霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 (をんな)度胸(どきよう)〔一七〇一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第66巻 山河草木 巳の巻 篇:第4篇 恋連愛曖 よみ:れんれんあいあい
章:第19章 第66巻 よみ:おんなのどきょう 通し章番号:1701
口述日:1924(大正13)年12月17日(旧11月21日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年6月29日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6619
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 828頁 修補版: 校定版:271頁 普及版:67頁 初版: ページ備考:
001 梅公(うめこう)002花香(はなか)両人(りやうにん)(ひそか)大杉(おほすぎ)(ふもと)(しの)()り、003よくよく調(しら)べて()れば、004鉄線(てつせん)梯子(はしご)がタワタワと()(うへ)から(さが)つて()る。
005梅公(うめこう)『ハハア曲神(まがかみ)(やつ)ども(この)梯子(はしご)(あが)つて()(うへ)()(とも)し、006(てん)から(ほし)(くだ)るなどと()(なか)(たば)かつて()るのだらう。007ヤ、008面白(おもしろ)い、009曲神(まがかみ)唯一(ゆゐいつ)(ちから)(たの)むこの(ひかり)()()してやらう』
010()(なが)花香(はなか)(とも)梯子(はしご)(つた)うて大杉(おほすぎ)(こずゑ)(よぢ)(のぼ)り、011十六(じふろく)(あかり)一個(いつこ)(のこ)らず()()して仕舞(しま)つた。012(ひる)(あざむ)(すぎ)根本(ねもと)(にはか)(やみ)(まく)()りた。013玄真坊(げんしんばう)014シーゴーは(にはか)()()えたのに不審(ふしん)(おこ)樹下(じゆか)(たたず)んで、
015シーゴー『オイ玄真坊(げんしんばう)016不思議(ふしぎ)(こと)があるものぢやないか。017まだ(あぶら)()れる(とき)でもなし、018(また)十六個(じふろくこ)十六個(じふろくこ)(とも)()えるのは不思議(ふしぎ)ぢやなア。019附近(ふきん)人民(じんみん)(この)大杉(おほすぎ)巨燈(きよとう)()(てん)(ほし)(しん)じ、020渇仰(かつかう)憧憬(どうけい)して()るのに、021(ただ)一時(いちじ)でも(ひかり)()えたとすれば、022信仰(しんかう)土台(どだい)がぐらつく(はず)だ。023さうすれば吾々(われわれ)目的(もくてき)到底(たうてい)(たつ)せられない。024(べつ)(つよ)(かぜ)()いたのでもなし、025どうしたのだらうかなア』
026玄真(げんしん)『どうも不思議(ふしぎ)(ござ)います。027こんな(こと)()らう(はず)がありませぬ。028十分(じふぶん)調(しら)べて(あぶら)もついでおきましたなり、029(なに)かこの(やま)()天狗(てんぐ)(わざ)では(ござ)いますまいか。030(いづ)れにしても不思議(ふしぎ)(こと)(ござ)る』
031二人(ふたり)(しきり)心配(しんぱい)をして()ると、032()(うへ)から()るるが(ごと)大声(おほごゑ)で、
033『ウゥー、034ウゥー、035ウゥー、036ウゥー、037ウゥー』
038連続的(れんぞくてき)(うな)(ごゑ)(きこ)えて()る。039(その)(おそ)ろしさといつたら五臓六腑(ござうろくぷ)(しみ)わたり、040両人(りやうにん)身体(からだ)には体内(たいない)地震(ぢしん)突発(とつぱつ)した。041(また)もや樹上(じゆじやう)より、
042『オーラ(さん)()()もり、043悪逆無道(あくぎやくぶだう)(くはだ)てを(いた)(なんぢ)シーゴー、044玄真坊(げんしんばう)045よツく()け。046(この)(はう)は、047オーラ山脈(さんみやく)一体(いつたい)(むかし)より住家(すみか)(いた)す、048(しん)玄真坊(げんしんばう)大天狗(だいてんぐ)だ。049(なんぢ)不都合(ふつがふ)千万(せんばん)にも(わが)()(かた)玄真坊(げんしんばう)(しよう)し、050大杉(おほすぎ)(えだ)燈火(とうくわ)(てん)じ、051(てん)より(ほし)(くだ)つて(なんぢ)説法(せつぱふ)聴聞(ちやうもん)すると(いつは)り、052天下(てんか)万民(ばんみん)誑惑(たぶら)かし、053金銭(きんせん)物品(ぶつぴん)()ふも(さら)なり、054(ひと)(つま)(むすめ)誘拐(かどわか)し、055金穀(きんこく)強奪(がうだつ)する不届者(ふとどきもの)056もはや(なんぢ)天命(てんめい)つきたれば、057一時(いちじ)(はや)()(あらた)め、058解散(かいさん)(いた)さばよし、059何時(いつ)(まで)悪事(あくじ)続行(ぞくかう)するに(おい)ては、060玄真坊(げんしんばう)大天狗(だいてんぐ)061汝等(なんぢら)素首(そつくび)()()()れむ。062返答(へんたふ)如何(いか)に、063ウゥーウゥーウゥー』
064 これを()くより両人(りやうにん)顔色(かほいろ)をかへ、065ビリビリ(ふる)へながら、
066シーゴー『オイオイ玄真(げんしん)067(えら)(こと)になつたぢやないか。068あんな(こと)天狗(てんぐ)()ふわい。069折角(せつかく)(ここ)(まで)仕組(しぐ)んだ狂言(きやうげん)中途(ちうと)()めるのは(をし)いけれど、070(いのち)にや()へられぬぢやないか』
071 玄真坊(げんしんばう)(ふる)(なが)ら、
072玄真(げんしん)『ソヽヽそれぢやと()つて、073(いま)(にはか)()める(わけ)にはゆかず、074沢山(たくさん)乾児(こぶん)もある(こと)なり、075(なん)とか天狗(てんぐ)さまにお(ねが)(まを)し、076(しばら)くの御猶予(ごいうよ)(ねが)はうぢやないか』
077シーゴー『ウン、078それもさうだ。079(おれ)(たち)はどうなつてもよいが、080(いま)(にはか)解散(かいさん)するとなると沢山(たくさん)部下(ぶか)(たちま)路頭(ろとう)(まよ)ふからなア。081まア(ひと)つお(ねが)ひして()ようかい』
082玄真(げんしん)『もしもし、083樹上(じゆじやう)玄真坊(げんしんばう)大天狗(だいてんぐ)(さま)084(まこと)申訳(まうしわけ)のない(こと)では(ござ)いますが、085(いま)(にはか)解散(かいさん)(いた)しましては、086三千(さんぜん)部下(ぶか)(たちま)路頭(ろとう)(まよ)ひ、087四方(しはう)八方(はつぱう)()(みだ)れて、088益々(ますます)(あく)(たくま)しうするかも()れませぬ。089さうなれば国民(こくみん)難儀(なんぎ)層一層(そういつそう)(はなはだ)しくなるかも()れませぬ。090()うか改心(かいしん)(いた)しますから、091部下(ぶか)取纒(とりまと)め、092貴方様(あなたさま)御教訓(ごけうくん)(とつく)()()かせ郷里(きやうり)(かへ)しますから、093(それ)(まで)御猶予(ごいうよ)(ねが)ひます。094(わたくし)のみの難儀(なんぎ)では(ござ)いませぬ、095部下(ぶか)三千(さんぜん)難儀(なんぎ)(ござ)いますから』
096 (こゑ)(おう)じて樹上(じゆじやう)より、
097『ウゥーウゥー、098ならぬならぬ。099一時(いちじ)(はや)退散(たいさん)(いた)せ。100三千人(さんぜんにん)小泥棒(こどろぼう)(くる)しむのは自業自得(じごふじとく)だ。101積悪(せきあく)(むく)いだ。102汝等(なんぢら)無辜(むこ)良民(りやうみん)(くる)しめ苛責(さいな)み、103良家(りやうか)婦女(ふぢよ)誘拐(かどわか)岩窟(がんくつ)()()めおき、104肉欲(にくよく)(たくま)しふせむとする不届(ふとど)(もの)105この霊山(れいざん)(けが)せしにより、106これよりレコード(やぶ)りの山風(やまかぜ)(おこ)三千(さんぜん)部下(ぶか)天空(てんくう)(たか)()()げ、107(その)身体(しんたい)()()微塵(みぢん)()(くだ)き、108(こら)して()れむ』
109 (つぎ)(をんな)(やさ)しき(こゑ)にて、
110(わらは)(てん)より(くだ)りし、111(まこと)棚機姫命(たなばたひめのみこと)であるぞ。112(なんぢ)玄真坊(げんしんばう)113シーゴー(ばう)とやら、114よく(うけたま)はれ。115(いま)やトルマン(ごく)はバラモン(ぐん)()(なや)まされ、116バルガン(じやう)十重(とへ)廿重(はたへ)(かこ)まれ、117国王(こくわう)のトルカは(まさ)捕虜(ほりよ)にせられむとする大国難(だいこくなん)(さい)なるぞ。118(その)(きよ)(じやう)じて汝等(なんぢら)所在(あらゆる)良民(りやうみん)(たぶ)らかし、119金銭(きんせん)(うば)()り、120武備(ぶび)(ととの)へてバルガン(じやう)(かこ)みトルマン(ごく)占領(せんりやう)し、121()いて印度(いんど)七千余国(しちせんよこく)蹂躙(じうりん)せむとする、122極悪無道(ごくあくぶだう)外道(げだう)畜生(ちくしやう)()123一時(いちじ)(はや)()(あらた)めて(かみ)(しや)せよ』
124シーゴー『ハイ、125どうも(おそ)()りまして(ござ)います。126キツト心得(こころえ)ますから、127(わたし)(はじ)部下(ぶか)(いのち)だけはお(たす)(くだ)さいますやうに』
128 樹上(じゆじやう)より、
129『ウハヽヽヽ、130(おそ)()つたか、131往生(わうじやう)(いた)したか。132サア一時(いちじ)(はや)解散(かいさん)(じつ)(しめ)せよ』
133シーゴー『ハイ唯今(ただいま)134大親分(おほおやぶん)のヨリコ(ひめ)女帝(によてい)(まをし)()()ぐに解散(かいさん)(いた)します。135(しばら)くお()ちを(ねが)ひます』
136()(なが)137ヨリコ(ひめ)居間(ゐま)()()(みぎ)次第(しだい)詳細(つぶさ)物語(ものがた)つた。138ヨリコ(ひめ)一伍一什(いちぶしじふ)()()り、139ニツコと(わら)(なが)ら、
140ヨリコ『あれ(ほど)沢山(たくさん)(あぶら)がさしてあり、141(かぜ)()かぬに()()える道理(だうり)もなし、142(また)()(うへ)天狗(てんぐ)がとまつて託宣(たくせん)するのもをかしい。143(また)棚機姫(たなばたひめ)(くだ)つて宣示(せんじ)するとは益々(ますます)(あや)しいでは()いか。144さう()(こと)(だま)されるやうで(この)大望(たいまう)成就(じやうじゆ)するものか。145()(しつ)かりなさい。146玄真坊(げんしんばう)はどうして()るのか』
147シーゴー『ハイ、148玄真(げんしん)(ふる)(をのの)樹下(じゆか)(たふ)れて仕舞(しま)ひました』
149ヨリコ『ホヽヽヽ、150(なん)とした腰抜(こしぬ)けだらう。151天狗(てんぐ)なんか(なに)(おそ)ろしい。152屹度(きつと)何者(なにもの)かの悪戯(いたづら)だらう。153よく調(しら)べて()なさい』
154シーゴー『ハイ、155もう(この)(うへ)調(しら)べやうは(ござ)いませぬ。156(ひと)(うな)られやうものなら、157五臓六腑(ござうろくぷ)(ふる)(をのの)き、158()つても()ても()られなくなります。159人間(にんげん)がどうして、160あんな(おほ)きな(こゑ)()ませう。161屹度(きつと)天狗(てんぐ)間違(まちが)ひはありませぬ』
162ヨリコ『これシーゴーさま、163(まへ)随分(ずいぶん)経験(けいけん)()んだ悪党(あくたう)ぢやないか。164天狗(てんぐ)(それ)(ほど)(こは)いのか。165そして天狗(てんぐ)(こゑ)陰性(いんせい)だから、166(けつ)して(ひと)(たい)(ひび)くものでない。167大方(おほかた)(さけ)にでも()うて乾児(こぶん)(やつ)(ども)(くち)竹筒(たけづつ)でも()てて、168(まへ)(たち)胆試(きもだめ)しをやつて()るのかも()れませぬよ』
169シーゴー『イエイエ、170(けつ)して(けつ)して竹筒(たけづつ)(こゑ)ぢやありませぬ。171人間(にんげん)(こゑ)でも()し、172大変(たいへん)強力(がうりき)(こゑ)(ござ)います』
173ヨリコ『ハテ、174(めう)(こと)()ふぢやないか。175どれ自分(じぶん)()つて調(しら)べて()ませう』
176落付(おちつ)(はら)つた(ふう)でボツボツと着衣(ちやくい)整理(せいり)し、177悠然(いうぜん)としてシーゴーの(うしろ)から、178大杉(おほすぎ)(もと)へとやつて()た。
179ヨリコ『そこに()るのは玄真坊(げんしんばう)ぢやないか。180(なん)だい、181天狗(てんぐ)(ぐらゐ)(ふる)つて()るのかい』
182玄真(げんしん)『ハイ、183女帝様(によていさま)184どうかお(たす)(くだ)さいませ。185大変(たいへん)(こと)出来(でき)()ました。186もう(わたし)年貢(ねんぐ)(をさ)(どき)です。187身体(しんたい)強直(きやうちよく)して身動(みうご)きが出来(でき)なくなりました』
188ヨリコ『ホヽヽヽ、189まアよい腰抜(こしぬけ)だこと。190どれ、191これから(わらは)樹上(じゆじやう)天狗(てんぐ)とやらを()つちめてやりませう』
192 この(とき)樹上(じゆじやう)より(また)もや、
193『ウゥーウゥーウゥー』
194千匹(せんびき)(おほかみ)一度(いちど)(うな)()したやうな(おそ)ろしい(こゑ)(きこ)えて()た。195シーゴー、196玄真(げんしん)(みみ)をかかへて()(ふる)(その)()パタリ()()して仕舞(しま)つた。197ヨリコ(ひめ)平然(へいぜん)として樹上(じゆじやう)()(あふ)(なが)ら、
198ヨリコ『オイ、199樹上(じゆじやう)()怪物(くわいぶつ)何物(なにもの)だ。200いい加減(かげん)悪戯(いたづら)(いた)しておけ。201ヨリコ(ひめ)(あら)はれた以上(いじやう)は、202如何(いか)なる(なんぢ)奸策(かんさく)根底(こんてい)より看破(かんぱ)してやらうぞや。203その(はう)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(とも)をいたす()()武者(むしや)だらう』
204 (この)落付(おちつ)(はら)つたヨリコの(こゑ)()いて、205(さすが)梅公(うめこう)(した)()いた。206樹上(じゆじやう)花香(はなか)はヨリコ(ひめ)()(こゑ)()き……(なん)となく()(おぼ)えもあり、207もしか三年前(さんねんまへ)(わが)()()()した姉上(あねうへ)ではあるまいか、208ても()ても不思議(ふしぎ)(こと)だなア……と(くび)(かたむ)けて()た。209樹上(じゆじやう)より、
210(それがし)(じつ)(ところ)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)梅公別命(うめこうわけのみこと)である。211汝等(なんぢら)悪党(あくたう)(ども)オーラ(さん)()(こも)り、212よからぬ(こと)(いた)すと()き、213神命(しんめい)(ほう)じ、214汝等(なんぢら)一同(いちどう)改心(かいしん)(せま)るべく、215(その)第一(だいいち)着手(ちやくしゆ)として汝等(なんぢら)詐術(さじゆつ)根元(こんげん)たる樹上(じゆじやう)諸燈(しよとう)()()し、216大天狗(だいてんぐ)として訓戒(くんかい)(あた)へてやつたのだ。217()うだ、218()(こと)ばれたる(うへ)はスツカリ改心(かいしん)(いた)すか、219(これ)でもまだ継続(けいぞく)して悪事(あくじ)(いた)覚悟(かくご)か、220返答(へんたふ)()かう』
221 玄真坊(げんしんばう)(はじ)めて人間(にんげん)()(にはか)(つよ)くなり、222樹上(じゆじやう)()(あふ)(なが)ら、
223玄真(げんしん)『アハヽヽヽ、224猪口才(ちよこざい)千万(せんばん)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)玉子(たまご)()225いらざるほててんごう(いた)して後悔(こうくわい)するな。226吾々(われわれ)には三千(さんぜん)部下(ぶか)がある。227(なんぢ)(ごと)()()武者(むしや)228仮令(たとへ)鬼神(きじん)(ひし)(ゆう)あるも(くわ)をもつて(しう)(てき)することは出来(でき)まい。229()らざるせつかい()めて樹上(じゆじやう)(くだ)り、230一時(いちじ)(はや)(わが)(まへ)謝罪(しやざい)(いた)せ』
231 (この)(あひだ)にシーゴーは縄梯子(なはばしご)(くくり)()いたから(たま)らない。232梅公(うめこう)233花香(はなか)両人(りやうにん)急転直下(きふてんちよくか)(いきほひ)で、234ズルズルズルドスンと樹下(じゆか)()ちて()た。235ヨリコ(ひめ)手早(てばや)(をんな)()(とら)後手(うしろで)(しば)()げた。236梅公(うめこう)(いささ)(こし)()つて()(とほ)くなつて()()にシーゴーの部下(ぶか)のパンクに高手(たかて)小手(こて)(しば)られ、237サンダー、238スガコの幽閉(いうへい)してある石室(いしむろ)(なか)男女(だんぢよ)(とも)()()まれて(しま)つた。
239ヨリコ『ホヽヽヽ、240いらざる(かま)()てをして(いましめ)につくとは(なさけ)ない(やつ)だなア。241()んで()()(なつ)(むし)242ヨリコ女帝(によてい)威勢(ゐせい)には如何(いか)なる(もの)(かな)うまいがな。243これ、244玄真(げんしん)245シーゴー(しつか)りなさらないのか。246こんな(こと)(きも)(つぶ)すやうでは、247バルガン(じやう)占領(せんりやう)し、248()いで印度(いんど)七千余国(しちせんよこく)掌握(しやうあく)するやうな(こと)到底(たうてい)出来(でき)ますまいぞや』
249玄真(げんしん)(わたし)人間(にんげん)()れば(べつ)(おどろ)かないのです。250人間(にんげん)なれば仮令(たとへ)何万(なんまん)()()せて()るともビクとも(いた)さぬ(それがし)ですが、251中有界(ちううかい)魔神(まがみ)()いては一寸(ちよつと)(めん)()らはないでは()られませぬ。252(しか)人間(にんげん)だと()うたつて(この)(やま)天狗(てんぐ)巣窟(さうくつ)()いて()ますから、253本当(ほんたう)天狗(てんぐ)(きた)(こま)るでせう。254(その)(とき)用意(ようい)(いま)から講究(かうきう)しておかねばなりますまい』
255ヨリコ『これ玄真坊(げんしんばう)256(なに)(ほう)けて()るのだ。257仮令(たとへ)中有界(ちううかい)()であらうが、258天界(てんかい)鬼神(きじん)であらうと、259地獄(ぢごく)(おに)であらうと、260獅子(しし)261(とら)262(くま)263大蛇(をろち)であらうが、264万物(ばんぶつ)霊長(れいちやう)たる人間(にんげん)(うま)れて(なに)(おそ)るべき(こと)があらうぞ。265人間(にんげん)万有(ばんいう)支配(しはい)するの権能(けんのう)(かみ)から(あた)へられて()るのだ。266(ちつ)(しつか)りしなさい』
267玄真(げんしん)『ハイハイ(しつか)(いた)します。268何分(なにぶん)宜敷(よろし)うお(ねが)(まをし)ます。269到底(たうてい)かふ()(とき)には貴女(あなた)でなければ解決(かいけつ)がつきませぬ』
270ヨリコ『ホヽヽヽ、271天帝(てんてい)化身様(けしんさま)でも真実(ほんま)ものの天狗(てんぐ)には(かな)ひませぬかな。272これシーゴー殿(どの)273(とし)にも似合(にあは)ぬ、274(まへ)随分(ずいぶん)狼狽(うろた)へましたね。275()(はぢ)をお()りなさい。276(なん)ですか、277(たか)(をとこ)一匹(いつぴき)二匹(にひき)(きも)(つぶ)して、278こんな(こと)でどうして今後(こんご)大望(たいまう)成就(じやうじゆ)(いた)しますか』
279シーゴー『ハイ、280面目(めんぼく)次第(しだい)(ござ)いませぬ。281何分(なにぶん)突然(とつぜん)(こと)()ひ、282()ゆべき(はず)()()()え、283大木(たいぼく)(うへ)から不思議(ふしぎ)(こゑ)がいたすものだから一寸(ちよつと)面喰(めんくら)ひましたので、284日頃(ひごろ)沈着(おちつき)のある(わたくし)も、285玄真坊(げんしんばう)狼狽病(らうばいびやう)伝染(でんせん)(いた)しまして、286つい気後(きおく)(びやう)突発(とつぱつ)(いた)しました。287女帝様(によていさま)懇切(こんせつ)周到(しうたう)なる外科(げくわ)手術(しゆじゆつ)によつて、288やつと全快(ぜんくわい)したやうで(ござ)います』
289ヨリコ『ホヽヽヽ、290まア全快(ぜんくわい)出来(でき)結構(けつこう)々々(けつこう)291薬礼(やくれい)幾何(いくら)()しますかな』
292シーゴー『ハイ、293()づさうですな、294(やく)295窮戦(きうせん)窮百(きうひやく)九重(きうぢう)九怨(きうゑん)(ばか)差上(さしあ)げませう。296アハヽヽ』
297ヨリコ『九死一生(きうしいつしやう)場合(ばあひ)女帝(によてい)さまに(すく)はれたのだからな、298(その)(くらゐ)はお()しになつてもよろしからう、299ホヽヽヽ。300(しか)(なが)らあの(あや)しき(をとこ)(をんな)をよく取調(とりしら)べて(のち)(ほど)報告(はうこく)して(もら)ひたい。301(わたし)はこれから居間(ゐま)(かへ)つて(しばら)休息(きうそく)するから』
302シーゴー『ハイ、303承知(しようち)(いた)しました。304玄真坊(げんしんばう)相談(さうだん)(いた)し、305(とつ)くと実否(じつぴ)調(しら)べ、306(あらた)めて御報告(ごほうこく)申上(まをしあ)げます。307どうか明朝(みやうてう)(まで)御猶予(ごいうよ)(ねが)ひます』
308 ヨリコはニコニコし(なが)()(うなづ)き、309足早(あしばや)(かへ)()く。
310大正一三・一二・一七 旧一一・二一 於祥雲閣 加藤明子録)