)
062(こころ)(ただ)しくいと(きよ)
063(やさ)しき数多(あまた)神司(かむづかさ)
064四方(よも)使(つか)はし(たま)ひつつ
065世人(よびと)(すく)宣伝使(せんでんし)
066(なか)にも()けて三千彦(みちひこ)
067(かみ)(つかさ)雄々(をを)しさよ
068バラモン(けう)敵城(てきじやう)
069()めず(おそ)れず(ただ)一人(ひとり)
070(かみ)(をしへ)(ちから)とし
071(ひかり)(かがや)(くだ)りまし
072妾等(われら)親子(おやこ)(なや)みをば
073(すく)はせ(たま)ひし有難(ありがた)
074仮令(たとへ)天地(てんち)はかへるとも
075(つき)()(ほし)()するとも
076大海原(おほうなばら)()るるとも
077(この)御恵(みめぐみ)はいつの()
078(わす)れまつらむ惟神(かむながら)
079(かみ)御為(おんた)(みち)()
080(いや)しき(わが)()(たてまつ)
081三千彦(みちひこ)(つかさ)諸共(もろとも)
082八岐大蛇(やまたをろち)(たましひ)
083()かれ(たま)ひしバラモンの
084(をしへ)(はしら)大黒主(おほくろぬし)
085(つかさ)(きみ)赤心(まごころ)
086(ささ)げて(すく)(たてまつ)
087バラモン(けう)三五(あななひ)
088(をしへ)(みち)(へだ)てをば
089(くま)なく()りて相共(あひとも)
090(この)()(つく)(たま)ひたる
091祖神様(おやがみさま)御教(みをしへ)
092(ちから)(あは)村肝(むらきも)
093(こころ)(ひと)つに(むす)びつつ
094(くも)りきつたる現世(うつしよ)
095ブラバーサの世界(せかい)とし
096天地(てんち)(かみ)御前(おんまへ)
097(いさを)()てて山海(さんかい)
098(めぐみ)(むく)(まつ)るべし
099(かみ)(をしへ)(たま)()はふ
100(みち)(つかさ)三千彦(みちひこ)さまよ
101(わらは)(ちひ)さき(むね)(うち)
102()ゆる(ほのほ)瑞霊(みづみたま)
103(そそ)がせ(たま)ひて片時(かたとき)
104(はや)(やす)ませ(たま)へかし
105如何(いか)世界(せかい)(ひろ)くとも
106(わが)()(きみ)()(あふ)
107(つか)へまつらむ武士(もののふ)
108()()をおきて(ほか)になし
109さはさりながら三千彦(みちひこ)(つかさ)
110(なれ)彦知(ひこぢ)にましませば
111()()(しま)先々(さきざき)
112かき()(いそ)隈々(くまぐま)おちず
113若草(わかくさ)(つま)()たせらめ
114(あれ)こそは()にしあれば
115(なれ)をおきては男子(をのこ)なし
116(なれ)(ほか)には(つま)はなし
117綾垣(あやがき)()はやが(した)蒸衾(むしぶすま)
118さやぐが(した)淡雪(あわゆき)
119(わか)やる(むね)素抱(すだた)きて
120(しろ)(ただむき)()(かは)
121たたきまながり真玉手(またまで)玉手(たまで)
122いやさしまきてもも(なが)
123()をしなせませ豊神酒(とよみき)きこしめせ
124なつかしの(きみ)(こひ)しき男子(をのこ)
125青山(あをやま)()()くらば
126烏羽玉(うばたま)()()でなむ
127(あさひ)()(さか)えまして
128(わらは)(あつ)(ねが)ひをば
129完全(うまら)委曲(つばら)にきこし()
130(かみ)(ちか)ひて()(まつ)
131金勝要(きんかつかね)大御神(おほみかみ)
132イドムの(かみ)のおとりなし
133(ひとへ)(さち)()(まつ)
134アア惟神(かむながら)々々(かむながら)
135御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
136(うた)(をは)り、137クラヴィコードを(かたはら)(なほ)し、138(かほ)(あか)らめ(なが)ら、139いと()づかしげに三千彦(みちひこ)(むか)つて(たま)(さかづき)をさし()した。140三千彦(みちひこ)(いささ)有難迷惑(ありがためいわく)(てい)にて、141(むね)(とどろ)かせながら(だま)つて(ひめ)のさし()(さかづき)()醍醐味(だいごみ)浪々(なみなみ)()がれて()(いただ)き、142感謝(かんしや)(とも)にグツと()()し、143決心(けつしん)(ほぞ)(かた)めて(こゑ)(すず)しく返歌(かへしうた)(うた)ふ。
144三千彦(みちひこ)(あふ)げば(たか)久方(ひさかた)
145天津空(あまつそら)より(くだ)りまし
146(あめ)(した)なる諸々(もろもろ)
147(すく)(まも)らす産土(うぶすな)
148(かみ)(やかた)永久(とこしへ)
149(しづ)まり()ます瑞霊(みづみたま)
150神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
151(をしへ)(やかた)()べたまふ
152八島(やしま)(ぬし)御言(みこと)もて
153玉国別(たまくにわけ)()(きみ)
154真純(ますみ)(ひこ)伊太彦(いたひこ)
155(ともな)目出度(めでたく)神館(かむやかた)
156()(をが)みつつ旅枕(たびまくら)
157(かる)身装(みなり)扮装(いでたち)
158河鹿峠(かじかたうげ)急坂(きふはん)
159(のぼ)りつ(くだ)りつ種々(いろいろ)
160(なや)みに()ひて(やうや)くに
161(とら)(おほかみ)吠猛(ほえたけ)
162荒野(あらの)(わた)四人連(よにんづ)
163ハルナの(みやこ)(すす)まむと
164(きた)(をり)しもバラモンの
165(しこ)(つかさ)(おそ)はれて
166師弟(してい)四人(よにん)散々(ちりぢり)
167行方(ゆくへ)()れず(わか)れけり
168(わが)()(きみ)(いま)何処(いづこ)
169(をしへ)(とも)如何(いか)にせしと
170(こころ)にかかる(なつ)(そら)
171山野(さんや)(わら)新緑(しんりよく)
172()()いとど(うれ)しげに
173(かぜ)(こずゑ)(ひるがへ)
174舞踏(ぶたふ)(えん)(いさ)ましく
175(わら)()ゆれど三千彦(みちひこ)
176(こころ)(そら)五月暗(さつきやみ)
177青葉(あをば)姿(すがた)(かく)しつつ
178()時鳥(ほととぎす)(ただ)ならず
179八千八度(はつせんやたび)(こゑ)()れて
180(たづ)ぬるよしも泣逆吃(ないじやくり)
181(さび)しき(たび)(つづ)けつつ
182青野ケ原(あをのがはら)をトボトボと
183(はげ)しき(かぜ)(あふ)られて
184(かみ)化身(けしん)のスマートに
185(あや)ふき(いのち)(たす)けられ
186アンブラック(がは)()(わた)
187テルモン(ざん)聖場(せいぢやう)
188(むか)つて(すす)()りもあれ
189小国姫(をくにのひめ)御姿(おんすがた)
190(みち)(かたへ)(めぐ)()
191()はるるままに神館(かむやかた)
192(ふか)(しの)びて三五(あななひ)
193(をしへ)(みち)()(つた)
194これの(やかた)(つつ)みたる
195八重黒雲(やへくろくも)科戸辺(しなどべ)
196(かみ)御息(みいき)()(はら)
197月日(つきひ)(そら)にテルモンの
198目出度(めでた)(やかた)となりにける
199(とき)しもあれや曲津神(まがつかみ)
200伊猛(いたけ)(くる)ひて(すさま)じく
201(これ)(やかた)(あだ)をなし
202(くる)(まは)るぞうたてけれ
203()不覚(ふかく)より三千彦(みちひこ)
204曲神(まがかみ)(ども)(とら)へられ
205(なさ)容赦(ようしや)荒縄(あらなは)
206(しば)りつけられ(まぬか)れむ
207(みち)手段(てだて)荒川(あらかは)
208()()てられて(たま)()
209(つゆ)(いのち)(うしな)ひつ
210神霊界(しんれいかい)八衢(やちまた)
211彷徨(さまよ)(すす)(をり)もあれ
212(かみ)(めぐみ)弥深(いやふか)
213猛犬(まうけん)スマート(つか)はして
214(われ)霊魂(みたま)現世(うつしよ)
215(むか)(かへ)させ(たま)ひけり
216呼々(ああ)惟神(かむながら)々々(かむながら)
217(かみ)(めぐみ)(たふと)さよ
218朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
219(つき)()つとも()くるとも
220(ほし)(そら)より()つるとも
221大海原(おほうなばら)()るるとも
222(みち)(ささ)げし三千彦(みちひこ)
223(つゆ)(いのち)(をし)まむや
224(やかた)(なや)みを()るにつけ
225見捨(みす)()ねてぞ三千彦(みちひこ)
226(こころ)(こま)(すす)むまに
227(いのち)(まと)にテルモンの
228深山(みやま)(おく)岩窟(がんくつ)
229人目(ひとめ)(しの)(たづ)ねより
230(こころ)姿(すがた)(うるは)しき
231二人(ふたり)(ひめ)(すく)()
232ようよう此処(ここ)(かへ)りける
233(こころ)にかかりし父君(ちちぎみ)
234(やまひ)もおひおひ()(たま)
235求道居士(きうだうこじ)やヘル(つかさ)
236二人(ふたり)身魂(みたま)(やす)らかに
237(もと)(かへ)りて(いさ)ましく
238ケリナの(ひめ)(みちび)かれ
239(はな)()(にほ)神苑(しんゑん)
240(うら)(たの)しげに逍遥(せうえう)
241(めぐみ)(つゆ)(うれ)しみて
242(たの)しむ()とはなりにけり
243アア惟神(かむながら)々々(かむながら)
244(かみ)(めぐみ)(たふと)さよ
245さはさりながらデビス(ひめ)
246(なれ)(みこと)御心(みこころ)
247(わが)赤心(まごころ)(かよ)へども
248(われ)(たふと)大神(おほかみ)
249一大使命(いちだいしめい)()ぶる()
250(その)神業(しんげふ)半途(はんと)にて
251(おも)ひも()らぬ妻定(つまさだ)
252如何(いか)でか(かみ)(ゆる)さむや
253(この)(こと)(ばか)りは(あきら)めて
254(われ)()ひたる使命(しめい)をば
255(はた)させ(たま)惟神(かむながら)
256(かみ)(ちか)ひて()(まへ)
257(まこと)(あか)()(まつ)
258アア惟神(かむながら)々々(かむながら)
259御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
260(うた)(をは)り、261デビス(ひめ)御親切(ごしんせつ)なる御志(おこころざし)は、262(じつ)感謝(かんしや)()へないが、263(かみ)使命(しめい)()び、264(わが)()(きみ)(とも)神業(しんげふ)(つか)ふる中途(ちうと)なれば折角(せつかく)のお(こころざし)なれどお(こと)わり(いた)すとの意味(いみ)を、265いと(こま)やかに()(をは)つたのである。266アア(この)両人(りやうにん)恋愛関係(れんあいくわんけい)如何(いか)にして落着(らくちやく)するであらうか。
267大正一二・三・二六 旧二・一〇 於皆生温泉浜屋 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。