霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二二章 神日(しんじつ)〔一五七二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第61巻 山河草木 子の巻 篇:第5篇 春陽自来 よみ:しゅんようじらい
章:第22章 神日 よみ:しんじつ 通し章番号:1572
口述日:1923(大正12)年05月08日(旧03月23日) 口述場所: 筆録者:明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 118頁 修補版: 校定版:311頁 普及版:61頁 初版: ページ備考:
001第二一二
002
003(いさを)なき御霊(みたま)千座(ちくら)(あがな)ひて
004(あら)ひたまひぬ天津御国(あまつみくに)に。
005
006罪咎(つみとが)(けが)れを(あら)(すべ)なきを
007(きよ)めたまひぬ(みづ)御霊(みたま)に。
008
009(うたが)ひの雲霧(くもきり)()れて久方(ひさかた)
010(あめ)にのぼらむ()こそ(うれ)しき。
011
012(いたづき)(なや)める()をも(いや)します
013(みづ)御霊(みたま)御稜威(みいづ)(かしこ)し。
014
015(たよ)()(ひと)(きよ)めと生命(いのち)をば
016(ちか)はせ(たま)三五(あななひ)(かみ)
017
018(つみ)(ふか)(わが)()をかくまで(あは)れみて
019いつくしみます救主(きみ)(たふと)き。
020第二一三
021
022(つみ)(けがれ)(ことごと)
023(きよ)めの(かみ)()(まか)
024(きよ)御心(みこころ)その(まま)
025(めぐみ)(かは)(みちび)かれ
026御霊(みたま)(きよ)汚点(しみ)さへも
027(のこ)らず(あら)(きよ)めつつ
028(かみ)御許(みもと)(たの)もしく
029(すす)みゆくこそ有難(ありがた)き。
030
031(つか)()てたる(わが)(たま)
032(めぐみ)(つよ)(わが)貴美(きみ)
033御手(みて)(いだ)かれ御心(みこころ)
034よりて(まこと)大道(おほみち)
035(すす)みて()かむ惟神(かむながら)
036(こころ)長閑(のどか)(ひと)()
037(かみ)のまにまに()ごすべし。
038
039弥生(やよひ)(そら)山桜(やまざくら)
040のどかな(かぜ)()かれつつ
041こぼるる(かを)()(にほ)
042(いのち)(かみ)(うづ)()
043いと(うるは)しく有難(ありがた)
044()めよ(たた)へよ(ひと)()よ。
045
046(こころ)やさしく(たの)もしく
047(あい)()みます瑞御魂(みづみたま)
048(きよ)御性(みさが)()させませ
049天津使(あまつつかひ)()(たま)
050御歌(みうた)(まな)朝夕(あさゆふ)
051(たふと)御名(みな)(たた)ふべし。
052第二一四
053
054(いづ)御魂(みたま)瑞御魂(みづみたま)
055(あら)はれたまふ竜館(たつやかた)
056()()(ひと)現身(うつそみ)
057きぬ()()てて惟神(かむながら)
058大道(おほぢ)(すす)むものもあり
059(また)あやまちの()(くに)
060萱野ケ原(かやのがはら)()くもあり。
061
062(つみ)(けがれ)(みな)(あら)
063(あや)高天(たかま)御力(みちから)
064(えら)ませたまへと朝夕(あさゆふ)
065(いの)(まこと)信徒(まめひと)
066()(あかつき)(ほし)のごと
067いと(すくな)きぞうたてけれ。
068
069(あつ)(めぐみ)のパラダイス
070高天(たかま)(はら)()ながらも
071(こほり)(ごと)(ひえ)きりし
072(こころ)をもちて大前(おほまへ)
073(すす)()るこそうたてけれ
074(あつ)(めぐみ)御光(みひかり)
075(てら)され(むね)敬愛(けいあい)
076(ほのほ)をもやし惟神(かむながら)
077(かみ)(こころ)となれよかし。
078
079(この)()暗路(やみぢ)()(なや)
080あはれ果敢(はか)なき人草(ひとぐさ)
081(こころ)(ひる)()てかへて
082(めぐみ)(ひかり)(てら)しませ
083(いづ)御霊(みたま)瑞御霊(みづみたま)
084
085黄泉路(よみぢ)(かぜ)()(すさ)
086()河浪(かはなみ)(たか)くとも
087いと(やす)らけく(たひら)けく
088仁慈(じんじ)御手(みて)(さを)さして
089天津御国(あまつみくに)()(きし)
090つかせ(たま)へや瑞御霊(みづみたま)
091第二一五
092
093曲神(まがかみ)伊猛(いたけ)(くる)()(なか)
094希望(のぞみ)(かか)へて(かみ)()ませり。
095
096荒浪(あらなみ)(ただよ)(まよ)(わが)(たま)
097(すく)ふは(かみ)(ちから)なりけり。
098
099(かぜ)(つよ)(なみ)()夜半(よは)皇神(すめかみ)
100(いかり)おろして(まも)りたまひぬ。
101
102()終末(をはり)せまり(きた)りし(きは)にさへ
103(かみ)(いの)れば()くる(みち)あり。
104
105幽界(かくりよ)(うつ)りし(とき)(つゑ)となり
106(ちから)となるは御神(みかみ)のみなり。
107第二一六
108
109(つみ)(けがれ)(あら)(きよ)めて由良川(ヨルダン)
110ほとりに()ます(かみ)(まう)でよ。
111
112皇神(すめかみ)(おきて)にたへず()(さけ)
113(こゑ)(つみ)をば(ぬぐ)(ちから)なし。
114
115瑞御魂(みづみたま)(さちは)ひなくば現世(うつしよ)
116()きて(さか)ゆる(すべ)なかるべし。
117
118現世(うつしよ)(かく)れし()をも知召(しろしめ)
119(かみ)(めぐみ)陰日向(かげひなた)なし。
120第二一七
121
122高熊山(たかくまやま)岩窟(がんくつ)
123(かみ)御言(みこと)(かうむ)りて
124()(たな)しらに(つか)へたる
125(むかし)(わざ)()らねども
126(いま)()のあたり(つか)へます
127御業(みわざ)(なが)めて皇神(すめかみ)
128慈愛(じあい)(こころ)(さと)りけり
129(かみ)(あい)なり権力(ちから)なり。
130
131(たな)なし(ぶね)(さを)さして
132冠島(をしま)沓島(めしま)(たて)(こも)
133(あめ)にさらされ(かぜ)()
134(あさ)(ゆふ)なに神業(かむわざ)
135(つか)へたまひし厳御霊(いづみたま)
136(つみ)(くる)しむ人草(ひとぐさ)
137(きよ)めむために命毛(いのちげ)
138御筆(みふで)(ふる)ひやがて()
139ミロクの(をしへ)()べたまふ
140(かみ)(あい)なり権力(ちから)なり。
141
142鞍馬(くらま)(やま)立向(たちむか)
143世人(よびと)(つみ)(きよ)めむと
144(おい)御足(みあし)(すこや)かに
145(のぼ)らせたまふ雄々(をを)しさよ
146(むかし)御業(みわざ)()えねども
147(のこ)しおかれし(かみ)(ふみ)
148(うづ)御声(みこゑ)()(たび)
149教祖(をしへみおや)御心(みこころ)
150いとも(かしこ)くうかがひぬ
151(かみ)(あい)なり権力(ちから)なり。
152
153杵築(きづき)(みや)参詣(まゐまう)
154十五(じふご)御弟子(みでし)(かた)られし
155生言霊(いくことたま)(たふと)さよ
156()(みづ)(つち)神業(かむわざ)
157赤心(まごころ)()めて(つか)へまし
158(かみ)御術(みわざ)をいや(ひろ)
159いそしみたまひし(わが)教祖(みおや)
160(あふ)ぐも(たふと)(かぎ)りなり
161(かみ)(あい)なり権力(ちから)なり。
162
163弥仙(みせん)(やま)(たて)(こも)
164(かみ)御言(みこと)(かしこ)みて
165七日七夜(ななかななや)荒行(あらぎやう)
166(つか)へたまひし厳御魂(いづみたま)
167(いま)御姿(みすがた)()えねども
168のこし(たま)ひし(こと)()
169大御光(おほみひかり)(あら)はれて
170(くら)(こころ)(すみ)わたる
171(かみ)(あい)なり権力(ちから)なり。
172第二一八
173
174(わが)霊魂(たましひ)永久(とこしへ)
175(めぐ)ませたまふ瑞御魂(みづみたま)
176(かぜ)()(すさ)(なみ)()
177(ふね)(しづ)まむばかりなる
178(あやふ)(この)()(まも)らせて
179彼方(かなた)(きし)にやすやすと
180(みちび)きたまふぞ有難(ありがた)
181(かみ)(あい)なり生命(いのち)なり。
182
183(わが)()(さき)天津国(あまつくに)
184御園(みその)をのぞきて(ほか)(また)
185()隠所(かくれが)もあらざらむ
186(わが)霊魂(たましひ)皇神(すめかみ)
187ゆだねまつりて(つか)ふれば
188(みづ)御魂(みたま)御翼(みつばさ)
189()せて神国(みくに)へやすやすと
190(みちび)きたまへ瑞御魂(みづみたま)
191(かみ)(あい)なり生命(いのち)なり。
192
193日毎(ひごと)夜毎(よごと)(わが)霊魂(たましひ)
194(つみ)(けが)れに(そま)れども
195(きよ)めの(かみ)御恵(みめぐみ)
196(まこと)栄光(さかえ)()ちたまひ
197(れい)(にく)とを(ことごと)
198(もと)(ごと)くに(きよ)めまし
199(つか)れし御魂(みたま)(なぐさ)めて
200御園(みその)(みちび)きたまふべし
201(かみ)(あい)なり生命(いのち)なり。
202
203(いづ)御魂(みたま)瑞御魂(みづみたま)
204生命(いのち)(もと)にましませば
205(めぐみ)(つゆ)永久(とこしへ)
206()()(むね)(あふ)れつつ
207吾等(われら)霊魂(みたま)をうるほして
208(かわ)きと(うゑ)(とど)めまし
209いや永久(とこしへ)御栄光(みさかえ)
210平安(やすき)(あた)へたまふべし
211(かみ)(あい)なり生命(いのち)なり。
212第二一九
213
214千早(ちはや)()(かみ)(めぐみ)辿(たど)りつつ
215(さだ)めなき()(やす)(わた)らむ。
216
217天地(あめつち)をたもたせ(たま)(きみ)御手(みて)
218など(ひと)()(まも)らざらめや。
219
220皇神(すめかみ)御座(みくら)(まへ)(ひざまづ)
221(つみ)重荷(おもに)をおろしやすめよ。
222
223(かみ)稜威(いづ)(あさ)(ゆふ)なに(うた)()
224(いづ)御国(みくに)(たみ)となりぬる。
225第二二〇
226
227(かぜ)()(なみ)(うへ)をば(あゆ)むとも
228(かみ)御業(みわざ)如何(いか)でしかめや。
229
230永久(とこしへ)()ちぬ(たから)()()きし
231世継王(よつを)(やま)(あふ)()るかな。
232
233大空(おほぞら)(しこ)黒雲(くろくも)()(わた)
234(なか)よりぞ(かみ)(めぐみ)()()る。
235
236皇神(すめかみ)御顔(みおもて)さへも(おし)かくす
237闇夜(やみよ)はことに(みじか)かりけり。
238
239浮雲(うきぐも)()()(そら)()てしばし
240朝日(あさひ)(かがや)東雲(しののめ)(ちか)し。
241第二二一
242
243()(なか)(さか)えを如何(いか)(のぞ)まむや
244(よる)なき(くに)(すく)はせたまへ。
245
246(わざはひ)()りかかりたる()(うへ)
247おぢぬ(こころ)(あた)へたまはれ。
248
249現世(うつしよ)(たび)()(とき)皇神(すめかみ)
250(きよ)()あとを()ましめたまへ。
251
252(わが)(かみ)(した)しきおのが友垣(ともがき)
253たよる(こころ)をもたせ(たま)はれ。
254大正一二・五・八 旧三・二三 加藤明子録)