霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章 神乎魔乎(かみかまか)〔一六九〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第66巻 山河草木 巳の巻 篇:第2篇 容怪変化 よみ:ようかいへんげ
章:第8章 第66巻 よみ:かみかまか 通し章番号:1690
口述日:1924(大正13)年12月16日(旧11月20日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年6月29日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6608
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 771頁 修補版: 校定版:115頁 普及版:67頁 初版: ページ備考:
001 ()化身(けしん)002(あい)権化(ごんげ)003(ぜん)極致(きよくち)004真情(しんじやう)発露(はつろ)にして平和(へいわ)女神(めがみ)渇仰(かつかう)憧憬(どうけい)さるる天成(てんせい)美人(びじん)も、005一度(ひとたび)霜雪(さうせつ)()激浪(げきらう)怒濤(どたう)(なか)(ただよ)ひ、006あらゆる危険(きけん)罪悪(ざいあく)との(うづ)()かれて、007(その)精神内(せいしんない)急激(きふげき)なる変調(へんてう)(きた)した(とき)は、008(たちま)鬼女(きぢよ)となり悪魔(あくま)となり、009竜蛇(りゆうだ)となり(くに)(かたむ)(しろ)(くつが)へし、010あらゆる男子(だんし)心胆(しんたん)をとろかし、011男子(だんし)稜々(りようりよう)たる気骨(きこつ)も、012肉離(にくばな)れのする(ところ)まで()()()ばすものである。013()にも(をんな)外道(げだう)骨頂(こつちやう)014鬼畜(きちく)親玉(おやだま)015悪魔(あくま)集合場(しふがふぢやう)016暗黒無明(あんこくむみやう)張本(ちやうほん)となつて天下(てんか)混乱(こんらん)し、017あらゆる害毒(がいどく)流布(るふ)するに(いた)る。018(かれ)ヨリコ(ひめ)梅花(ばいくわ)(くちびる)019(やなぎ)(まゆ)020(すず)をはつたやうな()021(しろ)(かほ)中央(ちうあう)に、022こんもりとした恰好(かつかう)のよい(はな)023白珊瑚(しろさんご)()(いろ)024()(たか)からず(ひく)からず、025地蔵(ぢざう)(かた)026ふつくりとして恰好(かつかう)のよい乳房(ちぶさ)027(なめ)らかな(たま)(はだ)028(かみ)(うるし)(ごと)瑠璃(るり)(ごと)(くろ)(つや)腮辺(しへん)(はな)ち、029象牙(ざうげ)細工(ざいく)のやうな手首(てくび)030(ゆび)(さき)031瑪瑙(めなう)のやうな(つめ)(いろ)032歩行(ほかう)する姿(すがた)(はる)(はな)微風(びふう)()れるが(ごと)く、033(たて)から()ても(よこ)から()ても034どこに(てん)()(どころ)のない嬋娟窈窕(せんけんえうてう)たる傾国(けいこく)美人(びじん)であつた。035(かれ)はタライの(むら)(わが)(いへ)にある(ころ)より、036その美貌(びばう)(わざはひ)して、037あらゆる男子(だんし)(こひ)矢玉(やだま)集中(しふちう)されたが、038(かれ)ヨリコ(ひめ)意思(いし)()つた賢明(けんめい)にして勇壮(ゆうさう)なる男子(だんし)本領(ほんりやう)具備(ぐび)した恋人(こひびと)見付(みつ)からなかつた。039さうして(かれ)蜥蜴面(とかげづら)040蛙面(かはづづら)041閻面(えんまづら)042南瓜面(かぼちやづら)043瓢箪面(へうたんづら)044瓜実顔(うりざねがほ)045茄子(なすび)のやうな(くろ)(かほ)(とう)悪性男(あくしやうをとこ)包囲(はうゐ)攻撃(こうげき)され、046日夜(にちや)男子(だんし)たるものの弱点(じやくてん)()り、047嘔吐(おうど)(もよほ)(おも)ひに十六(じふろく)(はる)より三年(さんねん)光陰(くわういん)味気(あぢき)なく(なさ)けなく(かん)じつつ(くら)してゐた。048()(なか)男子(だんし)()男子(だんし)一人(ひとり)として(ろく)なものはない、049一寸(ちよつと)()ては才子(さいし)()勇者(ゆうしや)()え、050(あるひ)人情(にんじやう)(ふか)有徳者(いうとくしや)()え、051間然(かんぜん)する(ところ)なき(をとこ)(なか)(をとこ)だと()(ほまれ)(もつぱ)らにする男子(だんし)(せつ)して()ても、052その(たましひ)(つつ)んだ肉体(にくたい)()表皮(へうひ)破羅(はら)剔抉(てきけつ)して精神(せいしん)のドン(ぞこ)洞察(どうさつ)すると、053(いづ)れも悪臭(あくしう)蝟集(ゐしふ)して(あたか)塵捨場(ごみすてば)(ごと)く、054糞尿(ふんねう)堆積(たいせき)せるが(ごと)くに(かん)じ、055(こひ)てふものの到底(たうてい)056完全(くわんぜん)(あぢ)はふべからざる(こと)()つた。057(かれ)ヨリコ(ひめ)比較的(ひかくてき)()(をんな)(くら)べて理智(りち)()んでゐた。058(すべ)てが男性的(だんせいてき)であつた。059それ(ゆゑ)なまめかしい香油(かうゆ)(にほひ)白粉(おしろい)(にほひ)で、060ごまかして()るハイカラ男子(だんし)()ては蛇蝎(だかつ)(ごと)くに()(きら)うた。061さうして男子(だんし)てふものの卑怯(ひけふ)さ、062腑甲斐(ふがひ)なさ、063(をんな)(たい)して無力(むりよく)なる真理(しんり)(さと)つた。064(かれ)如何(いか)にもして自分(じぶん)(まさ)(たくま)しい、065雄々(をを)しい男子(だんし)結婚(けつこん)して()たいとの念慮(ねんりよ)(はな)さなかつた。
066 (とき)しもあれ、067バラモン(けう)修験者(しゆげんじや)玄真坊(げんしんばう)なるもの、068荒風(あらかぜ)()()くる(ある)()(ゆふべ)069門口(かどぐち)()つて一夜(いちや)宿(やど)()うた。070(かれ)ヨリコ(ひめ)()節穴(ふしあな)より修験者(しゆげんじや)垣間(かいま)()れば071帽子(ばうし)(ふか)(かぶ)つて()るためその面体(めんてい)(しか)(わか)らねど、072どこともなしに(たくま)しい、073(をとこ)らしい(をとこ)だと直覚(ちよくかく)した。074そこで(かれ)(こころ)よく()(ひら)いて修験者(しゆげんじや)()()れ、075いろいろと()有様(ありさま)徹宵(てつせう)して(かた)()076玄真坊(げんしんばう)普通人(ふつうじん)とは(こと)なり、077どこともなく山気(やまけ)のあるに(こころ)(かたむ)け、078不満足(ふまんぞく)(なが)らも……普通(ふつう)男子(だんし)(くら)ぶればチツトは(をとこ)らしい(ところ)もある、079()つれば()くる()(ならひ)080到底(たうてい)明暗(めいあん)行交(ゆきか)()(なか)には、081円満(ゑんまん)とか具足(ぐそく)とか完全(くわんぜん)とか()(こと)(のぞ)まれなからう、082エーままよ、083(この)(をとこ)と、084(はは)(いもうと)にはすまないが(とも)()(たづさ)へ、085(わが)()()(いだ)し、086(ひと)天下(てんか)(おどろ)かすやうな大賭博(おほばくち)()つて()たい。087のるか、088そるかだ、089(こと)成功(せいこう)不成功(ふせいこう)()(ところ)でない。090一度(いちど)()んだら二度(にど)とは()なぬ。091何事(なにごと)()(けつ)して断行(だんかう)すれば鬼神(きしん)()くるとかや、092あゝ断行(だんかう)々々(だんかう)……と首肯(うなづ)(なが)自分(じぶん)(はう)から玄真坊(げんしんばう)口説(くど)(おと)し、093あくる()真夜中(まよなか)(ごろ)094両人(りやうにん)()()()つて、095十八年(じふはちねん)()みなれし故郷(こきやう)(あと)に、096彼方(あちら)此方(こちら)漂浪(さまよ)(なが)ら、097(つひ)十八才(じふはつさい)(くれ)098(この)オーラ(ざん)()(こも)大陰謀(だいいんぼう)実行(じつかう)第一歩(だいいつぽ)(すす)めんとしたのである。
099 彼女(かのぢよ)時期(じき)(いた)るまで表面(うはべ)柔順(じうじゆん)貞淑(ていしゆく)(よそほ)豺狼(さいらう)(こころ)(ふか)(むね)(つつ)み、100おひおひ月日(つきひ)()つに(したが)つて、101鼻持(はなもち)のならぬ(にほひ)(かん)じて()玄真坊(げんしんばう)に、102表面(へうめん)あらゆる(こび)(てい)し、103夫婦(ふうふ)となつて(とき)(いた)るを()ちつつあつた。104(かれ)は、105もはや、1051躊躇(ちうちよ)すべき(とき)(あら)ず、106シーゴー(ばう)玄真坊(げんしんばう)部下(ぶか)(あつ)まる三千人(さんぜんにん)悪党輩(あくたうばら)利用(りよう)してトルマン(ごく)(わが)()()れ、107バルガン(じやう)根拠(こんきよ)として(つき)(くに)(せん)余国(よこく)大女帝(だいによてい)となり、108驍名(げうめい)天下(てんか)(かがや)かさむ(こと)日夜(にちや)(かみ)(いの)つてゐたのである。109それ(ゆゑ)(かれ)(いま)(まで)()つて()金箔(きんぱく)()がし生地(きぢ)(あら)はして、110シーゴー、111玄真(げんしん)()巨頭(きよとう)(むか)(おも)ひきつた言動(げんどう)(いで)たのである。112(はた)して()巨頭(きよとう)(かれ)大胆不敵(だいたんふてき)なる(げん)と、113(その)度胸(どきよう)心胆(しんたん)(うば)はれ、114(あさひ)(しも)(あた)つて()ゆるが(ごと)く、115もろくも(かれ)(まへ)(かぶと)()ぎ、116(かれ)女帝(によてい)(あふ)謀主(ぼうしゆ)となし、117(つひ)幕下(ばくか)となる(こと)甘諾(かんだく)したのである。
118シーゴー『女帝様(によていさま)119吾々(われわれ)日頃(ひごろ)(のぞ)みを遂行(すゐかう)する(ため)には、120如何(いか)なる方法(はうはふ)手段(しゆだん)をとれば、121いいでせうか。122御指導(ごしだう)(あふ)()いもので(ござ)います』
123ヨリコ『お(まへ)(たち)両人(りやうにん)(わらは)(げん)(そむ)きはせないか。124まづ、125それから()めておかう』
126シーゴー『(いま)となつて(なに)しにお言葉(ことば)(そむ)きませう』
127ヨリコ『よしよし、128玄真坊(げんしんばう)如何(どう)だ』
129玄真(げんしん)(わたし)もシーゴーと同意見(どういけん)(ござ)います』
130ヨリコ『そんなら、131(わらは)空前絶後(くうぜんぜつご)大計画(だいけいくわく)132神算鬼謀(しんさんきぼう)(おく)()(をし)へてやらう。133()当山(たうざん)(ふる)くより(まつ)られある天王(てんわう)(やしろ)策源地(さくげんち)(さだ)め、134玄真坊(げんしんばう)表面(へうめん)(てん)より(くだ)りし救世主(きうせいしゆ)となり、135シーゴーは三千(さんぜん)部下(ぶか)統率(とうそつ)し、136(わらは)(てん)より(くだ)りし棚機姫(たなばたひめ)化神(けしん)となつて天下(てんか)万民(ばんみん)誑惑(けふわく)し、137まづ第一(だいいち)挙兵(きよへい)準備(じゆんび)のため金品(きんぴん)138糧食(りやうしよく)139軍器(ぐんき)徴集(ちようしふ)する(こと)着手(ちやくしゆ)せねばならぬ』
140シーゴー『()(ほど)141先立(さきだ)つものは金銭(かね)糧食(りやうしよく)武器(ぶき)(ござ)います。142それを無事(ぶじ)蒐集(しうしふ)する方法(はうはふ)如何(いかが)(いた)したら(よろ)しう(ござ)いますか』
143ヨリコ『()玄真坊(げんしんばう)天来(てんらい)救世主(きうせいしゆ)揚言(やうげん)し、144当山(たうざん)有名(いうめい)なる大杉(おほすぎ)(うへ)に、145日夜(にちや)(てん)(ほし)(くだ)つて救世主(きうせいしゆ)(をしへ)()くと遠近(をちこち)()()はり、146ギャマンの(なか)(あぶら)(そそ)ぎ、147(これ)()(てん)じ、148(ひる)(うち)より(すぎ)()(こずゑ)十五六ケ(じふごろくこ)(ばか)()(てん)遠近(ゑんきん)(たみ)(おどろ)かせ、149天王(てんわう)(やしろ)信仰(しんかう)中心(ちうしん)(さだ)めるのだ。150一方(いつぱう)シーゴーは数多(あまた)部下(ぶか)使役(しえき)し、151あらゆる富豪(ふうがう)(いへ)(しの)()り、152美人(びじん)(うば)(かへ)り、153当山(たうざん)天然(てんねん)岩窟(がんくつ)幽閉(いうへい)()き、154(しか)して(のち)155シーゴーは救世主(きうせいしゆ)玄真坊(げんしんばう)高弟(かうてい)(しよう)し、156(むすめ)(うば)はれし家々(いへいへ)修験者(しゆげんじや)となつて()(あら)はれ(しき)りに宣伝(せんでん)をなし、157(さいはひ)(これ)(しん)じて(きた)るものには天地(あめつち)八百万(やほよろづ)(かみ)招待(せうたい)し、158神助(しんじよ)(ねが)ふため、159信者(しんじや)財産(ざいさん)(たか)(おう)一戸(いつこ)につき金子(きんす)五十両(ごじふりやう)乃至(ないし)五百両(ごひやくりやう)160(これ)(くは)ふるに穀物(こくもつ)一俵(いつぺう)乃至(ないし)百俵(ひやくぺう)(かみ)(たてまつ)らしめ、161(よる)()に、162オーラ(がは)谷間(たにあひ)鉄線(てつせん)(つう)じ、163滑車(くわつしや)(もつ)谷底(たにそこ)輸送(ゆそう)し、164数多(あまた)部下(ぶか)沢山(たくさん)運送船(うんそうせん)(つく)り、165米麦(こめむぎ)(ふね)にて八里(はちり)下流(かりう)ホーロの谷間(たにあひ)(まで)輸送(ゆそう)166バルガン(じやう)攻撃(こうげき)(とき)糧食(りやうしよく)()167(わらは)天王(てんわう)(やしろ)()(ひそ)め、168迷信(めいしん)(ふか)愚夫(ぐふ)愚婦(ぐふ)神託(しんたく)(つた)へ、169出師(すゐし)準備(じゆんび)(いた)さうではないか。170これに()したる巧妙(かうめう)手段(しゆだん)はあるまいと(おも)ふ。171両人(りやうにん)172(わが)神策(しんさく)には(おそ)()つたであらう』
173シーゴー『成程(なるほど)174(みづ)()らさぬ御計画(ごけいくわく)175いや、176もう感心(かんしん)(つかまつ)りました。177オイ玄真坊(げんしんばう)178知識(ちしき)源泉(げんせん)たる天来(てんらい)女傑(ぢよけつ)179到底(たうてい)吾々(われわれ)(およ)(ところ)ではない。180どうだ、181(まへ)感心(かんしん)しただらうのう』
182玄真(げんしん)『イヤ、183もうズツト感心(かんしん)した。184それでは(ひと)大芝居(おほしばゐ)にとりかからう』
185 (これ)よりシーゴーは谷間(たにあひ)大木(たいぼく)()(たふ)し、186沢山(たくさん)(ふね)(つく)り、187兵糧(ひやうらう)運搬(うんぱん)(よう)(きよう)すべく数多(あまた)部下(ぶか)使役(しえき)して、188昼夜兼行(ちうやけんかう)して(ふね)建造(けんざう)着手(ちやくしゆ)し、189玄真坊(げんしんばう)大杉(おほすぎ)()縄梯子(なはばしご)をかけ、190ギヤマンのランプを樹上(じゆじやう)(たか)(かがや)かすことに苦心(くしん)した。
191 附近(ふきん)村民(そんみん)はオーラ(さん)大杉(おほすぎ)()に、192()()燦爛(さんらん)たる(ひかり)のとどまり(かがや)くのを()(いづ)れも不審(ふしん)(まゆ)をひそめ、193()()るるを()つて村人(むらびと)花火(はなび)()(ごと)くワイワイと(はや)()て、194種々雑多(しゆじゆざつた)批評(ひひやう)(くだ)してゐた。195シーゴーは三千(さんぜん)部下(ぶか)(なか)より(ちから)(つよ)()()いた(やつ)百人(ひやくにん)(ばか)(えら)み、196遠近(ゑんきん)村落(そんらく)(はな)ち、197あわよくば直接(ちよくせつ)金品(きんぴん)(うば)ひ、198(あるひ)富豪(ふうがう)(むすめ)掻攫(かつさら)ひ、199(ひそか)にオーラ(さん)()(かへ)数多(あまた)天然(てんねん)岩窟(がんくつ)押込(おしこ)めおく(こと)にとりかかつた。200遠近(ゑんきん)村民(そんみん)盗賊(たうぞく)横行(わうかう)し、201(むすめ)(つま)(うば)はれると()(うはさ)が、202それから、2021それへと(つた)はり、203(いづ)れも夜分(やぶん)になると()(とざ)し、204(つひ)には樹上(じゆじやう)(こずえ)(ひかり)見物(けんぶつ)するものもなくなつた。205シーゴーは修験者(しゆげんじや)()()まし、206遠近(ゑんきん)村落(そんらく)を、
207シーゴー『諸行無常(しよぎやうむじやう)208是生滅法(ぜしやうめつぽふ)209生滅滅已(しやうめつめつい)210寂滅為楽(じやくめつゐらく)211本来無東西(ほんらいむとうざい)212何所有南北(かしようなんぼく)213迷故三界城(めいこさんかいじやう)214悟故十方空(ごこじつぱうくう)215生者必滅(しやうじやひつめつ)216会者定離(ゑしやぢやうり)217南無(なむ)波羅門(ばらもん)帝釈(たいしやく)自在天(じざいてん)218帰命頂礼(きみやうちやうらい)謹上再拝(ごんじやうさいはい)
219錫杖(しやくぢやう)()(なが)220村々(むらむら)目星(めぼ)しき門戸(もんこ)()つて順礼(じゆんれい)した。221この宣伝(せんでん)(おほい)(かう)(そう)し、222(いづ)れも戦々恟々(せんせんきようきよう)として悲歎(ひたん)(ふち)(しづ)(ひと)は、223オーラ(さん)救世主(きうせいしゆ)(たよ)一切(いつさい)災厄(さいやく)(まぬが)れむ(こと)希求(ききう)するに(いた)つた。224シーゴーは部下(ぶか)修験者(しゆげんじや)仕立(した)遠近(ゑんきん)巡錫(じゆんしやく)せしめ、
225『オーラ(さん)には天来(てんらい)大救世主(だいきうせいしゆ)出現(しゆつげん)(たま)ひ、226山河草木(さんかさうもく)227禽獣虫魚(きんじうちうぎよ)()ふも(さら)なり、228万有愛護(ばんいうあいご)(をしへ)()れさせ(たま)ひ、229(つひ)には天地(てんち)神明(しんめい)もその(とく)(かん)じ、230()()救世主(きうせいしゆ)のまします(うづ)聖場(せいぢやう)(かたはら)()てる大杉(おほすぎ)(こずゑ)天降(あまくだ)り、231燦爛(さんらん)たる光明(くわうみやう)(はな)救世主(きうせいしゆ)(をしへ)()かせ(たま)ふ。232前古(ぜんこ)未曽有(みぞう)瑞祥(ずゐしやう)なり』
233言葉(ことば)(たくみ)宣伝(せんでん)をしたので234(むすめ)(うしな)ひしもの、235(つま)(うしな)ひしもの、236(やまひ)(くるし)めるものは、237(われ)(われ)もと(さき)(あらそ)ひオーラ(さん)救世主(きうせいしゆ)面会(めんくわい)せむと、238(あり)(あま)きに(つど)ふが(ごと)参詣(さんけい)する(こと)となつた。
239 (いま)(まで)人跡(じんせき)さへ()えたるオーラ(さん)救世主(きうせいしゆ)出現(しゆつげん)ありとの評判(ひやうばん)に、240老若男女(らうにやくなんによ)(きら)ひなく金銭(きんせん)241物品(ぶつぴん)242穀物(こくもつ)()ふも(さら)なり、243(いへ)重宝(ぢうはう)として保存(ほぞん)しありし、2431(やり)薙刀(なぎなた)(など)武器(ぶき)(まで)神器(しんき)(しよう)して奉納(ほうなふ)する(こと)となり244(またた)(うち)穀物(こくもつ)(やま)245(ほこ)(はやし)(きづ)かれた。246玄真坊(げんしんばう)(ところ)()(まで)(あつ)まり(きた)人々(ひとびと)(むか)ひ、247大杉(おほすぎ)大木(たいぼく)小楯(こだて)にとり、248さも鷹揚(おうやう)なる口調(くてう)にて、
249玄真(げんしん)汝等(なんぢら)一切(いつさい)衆生(しゆじやう)250善男善女(ぜんなんぜんによ)251(わが)(をし)ふる(げん)()け。252(われ)(ちち)なく(はは)なく(てん)(もつ)(ちち)となし()(もつ)(はは)となす宇宙(うちう)唯一(ゆゐいつ)天帝(てんてい)再来(さいらい)なるぞ。253()(われ)(しん)ずるものは(あしなへ)()ち、254(めくら)(あか)りを()255(みみしい)()き、256癩病(らいびやう)(きよ)まり、257身体(しんたい)壮健(さうけん)にして無限(むげん)長寿(ちやうじゆ)(たも)ち、258富貴(ふうき)繁昌(はんぜう)し、259()しては天国(てんごく)(のぼ)り、260百花爛漫(ひやくくわらんまん)芳香(はうかう)馥郁(ふくいく)たる天国(てんごく)楽園(らくゑん)無限(むげん)無極(むきよく)歓喜(くわんき)生涯(しやうがい)(おく)り、261(もと)めずして百味(ひやくみ)飲食(おんじき)(きふ)せられ、262不老不死(ふらうふし)なるべし。263汝等(なんぢら)かかる(うる)はしき天国(てんごく)(いた)らむ(こと)(のぞ)まば(わが)救世主(きうせいしゆ)(げん)()け。264汝等(なんぢら)花婿(はなむこ)をとり、265花嫁(はなよめ)をとるにも、266相当(さうたう)結納(ゆひなふ)()るだらう、267金銭(かね)なり、268物品(ぶつぴん)なり、269箪笥(たんす)270長持(ながもち)271(はた)272指物(さしもの)273武器(ぶき)(など)嫁入(よめい)りに(えう)する肝腎要(かんじんかなめ)結納(ゆひなふ)なるべし。274汝等(なんぢら)天国(てんごく)楽園(らくゑん)(いた)天人(てんにん)結婚(けつこん)をなし、275平和(へいわ)生涯(しやうがい)永遠(ゑいゑん)(おく)らむとせば、276()(かみ)御前(みまへ)結納金(ゆひなふきん)献上(けんじやう)すべし。277金銀(きんぎん)珠玉(しゆぎよく)米穀(べいこく)その()あらゆる武器(ぶき)天帝(てんてい)化神(けしん)たる(わが)(まへ)(たてまつ)り、278永遠無窮(えいゑんむきう)幸福(かうふく)()よ。279汝等(なんぢら)()(ごと)く、280(われ)天帝(てんてい)化身(けしん)として久方(ひさかた)天津空(あまつそら)より(てん)(ほし)(くだ)らせ(たま)ひ、281(わが)(とく)(した)ひ、282(わが)説法(せつぱふ)聴聞(ちやうもん)(たま)ふ。283その証拠(しようこ)には毎夜(まいよ)この神木(しんぼく)星光(せいくわう)燦爛(さんらん)たるを()るならむ。284(けつ)して(うたが)(こと)(なか)れ。285(あや)しむ(こと)(なか)れ。286(うたがひ)信仰(しんかう)(もん)(やぶ)り、287(うたがひ)地獄(ぢごく)(つく)り、288暗黒(あんこく)(つく)り、289滅亡(めつぼう)(まね)くものぞ。290愛善(あいぜん)なる(かみ)(たい)するには(あい)(ぜん)(もつ)てせよ。291信真(しんしん)なる(かみ)(たい)するには(しん)(まこと)とを(もつ)てせよ。292(かみ)相応(さうおう)()(ぢう)(たま)ひ、293内面(ないめん)外面(ぐわいめん)(とも)汝等(なんぢら)行為(かうゐ)調査(てうさ)(たま)ふ。294(かみ)(あい)するは(すなは)(わが)()(あい)(わが)(いへ)(あい)し、295国土(こくど)(あい)するの()ひなり。296(うたが)(こと)(なか)れ。297善男善女(ぜんなんぜんによ)よ、298一切(いつさい)衆生(しゆじやう)よ、299帰命頂礼(きみやうちやうらい)神道(しんだう)加持(かぢ)300謹上再拝(ごんじやうさいはい)々々(ごんじやう)々々(さいはい)
301 日々(ひび)(つど)ひくる愚夫(ぐふ)愚婦(ぐふ)(たい)し、302(みぎ)言葉(ことば)(くり)(かへ)し、303(はな)をすすらせ(うれ)(なみだ)をこぼさせ軍資(ぐんし)蒐集(しうしふ)心力(しんりよく)(そそ)いでゐた。304さうして大切(たいせつ)(むすめ)(つま)紛失(ふんしつ)したるものに(たい)しては特別(とくべつ)祈祷(きたう)(しよう)し、305沢山(たくさん)金品(きんぴん)献納(けんなふ)せしめ、306ヨリコ(ひめ)贋棚機姫(にせたなばたひめ)(しの)()天王(てんわう)(やしろ)(ともな)()き、307神勅(しんちよく)()けしめつつあつた。308(いづ)れも深山(しんざん)(こと)とて(あさ)夜明(よあ)(ごろ)より参来(まゐき)(つど)ふものあれども、309玄真坊(げんしんばう)託宣(たくせん)により、310(なな)(さが)れば一人(ひとり)(のこ)らず(この)(やま)(くだ)らせた。311その理由(りいう)は、
312(なな)(どき)以後(いご)天神(てんしん)地祇(ちぎ)八百万(やほよろづ)(かみ)313毎夜(まいよ)(くだ)(たま)ひて、314天下救済(てんかきうさい)(ため)玄真坊(げんしんばう)説法(せつぱふ)()かせ(たま)ふ。315それ(ゆゑ)智慧(ちゑ)証覚(しようかく)(おと)れる凡人(ぼんじん)遠慮(ゑんりよ)すべし。316万一(まんいち)()ひて(とど)まらむとするものは神罰(しんばつ)(たちま)ちに(いた)るべし』
317脅威(けふゐ)し、318信徒(しんと)(かへ)()つた(あと)は、319あらゆる美味(びみ)(くら)ひ、320(さけ)()み、321ヨリコ(ひめ)真中(まんなか)にシーゴー、322玄真坊(げんしんばう)(みつ)(どもゑ)となり、323その()頭分(かしらぶん)(かたはら)()して暴飲(ばういん)暴食(ばうしよく)舌鼓(したつづみ)()つて()たのである。
324ヨリコ『シーゴー殿(どの)325随分(ずいぶん)骨折(ほねをり)()えて、326非常(ひじやう)効果(かうくわ)(あが)りましたよ。327世界(せかい)愚夫(ぐふ)愚婦(ぐふ)(ども)(あり)(ごと)くに(あつ)まり(きた)り、328沢山(たくさん)金銭(きんせん)物品(ぶつぴん)(この)きつい(やま)(かへり)みず(おく)つて()るやうになつたのは(まつた)くお(まへ)のお骨折(ほねをり)だ。329(この)調子(てうし)六ケ月(ろくかげつ)(つづ)いたならば、330最早(もはや)兵糧(ひやうらう)心配(しんぱい)()らぬ。331(たと)十万(じふまん)部下(ぶか)(いへど)も、332容易(ようい)(やしな)(こと)出来(でき)るだらう。333(なんぢ)天晴(あつぱれ)(はたら)きはまさに勲一等(くんいつとう)功一級(こういつきふ)だよ』
334 シーゴーは得意(とくい)(かほ)して335さも(うれ)しさうに、
336シーゴー『不束(ふつつか)吾々(われわれ)微弱(びじやく)なる(はたら)き、337女帝様(によていさま)のお()めに(あづか)りまして()(あま)光栄(くわうえい)(ござ)います。338(なほ)(この)(うへ)粉骨砕身(ふんこつさいしん)339犬馬(けんば)(らう)(いと)ひませぬ。340どうか大望(たいまう)成就(じやうじゆ)(うへ)(よろ)しくお引立(ひきたて)をお(ねがひ)(いた)します』
341ヨリコ『そんな(こと)は、342()はいでも(わか)つてゐるよ。343(まへ)(わし)(みぎ)(うで)だ、344(うで)なしには(はたら)きは、345どんな英雄(えいゆう)だつて豪傑(がうけつ)だつて出来(でき)はせないよ。346乾児(こぶん)あつての親分(おやぶん)347親分(おやぶん)あつての乾児(こぶん)だ』
348シーゴー『エヘヽヽヽ有難(ありがた)(ござ)います、349鹿猪(ろくちよ)()きて猟犬(れふけん)()らる……と()(やう)(みじ)めな()()はしちや、350いけませぬよ』
351ヨリコ『ホヽヽヽヽ(いづ)悪党(あくたう)悪党(あくたう)との結合(けつがふ)だもの、352それも保証(ほしよう)(かぎ)りではなからうよ、353ホヽヽヽ』
354玄真(げんしん)女帝様(によていさま)355(わたし)(はたら)きはどうで(ござ)いますか』
356ヨリコ『お(まへ)(はたら)きは(また)格別(かくべつ)だ。357(なん)()つても天帝(てんてい)化身(けしん)だからね』
358玄真(げんしん)『どちらの功績(いさをし)(おほ)きう(ござ)いますか。359それを()かして(いただ)かないと、360ネツカラ(はげ)みがつきませぬがな。361そして競争心(きやうさうしん)一向(いつかう)(おこ)りませぬがな。362(すべ)物事(ものごと)競争(きやうさう)によつて進歩(しんぽ)発達(はつたつ)するのですからな』
363ヨリコ『お(まへ)(ひだり)()だよ。364(みぎ)()必要(ひつえう)なれば(ひだり)()必要(ひつえう)だ。365(まへ)(たち)両人(りやうにん)(いづ)れも(けい)たり(がた)(てい)たり(がた)しと()間柄(あひだがら)だ。366(けつ)して手柄(てがら)甲乙(かふおつ)はない。367(わらは)手柄(てがら)はお(まへ)(たち)二人(ふたり)手柄(てがら)368(いや)部下(ぶか)一同(いちどう)手柄(てがら)369(まへ)(たち)(はじ)部下(ぶか)一般(いつぱん)手柄(てがら)(わらは)手柄(てがら)370上下一致(じやうかいつち)不離不即(ふりふそく)鞏固(きようこ)関係(くわんけい)(むす)ばれてゐるのだ。371(いづ)れも協心戮力(けふしんりくりよく)して印度(いんど)統一(とういつ)(ため)活動(くわつどう)して(くだ)さい。372今日(けふ)部下(ぶか)一般(いつぱん)にも(いはひ)(さけ)(あた)へたがよからうぞよ』
373シーゴー『ハイ、374承知(しようち)(いた)しました。375部下(ぶか)(よろこ)ぶで(ござ)いませう』
376 かかる(ところ)小頭(こがしら)のパンクと()(をとこ)377恐々(こはごは)(あら)はれ(きた)り、378三人(さんにん)(まへ)両手(りやうて)()き、
379パンク『お頭様(かしらさま)(まをし)(あげ)ます。380大変(たいへん)(こと)(おこ)りました。381どうかシーゴー(さま)にでも()(もら)つて(とり)(おさ)へて(もら)はなくては、382到底(たうてい)パンクの(うで)では解決(かいけつ)がつきませぬ』
383ヨリコ『パンク、384どんな(こと)(おこ)つたのか』
385パンク『ハイ(まをし)(あげ)()ねますが386部下(ぶか)(ども)食糧(しよくりやう)(こと)について叱事(こごと)(まを)し、387もうお(ひま)(もら)つて(くに)(かへ)正業(せいげふ)につくとか(まを)しまして388二百人(にひやくにん)(ばか)同盟軍(どうめいぐん)組織(そしき)しました。389()るべく、390こんな内輪(うちわ)()めはお(かしら)()かし(たく)はありませぬが、391もう駄目(だめ)(ござ)います。392彼等(かれら)主張(しゆちやう)する(ところ)によれば、393(かしら)頭株(あたまかぶ)百味(ひやくみ)飲食(おんじき)舌鼓(したつづみ)()ち、394(おれ)たちは高梁(かうりやん)炒米(ちよみ)(あぢ)ないものに(あま)んじ菜葉(なつぱ)(ばか)()はして、395(ほね)から肉離(にくばな)れがして、396到底(たうてい)(うご)けないから(かへ)らう(かへ)らうと()つてゐるのです』
397ヨリコ『()(ほど)398それも(もつと)もだらう。399これシーゴーさま、400一時(いちじ)(はや)(いま)401(わらは)()つた(とほ)(さけ)一般(いつぱん)にふれまひ、402かう沢山(たくさん)(あつ)まつた御馳走(ごちそう)舌鼓(したつづみ)()たしてやつて(くだ)さい。403獅子(しし)404(おほかみ)405(とら)406山犬(やまいぬ)(など)(はら)さへよけりや(ひと)()みつかぬものだから、407ホヽヽヽヽ』
408 シーゴーはパンクと(とも)409谷底(たにぞこ)部下(ぶか)集団(しふだん)()がけてヨリコの(めい)(つた)ふべく縄梯子(なはばしご)()つて(くだ)()く。
410大正一三・一二・一六 旧一一・二〇 於祥雲閣 北村隆光録)