霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 神前(しんぜん)〔一五六五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第61巻 山河草木 子の巻 篇:第3篇 白梅の花 よみ:しらうめのはな
章:第15章 神前 よみ:しんぜん 通し章番号:1565
口述日:1923(大正12)年05月05日(旧03月20日) 口述場所:教主殿 筆録者:明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 90頁 修補版: 校定版:212頁 普及版:60頁 初版: ページ備考:
001第一四二
002
003皇大神(すめおほかみ)永久(とこしへ)
004(しづ)まり()ます天津国(あまつくに)
005大御座(おほみくら)よりこぼれたる
006(くづ)だに(ひろ)(あたひ)なき
007(わが)()如何(いか)()ごさむや
008あはれみたまへ瑞御霊(みづみたま)
009(いづ)御霊(みたま)御前(おんまへ)
010赤心(まごころ)(ささ)げて()ぎまつる。
011
012(もも)罪科(つみとが)(ことごと)
013(ゆる)させたまふ大神(おほかみ)
014(ひろ)(ちか)ひをひたすらに
015身魂(みたま)(つな)(たの)みつつ
016(いづ)のおめしに(したが)ひて
017御許(みもと)にゆくより(みち)はなし
018あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
019(つつし)(うやま)()ぎまつる。
020
021(みづ)御霊(みたま)笑顔(ゑがほ)をば
022(むね)(とばり)()きあけて
023(をろが)みまつる(その)(とき)
024浪風(なみかぜ)(たけ)()(なか)
025(なん)()もなく(いさ)ましく
026(ふたた)()きて(はたら)かむ
027(かみ)(めぐみ)(うへ)もなく
028(その)功績(いさをし)()てもなし。
029
030(つみ)(かさ)ねし吾々(われわれ)
031(みにく)身魂(みたま)科戸辺(しなどべ)
032(かぜ)()もなく()(はら)
033(いさ)みて(この)()にながらへつ
034雄々(をを)しく大道(おほぢ)真中(まんなか)
035(すす)ませたまへと()ぎまつる。
036
037(いづ)御声(みこゑ)(うれ)しさに
038(わが)()(わす)れて大前(おほまへ)
039(ちか)づき(きよ)信徒(まめひと)
040(あつ)まる(むしろ)(つら)なりて
041御稜威(みいづ)()めさせたまへかし。
042
043今日(けふ)生日(いくひ)御祭(みまつり)
044(かぎ)りも()らぬ(よろこ)びに
045()(たましひ)(つつ)まれて
046いや永久(とこしへ)饗応(ふるまひ)
047(むしろ)(くは)へたまへかし
048あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
049御前(みまへ)感謝(かんしや)(たてまつ)る。
050第一四三
051
052(よる)なき(くに)永久(とこしへ)
053知召(しろしめ)さむと御空(みそら)より
054(くだ)らせたまふ五六七神(みろくしん)
055常世(とこよ)(はる)(きた)るまで
056(まも)(たふと)(かみ)(のり)
057(さと)らせたまへと()(まつ)る。
058
059世人(よびと)(ため)赤心(まごころ)
060(つく)(まこと)()(ひと)
061深遠微妙(しんゑんびめう)(かみ)(のり)
062如何(いか)でか(さと)()らるべき
063(こころ)(しづ)めて皇神(すめかみ)
064(いづ)御文(みふみ)調(しら)ぶべし。
065
066(こころ)(うち)(をか)したる
067(わが)()(つみ)()ゆる(こと)
068()らざるものは如何(いか)にして
069(かみ)(をしへ)(さと)れむや
070改悟(かいご)(なみだ)なき(ひと)
071如何(いか)でか()らむ皇神(すめかみ)
072()きせぬ(めぐみ)御心(みこころ)
073(みづ)御霊(みたま)(くる)しみを
074(こころ)(ひそ)めてよく(さと)
075(あぢ)はひかしこみ(まも)りなば
076これの(をしへ)(あきら)かに
077()()(ごと)(さと)()
078千代(ちよ)()きせぬ(いのち)をば
079()けし吾等(われら)()みの()
080(いや)つぎつぎに()(つた)
081(まも)(すす)まむ(かみ)(のり)
082第一四四
083
084(めぐみ)(きみ)にうれしくも
085高天原(たかあまはら)聖場(せいぢやう)
086(した)しく(まみ)(たてまつ)
087永遠(とは)()きせぬ(さちはひ)
088身魂(みたま)()けし(うれ)しさよ。
089
090(いのち)(かみ)(くだ)ります
091目出度(めでた)生日(いくひ)(たの)もしく
092(おも)ひかへして現世(うつしよ)
093重荷(おもに)(おろ)皇神(すめかみ)
094(うづ)(むしろ)にうら(やす)
095つかせたまへと()ぎまつる。
096
097(かみ)(めぐみ)のたれる(とき)
098永遠(とは)生命(いのち)()てる(とき)
099(みづ)御霊(みたま)諸共(もろとも)
100生日(いくひ)(いは)ひて()ごすべし
101(みづ)御霊(みたま)贖罪(あがなひ)
102すべての(みたま)(きよ)まりぬ。
103
104(たま)御声(みこゑ)(みみ)にして
105(なや)みは(たちま)(よろこ)びと
106(かは)りゆくこそ(たふと)けれ。
107
108(けが)れも(とみ)(きよ)まりて
109(いづ)(ちから)()(つき)
110(くは)はり()くこそ(かしこ)けれ
111天津御国(あまつみくに)(よろこ)びの
112宴会(うたげ)(さち)如何(いか)ならむ
113現世(うつしよ)さへも()くばかり
114(たの)しき(きよ)(よろこ)びの
115宴会(うたげ)(むしろ)(なが)むれば
116神国(みくに)姿(すがた)(しの)ばるる。
117第一四五
118
119()(にほ)(はる)花野(はなの)(あそ)べよと
120(うづ)御声(みこゑ)のかかる(うれ)しさ。
121
122人足(ひとあし)()えて(さび)しき陸奥(みちのく)
123荒野(あらの)(はら)にも(めぐみ)(はな)()く。
124
125(おや)()()ふる(ごと)くに大道(おほみち)
126(まよ)吾等(われら)をいたはりたまふ。
127
128(たに)(ふか)(ひと)(かよ)はぬ山奥(やまおく)
129(はな)にも(かみ)(めぐみ)ありけり。
130
131瑞御霊(みづみたま)(その)面影(おもかげ)()えずとも
132(うづ)(こころ)(さと)神文(かみふみ)
133
134瑞御霊(みづみたま)いづくのはてに(ひそ)むとも
135(きよ)めたまはむ(やす)けき(くに)へ。
136第一四六
137
138(つみ)(ふか)()()ちながら貴美(きみ)(まへ)
139(ぬか)づき()しぞ(めぐみ)なるらむ。
140
141信徒(まめひと)(とも)()()(かは)りなく
142相見(あひみ)(さち)如何(いか)(たふと)き。
143
144現世(うつしよ)(しこ)(たたか)(もも)(つみ)
145(しづ)まりて()(かみ)権威(ちから)に。
146
147許々多久(ここたく)(なや)(うれ)ひも御心(みこころ)
148やがては(ふか)(よろこ)びとならむ。
149
150(いさま)しく(みづ)御霊(みたま)(したが)ひて
151千座(ちくら)()はむ栄光(さかえ)()めに。
152
153(ほろ)()()()かします瑞御霊(みづみたま)
154めぐみの(つゆ)(きよ)くしたたる。
155第一四七
156
157(かみ)(まへ)よしや(はな)れて()くとても
158(こころ)はなすな(きよ)めの(きみ)に。
159
160大神業(おほみわざ)(きよ)くつとめて村肝(むらきも)
161(こころ)(ひと)つに(はげ)信徒(まめひと)
162
163()(つき)(かみ)御畑(みはた)(たがや)せば
164(あき)垂穂(たりほ)(ゆたか)なるべし。
165
166天津国(あまつくに)(かみ)御前(みまへ)(まひ)(のぼ)
167(をしへ)御子(みこ)(とも)(たの)しむ。
168
169かくならば(わか)れなやみも(あら)ずして
170いや永久(とこしへ)につきぬ(した)しみ。
171第一四八
172
173()(さち)(きた)さむ(ため)瑞御霊(みづみたま)
174シオンの(やま)にくだりますかも。
175
176(あだ)()()知召(しろしめ)厳御霊(いづみたま)
177(みづ)御霊(みたま)(かみ)ぞうるはし。
178
179千早(ちはや)()(かみ)御代(みよ)より()()びし
180(いのち)(きみ)のくだる(うれ)しさ。
181
182(かみ)()(ひじり)もつひに()らざりし
183(ひかり)()()(たの)もしきかな。
184
185丸山(まるやま)(うてな)(おこ)神歌(かみうた)
186四方(よも)国々(くにぐに)(ひび)(わた)れり。
187
188四方(よも)(くに)もらさず()とさず生命(せいめい)
189(をしへ)(みち)()らしめ(たま)へ。
190第一四九
191
192(たれ)()(かみ)(たま)ひし御恵(みめぐみ)
193()けざるはなし堅磐常磐(かきはときは)に。
194
195(うゑ)(かわ)(ひと)真清水(ましみづ)(かて)(あた)
196()かさせたまふ(みづ)大神(おほかみ)
197
198(えら)まれし(たみ)()けたる御恵(みめぐみ)
199(ひろ)(わか)てよ四方(よも)(ひと)()に。
200
201つかれたる(ひと)には安息(いこひ)(うゑ)(かわ)
202まづしき(もの)(かて)(あた)ふる。
203
204(ふゆ)さむき薄衣(うすぎ)(ふる)民草(たみぐさ)
205やがては(ひら)(はな)(はる)()む。
206
207御恵(みめぐみ)(よろこ)(こゑ)迦陵嚬伽(からびんが)
208()()よりもなほ心地(ここち)よきかな。
209
210()(はる)(はな)()(にほ)(たの)しさは
211ミロクの御代(みよ)(しるし)なりけり。
212第一五〇
213
214皇神(すめかみ)(ささ)ぐるものは(ことごと)
215(かみ)より()けし御賜(みたまもの)なり。
216
217皇神(すめかみ)()けし(たから)をおとさずに
218(きよ)(もち)ひよ(みち)信徒(まめひと)
219
220(はな)たれて山路(やまぢ)(まよ)(ひと)もあり
221(かみ)(めぐみ)(とら)はるもあり。
222
223(ひえ)わたり(めぐみ)(はな)打萎(うちしを)
224のぞみなき()(かず)(かぎ)りなし。
225
226曲道(まがみち)(まよ)(ひつじ)皇神(すめかみ)
227大路(おほぢ)にかへし(きよ)むる神人(かみびと)
228
229皇神(すめかみ)(いづ)神業(みわざ)神習(かむなら)
230(ささ)ぐる(まこと)()けさせたまふ。
231第一五一
232
233天地(あめつち)(つく)(かた)めし大神(おほかみ)
234いづの(めぐみ)(むく)(すべ)なし。
235
236(はる)(はな)(あき)紅葉(もみぢ)折々(をりをり)
237世人(よびと)()ませ(たま)大神(おほかみ)
238
239家族(うから)親族(やから)(むつ)(した)しみ(いへ)(わざ)
240()(さか)ゆるも(かみ)(たまもの)
241
242瑞御霊(みづみたま)千座(ちくら)置戸(おきど)()はせつつ
243世人(よびと)犠牲(にえ)(くだ)りましけり。
244
245瑞御霊(みづみたま)天津空(あまつそら)より(くだ)らせて
246吾等(われら)(たま)()かせたまへり。
247
248神国(かみくに)(のぼ)(のぞ)みを(あた)へます
249皇大神(すめおほかみ)(むく)(すべ)なし。
250
251白銀(しろがね)黄金(こがね)(たま)(ことごと)
252(さび)(くさ)()(かり)(たから)ぞ。
253
254皇神(すめかみ)(たた)へまつりて(そな)(まつ)
255(たから)神国(みくに)(くら)(をさ)まる。
256
257(さび)(くさ)(かり)(たから)(かみ)(くに)
258(みつぎ)となして()けさせたまへ。
259一〇
260御恵(みめぐみ)(ふか)きに(むく)()らねども
261()(たましひ)(よろこ)(ささ)げむ。
262大正一二・五・五 旧三・二〇 於教主殿 加藤明子録)