霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 神雲(しんうん)〔一五五三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第61巻 山河草木 子の巻 篇:第1篇 常磐の松 よみ:ときわのまつ
章:第3章 神雲 よみ:しんうん 通し章番号:1553
口述日:1923(大正12)年05月01日(旧03月16日) 口述場所: 筆録者:明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 41頁 修補版: 校定版:37頁 普及版:60頁 初版: ページ備考:
001第二三
002
003皇大神(すめおほかみ)(おん)めぐみ
004(みづ)御魂(みたま)御慈愛(おんじあい)
005(ゆたか)()てる(かみ)(いへ)
006(これ)御門(みかど)(かぎ)りなき
007(めぐ)みを()けよ(かみ)愛子(みこ)
008(あふ)るる(きよ)真清水(ましみづ)
009(くるし)(なや)(かな)しみも
010朝日(あさひ)(つゆ)()()せむ
011(かみ)御門(みかど)にとく()たれ
012たえずに(たま)(おん)めぐみ。
013
014雲井(くもゐ)(たか)(そび)えたる
015宇都(うづ)宮居(みやゐ)(しづ)()
016()める伏屋(ふせや)(おし)()べて
017()きに()れたる(ひと)ぞなし
018()人々(ひとびと)運命(うんめい)
019草木(くさき)(はな)にもさも()たり
020あしたの(さか)えはたちまちに
021(ゆふ)べの(そら)()()せむ
022いや永遠(とことは)御幸(みさち)ある
023宇都(うづ)御門(みかど)にとく(きた)
024(かみ)(なんぢ)()ちたまふ。
025
026教祖(みおや)御救(みすく)()にあまねし
027はやく(きた)りて()(あらた)めよ
028(つみ)(しづ)みし(なみだ)もかわき
029ちりも(きよ)まる(あい)御顔(みかほ)
030()けさせ(たま)はむよろこびは
031いやとこしへに(みち)あふれ
032(うれ)ひは()するこの御殿(みとの)
033第二四
034
035(きよ)めの(かみ)瑞霊(おんたま)
036(うづ)宮居(みやゐ)(かへ)()
037その御姿(みすがた)()のあたり
038(をろが)みまつる(うれ)しさよ。
039
040(かみ)のみいづをほめまつる
041御子(みこ)一人(ひとり)となしたまひ
042にぶき沼矛(ぬほこ)にも大功(みいさを)
043うたはせ(たま)へや(かみ)(まへ)
044
045信徒(まめひと)たちの()(ごと)
046聞召(きこしめ)(とき)(つみ)ふかき
047わが祈言(のりごと)(たひら)かに
048かへりみまして聞召(きこしめ)せ。
049
050(かみ)御掟(おきて)(ただ)しく(まも)
051(かみ)御子(みこ)たる吾等(われら)身魂(みたま)
052(たふと)(あつ)御恵(みめぐみ)
053(あふ)がせたまへ瑞御魂(みづみたま)
054
055(ゆふ)べの(そら)(うち)(あふ)
056今日(けふ)()()()(とも)
057(あゆ)みし(われ)ぞと(こころ)より
058(いは)ひよろこばせ(たま)へかし。
059第二五
060
061皇大神(すめおほかみ)大前(おほまへ)
062鰭伏(ひれふ)(いの)(わが)ねがひ
063御心(みこころ)(たひら)にやすらかに
064(うべ)なひたまへや瑞御魂(みづみたま)
065
066(めぐみ)(あめ)(わが)(むね)
067()らせたまひて(たましひ)
068()たせ()かせて皇神(すめかみ)
069御名(みな)栄光(さかえ)(うた)はせ(たま)へ。
070
071(あや)(かしこ)御教(みのり)(しめ)
072(きよ)めの(みち)()べたまふ
073伊都(いづ)言霊(ことたま)まつぶさに
074(ふか)くさとらせ(たま)瑞御魂(みづみたま)
075
076()きをなぐさめ()めるを()やし
077身魂(みたま)(きよ)許々多久(ここたく)
078(つみ)のなはめを()()てたまへ。
079
080瑞霊(みち)()るものひたすら(たの)
081(かみ)(ちか)づき(たま)ふべし
082至仁(しじん)至愛(しあい)瑞御霊(みづみたま)
083かならず見捨(みす)てたまふまじ。
084第二六
085
086(この)()(かたち)あるものも
087(かたち)()えぬ(たま)()
088(すべ)(まも)ります大御神(おほみかみ)
089天津神国(あまつみくに)()(たみ)
090いや永久(とこしへ)(うた)()
091(こゑ)(あは)せてほめたたへ
092いとも(たふと)(うる)はしき
093(かみ)御門(みかど)(すす)()む。
094
095(しま)八十島(やそしま)八十(やそ)(くに)
096青人草(あをひとぐさ)()ふも(さら)なり
097山河海野(やまかはうみの)(くさ)()
098禽獣虫魚(きんじうちうぎよ)(いた)るまで
099皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)
100(こゑ)なき(うた)をうたひつつ
101(たふと)御名(みな)をあがめまつり
102(きよ)めの御教(みのり)()めたたへ
103()りて(つか)ふる(かみ)御代(みよ)
104
105この()()りとしあるものは
106元津御祖(もとつみおや)御恵(みめぐみ)
107(よろこ)びうたひ(つか)へまつれば
108(ひと)()(なり)(いで)ましし瑞御魂(みづみたま)
109(きよ)めの瑞霊(かみ)(われ)()(たた)へまし
110よしや言霊歌(ことたまうた)調(しら)
111(ひく)くかよわくありとても。
112第二七
113
114万有(すべて)のものの(ぬし)()
115国常立(くにとこたち)大御神(おほみかみ)
116稜威(みいづ)()たせる教祖(みおや)(かみ)
117吾等(われら)(つみ)(きよ)めむと
118(あめ)八重雲(やへくも)(かき)()けて
119(あや)聖地(せいち)のエルサレム
120(たつ)(やかた)天降(あも)りましぬ
121(あふ)(うやま)教祖(みおや)(とく)を。
122
123(きよ)めの(ぬし)瑞御魂(みづみたま)
124(した)ひて聖地(せいち)(のぼ)()
125家族(うから)親族(やから)()ふも(さら)
126(した)しき友垣(ともがき)()(ひと)
127(なや)みを(きよ)むるそのために
128シオンの(みち)()(たの)しさよ。
129
130元津御祖(もとつみおや)大神(おほかみ)
131永遠(とは)()みます(あや)聖地(せいち)
132(こころ)(きよ)けく(あそ)一日(ひとひ)
133百千万(ももちよろづ)日数(ひかず)(まさ)
134いとも(たの)しく(おも)ふかな。
135
136皇大神(すめおほかみ)はわが()なり
137(みづ)御霊(みたま)(つき)(かみ)
138サタンを(ふせ)(たて)となり
139(ちから)となりて(まも)ります
140(めぐみ)栄光(さかえ)()てる(かみ)
141
142(よろづ)神人(みたま)()なる(かみ)
143(あか)(こころ)(ささ)げつつ
144(いの)(まこと)のピュリタンは
145()にも(すぐ)れて(さち)(ふか)し。
146第二八
147
148何国(いづく)(はて)民草(たみぐさ)
149()りて(つか)ふる折々(をりをり)
150(みづ)御霊(みたま)(とも)にありて
151(あつ)きめぐみを()(たま)ふ。
152
153飛騨(ひだ)工匠(たくみ)(つく)りたる
154(かたち)(みや)()みまさで
155(こころ)やさしく温順(おだやか)
156()(へりく)だる人々(ひとびと)
157(きよ)御魂(みたま)()みたまふ。
158
159(みづ)御魂(みたま)仁愛神(マイトレーヤ)
160(きよ)生命(いのち)歓喜(よろこび)
161吾等(われら)(みたま)()たしめて
162(うづ)御名(みな)をばいと(たか)
163(おの)(おの)もにほめたたへ
164(あふ)(うやま)はしめ(たま)へ。
165
166(あさ)(ゆふ)なに御前(みまへ)(いの)
167善言美詞(みやびことば)(ちから)をあたへ
168(きよ)(のぞ)みをかためさせ(たま)
169(かみ)()します(たの)しき(くに)
170一日(ひとひ)(はや)(きた)らせ(たま)へ。
171第二九
172
173(みづ)御霊(みたま)御栄光(みさかえ)
174(ふか)(めぐみ)言葉(ことば)(かぎ)
175(こころ)きよめて(たの)しげに
176(あさ)(ゆふ)なに(たた)へま()しき。
177
178(いづ)御魂(みたま)瑞御魂(みづみたま)
179仁愛(みろく)岐美(きみ)雲井(くもゐ)(うへ)
180(ひい)でて(たか)宇豆(うづ)御名(みな)
181(ひろ)むる(わが)()朝夕(あさゆふ)
182()かさせ(たま)元津御祖(もとつみおや)
183
184(もも)(かな)しみ(なげ)きを(のぞ)
185(つみ)(おそ)れを()りたまふ
186(みづ)御魂(みたま)御名(みな)をば(たた)
187(つか)へまつるぞ(たの)しけれ。
188
189(みづ)御魂(みたま)(いのち)(かみ)
190(つみ)牢獄(ひとや)(うち)(くだ)
191手足(てあし)(つめ)(ひげ)()
192()をもて(あがな)()かさせ(たま)ふ。
193
194(ほろ)()くなる身魂(みたま)永遠(とは)
195蘇生(よみがへ)らせて(たの)しみと
196栄光(さかえ)()てる希望(のぞみ)(つな)
197(あた)(たま)ふなる仁愛(みろく)(かみ)
198(きよ)御名(みな)をば(たた)(まつ)らむ。
199第三〇
200
201(かみ)(つか)ふる信徒(まめひと)たちよ
202(なれ)(こころ)(かど)()はやく
203(かみ)のまにまに(ひら)けよひらけ
204よろこび(いさ)みて(わが)たましひは
205(みづ)御魂(みたま)()()ちのぞむ。
206
207愛善(めぐみ)栄光(ひかり)平和(へいわ)()てる
208(みづ)宮居(みやゐ)(うる)はしさ
209御前(みまへ)()でて()(をが)
210(わが)()()にも(した)はしきかな。
211
212吾等(われら)(まも)(たふと)(ちち)
213(つみ)(あがな)仁愛(めぐみ)(はは)
214(うづ)御前(みまへ)(つつし)()でぬ
215(はは)もまた(くだ)りて(わが)(たましひ)
216伊都(いづ)宮居(みやゐ)(さだ)めさせ(たま)へ。
217
218(みづ)御魂(みたま)神代(かみよ)(もとゐ)
219(かた)らせたまへ(かしこ)()かむ
220生命(いのち)(いづみ)(はは)より(なが)
221こころの苦痛(なやみ)瑞御魂(みづみたま)
222(はは)御声(みこゑ)()やされむ。
223第三一
224
225(をしへ)(とも)よいざや(すす)
226いさみて(すす)宝座(みくら)御前(みまへ)
227言霊(ことたま)調(しら)べいやたかく
228天津御神(あまつみかみ)(うれ)しみて
229(きよ)御名(みな)をば(たた)へまつらむ
230(折返)
231霊山会場(れいざんゑぢやう)のエルサレム
232(たの)しき(みやこ)(すす)()く。
233
234(つみ)(けが)れし人草(ひとぐさ)
235()にも(かく)にもあれやあれ
236天津御神(あまつみかみ)世継王山(よつわうやま)
237ふもとに(あつま)(かみ)()
238(うた)はで()るべき(あふ)()づる
239(かぎ)りも()らぬよろこびを。
240
241天津御神(あまつみかみ)永遠(とことは)
242(しづ)まり(いま)神国(かみくに)
243旅立(たびだ)(すす)道芝(みちしば)
244いとも(やす)けく(たひら)けく
245(かを)(ゆか)しき(のぞみ)(はな)
246(ところ)曼陀羅(まんだら)()()ちて
247生命(いのち)()()いとしげし。
248
249黄金(こがね)御門(みかど)うち(あふ)
250ながむる(そら)天使(あまつかひ)
251(たま)緒琴(をごと)(かな)でつつ
252(あそ)べる姿(すがた)崇高(けだか)さよ
253(かぎ)りも()らぬ幸福(さいはひ)
254(いづみ)(きよ)()()ちて
255(あふ)(なが)るる(たふと)さよ。
256
257(みづ)(いづ)との(をしへ)(みち)
258()みて(すす)まむ仁愛(みろく)(その)
259()しき(たへ)なる栄光(さかえ)()てる
260高天原(たかあまはら)天国(てんごく)
261(かみ)宝座(みくら)御前(おんまへ)
262(いさ)みて(すす)(をど)りて(のぼ)れ。
263第三二
264
265(かみ)御前(みまへ)(をしへ)御子(みこ)
266(つつし)みかしこみ称言(たたへごと)
267(つか)へまつるを聞召(きこしめ)
268平安(やすき)(いは)(かみ)(こゑ)
269われ()()けさせ(たま)へかし。
270
271(みづ)御魂(みたま)(たふと)御名(みな)
272(たた)へまつりし(わが)言霊(ことたま)
273(こころ)(きよ)めさせたまひ
274(かみ)御国(みくに)故郷(ふるさと)
275家路(いへぢ)にかへる(みち)()
276(まも)りて平安(やすき)幸福(さいはひ)
277(うで)もたわわに(あた)へませ。
278
279(あした)(ゆふ)べに(をしへ)御子(みこ)
280(あだ)なす(あだ)言向(ことむけ)やはし
281(くら)きを(あか)きに()(かへ)
282栄光(さかえ)平安(やすき)()(たま)へ。
283
284魔神(まがみ)(たけ)現世(うつしよ)
285ありて日夜(にちや)(みち)のため
286(たたか)(ちから)(いま)われに
287(くだ)させ(たま)復命(かへりごと)
288(まを)()げたる(あかつき)
289いや永遠(とことは)平安(やすき)をば
290わが()(うへ)(あた)(たま)へ。
291第三三
292
293伊都(いづ)大神(おほかみ)美都(みづ)(かみ)
294(ふか)(めぐみ)吾等(われら)(そそ)
295よろこびに()ちて()(かへ)
296仁愛(みろく)(かみ)のはたらきを
297(ひろ)(ただ)しく()さしめ(たま)へ。
298
299(かみ)御手(みて)もて斯世(このよ)(なか)
300()ゑし言葉(ことば)御魂(みたま)(はた)
301(さか)(みの)らせ(むす)びたる
302(きよ)果実(このみ)天津国(あまつくに)
303(いづ)御倉(みくら)にいと(たか)
304(たくは)へおかせ(たま)へかし
305
306(みづ)御魂(みたま)(きよ)めの御手(みて)
307()されて(すす)(わが)精霊(たま)
308よろこび(いさ)みて天津国(あまつくに)
309御殿(みとの)(のぼ)(やす)らかに
310常磐(ときは)(はる)(たの)しみつ
311(かみ)(まこと)御力(みちから)
312(こころ)(かぎ)(たた)へしめ(たま)へ。
313大正一二・五・一 旧三・一六 加藤明子録)