霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二二章 天葬(てんさう)〔一四七二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第57巻 真善美愛 申の巻 篇:第3篇 天上天下 よみ:てんじょうてんか
章:第22章 天葬 よみ:てんそう 通し章番号:1472
口述日:1923(大正12)年03月26日(旧02月10日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年5月24日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 355頁 修補版: 校定版:274頁 普及版:123頁 初版: ページ備考:
001 エルは先頭(せんとう)()ちワックスの(いへ)()けつけた。002オールスチンのコルブスはソファーの(うへ)(しづ)かに(ねむ)つて()る。003(その)(かたはら)にワックスは田螺(たにし)のやうな()()(くち)あんぐりさせ(なが)ら、004天井(てんじやう)(さん)(にら)みつけたやうなスタイルで、005()(たたみ)につき、006(あし)()()して中腰(ちうごし)(たふ)れて()る。007そして目玉(めだま)ばかりクリクリと回転(くわいてん)さして()た。008()(いや)らしさ、009到底(たうてい)化物(ばけもの)とより()えなかつた。010()はソロソロ()れかかる。011(なん)ともなしに(いや)らしさが四辺(しへん)から(おそ)うて()る。012数多(あまた)欲惚(よくばう)けの連中(れんちう)(ただ)ちに(おく)()にドカドカと(さき)(あらそ)うて押入(おしい)り、013ソファーの(した)()れば一文(いちもん)(のこ)つて()ない……こりや大方(おほかた)(くら)(なか)だらう……と(かぎ)(さが)()(くら)(なか)押入(おしい)つて、014其処辺(そこら)什器(じふき)引繰(ひつくり)(かへ)し、015(かね)所在(ありか)(さが)して()る。
016 エルはワックスの(まへ)丁寧(ていねい)両手(りやうて)をつき、
017エル『もし、018ワックス(さま)019(ぞん)じもよらぬ、020父様(とうさま)にはお()(どく)(こと)出来(でき)まして、021(さぞ)御心配(ごしんぱい)(ござ)いませう。022(しか)(なが)()うして()(わけ)にも()きませぬので、023(この)エルは直様(すぐさま)町内(ちやうない)報告(はうこく)(いた)し、024(この)(とほ)大勢(おほぜい)(もの)()れて(まゐ)りました。025何卒(どうぞ)安心(あんしん)(くだ)さいませ。026それに()いてお父上様(ちちうへさま)生前(せいぜん)(たくは)()かれた金銀(きんぎん)のお(たから)027町民(ちやうみん)一般(いつぱん)遺物(かたみ)(ため)028競争的(きやうさうてき)()らせるのが(この)町内(ちやうない)習慣(しふくわん)(ござ)いますから、029それは御異存(ごいぞん)(ござ)いますまいな。030当家(たうけ)財産(ざいさん)全部(ぜんぶ)オールスチンの(もの)031(その)所有主(しよいうぬし)帰幽(きいう)された以上(いじやう)は、032これは公有物(こういうぶつ)(ござ)いますから、033町民(ちやうみん)自由(じいう)(まか)什器(じふき)一切(いつさい)()()(こと)にするでせうから、034そのお(かんが)へをして()なさるが(よろ)しからう。035(その)(かは)葬式(さうしき)費用(ひよう)諸道具(しよだうぐ)売払(うりはら)つて(その)一部(いちぶ)()てませう。036(まへ)(ひと)(はたら)いて財産(ざいさん)(のこ)して()くが()からう。037何故(なぜ)(まへ)生前(せいぜん)財産(ざいさん)一部分(いちぶぶん)(ゆづ)つて(もら)つて()かないのです。038本当(ほんたう)智慧(ちゑ)のない(こと)でしたね』
039 ワックスは(やうや)(くち)(ひら)き、040残念(ざんねん)さうに白眼勝(しろめがち)目玉(めだま)から(なみだ)()らし(なが)ら、
041ワックス『アーア、042おい、043エル、044残念(ざんねん)(こと)をしたワイ。045一歩(ひとあし)(かへ)るが(おそ)かつたので到頭(たうとう)財産(ざいさん)(ゆづ)()ける(こと)出来(でき)なかつた。046そこへ化物(ばけもの)()()やがつたので(こし)()かし身動(みうご)きのならぬ(ところ)に、047オークス、048ビルマの(やつ)049(おほ)トランクに金銀(きんぎん)()()みエチエチと()()しよつた。050まだ(とほ)くは()くまいから(たれ)()つて彼奴(あいつ)()(つか)まへて分配(ぶんぱい)をし、051(その)(うち)から三千両(さんぜんりやう)ばかり(おれ)(かへ)して()れまいかな』
052エル『ソリヤ、053もう仕方(しかた)()いぢやないか。054先取権(せんしゆけん)があるのだからな』
055ワックス『エー残念(ざんねん)(こと)をした。056(この)(うら)みを如何(どう)しても()らさにやおかぬのだ』
057エル『(をとこ)らしくもない。058そんな執着心(しふちやくしん)()つな。059それよりも(はや)(こし)()げて神館(かむやかた)(まゐ)(おや)帰幽(きいう)報告(ほうこく)し、060(あつ)(はうむ)手続(てつづ)きをした(うへ)061御養子(ごやうし)になつたら如何(どう)だ』
062ワックス『三五教(あななひけう)魔法使(まはふづかひ)(ほろ)びぬ(うち)駄目(だめ)だ。063(なん)とかして彼奴(あいつ)(たひら)げる工夫(くふう)はあるまいかな』
064エル『あらいでかい。065(なに)()(おれ)がスツカリ()()んで()るのだ』
066利口(りこう)らしく()つて()る。067そこへ沢山(たくさん)(ぢぢ)068(ばば)水鼻汁(みづばな)()らし(なが)らやつて()て、069()(こす)手鼻汁(てばな)をかみつつ、
070一同(いちどう)泣声(なきごゑ))『ワーンワーンワーンワーン、071オーンオーンオーンオーン、072これワックスさま。073(しつか)りしなされや。074(かな)しい(こと)ぢやないかいな。075ワーンワーンワーン、076オーンオーンオーン』
077義理一遍(ぎりいつぺん)(つく)()きを(はじ)()した。078(いへ)(そと)にも(うち)にも()(つば)をつけて義理泣(ぎりな)きが(はじ)まつた。079此処(ここ)習慣(しふくわん)として(なに)(ほど)(にく)らしい(かたき)()んでも、080義理泣(ぎりな)きをせなくば町外(ちやうはづ)れをされる規則(いましめ)がある。081(くら)(なか)財産(ざいさん)()をつけた連中(れんちう)各自(めいめい)自分(じぶん)名札(なふだ)()(をは)り、082ヤツト安心(あんしん)してワックスの(まへ)(きた)り、
083一同(いちどう)泣声(なきごゑ))『ワーンワーンワーンワーン オーンオーンオーンオーン ワーンワーンワーン ウーンウーンウーンウーン、084ワックスさま、085(まこと)にお()(どく)でござます。086もう(あきら)めなさいませ、087(わたし)(あきら)めます。088沢山(たくさん)遺物(かたみ)頂戴(ちやうだい)して有難涙(ありがたなみだ)()ます。089ワーンワーンワーンワーン オーンオーンオーンオーン』
090 (しば)らくすると町内(ちやうない)葬式係(さうしきがかり)がやつて()た。091さうして比丘(びく)(りん)(うやうや)しく左手(ゆんで)()(みぎ)()数珠(じゆず)()(なが)ら、092コルブスの(まへ)端坐(たんざ)し、093(あや)しき経文(きやうもん)(とな)(はじ)めた。
094比丘(びく)『チーン、095チンチンチン、096諸行無常(しよぎやうむじやう)097是生滅法(ぜしやうめつぽふ)098生滅々已(しやうめつめつち)099寂滅為楽(じやくめつゐらく)100南無(なむ)波羅門尊天子(ばらもんそんてんし)101大自在天子(だいじざいてんし)102大国彦命(おほくにひこのみこと)103帰妙頂来(きめうちやうらい)104霊宝加持(れいほうかぢ)105(おもんみ)るに現世(げんせ)生存(せいぞん)する(こと)106八十有余年(やそいうよねん)107その(あひだ)(おい)てテルモン(ざん)神館(かむやかた)(つか)へ、108家令(かれい)(しよく)となり(あが)り、109(やかた)会計(くわいけい)()ふに(およ)ばず、110一切(いつさい)事務(じむ)処理(しより)し、111(その)(こう)(むな)しからずと(いへど)112元来(ぐわんらい)(とん)113(じん)114()罪悪(ざいあく)(ふか)きを(もつ)つて、115バラモン(てん)より(たまは)りし一子(いつし)ワックスは無頼(ぶらい)悪漢(あくかん)となり、116(かつ)痴愚(ちぐ)迷妄(めいまう)()(さげし)まれ、117糟糠(さうかう)(つま)には(はや)(わか)れ、118(さび)しき浮世(うきよ)(おく)りたるは(まつた)天命(てんめい)(しか)らしむる(ところ)119()(なが)(かみ)至仁(しじん)至愛(しあい)()ますが(ゆゑ)に、120今回(こんくわい)帰幽(きいう)(とも)に、121外部的(ぐわいぶてき)状態(じやうたい)除去(ぢよきよ)して、122八衢(やちまた)(おい)(すべ)ての罪悪(ざいあく)削除(さくぢよ)清浄(せいじやう)無垢(むく)精霊(せいれい)となし、123天国(てんごく)(すく)(たま)(こと)必定(ひつぢやう)なり。124(なんぢ)オールスチンの精霊(せいれい)125現世(げんせ)執着心(しふちやくしん)(のこ)さず、126(すみやか)幽冥界(いうめいかい)法則(はふそく)(したが)つて不老不死(ふらうふし)霊界(れいかい)旅立(たびだ)ちせよ。127(かなら)(まよ)(こと)(なか)れ。128(まよ)ひは地獄(ぢごく)(たね)なるぞ。129帰妙頂礼(きめうちやうらい)130南無(なむ)波羅門尊天(ばらもんそんてん)131(まも)(たま)(めぐ)ませ(たま)へ、132チーン、133チンチンチンチンチン』
134比丘(びく)『サアサ、135これでスツカリ引導(いんだう)(わた)して()いた。136(みな)さま土葬(どさう)(いた)しますか、137水葬(すいさう)にしますか、138(ただし)天葬(てんさう)(いた)すか、139どちらが(よろ)しいか。140それは御勝手(ごかつて)141()めて(くだ)さいませ』
142ワックス『(わたし)喪主(もしゆ)だから(わたし)(のぞ)(どほ)りにして(もら)ひませう。143何卒(どうぞ)天葬(てんさう)(ねが)ひませう。144さすれば天国(てんごく)(まゐ)るでせうから』
145比丘(びく)皆様(みなさま)146ワックス(さま)意見(いけん)(したが)ひ、147これから天葬(てんさう)(いた)しますから、148御苦労(ごくらう)(なが)(その)用意(ようい)をして(くだ)さい』
149 一同(いちどう)は『承知(しようち)(いた)しました』と(すべ)ての準備(じゆんび)(ととの)へ、150オールスチンのコルブスを戸板(といた)()せて、151テルモン(ざん)墓地(ぼち)()して(おく)()く。
152 天葬(てんさう)()へばコルブス(死骸(しがい))を墓地(ぼち)(はこ)石刀(せきたう)丸石(まるいし)(もつ)(からだ)細々(こまごま)にきざみ、153(ほね)(のこ)らず(こな)にして(しま)ひ、154(むぎ)煎粉(いりこ)をまぶして団子(だんご)をつくり、155沢山(たくさん)禿鷲(はげわし)()はして(しま)儀式(ぎしき)である。156(また)水葬(すいさう)()へばコルブスを()(まま)(かは)()()んで(しま)儀式(ぎしき)である。157数多(あまた)老若男女(らうにやくなんによ)石刀(せきたう)石片(いしくれ)種々(いろいろ)木刀(ぼくたう)(もつ)てコルブスを一寸刻(いつすんきざ)五分試(ごぶだめ)しとなし、158(きよ)(うた)(うた)ひながら(あせ)をタラタラ()して天葬(てんさう)準備(じゆんび)着手(ちやくしゆ)した。159禿鷲(はげわし)中空(ちうくう)()ばたきしながら幾百(いくひやく)ともなく翺翔(こうしやう)して()つてゐる。160比丘(びく)(うた)(うた)ふ。161一同(いちどう)拍子(ひやうし)をとつてコルブスを(くじ)く。
162 比丘(びく)(うた)
163諸行無常(しよぎやうむじやう)是生滅法(ぜしやうめつぼふ)
164生滅々已(しやうめつめつち)寂滅為楽(じやくめつゐらく)()(なら)
165兎角(とかく)(この)()(かり)()
166(わし)(はら)へと(はうむ)られ
167(つばさ)なき()中空(ちうくう)
168(かけ)りて(たふと)天国(てんごく)
169(なん)なく(のぼ)目出度(めでた)さよ
170チンチンチンチン、チンチンチン
171(みな)さま(しつか)(たの)みます
172オールスチンのコルブスは
173チツトは(ほね)()れるぞや
174(かは)(ほね)とが沢山(たくさん)
175チツトも(にく)がない(ゆゑ)
176禿鷲(はげわし)どもの(よろこ)んで
177()つて()れるか()らないが
178そこは、それそれ(こが)(むぎ)
179(こな)をドツサリ()りつけて
180うまく(あぢ)をば()けるのだ
181(ただ)一片(ひときれ)()(うへ)
182(のこ)しちやならぬ天葬式(てんさうしき)
183禿鷲(はげわし)どのも(ほね)()つて
184(ひと)つも(のこ)らず()つて()
185チンチンチンチン チンチンチン
186諸行無常(しよぎやうむじやう)是生滅法(ぜしやうめつぼふ)
187生滅々已(しやうめつめつち)寂滅為楽(じやくめつゐらく)
188(かり)浮世(うきよ)(あと)にして
189執着心(しふちやくしん)脱却(だつきやく)
190()(たましひ)天国(てんごく)
191黄金(こがね)(つばさ)()つて()
192こんな芽出度(めでた)(こと)あろか
193ワックスさまも幸福(しあわせ)
194土葬(どさう)水葬(すいさう)火葬(くわさう)とて
195(いや)しき(たみ)葬式(さうしき)
196(くら)べて()れば最善(さいぜん)
197(この)法式(はふしき)天国(てんごく)
198(すく)はれて()父上(ちちうへ)
199(まこと)結構(けつこう)身魂(みたま)ぞや
200(よろこ)(いは)(みな)さまよ
201チンチンチンチン チンチンチン
202天国(てんごく)浄土(じやうど)永久(とこしへ)
203百味(ひやくみ)飲食(おんじき)(あた)へられ
204(はな)(うてな)()()めて
205下界(げかい)(はる)かに見下(みお)ろしつ
206テルモン(ざん)()ふも(さら)
207(かみ)(やかた)(はじ)めとし
208(この)町内(ちやうない)人々(ひとびと)
209(なや)みを(はら)()(さち)
210(まも)りて(まこと)生神(いきがみ)
211ならせ(たま)へよ、チンチンチン
212チンチンチンチン チンチンチン
213(みな)さま(これ)有難(ありがた)
214バラモン(けう)読経(どくきやう)
215目出度(めでた)終結(しうけつ)(いた)しました
216さらばお(さき)(かへ)ります
217第一番(だいいちばん)天葬式(てんさうしき)
218(いとな)みなさつた(こと)ならば
219布施(ふせ)もドツサリ()()んで
220(あと)から()つて()てお()
221遺産(かたみ)沢山(たくさん)ある(ゆゑ)
222何程(なにほど)(かね)使(つか)うたとて
223(みな)さま(はら)(いた)むでも
224(あたま)(なや)むでもない(ほど)
225(おな)風呂屋(ふろや)()(みづ)
226()んで(となり)のお(きやく)さまに
227(あた)へてやるも(おな)(こと)
228比丘(びく)大切(だいじ)になさいませ
229帰依仏(きえぶつ)帰依法(きえほふ)帰依比丘(きえびく)
230(この)大法(だいほふ)(あやま)らば
231(みな)さま()んで地獄道(ぢごくだう)
232(たちま)()ちると覚悟(かくご)して
233布施(ふせ)()しまず()しなされ
234アア左様(さやう)なれば左様(さやう)なれば
235これからお(さき)(かへ)ります
236チンチンチンチン チンチンチン』
237(りん)()(なが)二人(ふたり)従者(じうしや)引率(ひきつ)自分(じぶん)(いほり)(かへ)()く。
238 一同(いちどう)(やうや)天葬式(てんさうしき)()ませ、239(ふたた)びワックスの(やかた)(かへ)り、240種々(いろいろ)馳走(ちそう)惜気(をしげ)もなく(こしら)へて暴飲(ばういん)暴食(ばうしよく)にうつつを()かした。241ここに(また)一場(いちぢやう)大活劇(だいくわつげき)(えん)ぜられた。242それはスマートが酒宴(しゆえん)最中(さいちう)()()んで()(こと)である。
243大正一二・三・二六 旧二・一〇 於皆生温泉浜屋 北村隆光録)