霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 神花(しんくわ)〔一五七一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第61巻 山河草木 子の巻 篇:第5篇 春陽自来 よみ:しゅんようじらい
章:第21章 神花 よみ:しんか 通し章番号:1571
口述日:1923(大正12)年05月08日(旧03月23日) 口述場所: 筆録者:隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 114頁 修補版: 校定版:297頁 普及版:61頁 初版: ページ備考:
001第二〇二
002
003(おきて)(わす)村肝(むらきも)
004(こころ)のままに()()ごす
005(きたな)身魂(みたま)となりにけり
006(めぐ)みの(ふか)父母(ちちはは)
007(さか)らひ(そむ)()(ごと)
008(まこと)(かみ)御恵(みめぐ)みを
009(わす)れてもとの故郷(ふるさと)
010永遠(とは)住所(すみか)()てにけり
011あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
012(いま)()いまつる(わが)(つみ)
013(ゆる)させ(たま)へと()ぎまつる。
014
015(とら)(おほかみ)獅子(しし)(くま)
016()(たけ)るなる岩山(いはやま)
017荒野(あらの)()れず相尋(あひたづ)
018(うゑ)(かわ)きたる(ひと)()
019(いたは)(いだ)きて大神(おほかみ)
020永遠(とは)にまします神国(かみくに)
021(すす)ませ(たま)瑞御魂(みづみたま)
022(あふ)(うやま)只管(ひたすら)
023(いのち)(まもり)(ほか)になし。
024
025パリサイ(じん)(わが)(つみ)
026(をしへ)(きみ)()はせつつ
027その()(やす)きを(いの)(をり)
028(あは)れみ(たま)ひて瑞御魂(みづみたま)
029千々(ちぢ)(こころ)(くだ)きつつ
030平安(やすき)栄光(さかえ)(あた)へむと
031(あだ)なす身魂(みたま)(まも)ります
032その御恵(みめぐ)みは(うみ)よりも
033(ふか)きを(おも)(あき)らめて
034(ゆめ)にも(わす)るる(こと)なかれ
035(かみ)(あい)には(かぎ)りなし
036(ひと)(あい)には(かぎ)りあり。
037
038(いづ)御魂(みたま)御教(みをしへ)
039(あさ)(ゆふ)なに(かしこ)みて
040(もも)艱難(なやみ)(うち)(わす)
041日毎(ひごと)夜毎(よごと)現世(うつしよ)
042(たの)しく(きよ)(おく)るべし
043(かみ)(あい)なり(ちから)なり
044(あい)(ちから)()ちませる
045(いのち)(きみ)()(たま)
046あななひまつれよ(ひと)()
047(かみ)(なんぢ)(とも)にあり
048(かみ)無限(むげん)(ちから)なり
049あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
050御霊(みたま)(さちは)ひましませよ。
051第二〇三
052
053皇神(すめかみ)御赦(みゆる)しなくば現世(うつしよ)
054()(たましひ)(ほろ)()くべし。
055
056(この)(まま)(わが)(たましひ)(この)(まま)
057(すく)はせ(たま)(かみ)御国(みくに)に。
058
059(つみ)ばかり()(かさ)なりて功績(いさをし)
060なけれど(かみ)(めぐ)ませ(たま)ふ。
061
062御恵(みめぐ)みを()べき身魂(みたま)にあらねども
063(いのち)(たま)(かみ)御名(おんな)に。
064
065大神業(おほみわざ)(つか)へまつらむ身魂(みたま)ぞと
066(まも)らせ(たま)(みづ)大神(おほかみ)
067第二〇四
068
069(もも)艱難(なやみ)(おどろ)きて
070(みづ)御霊(みたま)()()りし
071(しこ)身魂(みたま)行末(ゆくすゑ)
072()かぶ()のなき涙川(なみだがは)
073御旨(みむね)をなみし御恵(みめぐ)みを
074(こば)みて()ぐる人草(ひとぐさ)
075いとかたくなな(たましひ)
076黄金(こがね)(つち)(うち)(ふる)
077(くだ)かせ(たま)へと()ぎまつる
078頑迷不霊(ぐわんめいふれい)(たましひ)
079黄金(こがね)(つち)もて(うち)(くだ)
080平安(やすき)栄光(さかえ)()()らふ
081(かみ)言葉(ことば)(したが)ひて
082五六七(みろく)御代(みよ)神業(かむわざ)
083()もたなしらに(つか)()
084(うづ)(はしら)となさしめよ。
085
086御目(みめ)(あふ)るる(なみだ)もて
087()らずに(をか)せし(つみ)なれば
088直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
089(ゆる)させ(たま)(いづ)(かみ)
090(みづ)御霊(みたま)麻柱(あななひ)に。
091
092栄光(さかえ)つきせぬ天津国(あまつくに)
093(ひか)りの(その)(おとづ)れを
094いと(たひら)けく(やす)らけく
095()らしめ(たま)へと()(まつ)る。
096第二〇五
097
098許々多久(ここたく)(つみ)()いたる(わが)(たま)
099(ゆる)させたまへ(いづ)大神(おほかみ)
100
101朝夕(あさゆふ)(つみ)をば()ぶる(わが)()ひを
102(あは)れみたまへ(みづ)大神(おほかみ)
103
104()(つみ)(おも)きに朝夕(あさゆふ)(むせ)びつつ
105不断(たえぬ)(いの)りを(ゆる)させたまへ。
106
107(わが)(つみ)(ただ)(ひと)つだに(あがな)はむ
108(すべ)なき()をば(あは)れみたまへ。
109
110(つみ)(けがれ)(ほろ)びの(みち)(とほ)ざかり
111神国(みくに)(のぼ)(たま)(かしこ)き。
112第二〇六
113
114御心(みこころ)(そむ)きまつりし(わが)(たま)
115(すす)()べきや(かみ)大前(おほまへ)
116
117罪科(つみとが)(つつ)まれ(ほろ)(わが)(たま)
118(よみが)へらせよ(みづ)大神(おほかみ)
119
120虫族(むしけら)(いのち)(たま)皇神(すめかみ)
121(つみ)(この)()(ゆる)させたまへ。
122
123(しの)ぶだにいと(おそ)ろしき(わが)(つみ)
124(ゆる)すは(きみ)(ちから)なるかも。
125
126(をのの)きて御前(みまへ)平伏(ひれふ)(つみ)()
127希望(のぞみ)(たま)(みづ)大神(おほかみ)
128第二〇七
129
130(むせ)()悔悟(くわいご)(なみだ)(かわ)かせて
131()(てら)します(かみ)(たふと)き。
132
133御恵(みめぐ)みの(なみだ)(かは)()(ひた)
134()(きよ)()(きみ)(たふと)き。
135
136如何(いか)にせむ(ひと)(こころ)薄衣(うすごろも)
137浮世(うきよ)(かぜ)(しの)(すべ)なし。
138
139(やぶ)れたる(ころも)(そで)(ひるがへ)
140(いのち)(たま)(とき)()にけり。
141
142(うゑ)(かわ)(ほろ)()()(あは)れみて
143生命(いのち)清水(しみづ)(あた)(たま)ひぬ。
144
145仇人(あだびと)()にも(あし)にも(くち)づけて
146(した)しみたまふ(みづ)大神(おほかみ)
147
148(わた)されて獄舎(ひとや)(なか)(くる)しみつ
149世人(よびと)(めぐ)(いづ)大神(おほかみ)
150
151(よる)(ふか)(はだ)(さむ)けき獄舎(ひとや)にて
152いと(あたた)かき(みち)()(たま)ふ。
153
154(うめ)(はな)一度(いちど)(ひら)(とき)()ぬと
155(さけ)(たま)ひし御祖(みおや)(かしこ)き。
156一〇
157許々多久(ここたく)艱難(なやみ)(くる)しみ(さと)ります
158教祖(をしへみおや)(をしへ)(たふと)し。
159一一
160()(なや)黄泉(よみ)(くる)しみ(ことごと)
161(はら)(たま)ひぬ生言霊(いくことたま)に。
162第二〇八
163
164(おも)ひまはせばまはす(ほど)
165(わが)()(ふか)罪科(つみとが)
166()らずに(とも)諌止(いさめ)をば
167(こころ)になみし(あざけ)りて
168真心(まごころ)こめての(いの)りをば
169(わら)(ののし)皇神(すめかみ)
170御旨(みむね)(そむ)きまつりたる
171(わが)()(つみ)(おそ)ろしき
172(とも)(こころ)有難(ありがた)き。
173
174雲霧(くもきり)(ふか)(つつ)みたる
175(こころ)(やみ)にさまよひて
176(わが)(たましひ)(くも)りはて
177(いづ)(ひかり)(とほ)ざかり
178()らず()らずに(もも)(つみ)
179(をか)せし(こと)(とが)めずに
180(たま)御手(みて)をばさし()べて
181(あか)きに(みちび)(たま)ひたる
182大御恵(おほみめぐみ)有難(ありがた)
183(みち)(ひかり)(かしこ)けれ。
184
185(つみ)淵瀬(ふちせ)(おちい)りて
186とまる()もなく(ただ)よひし
187孱弱(かよわ)身魂(みたま)皇神(すめかみ)
188(あは)れみまして(たま)()
189のべて(いのち)(たま)ひけり
190いや永久(とこしへ)歓喜(よろこび)
191平安(やすき)(きた)(うれ)しさは
192天地(てんち)(たと)ふるものもなし
193あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
194(かみ)(めぐ)みの有難(ありがた)き。
195第二〇九
196
197(なみだ)(あめ)()(そそ)
198(いかづち)(そら)(とどろ)きて
199水瀬(みなせ)(あふ)住家(すみか)をば
200(わが)()(とも)(なが)すとも
201(ゆる)されまじき(わが)(つみ)
202千座(ちくら)置戸(おきど)御徳(おんとく)
203(あら)はせ(たま)有難(ありがた)
204(つつし)感謝(かんしや)(たてまつ)る。
205
206(こころ)千々(ちぢ)(くだ)きつつ
207(あさ)(ゆふ)なによき(わざ)
208(はげ)みて(かみ)(つか)ふとも
209大御恵(おほみめぐみ)万分一(まんぶいち)
210如何(いか)(むく)いむ惟神(かむながら)
211(あい)御神(みかみ)御手(みて)により
212(つみ)(あら)はれ久方(ひさかた)
213(かみ)御国(みくに)(すす)むより
214(たよ)りも(ちから)もなかるべし
215如何(いか)(たふと)御教(みをしへ)
216(あさ)(ゆふ)なに()くとても
217(まこと)(おこな)ひなき(とき)
218如何(いか)でか(きよ)めむ(つみ)()を。
219第二一〇
220
221(まこと)(かみ)御旨(みむね)をば
222(さと)りも()せず(おごそ)かな
223()しき神示(みのり)(うたが)ひて
224(わが)()(ちから)(たの)みてし
225その(おろか)さを(いま)となり
226(かみ)(ひかり)(てら)されて
227(やうや)(さと)()いにけり
228(ゆる)させ(たま)厳御魂(いづみたま)
229
230(かみ)より()けし()(わす)
231やがて()つべき(たから)をば
232(むさぼ)(した)ひし(おそ)ろしさ
233(かみ)(ひかり)(てら)されて
234(まこと)(たから)所在(ありか)をば
235(さと)りて()ゆる()となりぬ
236あゝ有難(ありがた)(かみ)(のり)
237
238天津御空(あまつみそら)神国(かみくに)
239いや永久(とこしへ)()(にほ)
240(めぐみ)(はな)(よそ)にして
241()けば(たちま)()()する
242(もの)()(はな)(いろ)()
243酔狂(よひくる)ひたる(おそ)ろしさ
244(かみ)(ひかり)(てら)されて
245(いま)(さと)りぬ(かつ)()いぬ
246あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
247いとも(たふと)(かみ)(のり)
248第二一一
249
250(かぎ)りなき(かみ)(めぐみ)はありとても
251(ゆる)されまじと(なげ)きてしかな。
252
253皇神(すめかみ)御稜威(みいづ)をなみし(かつ)あざみ
254(そむ)きまつりし(こころ)忌々(ゆゆ)しき。
255
256(たま)()(ひろ)げて(きみ)()ちたまふ
257いかで()つべき(まよ)はで()よと。
258
259(あは)れみの(なみだ)宿(やど)月影(つきかげ)
260(みづ)御霊(みたま)姿(すがた)なるらむ。
261
262濁江(にごりえ)(そこ)にも(つき)御姿(みすがた)
263(うつ)して(やみ)(てら)(たま)ひぬ。
264大正一二・五・八 旧三・二三 北村隆光録)