霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二〇章 猫鞍干(ねこぐらぼし)〔一八二六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第64巻下 山河草木 卯の巻下 篇:第4篇 清風一過 よみ:せいふういっか
章:第20章 猫鞍干 よみ:ねこぐらぼし 通し章番号:1826
口述日:1925(大正14)年08月21日(旧07月2日) 口述場所:丹後由良 秋田別荘 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年11月7日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:269頁 八幡書店版:第11輯 597頁 修補版: 校定版:273頁 普及版:63頁 初版: ページ備考:
001 お(とら)守宮別(やもりわけ)002トンク、003テク、004ツーロと(とも)自動車(じどうしや)()り、005市中(しちう)大宣伝(だいせんでん)(はじ)()した。006そして(めう)宣伝歌(せんでんか)()つたビラをバラまき(なが)ら、007自分等(じぶんら)自動車(じどうしや)(うへ)から(こゑ)(そろ)へて(うた)つてゐる。
008澆季末法(げうきまつぽふ)(この)()には
009諸善(しよぜん)竜宮(りうぐう)()(たま)
010あちら此方(こちら)神柱(かむばしら)
011沢山(たくさん)(あら)はれ(きた)(とも)
012何奴(どいつ)此奴(こいつ)偽神(にせがみ)
013(とく)(はげ)しき偽神(にせがみ)
014()()(しま)(あら)はれた
015変性女子(へんじやうによし)瑞御霊(みづみたま)
016ウズンバラチヤンダといふ(やつ)
017其奴(そいつ)(をし)へを(うけ)ついで
018海洋万里(かいやうばんり)打渡(うちわた)
019(かみ)(あつ)まる聖場(せいじやう)
020(はぢ)外分(ぐわいぶん)()らばこそ
021ヌツケリコーと(あら)はれて
022(くに)には(つま)()もあるに
023道義(だうぎ)()らぬブラバーサ
024アメリカンコロニーで()(たか)
025阿婆擦女(あばずれをんな)のマリヤをば
026女房(にようばう)気取(きどり)()()いて
027宣伝(せんでん)なぞとはおぞましや
028さめよ(さと)れよエルサレム
029老若男女(らうにやくなんによ)人々(ひとびと)
030アンナ ガラクタ宣伝使(せんでんし)
031(なに)をいふやらミカンやら
032坊主頭(ばうずあたま)にキンカンのせて
033(はし)つてゐるより(あや)ふい(をしへ)
034ソンナ(こと)()いたとて(なん)になる
035正真正銘(しやうしんしやうめい)救世主(きうせいしゆ)
036底津岩根(そこついはね)大弥勒(おほみろく)
037日出神(ひのでのかみ)生宮(いきみや)
038(くだ)つて(ござ)るのを()らないか
039天地(てんち)(ひら)けた(はじ)めより
040澆季末法(げうきまつぽふ)(いま)()
041かけて(まこと)救世主(きうせいしゆ)
042一人(ひとり)()()たことは()
043ナザレのイエス・キリストも
044(わづか)三年(さんねん)布教(ふけう)して
045学者(がくしや)とパリサイ(びと)(ため)
046無惨(むざん)最後(さいご)をとげたぢやないか
047ソンナ神柱(かむばしら)(なん)になる
048(この)()(すく)はうと(おも)ふたら
049(みづ)(おぼ)れず()()けず
050(ゆみ)鉄砲(てつぱう)大砲(たいはう)
051たてつかないやうな神力(しんりき)
052なければ(まこと)救世主(きうせいしゆ)
053(かみ)(はしら)とはいはれない
054(ねむ)りをさませよエルサレム
055(かなら)(まよ)ふなとぼけるな
056いよいよ時節(じせつ)到来(たうらい)
057アフンと(いた)さなならぬぞや
058(みな)足元(あしもと)から(とり)()
059(この)()(うへ)(した)になり
060(した)(かへつ)(うへ)となる
061(まこと)(ひと)つのウラナイの
062(かみ)によらねば(たす)からぬ
063三千世界(さんぜんせかい)立替(たてかへ)ぢや
064政治(せいぢ)宗教(しうけう)立直(たてなほ)
065(この)大任(たいにん)双肩(そうけん)
066(にな)うて(あら)はれ()(もの)
067日出神(ひのでのかみ)生宮(いきみや)
068守宮別(やもりわけ)より(ほか)にない
069あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
070御霊(みたま)恩頼(ふゆ)(かうむ)れよ
071(あさひ)()(とも)(くも)(とも)
072(つき)()(とも)()くる(とも)
073仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)(とも)
074(まこと)(ひと)つの(この)(はしら)
075(この)()にあれます(その)(うち)
076(たす)けにやおかぬ(かみ)(のり)
077(きた)れよ(きた)(みな)(きた)
078みたまの清水(しみづ)にかわく(ひと)
079日出神(ひのでのかみ)生宮(いきみや)
080(たふと)(をしへ)蘇返(よみがへ)
081三千世界(さんぜんせかい)太柱(ふとばしら)
082(ひと)(かみ)ぢやと(あふ)がれて
083万古末代(まんごまつだい)()(のこ)
084橄欖山(かんらんさん)(たか)くとも
085シオンの(やま)はさかし(とも)
086日出神(ひのでのかみ)神力(しんりき)
087(くら)べて()れば()でもない
088(きた)れよ(きた)(みな)(きた)
089(きた)(みなみ)(ひがし)西(にし)
090(まこと)(かみ)(こゑ)()いて
091(わが)霊城(れいじやう)にあつまれよ
092(はる)(はな)()(なつ)(しげ)
093(あき)(みのり)(ゆたか)なる
094天国(てんごく)浄土(じやうど)()(かへ)
095万古末代(まんごまつだい)()(どほ)
096(さかえ)()むと(おも)ふなら
097(すべ)ての(をしへ)をふりすてて
098(まこと)(ひと)つの大和魂(やまとだま)
099ビク(とも)(うご)かぬ(この)(みち)
100(みな)さまさつさと()るが()い』
101一生懸命(いつしやうけんめい)四方(しはう)八方(はつぱう)駆巡(かけめぐ)つて()る。102そこへ、103夜叉(やしや)(ごと)(いきほひ)で、104あやめのお(はな)(はし)つて()る。105守宮別(やもりわけ)自動車(じどうしや)をヒラリと()びおり、106(はな)(あと)()ふて、107一万円(いちまんゑん)せしめむものと(くるま)をお(とら)にあづけおき、108(くも)(かすみ)()つかけて()く。109(とら)()()でならず、110うつかりと、111ハンドルを(にぎ)るや(いな)自動車(じどうしや)はまつしぐらに駆出(かけだ)し、112瀬戸物屋(せとものや)店先(みせさき)さして、113ドンと(ばか)りに衝突(しようとつ)した途端(とたん)に、114自動車(じどうしや)逆立(さかだ)ちとなり、115大道(だいだう)真中(まんなか)転覆(てんぷく)し、116トンク、117テク、118ツーロの三人(さんにん)三間(さんげん)(ばか)り、119はね()ばされ、120ウーンと(ばか)り、121(あるひ)気絶(きぜつ)し、122(あるひ)悲鳴(ひめい)をあげて(くる)しみてゐる。123(とら)大道(だいだう)正中(まんなか)へはね()ばされ、124(おほ)きなポホラやウットコを(うし)猫鞍(ねこくら)日向(ひなた)()したやうな塩梅式(あんばいしき)で、125のけぞつて(しま)つた。126あまたの群集(ぐんしふ)は、127自動車(じどうしや)だ、128転覆(てんぷく)だ、129気違(きちがひ)(ばば)アの遭難(さうなん)だ……』と(またた)()交通(かうつう)()めになる(ところ)まで人垣(ひとがき)(きづ)いて(しま)つた。130急報(きふはう)()つて警官(けいくわん)警察医(けいさつい)(とも)なひ、131(この)()()(きた)り、132一先(ひとま)四人(よにん)負傷者(ふしやうしや)警察用(けいさつよう)自動車(じどうしや)にのせ、133博愛(はくあい)病院(びやうゐん)さして、134砂煙(すなけぶり)()(なが)らブウブウブウと(はし)()く。
135大正一四・八・二一 旧七・二 於由良海岸秋田別荘 松村真澄録)