霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 開狂式(かいきやうしき)〔一八一八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第64巻下 山河草木 卯の巻下 篇:第3篇 開花落花 よみ:かいからっか
章:第12章 第64巻下 よみ:かいきょうしき 通し章番号:1818
口述日:1925(大正14)年08月20日(旧07月1日) 口述場所:丹後由良 秋田別荘 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年11月7日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm64b12
愛善世界社版:162頁 八幡書店版:第11輯 556頁 修補版: 校定版:165頁 普及版:63頁 初版: ページ備考:
001 守宮別(やもりわけ)002(はな)003ヤクの三人(さんにん)は、004僧院(そうゐん)ホテルの立派(りつぱ)なる座敷(ざしき)を、005三間(みま)ぶつ(とほ)しに()()り、006(おく)()には、007(しん)ウラナイ(けう)御本尊(ごほんぞん)008シオンの(むすめ)009木花咲耶姫(このはなさくやひめ)奉斎(ほうさい)し、010その生宮(いきみや)として、011アヤメのお(はな)天晴(あつぱれ)教主(けうしゆ)となり()ますこととした。012発起者(ほつきしや)夫婦(ふうふ)主従(しゆじう)(しめ)三人(さんにん)013()祭典(さいてん)無事(ぶじ)()み、014直会(なほらひ)酒宴(しゆえん)(うつ)つた。015守宮別(やもりわけ)新宗教(しんしうけう)創立(さうりつ)(しゆく)する()め、016(さけ)()(ぱら)つた(あや)しい口元(くちもと)から、017祝歌(しゆくか)(うた)ふ。
018(てん)清浄(しやうじやう)()清浄(しやうじやう)
019清浄無垢(しやうじやうむく)御霊体(ごれいたい)
020アヤメの(きみ)(いま)此処(ここ)
021三千世界(さんぜんせかい)救世主(きうせいしゆ)
022世界(せかい)名高(なだか)(かみ)(やま)
023シオンの(むすめ)()(はな)
024咲耶(さくや)(ひめ)()れまして
025浮瀬(うきせ)(しづ)民草(たみぐさ)
026(あい)(ぜん)との神徳(しんとく)
027御霊(みたま)(つつ)信真(しんしん)
028(ひかり)世界(せかい)(かがや)かし
029(あま)岩戸(いはと)(ひら)かむと
030(あら)はれ(たま)ひし(たふと)さよ
031()ても世界(せかい)(はじ)まりは
032神伊邪那岐(かむいざなぎ)大御神(おほみかみ)
033神伊邪那美(かむいざなみ)大御神(おほみかみ)
034夫婦(ふうふ)(かみ)()れまして
035(あめ)御柱(みはしら)国柱(くにばしら)
036見立(みた)(たま)ひて()(みぎ)
037(めぐ)らせ(たま)()(ひだり)
038(めぐ)()はむと()(たま)
039(とつぎ)(わざ)(はじ)めまし
040諸多(あまた)御子(みこ)()()みて
041()みの()てには山川(やまかは)
042草木(くさき)(かみ)(まで)(つく)りまし
043(つひ)には光明(くわうみやう)赫々(かくかく)
044(かがや)(わた)大日婁女(おほひるめ)
045天照(あまて)(かみ)()(たま)
046(ひろ)世界(せかい)神国(しんこく)
047()てさせ(たま)ひし古事(ふるごと)
048(なら)ひまつりて吾々(われわれ)
049那岐(なぎ)那美(なみ)二尊(にそん)にかたどつて
050アヤメの(きみ)(さかづき)
051いとり(かは)しつ(かみ)()
052世人(よびと)()めに聖場(せいじやう)
053これの聖地(せいち)につき(かた)
054(もも)人草(ひとぐさ)草木(くさき)(まで)
055(すく)はむ()めのこの(まつり)
056あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
057アヤメの(きみ)があればこそ
058ヤクの(やつこ)()ればこそ
059守宮別(やもりわけ)太柱(ふとばしら)
060()ふて()りやこそ今日(けふ)のよな
061(まこと)(まこと)結構(けつこう)
062新宗教(しんしうけう)創立(さうりつ)
063完全無欠(くわんぜんむけつ)出来(でき)たのだ
064もしもお(とら)()つたなら
065(いち)から(ひやく)(まで)(かぶら)から
066菜種(なたね)(くづ)(いた)るまで
067ごてごてごてとさし出口(でぐち)
068()()(かみ)生宮(いきみや)
069()(まは)されて吾々(われわれ)
070一生(いつしやう)(あたま)(あが)らない
071これを(おも)へば此間(こなひだ)
072喧嘩(けんくわ)(かへつ)吾々(われわれ)
073大幸福(だいかうふく)となつたやうだ
074(むかし)(ふる)(ことわざ)
075人間万事塞翁(にんげんばんじさいをう)
076(うま)(くそ)とはよく()つた
077わいが(はげ)しい女神(めがみ)さま
078何程(なにほど)御神業(ごしんげふ)()つたとて
079鼻持(はなもち)ならず好物(かうぶつ)
080(さけ)さへ(あぢ)(わる)くなる
081シオンの(むすめ)()れませる
082アヤメのお(はな)教主(けうしゆ)さま
083わいがとべら()りはせぬ
084(あたま)(しも)()ゆれども
085(かへつ)雅趣(がしゆ)()へるよだ
086これも(まつた)(かみ)さまの
087(みづ)(もら)さぬ御仕組(おんしぐみ)
088守宮別(やもりわけ)二三十年(にさんじふねん)
089若返(わかがへ)りたる心地(ここち)する
090あゝ有難(ありがた)有難(ありがた)
091(なに)より()より第一(だいいち)
092(いのち)(みづ)(さけ)()みて
093(むかし)綺麗(きれい)なナイスをば
094座右(ざう)(はべ)らし優姿(やさすがた)
095梅花(ばいくわ)のやうな(くちびる)
096(あひ)からチヨイチヨイ(あら)はれる
097象牙(ざうげ)のやうな()(ひかり)
098瑪瑙(めなう)のやうな(つめ)(いろ)
099梅花(ばいくわ)のやうな(ほほ)(つや)
100天地(てんち)幸福(かうふく)一身(いつしん)
101独占(どくせん)したやうな()がしよる
102エヘヽヽヽヽエヘヽヽヽ
103コンナ(ところ)をお(とら)()
104一寸(ちよつと)(のぞ)いた(こと)ならば
105(さぞ)()くだろ(おこ)るだろ
106二人(ふたり)(たぶさ)をひつ(つか)
107金切声(かなきりごゑ)()()げて
108近所合壁(きんじよがつぺき)大騒動(おほさうだう)
109燗徳利(かんどつくり)(ちう)()
110(ぜん)茶碗(ちやわん)はがちやがちやと
111木端微塵(こつぱみじん)潰滅(くわいめつ)
112(あらし)(あと)(はな)(やま)
113()(かげ)()惨状(さんじやう)
114現出(げんしゆつ)するに(ちが)ひない
115あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
116御霊(みたま)恩頼(ふゆ)()ぎまつる』
117『オホヽヽヽ、118(さすが)はこちの(ひと)119(なん)とまア当意即妙(たういそくめう)結構(けつこう)なお(うた)(こと)120(そば)()いて()ても(むね)がすき、121(あたま)がせいせいとして()ますわ。122なぜ(また)旦那(だんな)さまはコンナ知恵(ちゑ)()つて()ながら、123今迄(いままで)(かく)して()たのですか。124(ねずみ)とる(ねこ)(つめ)(かく)すとは()()つたものだなア。125アヤメのお(はな)一身(いつしん)(たい)しては、126本当(ほんたう)旦那(だんな)さまは()()()しものだよ』
127『これこれ肉宮(にくみや)さま、128縁起(えんぎ)(わる)い、129放出(ほりだ)(もの)だなどと()つて(もら)ひますまいぞや。130(ふた)()には()()らぬと()ふて()()されては(たま)らないからな』
131『ホヽヽヽヽ。132(わたし)(けつ)して()()しませぬよ。133旦那(だんな)さまの(はう)から()()ないやうに(たの)みますわ』
134『よし、135そのだんは安心(あんしん)して()れ。136棚池(たないけ)生洲(いけす)(いたち)がついたやうなものだ。137(いのち)のない(とこ)(まで)(はな)れつこは()いからな』
138『あれ(ほど)大切(たいせつ)にして()られたお(とら)さまでさへも、139弊履(へいり)()つるが(ごと)くに(おも)()つて素知(そし)らぬ(かほ)をして(ござ)るのだもの。140第二(だいに)のお(とら)さまにしられちや(たま)りませぬからね』
141『そこ(まで)心配(しんぱい)しては際限(さいげん)がない。142(おれ)がお(まへ)(あい)する程度(ていど)といふものは、143丸切(まるき)砂糖(さたう)(かたま)りに(あり)がついたやうなものだよ。144(ひと)(ちが)つたら、145(かへる)(ねら)(へび)のやうなものだ、146どこ(まで)徹底的(てつていてき)にくつついて()くのだからなア』
147『ホヽヽヽ、148砂糖(さたう)(あり)がついたなぞと、149(あま)有難(ありがた)くもありませぬわ』
150『それでもお(はな)151いや女房(にようばう)152生宮(いきみや)さま、153有難(ありがた)いよ。154(あま)いものはありがたがる155えぐいものや(にが)いものはありがたがらぬ156()(こと)があらうがな』
157旦那(だんな)さまは、158(わたし)余程(よほど)(あま)いと見縊(みく)びつて(ござ)るのですな。159砂糖(さたう)(たとへ)るとは(あんま)りですわ』
160『それやお(はな)(あま)いよ、161(はな)()(やつ)みな(あま)(みつ)()つて()るので、162蜜蜂(みつばち)やドカ(ばち)がブンブンと(くら)ひつくぢやないか。163(おれ)だつてお(はな)(みつ)()ひたくなるのは当然(たうぜん)だよ。164(はな)砂糖(さたう)でもあり、165砂糖(さたう)よりまだ(あま)佐渡(さど)(つち)()つて()るから、166()(おれ)()きなのだよ。167エヘヽヽヽ』
168(また)しても(また)しても佐渡(さど)(つち)だナンテ、169(ふる)めかしい文句(もんく)()ふて(くだ)さいますな。170ホヽヽヽヽ』
171『これ肉宮(にくみや)さま。172今日(けふ)創立(さうりつ)(いは)ひだから、173肝腎(かんじん)生宮(いきみや)さまから宣言歌(せんげんか)(うた)つて(もら)()いものですな』
174『なんだか()れくさくて(うた)へませぬわ』
175『ヘン、176(なに)()ふのだい。177矢張(やつぱ)結婚(けつこん)すると、178(むすめ)のやうに(はづ)かしさが(わか)るのかいな。179()(じや)でも、180(あり)(たひ)でも、181芋虫(いもむし)(くぢら)でも、182(やま)(いも)(うなぎ)になつても、183(ささ)()(どぢやう)になつても、184今日(けふ)(ばか)りは宣言歌(せんげんか)をお(うた)ひなさらにや駄目(だめ)ですよ。185その(うた)をつけとめて()いて印刷屋(いんさつや)(まは)し、186ビラを(つく)つて自動車(じどうしや)()り、187市中(しちう)へバラ()かねばならぬからな』
188『ナントまア。189救世主(きうせいしゆ)にならうと(おも)へば()()(こと)だわい。190ソンナラ シオンの(むすめ)191()花姫(はなひめ)生宮(いきみや)宣言歌(せんげんか)(うた)ひませう。192一言(ひとこと)()れなくつけとめて(くだ)されや』
193『エ、194(よろ)しい。195(うけたま)はりました。196(わか)つて()る。197(しか)(なが)ら、198ヤクさまの(はう)余程(よほど)(ふで)達者(たつしや)だからなア。199ヤク、200(まへ)(ひと)筆記役(ひつきやく)になつて()れないか』
201『ハイ(つつし)みて御用(ごよう)(うけたま)はりませう』
202『ウンよしよし、203アこれで(うた)(やく)に、204()(やく)205()(やく)と、206三拍子(さんびやうし)(そろ)ふた。207目出度(めでた)目出度(めでた)い、208サア生宮様(いきみやさま)
209(うた)ひなされやお(うた)ひなされ
210 (うた)ふて御器量(ごきりやう)(さが)りやせぬ
211あーコリヤコリヤ』
212(うた)ふて()(あが)(をど)(はじ)める。213アヤメのお(はな)()(まる)(あふぎ)両手(りやうて)()ち、214(なが)(すそ)()きずつて、215すらすらとお()のものの(をどり)(はじ)()したり。
216此処(ここ)世界(せかい)中心地点(ちうしんちてん)
217(やみ)世界(せかい)もパレスチナの
218(うづ)(みやこ)のエルサレム
219三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)
220一度(いちど)(ひら)(とき)()
221前代未聞(ぜんだいみもん)救世主(きうせいしゆ)
222シオンの(むすめ)木花(このはな)
223咲耶(さくや)(ひめ)再臨(さいりん)
224アヤメのお(はな)肉体(にくたい)
225自由自在(じいうじざい)使用(しよう)して
226(とら)()さまやブラバーサ
227(わけ)(わか)らぬ宣伝使(せんでんし)
228(またた)(うち)(たた)きつけ
229至粋(しすゐ)至純(しじゆん)聖道(せいだう)
230(ひら)くも(たふと)今日(けふ)(よひ)
231(はな)(にほ)へよ(てふ)()
232千歳(ちとせ)(つる)()()めよ
233(かめ)()()んで万歳(ばんざい)
234(ことほ)ぎまつれ(かみ)(いへ)
235やがて独立(どくりつ)宗教(しうけう)
236大看板(だいかんばん)(かか)げつつ
237三千世界(さんぜんせかい)民衆(みんしう)
238歓喜(くわんき)(あめ)(そそ)ぎかけ
239正真正銘(しやうしんしやうめい)救世主(きうせいしゆ)
240生神(いきがみ)さまと(うた)はるる
241(その)(あかつき)(ちか)づいた
242竜宮海(りうぐうかい)乙姫(おとひめ)
243今日(こんにち)(かぎ)(ひま)()れて
244三十二相(さんじふにさう)(また)三相(さんさう)
245具備(ぐび)(たま)へる()(はな)
246(ひめ)(みこと)(にく)(みや)
247アヤメのお(はな)(いま)(ここ)
248シオンの(むすめ)(あら)はれて
249三千世界(さんぜんせかい)隅々(すみずみ)
250(もら)さず(おと)さず(すく)()
251()にも目出度(めでた)今日(けふ)()
252(てん)()(わた)()(うへ)
253(はる)青草(あをぐさ)()()でて
254開闢以来(かいびやくいらい)(すく)(ぬし)
255大降臨(だいかうりん)()(ごと)
256(おも)へば(おも)へば有難(ありがた)
257(よろこ)(いは)(もも)(ひと)
258(した)ひまつれよ救世主(きうせいしゆ)
259アヤメのお(はな)肉宮(にくみや)を。
260ホヽヽヽヽ、261どうかこれ(くらゐ)()らへて頂戴(ちやうだい)な。262(なん)だか(はづ)かしくて(あと)(つづ)きませぬもの』
263妙々(めうめう)264天晴々々(あつぱれあつぱれ)265天下(てんか)救世主(きうせいしゆ)だなア。266ヤク、267(まへ)感心(かんしん)しただらう。268(とら)さまに(くら)べて、269どちらが立派(りつぱ)だと(おも)ふか』
270『それやさうですな、271本当(ほんたう)にさうですよ』
272『そりやさうですな、273では(わか)らぬぢやないか、274どちらが(すぐ)れて()るかと()ふて()るのだ』
275『ヘエヘエ、276それやもう、277テンで(だん)(ちが)ひますわい、278(くら)べものになりませぬがな』
279『これこれヤクさま、280どちらが(すぐ)れて()ると()ふのだい』
281『ハイ、282(なん)()つても、283かんと()つても(なん)ですな。284それや矢張(やつぱ)り、285(すぐ)れて()(はう)(すぐ)れて()ますなア』
286怪体(けつたい)(こと)()(をとこ)だな。287ハツキリ()ひなさらぬかいな』
288御本人(ごほんにん)(まへ)ですもの、289大抵(たいてい)にして御推量(ごすいりやう)(くだ)さいな』
290 お(はな)自分(じぶん)()められて()るのだと(おも)ひ、291満面(まんめん)(ゑみ)(たた)へ、292()(ほそ)め、293横目(よこめ)でヤクの(かほ)一寸(ちよつと)()ながら、
294『ホヽヽヽ、295(さすが)はヤクさまは()(たか)いわい。296それでこそ守宮別(やもりわけ)さまの()(ばしら)297(しつか)(たの)みますぞや』
298 直会(なほらひ)(しき)(やうや)終了(しうれう)し、299(はな)郵便局(ゆうびんきよく)から()して()三千円(さんぜんゑん)現金(げんなま)懐中(くわいちう)しながら、300新宗教(しんしうけう)独立(どくりつ)運動(うんどう)をして()ると()(のこ)し、301守宮別(やもりわけ)漂然(へうぜん)としてホテルを()()で、302タゴールの(やかた)へは()かず、303駅前(えきまへ)青楼(せいろう)さして(のぼ)()く。
304大正一四・八・二〇 旧七・一 於由良秋田別荘 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)