霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二三章 神暉(しんき)〔一五七三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第61巻 山河草木 子の巻 篇:第5篇 春陽自来 よみ:しゅんようじらい
章:第23章 第61巻 よみ:しんき 通し章番号:1573
口述日:1923(大正12)年05月09日(旧03月24日) 口述場所: 筆録者:隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6123
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 122頁 修補版: 校定版:324頁 普及版:61頁 初版: ページ備考:
001第二二二
002
003黄昏(たそが)れて家路(いへぢ)(とほ)(まよ)(とき)
004()()(てら)(いづ)大神(おほかみ)
005
006御恵(みめぐみ)稜威(いづ)(ひかり)(やみ)()
007いと(あきら)けくなりにけるかな。
008
009人足(ひとあし)()()(やみ)(まつぶさ)
010(てら)(たま)はば(すす)()かなむ。
011
012(わが)(よわ)(あし)(まも)りて山阪(やまさか)
013いと(やす)らけく(わた)らせ(たま)へ。
014
015(さだ)めなき()にさすらひて()(かげ)
016(おそ)(きた)るを(おそ)(をのの)く。
017
018皇神(すめかみ)(めぐみ)(ひかり)なかりせば
019常世(とこよ)(やみ)如何(いか)(わた)らむ。
020
021皇神(すめかみ)()にも(やま)にも永遠(とことは)
022(ひかり)()げて(めぐ)(たま)ひぬ。
023
024(いにしへ)(いづ)(ちから)(かく)しつつ
025五六七(みろく)御代(みよ)()(たま)ひけり。
026
027永久(とこしへ)()(あけぼの)となりぬれば
028()(ほろ)()(ひと)もありけり。
029一〇
030麻柱(あななひ)(みち)友垣(ともがき)()(つど)
031()(さか)えつつ(かみ)(むか)ふる。
032第二二三
033
034(いや)(ひろ)智慧(ちゑ)(ちから)()(たま)
035(かみ)言葉(ことば)仇言(あだこと)はなし。
036
037いと(よわ)(かみ)(しもべ)()(つき)
038(いづ)(ちから)()けて(さか)ゆる。
039
040(ちり)()()(ひと)()神事(かみごと)
041(おろか)なるこそ(うたて)かりけり。
042
043麻柱(あななひ)(のり)(ひかり)(かがや)きて
044(おろか)なる()(てら)して(あら)
045
046足曳(あしびき)(やま)より(たか)御恵(みめぐみ)
047はかり()るべき(すべ)もなきかな。
048
049和田津見(わだつみ)(そこ)よりも(ふか)(かみ)智慧(ちゑ)
050(くら)(わが)()如何(いか)()るべき。
051
052(なや)(とき)(よろこ)(とき)(おし)()べて
053(かみ)(めぐみ)(ゆめ)(わす)れそ。
054
055御恵(みめぐみ)(あめ)(うるほ)(ひと)()
056()うる(こと)なく(かわ)(こと)なし。
057
058友垣(ともがき)家族(うから)親族(やから)(はな)るとも
059(かみ)(めぐみ)永久(とは)にはなれず。
060一〇
061(ひと)(おや)(あい)(めぐみ)(かぎ)りあり
062(かぎ)りなきこそ(かみ)御恵(みめぐみ)
063第二二四
064
065月夜見(つきよみ)(かみ)御手(おんて)にひかれつつ
066浮世(うきよ)(わた)()こそ(うれ)しき。
067
068木枯(こがらし)()(すさ)びたる(ふゆ)()
069(めぐみ)(かみ)(とも)にまします。
070
071(わが)身魂(みたま)いと(ねもごろ)(みちび)きて
072(かみ)神園(みその)(あそ)ばせ(たま)ふ。
073
074()きなやむ(けは)しき(やま)谷底(たにそこ)
075(かみ)としあれば(やす)()ぎまし。
076
077()(かは)荒波(あらなみ)いかで(おそ)れむや
078御神(みかみ)(われ)(とも)にありせば。
079第二二五
080
081()(まも)()御守(みまも)りと(つき)()
082(めぐみ)(かみ)()をば(みちび)く。
083
084荒波(あらなみ)伊猛(いたけ)(くる)(なみ)()
085(みづ)御魂(みたま)(めぐみ)たふとし。
086
087荒波(あらなみ)(とら)(ごと)くに()(たけ)
088(せま)()るともいかで(おそ)れむ。
089
090(かみ)(われ)(とも)にいまさば曲津霊(まがつひ)
091(しこ)大蛇(をろち)もさやる(こと)なし。
092
093(はる)()(はな)()(にほ)元津国(もとつくに)
094(ともな)(たま)(みづ)大神(おほかみ)
095第二二六
096
097(ゆる)ぎなき(かみ)言葉(ことば)麻柱(あななひ)
098(きよ)めの(みち)(もとゐ)なりけり。
099
100御言葉(みことば)(たよ)身魂(みたま)はスクスクと
101常世(とこよ)(やみ)(やす)(わた)らむ。
102
103(わが)(かみ)(わが)()(あい)(した)しみて
104夜昼(よるひる)もなく(まも)らせ(たま)ふ。
105
106御恵(みめぐみ)(うづ)御手(みて)こそいや(つよ)
107(わが)()()ひて(はな)れまさねば。
108
109(くる)しみの(かは)(ふか)くともためらはず
110(すす)みて()かむ(かみ)のまにまに。
111
112(よろこ)びの彼方(あなた)(きし)(わた)らひの
113(かみ)吾等(われら)(とも)にありけり。
114
115(わが)身魂(みたま)(みが)かせ(たま)御心(みこころ)
116()()えたちぬ彼方(あなた)此方(こなた)に。
117
118瑞御魂(みづみたま)(うづ)守護(まもり)のある(うへ)
119()()くを()(みづ)(をか)さじ。
120
121霜雪(しもゆき)(かしら)(つも)(おい)()
122(かみ)(めぐみ)にあたためられつつ。
123一〇
124(かは)りなき(かみ)(めぐみ)にある(われ)
125いと(やす)らけく(さか)()くべし。
126第二二七
127
128荒野原(あれのはら)(みち)にさまよふ(わが)(たま)
129(てら)させたまへ(いづ)大神(おほかみ)
130
131(みづ)御魂(みたま)(めぐみ)(つゆ)(くだ)しつつ
132(くら)きに(まよ)(たま)(うるほ)す。
133
134(ひと)()(ちから)となりて夜昼(よるひる)
135区別(わかち)もなしに(まも)(わが)救主(きみ)
136
137いと(やす)由良川(ヨルダンがは)(なみ)()
138(うづ)聖地(せいち)(のぼ)らせ(たま)へ。
139
140永久(とこしへ)()きぬ(なが)れは皇神(すめかみ)
141(めぐみ)(つゆ)(あふ)れしならむ。
142第二二八
143
144(つみ)(ふか)(わが)現身(うつそみ)(たましひ)
145(かみ)(きよ)めによりて(やす)けし。
146
147()(なか)(わざ)(いとな)折々(をりをり)
148(くだ)らせ(たま)(かみ)御恵(みめぐみ)
149
150(かな)しみの(あめ)しきりなる(ゆふべ)にも
151いと(やす)らけし(かみ)(ふところ)は。
152
153(おや)()(とほ)(はな)れて()むとても
154いと(やす)らけし(かみ)(をし)()
155
156陸奥(みちのく)深山(みやま)(おく)()むとても
157(かみ)としあれば(こころ)(やす)けし。
158
159仮令(たとへ)()()()つるとも(たましひ)
160常世(とこよ)(はる)(やす)()むべし。
161
162瑞御魂(みづみたま)(なさけ)御手(みて)にすがりつき
163(やす)御国(みくに)(すす)(うれ)しさ。
164第二二九
165
166()(ほろ)()はいつしかに()つるとも
167(なに)(おそ)れむ(かみ)とありせば。
168
169許々多久(ここたく)(つみ)(きよ)めを()しと()
170(みづ)御魂(みたま)御声(みこゑ)(たふと)し。
171
172身体(からたま)(とき)(たから)(みな)(かみ)
173(もの)とし()けば(ささ)げまつらむ。
174
175身体(からたま)(しぼ)みて()ちて()するとも
176生命(いのち)(くに)(よみがへ)()く。
177
178永久(とこしへ)歓喜(よろこび)(あふ)御栄光(みさかえ)
179()きぬは(かみ)御国(みくに)なりけり。
180
181厳御魂(いづみたま)あれます(かみ)花園(はなぞの)
182()()(ひと)(うづ)御子(みこ)なり。
183第二三〇
184
185御恵(みめぐみ)のもとに(あつ)まる(ひと)()
186いかなる(わざ)(やす)()げなむ。
187
188(みどり)なす牧場(まきば)(われ)(やす)ましめ
189(のぼ)らせ(たま)(よる)なき(くに)へ。
190
191(ほろ)()(わが)(たましひ)()(かへ)
192(ひかり)(みち)(みちび)(たま)ふ。
193
194()して(のち)(しこ)谷間(たにま)()くとても
195いかで(おそ)れむ(かみ)とありせば。
196
197御教(みをしへ)(めぐみ)あふるる(むしろ)には
198(しこ)曲霊(まがひ)(つど)(すべ)なし。
199
200永久(とこしへ)(かみ)御国(みくに)にある(かぎ)
201()(さいはひ)()くる(こと)なし。
202第二三一
203
204高天原(たかあまはら)永久(とこしへ)
205(しづ)まりゐます大御神(おほみかみ)
206月日(つきひ)御魂(みたま)(くだ)しまし
207世人(よびと)(むね)(てら)さむと
208(いづ)言霊(ことたま)()(つた)
209(いや)永久(とこしへ)人草(ひとぐさ)
210(たま)(まも)りて故郷(ふるさと)
211(かへ)らせ(たま)御仕組(おんしぐみ)
212(あふ)ぐも(かしこ)麻柱(あななひ)
213教柱(をしへはしら)大御神(おほみかみ)
214
215(まこと)(ひと)つの麻柱(あななひ)
216(をしへ)(みち)永久(とこしへ)
217生命(いのち)(つな)よと(あふ)ぎつつ
218(いづ)御霊(みたま)瑞御霊(みづみたま)
219()らせ(たま)へる言霊(ことたま)
220(あさ)(ゆふ)なに(かしこ)みて
221(まも)身魂(みたま)御光(みひかり)
222(かがや)(わた)故郷(ふるさと)
223(やす)(たの)しく(かへ)るべし
224(あふ)(よろこ)(かみ)(とく)
225
226(いのち)(きみ)とあれませる
227(みづ)御霊(みたま)(つき)(かみ)
228(かみ)(しもべ)朝夕(あさゆふ)
229(いさ)(つか)ふる(ひと)()
230(まも)らせ(たま)(わざはひ)
231(なげ)(かな)しむ折々(をりをり)
232()きぬ希望(のぞみ)(あた)へまし
233身魂(みたま)()たしめ(たま)へかし。
234
235無限(むげん)絶対(ぜつたい)無始(むし)無終(むしう)
236宇宙(うちう)(あるじ)とあれませる
237大国常立大御神(おほくにとこたちおほみかみ)
238その分身(ぶんしん)(あら)はれし
239(いづ)(みづ)との神御霊(かむみたま)
240(いや)永久(とこしへ)生命(いのち)をば
241(かみ)御子(みこ)なる人草(ひとぐさ)
242(あた)(たま)ひし(たふと)さよ
243吾等(われら)(かみ)()(かみ)(みや)
244いかなる(わざはひ)(きた)るとも
245大御心(おほみこころ)とあきらめて
246(ただ)一歩(ひとあし)退(しりぞ)かず
247御神(みかみ)(ため)(すす)むべし
248(まも)らせ(たま)惟神(かむながら)
249御幸(みさち)(いの)(たてまつ)る。
250大正一二・五・九 旧三・二四 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)