霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第九章 神行(しんかう)〔一五五九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第61巻 山河草木 子の巻 篇:第2篇 神国の春 よみ:みくにのはる
章:第9章 第61巻 よみ:しんこう 通し章番号:1559
口述日:1923(大正12)年05月03日(旧03月18日) 口述場所:教主殿 筆録者:明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6109
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 67頁 修補版: 校定版:129頁 普及版:60頁 初版: ページ備考:
001第八二
002
003(うつ)()()にも(かは)らず永遠(とことは)
004たたせたまへる(いづ)御柱(みはしら)
005
006御教(みをしへ)(ひかり)(もも)罪咎(つみとが)
007(はら)(きよ)むる(いづ)言霊(ことたま)
008
009(おそ)(なや)(つみ)(かこ)まる()なりとも
010やすきを(あた)瑞霊(みづ)御柱(みはしら)
011
012瑞御霊(みづみたま)(いづ)御霊(みたま)御光(みひかり)
013(ひと)()むべき(みち)(さと)りぬ。
014
015()(なか)()きも()しきも(さいはひ)
016(わざはひ)ともに()ます御教(みをしへ)
017第八三
018
019千早(ちはや)(ふる)(かみ)(をしへ)(したが)ひて
020(あい)(あふ)るる神国(みくに)()かむ。
021
022千座(ちくら)なす置戸(おきど)()ひて()(ため)
023(つく)したまひし(きみ)をしぞ(おも)ふ。
024
025八千座(やちくら)(うへ)にも(いづ)(よろこ)びの
026()えず(あふ)るる瑞霊(みづみたま)かも。
027
028(よる)もなく(ふゆ)なき(くに)(のぼ)るまで
029千座(ちくら)(もと)()ちてぞ()たむ。
030第八四
031
032常暗(とこやみ)()はますますに()けゆきぬ
033(たみ)(やす)かれと(いの)るわが更生主(きみ)
034
035皇神(すめかみ)(むね)もはりさく(くる)しみを
036(ゆめ)にも()らぬ御弟子(みこ)ぞうたてき。
037
038()(つみ)()きて(いの)れる(わが)きみを
039元津御神(もとつみかみ)(よみ)したまはむ。
040
041大空(おほぞら)天津使(あまつつかひ)(くだ)()
042更生主(きみ)御前(みまへ)(はべ)(たふと)さ。
043第八五
044
045(みづ)御霊(みたま)千座(ちくら)()れば
046(とみ)(ほまれ)希望(のぞみ)もなべて
047(もの)(かず)かは(ほこ)るに()らず。
048
049千座(ちくら)(もと)(われ)()()ちて
050(この)()(むな)しき(たから)(とみ)
051(いや)しき(こころ)()めざらしめよ。
052
053手足(てあし)(つめ)まで()かれまし
054()をもて吾等(われら)罪咎(つみとが)
055(あら)ひたまひし(たふと)さよ。
056
057(すべ)ての(もの)(たてまつ)
058赤心(まごころ)()めて(つく)すとも
059大御恵(おほみめぐみ)万分(まんぶ)(いつ)
060(むく)ゆすべなき(ひと)()
061(たま)(ささ)げて(つか)へなむ。
062
063(くも)()てたる()(なか)
064果敢(はか)なき生命(いのち)(たも)ちつつ
065千座(ちくら)置戸(おきど)()ひましし
066更生主(きみ)(めぐみ)(うれ)しみて
067常世(とこよ)(はる)()ごさなむ。
068第八六
069
070(きよ)めの(きみ)瑞御霊(みづみたま)
071蘇生(よみがへ)りしぞ瑞御霊(みづみたま)
072(さか)えませしぞ瑞御霊(みづみたま)
073(あが)めまつれよ瑞御霊(みづみたま)
074
075千座(ちくら)()ひし瑞御霊(みづみたま)
076(つみ)()ちたる瑞御霊(みづみたま)
077生命(いのち)(きみ)瑞御霊(みづみたま)
078(ひと)をば()かす瑞御霊(みづみたま)
079
080(なや)みを()けし瑞御霊(みづみたま)
081世人(よびと)()やす瑞御霊(みづみたま)
082(つき)御神(みかみ)瑞御霊(みづみたま)
083吾等(われら)(とも)なる瑞御霊(みづみたま)
084第八七
085
086(いづ)御霊(みたま)神柱(かむばしら)
087(みづ)御霊(みたま)(きよ)(ぬし)
088(この)()にあれます(その)(かぎ)
089吾等(われら)()をも(おそ)れまじ。
090
091吾等(われら)御親(みおや)とあれませる
092(いづ)御霊(みたま)永遠(とこしへ)
093()きて(まも)らす(その)(うへ)
094()するは(ほろ)びに(あら)ずして
095いや永遠(とこしへ)(さか)ゆなる
096生命(いのち)にいるの(かど)ぞかし。
097
098(いづ)御霊(みたま)神柱(かむばしら)
099(みづ)御霊(みたま)()すかぎり
100()()冥途(めいど)曲津霊(まがつひ)
101如何(いか)でか吾等(われら)(おそ)ふべき
102(かみ)生命(いのち)御親(みおや)なり。
103
104(いづ)御霊(みたま)神柱(かむばしら)
105(みづ)御霊(みたま)(きよ)(ぬし)
106(この)()(あら)はれいます(うへ)
107天地(あめつち)こぞりて()(きみ)
108(いつ)きまつらむ五六七(みろく)()
109(しの)ぶも(うれ)しき(かぎ)りなり。
110
111(いづ)(みづ)との二柱(ふたはしら)
112(この)()(あら)はれます(かぎ)
113天地(あめつち)四方(よも)(やす)らけく
114(はな)()(はる)(さか)えゆく
115(その)功績(いさをし)(うれ)しけれ。
116第八八
117
118言霊御軍(ことたまいくさ)勝鬨(かちどき)あげて
119(あや)高天(たかま)(かへ)ります
120(みづ)御霊(みたま)御柱(みはしら)
121()めよ(たた)へよ信徒(まめひと)()
122
123(みづ)御霊(みたま)()更生主(きみ)
124悪魔(あくま)(つかさ)()(くに)
125(をさ)(いくさ)をやぶらせて
126高天原(たかあまはら)(かへ)りましぬ。
127
128()()御代(みよ)となるならば
129黄泉(よみ)(くに)をば()らしつつ
130(あや)高天(たかま)(いさ)ましく
131(かへ)りて()をば(をさ)めたまふ。
132
133千座(ちくら)置戸(おきど)(わが)(たま)
134()をば()かされ()(あし)
135御創(みきず)血潮(ちしほ)(わが)(なや)
136いと(やす)らけく()やされぬ
137(きよ)言霊(ことたま)()()げて
138(たた)へよ(うた)へよ貴美(きみ)稜威(いづ)
139第八九
140
141黄泉(よみ)(くに)よりうとび()
142(まが)(いくさ)()(むか)
143(みづ)御霊(みたま)(ことごと)
144言向(ことむ)(やは)したまひける
145四方(よも)国人(くにびと)(いさ)みたて
146悪魔(あくま)(ちから)()()てて
147(かみ)御子(みこ)なる(ひと)()
148永久(とは)生命(いのち)(たま)ふべし
149(した)へよ(いは)へよ厳御霊(いづみたま)
150(みづ)御霊(みたま)神柱(かむばしら)
151
152(みづ)御霊(みたま)神柱(かむばしら)
153(たま)御国(みくに)のいと(たか)
154(きよ)御座(みくら)にましまして
155天津使(あまつつかひ)(かこ)まれつ
156常世(とこよ)(うた)(うた)ひたまふ
157(よろこ)(いさ)人々(ひとびと)
158(かぎ)りも()らぬ(たま)()
159生命(いのち)(きみ)御前(おんまへ)に。
160
161明日(あす)をも()れぬ現身(うつそみ)
162生命(いのち)(なが)らへ(くる)しみの
163()えぬ(この)()()(ひと)
164いと()(がた)(かな)しきを
165(かみ)御稜威(みいづ)(たす)けられ
166(いま)憂目(うきめ)()らぬ()
167(さか)()くこそ(たふと)けれ
168(あふ)(うやま)厳御霊(いづみたま)
169(した)ひまつれよ瑞御霊(みづみたま)
170
171(なみだ)(たに)(あめ)()れて
172(をしへ)(みち)のいと(ひろ)
173長閑(のどか)(はる)花盛(はなざか)
174いざいざ(うた)諸共(もろとも)
175(こと)調(しらべ)もいや(たか)
176(きよ)めの(かみ)御栄光(みさかえ)
177()(さちはひ)(いの)れかし。
178第九〇
179
180曲津軍(まがついくさ)軍勢(いきほひ)
181()てりと(ほこ)(たか)ぶりし
182(その)雄猛(をたけ)びは一夜(ひとよさ)
183(ゆめ)()()(あは)れさよ
184(かみ)刄向(はむ)かふ(あだ)はなし
185(いさ)(すす)めよ(かみ)(みち)
186(かみ)(なんぢ)(とも)にあり。
187
188根底(ねそこ)(くに)(おと)されし
189元津御神(もとつみかみ)厳御霊(いづみたま)
190(あさひ)(ごと)(のぼ)りまし
191悪魔(あくま)(たけ)醜国(しにくに)
192高天原(たかあまはら)楽園(らくゑん)
193(ひら)かせたまふぞ有難(ありがた)き。
194
195(めぐみ)(あい)御栄光(みさかえ)
196()(かざ)します皇神(すめかみ)
197(いづ)姿(すがた)(うる)はしさ
198(した)ひて(きた)(あや)(さと)
199(かみ)(なんぢ)()ちたまふ。
200
201(おに)大蛇(をろち)(すゑ)なるや
202(つみ)(くさり)につながれし
203(この)()()める諸人(もろびと)
204五六七(みろく)御代(みよ)(ちか)づきて
205(もも)罪科(つみとが)(ゆる)すべき
206(をしへ)(には)(あら)はれぬ
207(した)ひて(きた)(あや)(さと)
208
209豊葦原(とよあしはら)瑞穂国(みづほくに)
210()人々(ひとびと)(ことごと)
211(いづ)言霊(ことたま)()(そろ)
212(きよ)めの(きみ)()れましし
213(その)瑞祥(ずゐしやう)(よろこ)びて
214(うた)へよ()へよ(みな)(をど)
215(かみ)(あい)なり権威(ちから)なり。
216第九一
217
218天津神(あまつかみ)(たち)国津神(くにつかみ)
219蒼生(あをひとぐさ)諸共(もろとも)
220(よろこ)(うた)今日(けふ)()
221悪魔(あくま)()ちし今日(けふ)()
222(みづ)御霊(みたま)(うま)れたる
223生日(いくひ)足日(たるひ)ぞいさぎよく
224(うた)へよ()へよ惟神(かむながら)
225(かみ)(めぐみ)(うれ)しみて。
226
227(うみ)内外(うちと)(きら)ひなく
228(この)()()きとし()ける(ひと)
229精霊(みたま)(とも)()(きた)
230くだらぬ(よく)(あらそ)ひて
231(つみ)(をか)せし(その)(かみ)
232(なや)みを(わす)逸早(いちはや)
233(まこと)(かみ)()てませる
234(うづ)宮居(みやゐ)御教(みをしへ)
235(ただ)一言(ひとこと)()らさじと
236(みみ)()まして()けよかし
237(かみ)言霊(ことたま)権威(ちから)なり。
238
239(われ)(わが)()穿(うが)ちたる
240(くら)(あな)へと()()みて
241(なや)(くる)しむ人々(ひとびと)
242(みづ)御霊(みたま)(あら)はれて
243(つみ)(なや)みの()()れし
244(その)(いさをし)(うた)へよや
245(ひと)(かは)()曲人(まがびと)
246一人(ひとり)ものこらず()せゆきて
247(まこと)(ひと)のみ(あら)はるる
248五六七(みろく)神代(みよ)をほめよかし
249(かみ)(あい)なり権威(ちから)なり
250汝等(なんぢら)(かみ)(とも)にあり。
251
252(かみ)御国(みくに)(あだ)をなす
253(しこ)悪魔(あくま)()()ちて
254(さか)(ひさ)しき天津国(あまつくに)
255高天原(たかあまはら)聖場(せいぢやう)
256(いづ)御霊(みたま)(のぼ)りましぬ
257(みづ)御霊(みたま)(つき)(くに)
258御座(みくら)(はな)八重雲(やへくも)
259伊都(いづ)千別(ちわ)きに千別(ちわ)きつつ
260(あや)聖地(せいち)天降(あも)りましぬ
261(こころ)(つく)()(つく)
262(きよ)めの(きみ)(たよ)りなば
263いや永久(とこしへ)生命(いのち)をば
264現幽(げんいう)(とも)(たも)ちつつ
265(はな)()(にほ)天国(てんごく)
266(はる)御園(みその)(のぼ)るべし
267(かみ)(あい)なり権威(ちから)なり
268汝等(なれら)(かみ)(とも)にます
269(あふ)(うやま)(いづ)(とく)
270(した)ひまつれよ(みづ)(あい)
271あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
272恩頼(みたまのふゆ)()ぎまつれ。
273大正一二・五・三 旧三・一八 於教主殿二階 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。