霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 神徳(しんとく)〔一五六二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第61巻 山河草木 子の巻 篇:第3篇 白梅の花 よみ:しらうめのはな
章:第12章 神徳 よみ:しんとく 通し章番号:1562
口述日:1923(大正12)年05月05日(旧03月20日) 口述場所: 筆録者:隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 79頁 修補版: 校定版:172頁 普及版:60頁 初版: ページ備考:
001第一一二
002
003うつし()()せる(わざ)をら(かみ)(まへ)
004さらけ()さるる(とき)()にけり。
005
006むら(きも)(こころ)のそこに(ひそ)みたる
007(おに)大蛇(をろち)(いま)()ぢつつ。
008
009よしあしも()れなくさばく伊都御魂(いづみたま)
010()(あら)はれぬ(つつし)()いよ。
011
012(ひと)()はいつ(まか)るとも白露(しらつゆ)
013果敢(はか)なきものぞ(かみ)(たよ)れよ。
014第一一三
015
016聖霊(せいれい)(わが)()宿(やど)らせたまひつつ
017(たへ)なるちからわかち(たま)はれ。
018
019皇神(すめかみ)御教(みのり)(ふみ)をおろかなる
020われにも(ただ)しく(さと)らせ(たま)へ。
021
022いや(ひろ)きめぐみの(つばさ)()(たま)
023(くも)りし(たま)()伊都(いづ)(かみ)
024
025諸々(もろもろ)(つみ)(くも)りしたましひを
026(てら)させたまへ伊都(いづ)(ひかり)に。
027
028いや(ふか)(あい)のながれの水底(みなそこ)
029はからせ(たま)伊都(いづ)(ひかり)に。
030
031(いにしへ)のモーゼ エリヤにハリストス
032ヨハネの(たま)のみつの御柱(みはしら)
033
034()めぐみの(ひかり)(ゆた)にみつ御魂(みたま)
035(やみ)(てら)して()れましにけり。
036第一一四
037
038(くも)()りたる御魂(みたま)(てら)
039いさみ(よろこ)(あふ)るるいづみ
040()みて(うれ)しく(おも)はず()らず
041たたへの御歌(みうた)うたふ大前(おほまへ)
042
043(かな)しき(つら)(おも)ひに(しづ)
044果敢(はか)なき()にも(ひかり)をあたへ
045(まも)りたまへば(おも)はず()らず
046よろこび(うた)貴美(きみ)大前(おほまへ)
047
048(たま)殿(との)にも伏屋(ふせや)(のき)
049仁慈(めぐみ)(かみ)()りかがやきて
050のぞみ()すこそいと(たふと)けれ
051(きよ)(いの)りを(うべな)ひまして
052(つみ)もけがれも伊吹(いぶき)にはらひ
053千代(ちよ)宮居(みやゐ)()まはせ(たま)へ。
054
055皇神(すめかみ)(とも)にありせば陸奥(みちのく)
056荒野(あらの)(すゑ)もなにか(おそ)れむ。
057
058(とり)さへも(かよ)はぬ(ふか)山奥(やまおく)
059(かみ)とありせば天津御国(あまつみくに)ぞ。
060
061朝夕(あさゆふ)にあふるる(めぐみ)()にうけて
062(つゆ)生命(いのち)(たま)はかがやく。
063第一一五
064
065瑞御魂(みづみたま)(わが)(たましひ)(くだ)りまして
066(かみ)御姿(みすがた)おがませ(たま)へ。
067
068ねぎごとを御心(みこころ)(たひら)にやすらかに
069()こしたまひて(まも)りませ岐美(きみ)
070
071岐美(きみ)といへどこの()(をさ)むる(きみ)ならず
072(たま)(をさ)むる(きよ)めの(かみ)ぞや。
073
074瑞御魂(みづみたま)きみとふ()をば(たて)にとり
075(しこ)のたぶれの(せま)()るかも。
076
077現世(うつしよ)(きみ)より(ほか)にきみなしと
078おもふ(ひと)こそ(おろか)なりけり。
079
080伊邪那岐(いざなぎ)()()(なら)伊邪那美(いざなみ)
081()()(あは)せて岐美(きみ)とこそなれ。
082
083(かみ)()岐美(きみ)(とな)ふも(ひと)つなり
084(ゆめ)あやまつな(かみ)御子(みこ)たち。
085
086聖霊(せいれい)よけがれし()をもめぐまひて
087宮居(みやゐ)となして宿(やど)らせたまへ。
088
089叢雲(むらくも)伊吹(いぶき)(はら)ひて天津(あまつ)()
090(たま)(ひかり)(てら)しませ岐美(きみ)
091一〇
092春風(はるかぜ)(かを)りて(もも)(はな)(ひら)
093長閑(のどか)御代(みよ)となさしめ(たま)へ。
094第一一六
095
096暗夜(やみよ)(てら)厳御魂(いづみたま)
097世人(よびと)(まも)瑞御魂(みづみたま)
098(さだ)めなき()のたづきをも
099()らず浮世(うきよ)(たび)をなす
100(ひと)(みちび)天津(あまつ)()
101神国(みくに)()よと()(たま)
102(うづ)御声(みこゑ)(まつぶ)さに
103かけさせ(たま)へと()ぎまつる。
104
105(ひかり)つきせぬ厳御魂(いづみたま)
106(つき)より(きよ)瑞御魂(みづみたま)
107栄光(さかえ)希望(のぞみ)()()せし
108常世(とこよ)(やみ)()(まよ)
109(おそ)(をのの)きする(たみ)
110(めぐみ)御手(みて)をさしのべて
111天津御空(あまつみそら)神国(かみくに)
112(のぼ)(きた)れと()(たま)
113(うづ)御声(みこゑ)(やす)らかに
114()かしめ(たま)へと()(まつ)る。
115
116千座(ちくら)置戸(おきど)のあななひに
117只管(ひたすら)(たよ)()(なか)
118(もも)(つと)めを(あひ)()たし
119天津御空(あまつみそら)故郷(ふるさと)
120(いさ)みて(のぼ)()()をば
121(よろこ)(いさ)(まつ)御代(みよ)
122(はや)(きた)れと(たま)(こゑ)
123かけさせ(たま)瑞御魂(みづみたま)
124(いのち)(たよ)りを()(まつ)
125あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
126御霊(みたま)(さちは)ひましませよ。
127第一一七
128
129浮雲(うきくも)のかかる(こころ)(うち)(ひら)
130()()(くに)(のぼ)らせ(たま)へ。
131
132(つみ)(けが)(きよ)めて()かす瑞御魂(みづみたま)
133常世(とこよ)(はる)(みちび)(たま)へ。
134
135皇神(すめかみ)稜威(いづ)(ひかり)(うたがひ)
136(くら)雲霧(くもきり)はれ(わた)()く。
137
138(かぎ)りなき(また)(あたら)しき(いのち)をば
139(たま)(きみ)こそ(うづ)(はは)なる。
140
141皇神(すめかみ)(たま)(ひかり)()()けて
142(あい)御園(みその)(すす)(うれ)しさ。
143第一一八
144
145(わが)(いの)(まこと)()でて惟神(かむながら)
146()しき(ちから)(さづ)(たま)へよ。
147
148(やみ)()稜威(いづ)(ひかり)(てら)しつつ
149(いのち)(みち)(すす)ませ(たま)へ。
150
151厳御魂(いづみたま)()ゆる(ほのほ)現身(うつそみ)
152(けが)れを()きて()(きよ)めませ。
153
154科戸辺(しなどべ)(かぜ)(ひびき)四方(よも)(くに)
155(かみ)(おとづ)()(つた)へませ。
156
157八咫烏(やたからす)(あい)(つばさ)(わが)(たま)
158()せて神国(みくに)へつれ()けよかし。
159
160聖霊(せいれい)(わが)言霊(ことたま)(うべな)ひて
161(かみ)(はしら)使(つか)はせ(たま)へ。
162第一一九
163
164()(わた)(きよ)御魂(みたま)御光(みひかり)
165(てら)(たま)はれ(くら)(こころ)を。
166
167(もも)(つみ)(くも)(こころ)(みが)()
168(たへ)なる(ちから)(くだ)(たま)はれ。
169
170天津国(あまつくに)永遠(とは)歓喜(よろこび)(この)()にも
171()たし(たま)はれ(かみ)御使(みつかひ)
172
173村肝(むらきも)(こころ)()みて天使(あまつかひ)
174(をさ)(たま)へよ(わが)(たましひ)を。
175第一二〇
176
177(はと)(ごと)天降(あも)りましたる天使(あまつかひ)
178(わが)(たましひ)(なぐさ)(たま)へ。
179
180村肝(むらきも)(こころ)(おも)()(わざ)
181いと(きよ)かれと(まも)らせ(たま)へ。
182
183(あきら)けき(かみ)大道(おほぢ)(あゆ)むべく
184(いづ)(ひかり)(われ)(あた)へよ。
185
186皇神(すめかみ)御前(みまへ)()らず(つつし)みて
187(こころ)(かぎ)(つか)へしめ(たま)へ。
188
189永久(とこしへ)(いのち)(きみ)(したが)ひて
190天津御国(あまつみくに)(すす)(うれ)しさ。
191
192(わが)身魂(みたま)(きよ)めて(かみ)御舎(みあらか)
193(すす)ませ(たま)(みちび)(たま)へ。
194第一二一
195
196(ひえ)(わた)(わが)()(あい)(ほのほ)をば
197()やし(たま)へよ(いづ)大神(おほかみ)
198
199さまよひて果敢(はか)なき(かげ)()(した)
200(つゆ)だに()らぬ()こそ(かな)しき。
201
202(ちから)なき吾等(われら)祈祷(いのり)(たた)(ごと)
203いと(やす)らかに(きこ)()(きみ)
204
205八千座(やちくら)()ひし(きみ)をば(おも)はずに
206(ゆめ)(うつつ)にて(くら)(おろか)さ。
207
208瑞御魂(みづみたま)(めぐ)みの聖火(せいくわ)(くだ)しつつ
209(つめ)たき(こころ)(あたた)(たま)ふ。
210大正一二・五・五 旧三・二〇 北村隆光録)