霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一七章 縁馬(えんば)(わかれ)〔一六九九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第66巻 山河草木 巳の巻 篇:第4篇 恋連愛曖 よみ:れんれんあいあい
章:第17章 第66巻 よみ:えんばのわかれ 通し章番号:1699
口述日:1924(大正13)年12月17日(旧11月21日) 口述場所: 筆録者:松村真澄  校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年6月29日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6617
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 819頁 修補版: 校定版:245頁 普及版:67頁 初版: ページ備考:
001 梅公(うめこう)花香(はなか)(とも)相乗馬(あひのりうま)にて、002(かぜ)()(わた)高原(かうげん)を、003オーラ(さん)目当(めあて)となして、004カツカツと(すす)()く。
005花香(はなか)『モシ梅公(うめこう)(さま)006貴郎(あなた)鎮魂(ちんこん)なさつた(さい)007大神様(おほかみさま)のお()げがあつたでせう。008(わたし)(まをし)()げた(こと)御神意(ごしんい)(かな)つてゐるでせうがな』
009梅公(うめこう)『さうイライラと、010追求(つゐきう)されては()まりませぬワイ。011天機(てんき)容易(ようい)()らす(べか)らず。012()()(のち)(たの)しみとして、013記憶帳(きおくちやう)につけとめておきませう』
014花香(はなか)(その)記憶帳(きおくちやう)一寸(ちよつと)(わたし)拝見(はいけん)さして(もら)へませぬか。015(わたし)御神勅(ごしんちよく)()つて概略(がいりやく)(ぞん)じてをります。016そして(また)(わたし)記憶帳(きおくちやう)にいろいろの神秘(しんぴ)記載(きさい)しておきました。017貴郎(あなた)記憶帳(きおくちやう)一寸(ちよつと)(ばか)御洩(おも)らし(くだ)さらば、018(わたし)記憶帳(きおくちやう)もお()にかけますがなア』
019梅公(うめこう)『ハヽヽヽ貴女(あなた)もぬかりが()りませぬな。020記憶帳(きおくちやう)(どころ)か、021気遅(きおく)れがして、022(なに)(まをし)()げられませぬワイ、023ハヽハイハイハイ』
024手綱(たづな)引締(ひきし)(なが)(あと)()(かへ)り、
025梅公(うめこう)花香(はなか)さま、026(しつか)(つか)まへて(くだ)さいよ。027(これ)からチツと()ばしますから』
028花香(はなか)(いく)らなつと、029()ばしなさいませ。030(うしろ)から貴郎(あなた)(こし)(こころ)()(ばか)り、031()()めますワ。032サアお()ばしなさい』
033(いき)()まる(ほど)()()めた。
034梅公(うめこう)『あ、035(いた)(いた)い、036モチツとお手柔(てやはら)かに(ねが)ひます。037(いき)()れますよ。038(おも)ふやうに手綱(たづな)使(つか)へないと、039貴女(あなた)一緒(いつしよ)落馬(らくば)しちやすみませぬからな』
040花香(はなか)『ホヽヽそんな気遣(きづか)ひはいりませぬよ。041落馬(らくば)しさうになつたら、042(わたし)(かか)へて、043(うま)()から()んで()げますワ。044仮令(たとへ)おちて(あたま)をうち絶命(ぜつめい)した(ところ)で、045貴郎(あなた)二人(ふたり)ならば満足(まんぞく)ですもの。046(この)(うま)()つて三途(せうづ)(かは)(わた)るのも一興(いつきよう)(ござ)いませうよ』
047梅公(うめこう)『コレコレ花香(はなか)さま、048そんな縁起(えんぎ)(わる)(こと)をいふものでない。049三途(せうづ)(かは)(どころ)か、050自分(じぶん)二人(ふたり)美人(びじん)(たす)けたいが(ため)に、051一途(いちづ)になつて()くのだ』
052花香(はなか)二人(ふたり)美人(びじん)(たす)けたいとは、053ソリヤ何方(どなた)(こと)(ござ)いますか』
054梅公(うめこう)何方(どなた)でも(よろ)しい。055(あと)になりや(わか)るでせう。056()(かく)(わたし)(かみ)使命(しめい)()りて、057目的(もくてき)人々(ひとびと)がオーラ(さん)(とら)へられて()るやうな暗示(あんじ)(あた)へられました。058貴女(あなた)一緒(いつしよ)にオーラ(さん)にお(のぼ)りになつたらどうですか。059(いや)なら、060(たく)(まで)貴女(あなた)(おく)(とど)け、061単騎(たんき)(わたし)救援隊(きうゑんたい)(むか)(つも)りですから……』
062花香(はなか)(わたし)はどこ(まで)貴郎(あなた)のお(とも)(いた)します。063仮令(たとへ)悪魔(あくま)巣窟(さうくつ)でも地獄(ぢごく)のドン(ぞこ)でもお(とも)さして(くだ)さい。064女房(にようばう)(をつと)附物(つきもの)ですからな』
065梅公(うめこう)『コレはしたり、066花香(はなか)さま、067(また)しても(をつと)だの、068女房(にようばう)だのと、069みつともないぢやありませぬか』
070花香(はなか)『ハイ(わたし)はみつともない(をんな)(ござ)います。071到底(たうてい)貴郎(あなた)のお()にはいりますまい。072悪魔(あくま)巣窟(さうくつ)(まで)美人(びじん)(たす)けに()くと仰有(おつしや)(くらゐ)ですもの。073どんな立派(りつぱ)(かた)貴方(あなた)を、074()つてゐらつしやるか()れませぬもの。075(しか)(わたし)神様(かみさま)より(ゆめ)(なか)(ゆる)された、076貴郎(あなた)(をつと)ですもの、077(わたし)貴郎(あなた)先取権(せんしゆけん)(にぎ)つてますワ。078こんな(こと)(まを)すと悋気(りんき)するやうですが、079(けつ)して悋気(りんき)なんか(いた)しませぬ。080(わたし)貴郎(あなた)危急(ききふ)(すく)はれて(うれ)しかつた(やう)に、081貴郎(あなた)意中(いちう)(ひと)も、082貴郎(あなた)危急(ききふ)(すく)はれるのは殊更(ことさら)(うれ)しいでせう。083そして貴郎(あなた)(あい)する(をんな)方々(かたがた)如何(いか)なる(ひと)か、084一遍(いつぺん)(かほ)(をが)みたう(ござ)いますから、085是非(ぜひ)(とも)をさして(いただ)きたう(ござ)います』
086梅公(うめこう)(なん)だか(めう)(ところ)へ、087言霊(ことたま)()()きましたな。088(うたがひ)()らす(ため)089一層(いつそう)(こと)090打明(うちあ)けて(まをし)ませう。091(じつ)花香(はなか)さま、092(まへ)さまの不在宅(るすたく)でタライの(むら)のタクソンさまに出会(であ)ひ、093里庄(りしやう)のジャンクさまが(やかた)()つたところ、094(ぢやう)さまのスガコ(ひめ)(さま)悪者(わるもの)()(さら)はれ行方(ゆくへ)不明(ふめい)との(こと)非常(ひじやう)御心配(ごしんぱい)095それに(また)許嫁(いひなづけ)のサンダーさま(まで)家出(いへで)をなされ、096大変(たいへん)両家(りやうけ)御心配(ごしんぱい)097吾々(われわれ)宣伝使(せんでんし)として看過(かんくわ)する(わけ)には()きますまい。098(をり)(をり)とて、099トルカ王様(わうさま)勅使(ちよくし)(きた)り、100里庄(りしやう)のジャンクさまは義勇軍(ぎゆうぐん)組織(そしき)一隊(いつたい)(ひき)ゐて、101バラモン(ぐん)征伐(せいばつ)(ため)102王城(わうじやう)守護(しゆご)(ため)出陣(しゆつぢん)をなさつたのですよ。103(わたし)(その)(ぐん)(したが)つて途中(とちう)(まで)(まゐ)りましたが、104どうしても(うま)(うご)かないので、105(これ)は……お二人(ふたり)(たす)けよ……との神様(かみさま)のお(しめ)しと直覚(ちよくかく)し、106(こま)()(なほ)し、107(うま)(すす)むが(まま)()()した(ところ)108(をり)よくも貴女(あなた)危難(きなん)(すく)(こと)出来(でき)たのです』
109花香(はなか)『あゝ左様(さやう)(ござ)いますか、110それを(うけたま)はつて安心(あんしん)(いた)しました。111スガコさまとサンダーさまは(すで)許嫁(いひなづけ)夫婦(ふうふ)(ござ)いますから、112何卒(どうぞ)(たす)けて()げて(くだ)さいませ。113(しか)しオーラ(さん)にゐられるでせうかな』
114梅公(うめこう)『ハヽヽヽ、115(これ)貴女(あなた)御安心(ごあんしん)(てい)()えますな。116チツと(ばか)()いてゐましたね。117オーラ(さん)()られるか()られぬかといふ(こと)は、118(わたし)としては判然(はつき)りとした(こと)(わか)らないですが、119どうも()られる(やう)直覚(ちよくかく)をするのです』
120花香(はなか)毎晩(まいばん)々々(まいばん)オーラ(さん)には、121(ほし)さまが御降(おくだ)りになるといふ(こと)です。122(てん)から救世主(きうせいしゆ)がお(くだ)りになり、123万民(ばんみん)苦難(くなん)(すく)(くだ)さると()つて、124(えら)評判(うはさ)ですが、125(なん)だか(わたし)(むし)()かないので一度(いちど)(まゐ)つた(こと)(ござ)いませぬ。126(てん)から(ほし)(くだ)つて救世主(きうせいしゆ)(をしへ)()かれるなんて、127そんな(こと)実際(じつさい)あるものでせうかな』
128梅公(うめこう)『さアそれが第一(だいいち)不思議(ふしぎ)(てん)だ。129……あんな(こと)(いた)して、130売僧(まいす)(ども)山子(やまこ)してゐるのではなからうか、131(ひと)妻女(さいぢよ)(うば)()り、132どつかへ(かく)しておいて、133金品(きんぴん)強要(きやうえう)し、134商売(しやうばい)(たね)使(つか)つて()るのではなからうか……と、135(おも)はれてならないのです。136さうでなくては(わたし)だつて、137オーラ(さん)()はつけないのですからな。138(これ)からボツボツ(まゐ)れば丁度(ちやうど)(とり)(こく)には(ふもと)(まで)()けるでせう。139(うた)でも(うた)つて(まゐ)りませうか、140貴女(あなた)のお(やさ)しい(こゑ)(たび)()さを(なぐさ)める(ため)141一口(ひとくち)()かして(もら)ひたいものですな』
142花香(はなか)『ハイ(かしこ)まりました。143どうかお(わら)(くだ)さいませぬ(やう)に……』
144梅公(うめこう)上手(じやうず)面白(おもしろ)くお(うた)ひになれば、145自然(しぜん)(わら)ひますよ。146(うた)下手(へた)だつたら、147(かしこ)まつて(うけたま)はりませう』
148花香(はなか)貴郎(あなた)はキツと(わら)(つも)りでせう。149(うま)(こと)()つて予防線(よばうせん)()つてゐらつしやるのですもの』
150花香(はなか)三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)
151一度(いちど)にかをる(かみ)(みち)
152梅公(うめこう)さまと花香(はなか)とは
153(かみ)(さだ)めし(えにし)にて
154()さへ目出(めで)たき(うめ)(はな)
155(かを)りを(おく)(はる)(かぜ)
156(こま)(いなな)(つめ)()
157(なん)とはなしに(いさ)ましく
158(その)鼻息(はないき)はフーフーと
159(かしら)をあげて(いさ)みゐる
160(いま)()(うま)(かみ)(うま)
161吾等(われら)赤縄(えにし)(むす)ぶなる
162馬頭(ばとう)観世音(くわんぜおん)化身(けしん)ぞや
163(おな)(ひと)つの(うま)()
164人目(ひとめ)(せき)突破(とつぱ)して
165(こころ)(ひろ)大野原(おほのはら)
166(すす)()くこそ芽出(めで)たけれ
167(わたし)貴郎(あなた)(むかし)から
168(むす)びの(かみ)引合(ひきあは)
169(うま)れし(くに)(へだ)つとも
170(みたま)(おな)(かみ)(まへ)
171神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
172御許(みゆる)しうけて(むす)ばれし
173千代(ちよ)(えにし)(ちがひ)ない
174悪者(わるもの)(ども)取巻(とりま)かれ
175(いま)(みさを)(けが)さむと
176()めさいなまれたる(とき)もあれ
177天狗(てんぐ)のような(たか)(こゑ)
178(もり)(なか)より(きこ)()
179一度(いちど)(おどろ)(きも)つぶし
180如何(いか)(わが)()はなるかやと
181(ふる)(をのの)きゐたりしが
182よくよくみれば()(みこと)
183(はな)顔容(かんばせ)(つき)(まゆ)
184水際(みぎは)(にほ)(うめ)()
185(はな)にもまがふ()(きみ)
186()うた(うれ)しさ(なつか)しさ
187(すべ)ての(こと)打忘(うちわす)
188たつた一人(ひとり)母様(ははさま)
189(さび)しくお(くら)(あそ)ばすを
190()ひまつらむと(おも)(ども)
191貴郎(あなた)(こころ)()かされて
192(つぎ)になしたる(こひ)(やみ)
193(あは)れみ(たま)()(きみ)
194仮令(たとへ)()(すゑ)(やま)のおく
195大海原(おほうなばら)(そこ)(まで)
196(わが)(たま)()のある(かぎ)
197(こま)(ひづめ)(つづ)(まで)
198御伴(みとも)(つか)へまつるべし
199(てん)(たとへ)()(きみ)
200大地(だいち)(たとへ)(つま)()
201いかで(はな)るる(こと)あらむ
202天地(てんち)(あひ)(ひと)となり
203まして有情(うじやう)女子(をみなご)
204如何(いか)でか(こひ)(わす)るべき
205山野(やまの)にすだく(むし)()
206(こずゑ)(さへづ)百鳥(ももどり)
207(こひ)(うた)はぬものはなし
208(こひ)(こひ)しの()(きみ)
209魔風(まかぜ)恋風(こひかぜ)(おも)にうけ
210魔神(まがみ)(つど)ふオーラ(さん)
211(いさ)(すす)んで(いで)()
212(わが)(たましひ)(ふる)()
213血汐(ちしほ)(をど)(たま)(ひか)
214あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
215イドムの(かみ)よどこ(まで)
216二人(ふたり)(なか)永久(とこしへ)
217(むす)ばせ(たま)万世(よろづよ)
218(くに)(いしずゑ)(かた)めむと
219(いで)()(たま)宣伝使(せんでんし)
220(をつと)()ちて(われ)(いま)
221魔神(まがみ)征途(せいと)(すす)むなり
222あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
223(かみ)かけ(いの)(たてまつ)
224大日(おほひ)()(とも)(くも)(とも)
225(つき)()(とも)()くる(とも)
226魔神(まがみ)(ちから)(つよ)(とも)
227(かみ)(まか)せし(この)身体(からだ)
228(わが)()(きみ)のある(かぎ)
229いかでひるまむ(かみ)御子(みこ)
230(まも)らせ(たま)へと()ぎまつる』
231梅公(うめこう)『アハヽヽヽヽ、232天晴(あつぱれ)々々(あつぱれ)233ヤ、234モウ梅公(うめこう)235(かん)()りました。236かやうな名歌(めいか)()かされては怖気(おぢけ)がついて、237(わたし)(うた)(こと)出来(でき)なくなつて()た。238どうか御免(ごめん)(かうむ)りたいものだな』
239花香(はなか)『オホヽヽヽヽ、240ようそんな卑怯(ひけふ)(こと)仰有(おつしや)られますな。241貴郎(あなた)(をとこ)ぢやありませぬか、242サア、243どうか(うた)つて(くだ)さいませ』
244梅公(うめこう)大野ケ原(おほのがはら)(こま)()
245(またが)(すす)(この)ナイス
246月雪花(つきゆきはな)(はた)(かみ)
247天女(てんによ)のやうなお(ひめ)さま
248かをり(ゆか)しく()(にほ)
249梅公(うめこう)さまの(こし)()
250(しろ)きただむき淡雪(あはゆき)
251(わか)やる(むね)()だたきつ
252大和(やまと)()()雄心(をごころ)
253(くだ)(たま)ふぞ果敢(はか)なけれ
254斎苑(いそ)(やかた)()でしより
255(かみ)(をしへ)(かしこ)みて
256ハルナの(みやこ)神業(しんげふ)
257()しとぐる(まで)(ゆめ)にだも
258をみなに(えにし)(むす)ばじと
259(おも)ひつめしが如何(いか)にして
260かくも(よわ)けくなりしぞや
261(いは)をも()ぬく(くは)(ゆみ)
262(とら)(おほかみ)(おそ)れねど
263(てき)しかねたるたよわ()
264(ほそ)(うで)には()かれけり
265あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
266(ゆる)させ(たま)いそ(かみ)
267(ふる)神代(かみよ)(いにしへ)
268天教山(てんけうざん)中腹(ちうふく)
269諾冊(なぎなみ)二尊(にそん)()れまして
270(とつ)ぎの(みち)(ひら)きまし
271(もも)神々(かみがみ)百人(ももびと)
272草木(くさき)(たね)(まで)()(たま)
273(その)古事(ふるごと)思召(おぼしめ)
274(こひ)(つみ)をば(ゆる)しませ
275(こころ)(かぎ)()(かぎ)
276(こひ)矢玉(やだま)(ふせ)(ども)
277最早(もはや)(ちから)()()てて
278花香(はなか)(ひめ)(たま)()たれ
279(こひ)(やつこ)となりにけり
280(わが)()(きみ)(この)(さま)
281(かぜ)便(たよ)りに()きまさば
282(さぞ)(いか)らせ(たま)ふらむ
283月日(つきひ)(そら)照公(てるこう)
284タクソンさまは(さぞ)(さぞ)
285二人(ふたり)(なか)睦言(むつごと)
286()いた(とき)には呆然(ばうぜん)
287(そら)(あふ)いで(なげ)くだらう
288日頃(ひごろ)こがれしエルソンの
289(きみ)(こころ)はいかにぞや
290花香(はなか)(ひめ)梅公(うめこう)
291宿(やど)(つま)よと()るならば
292折角(せつかく)これ(まで)()()めし
293(こころ)(ゆみ)はひた(まが)
294()さへ(たて)さへたまるまい
295(おも)へば(おも)へば(つみ)(ふか)
296(わが)()(うへ)(おも)(ども)
297花香(はなか)(ひめ)(ねもごろ)
298(せつ)なき(こひ)(せめ)られて
299(のが)れむ(よし)(なつ)野辺(のべ)
300馬耳東風(ばじとうふう)(すす)()
301(ゆる)させ(たま)惟神(かむながら)
302(かみ)御前(みまへ)(わび)まつる』
303花香(はなか)『モシモシ梅公(うめこう)さま、304大変(たいへん)御心配(ごしんぱい)をかけまして()みませぬな。305御迷惑(ごめいわく)御察(おさつ)(まを)します。306ハルナの(みやこ)大任(たいにん)(おび)てお()(あそ)ばす途中(とちう)に、307(わる)(むし)がつきまして(さぞ)(こま)りで(ござ)いませう。308大根(だいこん)()にネチがついたやうに思召(おぼしめ)すでせうが、309(これ)因縁(いんねん)(あきら)めて、310(わたし)をどこ(まで)()れて()つて(くだ)さいませ。311(なに)(ほど)(いや)でも除虫液(ぢよちうえき)などかけないやうに御願(おねが)(まをし)ますよ、312ホヽヽヽヽ』
313梅公(うめこう)(なん)だか大変(たいへん)罪悪(ざいあく)(をか)したやうな()がしてなりませぬが、314(わたし)因果腰(いんぐわごし)()めました。315モウ(かく)なる以上(いじやう)(たがひ)(ちから)(あは)せ、316()(ため)(みち)(ため)に、317あらむ(かぎ)りの(ちから)(つく)しませう』
318花香(はなか)『ハイ有難(ありがた)う。319それを(うけたま)はつて、3191(よみがへ)りました。320どうやら(ふもと)森林(しんりん)(ちか)づきましたやうです。321(これ)から(うへ)険峻(けんしゆん)(こま)(すす)みますまい。322サア、323()りませう』
324花香(はなか)はヒラリと()()りた。325梅公(うめこう)()いで(とび)()り、326(こま)(くび)()(なが)ら、
327梅公(うめこう)『オイ(うま)さま、328御苦労(ごくらう)だつた。329サア(やす)んで(くだ)さい。330(まへ)はジャンクさまの(うち)(うま)だから、331(あま)(とほ)くもないし、332(みち)()つてゐるだらう。333御苦労(ごくらう)(なが)(ひと)(かへ)つてくれ。334(これ)でお(わか)れする。335(まへ)(たてがみ)手紙(てがみ)をつけておくから、336主人(しゆじん)不在(ふざい)でも番頭(ばんとう)がゐるだらう。337キツと(これ)(わた)してくれ』
338(ひと)()(ごと)(はな)(なが)ら、
339自分(じぶん)はどうしてもオーラ(さん)に、340(ぢやう)さまが(とら)はれてるやうだから、341(すく)()しに、342危険(きけん)(をか)して(のぼ)つた。343(いづ)(ちか)(うち)吉左右(きちさう)報告(はうこく)する』
344(しる)した(まま)345(こま)(わか)れを()げ、346花香(はなか)(とも)に、347()るべく人通(ひとどほ)りのない、348夕暗(ゆふやみ)(みち)大杉(おほすぎ)(うへ)(かがや)(ひかり)目当(めあて)辿(たど)()く。349(うま)(あと)ふり(かへ)りふり(かへ)り、350二人(ふたり)名残(なごり)(をし)むが(ごと)くヒンヒンヒンと(たか)(いなな)いて一目散(いちもくさん)(かへ)()く。
351大正一三・一二・一七 旧一一・二一 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)