霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章 (つき)(やみ)〔二〇一二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第80巻 天祥地瑞 未の巻 篇:第2篇 秋夜の月 よみ:しゅうやのつき
章:第8章 第80巻 よみ:つきとやみ 通し章番号:2012
口述日:1934(昭和9)年07月27日(旧06月16日) 口述場所:関東別院南風閣 筆録者:白石恵子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年12月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm8008
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 330頁 修補版: 校定版:147頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 月見(つきみ)(をか)以南(いなん)は、002(そし)(ばば)水奔鬼(すゐほんき)縄張(なはばり)とも(しよう)すべき()原野(げんや)なり。003(そし)(ばば)(この)入口(いりぐち)(あら)はれ、004一行(いつかう)出発(しゆつぱつ)(さまた)げむとして、005小手調(こてしら)べの(ため)全力(ぜんりよく)(つく)し、006黒雲(くろくも)(おこ)し、007天心(てんしん)(つき)(つつ)みて(やみ)となし、008(かつ)一行(いつかう)心胆(しんたん)(うば)はむと極力(きよくりよく)(そし)()らしけるが、009秋男(あきを)生言霊(いくことたま)()ちまくられ、010(はた)()(ほこ)(をさ)めて退却(たいきやく)したりける。
011 (ふたた)大空(おほぞら)(くも)は、012科戸(しなど)(かぜ)()きまくられ、013以前(いぜん)(ごと)明鏡(めいきやう)(つき)皎々(かうかう)(かがや)(わた)りて、014月見(つきみ)(をか)清地(せいち)は、015(あり)()ふさへ()ゆるまで(あか)くなりける。
016 秋男(あきを)(いさ)みたち(うた)ふ。
017面白(おもしろ)(しこ)(つかさ)(そし)(ばば)
018わが言霊(ことたま)(くも)()えたり。
019魔力(まぢから)(かぎ)りつくして大空(おほぞら)
020黒雲(くろくも)(おこ)せし(ばば)もしれ(もの)よ。
021全力(ぜんりよく)(つく)せし(ばば)計略(たくらみ)
022生言霊(いくことたま)(もろ)()えたり。
023月見(つきみ)(をか)(むし)(かげ)さへ()ゆるまで
024()(わた)りたる今宵(こよひ)めでたし。
025(そし)(ばば)言葉(ことば)によれば(おとうと)
026(わら)(ばば)アに(ころ)されしとや。
027さりながら悪魔(あくま)言葉(ことば)(あて)にならじ
028われを(はか)るの手段(てだて)なるらむ。
029悪神(あくがみ)(ちから)(そこ)()えにけり
030わが(たましひ)はいよいよかがよふ。
031大空(おほぞら)(つき)(かがみ)()らされて
032悪魔(あくま)(きり)()()せにけむ。
033女郎花(をみなへし)(にほ)へる(をか)(やす)らひて
034(そし)(ばば)アの(すさ)()しかな。
035(かげ)かくし(こゑ)のみかくる(ばば)なれば
036その魔力(まぢから)(そこ)()ゆめり。
037いやらしき(こゑ)()りあげ吾等(われら)をば
038(おど)(ばば)アの(あさ)はかなるも。
039これよりは二人(ふたり)(ばば)相手(あひて)とし
040いむかひ()かむ高光(たかみつ)(やま)へ。
041面白(おもしろ)(ゆめ)()なるよ(つき)()
042(をか)曲津(まがつ)(やみ)(まく)()る。
043(やみ)(まく)はもろく(やぶ)れて鬼婆(おにばば)
044生命(いのち)からがら()()せにける。
045(はぎ)桔梗(ききやう)女郎花(をみなへし)()(をか)()
046うつろふ(つき)(かがみ)なるかも。
047(はぎ)(つゆ)むすびて(のど)(うる)ほさむ
048川水(かはみづ)ことごと(どく)(まじ)れば。
049水奔草(すゐほんさう)葉末(はずゑ)(つゆ)のしたたりて
050(かは)となりぬる(みづ)(おそ)ろし。
051葭原(よしはら)のよし(ぐさ)()()(しげ)
052水奔草(すゐほんさう)はいまはしき(くさ)よ。
053(くさ)()(しの)()まへる毒竜(どくりう)
054イヂチに(こころ)(そそ)ぎて(すす)まむ。
055()(かく)天地(あめつち)一度(いちど)()れし()
056(つき)(かがみ)(ちから)(すす)まむ。
057(あき)さりて野辺(のべ)()(かぜ)(すず)しけれど
058(こころ)せよかし(どく)(まじ)れば。
059果敢(はか)なくも(ほこ)(をさ)めて()()りし
060(そし)(ばば)アの卑怯(ひけふ)なるかな』
061 (まつ)(うた)ふ。
062(まつ)()(つき)(ひかり)はさゆらげり
063野辺(のべ)()(かぜ)のすがたなるらむ。
064(かぜ)(みち)夜目(よめ)にも()えて(をか)()
065茂樹(しげき)(こずゑ)(なみ)うちにけり。
066面白(おもしろ)(そし)(ばば)アのわざをぎを
067暗闇(くらやみ)(まく)(とほ)して()きぬ。
068一時(ひととき)はわが(たましひ)(をのの)きぬ
069二十重(はたへ)(やみ)(つつ)まれしより。
070(やみ)(まく)われを(つつ)みしたまゆらに
071(たま)はをののき()えむとせしも』
072 (たけ)(うた)ふ。
073(こころ)(よわ)(まつ)(きみ)かなわれはただ
074(そら)()(かぜ)とうそぶきて()し。
075(やみ)(こゑ)目当(めあて)()かむと竹槍(たけやり)
076()(みが)きつつわれは()()し。
077上下(うへした)(みぎ)(ひだり)(きこ)()
078(ばば)在処(ありか)()けがてに()し。
079わが(きみ)生言霊(いくことたま)にうち()され
080(もろ)くも(おに)(やぶ)れけるかな。
081魔力(まぢから)のあらむ(かぎ)りのはたらきは
082かくやと(おも)ひわれは(いさ)むも。
083(きも)むかふ(こころ)かためて(すす)むべし
084水奔草(すゐほんさう)のしげれる野辺(のべ)を。
085月光(つきかげ)はさやかなれども()()くるを
086()ちて(すす)まむ(しこ)草原(くさはら)
087 (うめ)(うた)ふ。
088面白(おもしろ)(そし)(ばば)アが(あら)はれて
089(どろ)()きつつ()(かへ)りけり。
090暗闇(くらやみ)(なか)にまぎれて(そし)(ごと)
091ぬかす(ばば)アの卑怯(ひけふ)なるかな。
092(わら)(ばば)(そし)(ばば)アと面白(おもしろ)
093(おに)()むなる(しこ)葭原(よしはら)よ。
094葭原(よしはら)(ひろ)きに曲津(まが)(ひそ)むとも
095われは()くまで征討(きた)めでおくべき。
096(わが)(きみ)生言霊(いくことたま)()(おそ)
097さすがの(そし)(ばば)アも()えたり。
098一度(ひとたび)姿(すがた)()ゆれど何時(いつ)(また)
099(そし)(ばば)アは(あら)はれ(きた)らむ。
100われも(また)(そし)()らして鬼婆(おにばば)
101度肝(どぎも)()いてくれむとぞ(おも)ふ。
102(そし)(こと)ならばひるまじ何処(どこ)までも
103(ひと)悪口(わるくち)()きな(われ)なり。
104(そし)(ばば)いくらなりとも(そし)れかし
105(あく)たれ(ばば)アの寝言(ねごと)()かむ。
106ざまを()生言霊(いくことたま)にやらはれて
107(かげ)(かたち)もなきつつ()()く。
108どこまでも(ばば)アの(あと)追跡(ついせき)
109(そし)(ころ)してやらねば()かぬ。
110(こも)()(こずゑ)(ばば)()さくなりて
111わが言霊(ことたま)(ふる)()くらむ。
112(かれ)(また)しれものなれば(その)姿(すがた)
113(むし)(へん)じて(しの)()るらむ。
114面白(おもしろ)(ばば)アの(すさ)びを()たりけり
115姿(すがた)なけれどくだけたる(こゑ)
116 (さくら)(うた)ふ。
117『わが(きみ)生言霊(いくことたま)大空(おほぞら)
118黒雲(くろくも)()れて(つき)(のぞ)けり。
119(もち)()(つき)(かしら)()びながら
120月見(つきみ)(をか)雄猛(をたけ)びするかな。
121(むし)()(には)かに(たか)()えにけり
122(つき)のしたびに(つゆ)をなめつつ。
123瑠璃光(るりくわう)のひかり(てら)して(くさ)()
124(つゆ)はあちこち(かがや)きそめたり。
125(この)(きよ)月見(つきみ)(をか)におほけなくも
126(そし)(ばば)アは(あら)はれにけり。
127さりながら姿(すがた)かくせる鬼婆(おにばば)
128その卑怯(ひけふ)さにあきれかへりぬ。
129ギヤハハハハとさもいやらしき(こゑ)(しぼ)
130われ()(きも)(ひや)さむとせし。
131曲鬼(まがおに)言葉(ことば)(よわ)(ちから)なし
132如何(いか)でひるまむ大丈夫(ますらを)われは。
133鬼婆(おにばば)(ちから)(そこ)()えにけり
134いざや(すす)まむ(ほろ)()すまで。
135(はぎ)桔梗(ききやう)女郎花(をみなへし)()(この)(をか)
136一夜(いちや)(つゆ)宿(やど)りたのむも。
137はろばろと(しこ)大野(おほの)(わた)()
138(かがみ)()ゆる(つき)(した)しむ。
139()(かく)今宵(こよひ)(ねむ)らず(あかつき)
140()ちて火炎(くわえん)(やま)(すす)まむ。
141(おと)()火炎(くわえん)(やま)鬼婆(おにばば)
142手下(てした)(あつ)むる元津棲処(もとつすみか)と』
143 秋男(あきを)(うた)ふ。
144月明(げつめい)()なれば(あき)百草(ももくさ)
145(はな)色香(いろか)もさやに()えけり。
146()くるまで吾等(われら)此処(ここ)(やす)らひて
147(はな)(つき)とを()めて()つべし。
148(をか)()(かぜ)(なび)ける穂薄(ほすすき)
149(つゆ)にかがよふ(つき)のさやけさ。
150花薄(はなすすき)(かぜ)にゆれつつ()(なび)
151月見(つきみ)(をか)(よる)(しづ)けし。
152これといふ(ひと)もなき()穂薄(ほすすき)
153(たれ)(まね)くか()かまほしけれ。
154()(かぜ)()きのままなる穂薄(ほすすき)
155姿(すがた)(よわ)(ひと)()しかも。
156(つゆ)しげく(たも)尾花(をばな)(かしら)(おも)
157()にうつぶして(なみだ)()らせり。
158かくの(ごと)(そし)(ばば)アもいづれかの
159野辺(のべ)にうち()()()しにけむ。
160穂薄(ほすすき)(みぎ)(ひだり)にさゆれつつ
161(なみだ)(つゆ)()らす夜半(よは)なり。
162穂薄(ほすすき)(この)(をか)のみか(みち)()
163(つゆ)()びつつ(まね)()るらむ。
164心地(ここち)よき(この)秋空(あきぞら)穂薄(ほすすき)
165(かぜ)(なび)きて()()()しさよ。
166小夜(さよ)()けてわびしき(をか)穂薄(ほすすき)
167いと(さび)しげに(われ)(まね)けり。
168花薄(はなすすき)(かぜ)になびける優姿(やさすがた)
169()つつ(おも)ふも(いへ)なるつまを。
170(むし)(こゑ)いとも()えたる(をか)()
171花波(はななみ)()する夜半(よは)()すすき。
172夜半(よは)(かぜ)(まつ)をそよがす度毎(たびごと)
173(をか)尾花(をばな)(そで)かへすなり。
174()(はら)(かぜ)(たもと)(なび)かせつ
175なほ(つゆ)しげき()すすきの(はな)
176 (まつ)(うた)ふ。
177()(にほ)小草(をぐさ)(はな)()(つゆ)
178今宵(こよひ)(つき)(ひかり)にかがよふ。
179八千草(やちぐさ)(しげ)みにすだく(むし)()
180いよいよ(たか)(つき)()くらむ。
181()(つゆ)にぬるる(たもと)(しぼ)りながら
182尾花(をばな)()けてのぼり()しはや。
183(ゆふ)さりて秋風(あきかぜ)そよぐ(この)(をか)
184のぼれば(まつ)(つき)はさゆるる。
185()(かぜ)(おと)につくづく(あき)()
186月見(つきみ)(をか)(つゆ)のやどりに。
187(うす)()()(いだ)したる紅葉(もみぢば)
188かげ一色(ひといろ)()ゆる(つき)()
189黒雲(くろくも)(つつ)まれたれどしら百合(ゆり)
190(はな)真白(ましろ)()えにけらしな。
191鬼婆(おにばば)月見(つきみ)(をか)風光(ふうくわう)
192(こが)れて()()(きた)()るらむ』
193 (たけ)(うた)ふ。
194()(すさ)(かぜ)葉末(はずゑ)(つゆ)ちりて
195わが裳裾(もすそ)まで湿(しめ)らひにける。
196鬼婆(おにばば)(なみだ)(つゆ)()らねども
197わが衣手(ころもで)(おも)くなりぬる。
198はかなきは(つゆ)生命(いのち)(かぜ)()かば
199ただに()りゆく鬼婆(おにばば)(かげ)
200(この)(をか)(つき)のしたびに(かがや)ける
201(つゆ)白玉(しらたま)()るもさやけし。
202鬼婆(おにばば)(そそのか)されて是非(ぜひ)もなく
203月見(つきみ)(をか)()(あか)しける』
204 (うめ)(うた)ふ。
205葭原(よしはら)(よし)葉末(はずゑ)()きて()
206(かぜ)(ひび)きは(にご)らへるかも。
207(をか)()一本(ひともと)老松(おいまつ)くつきりと
208月下(げつか)にたちて()(いろ)(くろ)めり。
209(をか)()赤土(あかつち)()(まつ)(かげ)
210(ゑが)きて(つき)西(にし)(わた)()く。
211明日(あす)()(しこ)大野(おほの)をのり()えて
212(いは)()()()()みさくみ()かむ。
213葭草(よしぐさ)()(しげ)りたる低所(ひくどころ)
214さけて(とほ)らむ(すすき)()ふる()を。
215(たか)()穂薄(ほすすき)なびき(ひく)()
216しめりて葭草(よしぐさ)(しげ)らへるかも』
217 (さくら)(うた)ふ。
218『ほのぼのと(あづま)(そら)(しら)みけり
219西(にし)()(つき)のかげうすらぎて。
220やがて(いま)豊栄(とよさか)のぼる()(かげ)
221(ちから)とたのみ(みなみ)(すす)まむ。
222(みむなみ)(そら)(そび)ゆる火炎山(くわえんざん)
223ほのかに()えて(かすみ)棚引(たなび)く。
224火炎山(くわえんざん)かすみの(おび)をしめながら
225曲鬼(まがおに)数多(あまた)かかへ()るらし。
226(ひむがし)御空(みそら)つぎつぎ(あか)らみて
227数多(あまた)(ほし)はかくろひにけり』
228 これより一行(いつかう)は、229火炎山(くわえんざん)方面(はうめん)さして、230やや(たか)原野(げんや)(つた)ひながら、231宣伝歌(せんでんか)をうたひ南進(なんしん)する(こと)となりぬ。
232昭和九・七・二七 旧六・一六 於関東別院南風閣 白石恵子謹録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。