霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 憤死(ふんし)〔二〇一九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第80巻 天祥地瑞 未の巻 篇:第2篇 秋夜の月 よみ:しゅうやのつき
章:第15章 憤死 よみ:ふんし 通し章番号:2019
口述日:1934(昭和9)年07月28日(旧06月17日) 口述場所:関東別院南風閣 筆録者:森良仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年12月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
秋男は木蔭に立って再び生言霊の祝詞を奏上し、葭原国を開くため、水上山の第三子が言霊によって悪魔を打ち負かし、言向け和すと宣り上げた。すると、心地よい風が吹き通り、山腹の女郎花をゆるがせ、めでたい鳥の声がすがすがしく、虫の声もうるわしく聞こえてきた。
一同は言霊の威力に力を得て、壁立つ山肌を山頂に向かって登り始めた。山頂も間近になったころ、一同は腰をおろして体を休め、下界を眺めながらそれぞれここまでの述懐と、最後の決戦の決意を歌っていた。
すると突然、山頂から大岩石の雨が降り落ちてきた。五人は危険の中を省みずに岩の雨をくぐって山頂に達した。すると、猛獣毒蛇の悪魔たちがいっせいに五人に襲い掛かってきた。
五人は火種を奪おうと火口に殺到したが、猛獣毒蛇の群れは必死で襲い掛かった。そして五人をくわえると、次々に火口に投げ下ろしてしまった。
五人の勇者は火口の火に焼かれ、白骨となって天高く舞い上がり、地上に落ちて果てた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 367頁 修補版: 校定版:286頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 秋男(あきを)以前(いぜん)樹蔭(こかげ)()ちて此処(ここ)先途(せんど)生言霊(いくことたま)()る。
002高天原(たかあまはら)()れませる
003()大神(おほかみ)神言(みこと)もて
004(ごゑ)言霊(ことたま)()れませる
005(みづ)御霊(みたま)神柱(かむばしら)
006顕津男(あきつを)(かみ)国々(くにぐに)
007経巡(へめぐ)(たま)ひて言霊(ことたま)
008水火(いき)()らして(かみ)()
009国土(くに)()ませる功績(いさをし)
010大海原(おほうなばら)国土(くにつち)
011外字(うまら)委曲(つばら)()りましぬ
012(なか)にも(ひろ)万里(まで)(うみ)
013(その)真中(まんなか)(うか)びたる
014島々(しまじま)数多(あまた)ある(なか)
015()けて(ひろ)けき(よし)(しま)
016葭原国(よしはらぐに)()(かみ)
017(うづ)御水火(みいき)()るものぞ
018山河草木(やまかはくさき)人草(ひとぐさ)
019(とり)(けだもの)のはしまでも
020(みな)()(かみ)御水火(おんいき)
021()()(たま)ひし御賜物(みたまもの)
022この食国(をすくに)安々(やすやす)
023(せい)()けたる現世(うつしよ)
024(ひと)のみならず幽世(かくりよ)
025身魂(みたま)ことごと御恵(みめぐ)みを
026(かかぶ)らぬもの()かるべし
027()大神(おほかみ)(つか)はせし
028朝霧比女(あさぎりひめ)神言(みこと)もちて
029吾等(われら)(ちち)(いは)()
030水上山(みなかみやま)聖場(せいぢやう)
031(うづ)(やかた)(かま)へまし
032予讃(よさ)国原(くにはら)(ことごと)
033(しろ)()すべき(つかさ)なり
034(われ)(いは)()第三子(だいさんし)
035秋男(あきを)()づくる国津神(くにつかみ)
036()()(ひそ)獅子(しし)(くま)
037(とら)(おほかみ)毒蛇(どくへび)
038(わら)(ばば)アも(ことごと)
039(ちち)(みこと)配下(はいか)ぞや
040(わが)言霊(ことたま)にもしやもし
041敵対(てきた)(きた)(こと)あらば
042(この)()(おろ)幽世(かくりよ)
043何処(いづく)(はて)にも棲処(すみか)をば
044絶対的(ぜつたいてき)(ゆる)すまじ
045(なんぢ)曲津見(まがつみ)曲鬼(まがおに)
046(わが)打出(うちいだ)言霊(ことたま)
047(みみ)(かたむ)()(ひら)
048(こころ)雲霧(くもきり)()(はら)
049(まこと)(こころ)立帰(たちかへ)
050(かみ)(したが)(まつ)るべし
051ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
052(みづ)御霊(みたま)大神(おほかみ)
053大御心(おほみこころ)(こころ)とし
054(ここ)秋男(あきを)(つつし)みて
055汝等(なれら)(ため)()(つた)
056(ひと)(ふた)()()(いつ)(むゆ)(なな)()(ここの)(たり)
057(もも)()(よろづ)八千万(やちよろづ)(かみ)
058(まも)(たま)(さちは)(たま)
059(わが)言霊(ことたま)(ちから)あれ
060(わが)言霊(ことたま)(ひかり)あれ』
061(こゑ)(さわや)かに(うた)ふ。062曲神(まがかみ)もこの言霊(ことたま)(こころ)(やは)らぎたるか、063山腹(さんぷく)女郎花(をみなへし)(ゆる)がせて(かん)ばしき(かぜ)心地(ここち)よく()(とほ)り、064(こずゑ)(さへづ)迦陵頻伽(かりようびんが)(こゑ)一入(ひとしほ)(すが)しく、065小草(をぐさ)にすだく(むし)()もいと(うる)はしく()きにける。
066 (まつ)(うた)ふ。
067『ありがたし秋男(あきを)(きみ)言霊(ことたま)
068天地(あめつち)(ひら)心地(ここち)するなり。
069掛巻(かけまく)(かしこ)(いづ)言霊(ことたま)
070(わが)(たましひ)もいきり()つなり。
071(さか)えある(きみ)言霊(ことたま)(すが)しけれ
072曲津(まが)(かなら)服従(まつろ)(きた)らむ』
073 (たけ)(うた)ふ。
074大空(おほぞら)(つつ)みし黒雲(くろくも)()()せて
075月日(つきひ)(そら)()(わた)りけり。
076(わが)(きみ)()らす言霊(ことたま)(さち)はひて
077葭原(よしはら)()(かぜ)()ぎたり。
078(なん)となく(こころ)(すが)しくなりにきて
079(わが)行先(ゆくさき)(さち)(おも)ふも。
080(おと)()火炎(くわえん)(やま)(さか)しけれど
081言霊(ことたま)()れば(やす)(のぼ)れむ。
082(いただき)(たけ)(けもの)(たむろ)して
083火種(ひだね)(まも)ると(われ)()きけり。
084(わら)(ばば)(そし)(ばば)アのいたづらも
085野辺(のべ)()(かぜ)となりにけるかな。
086(さき)()月見(つきみ)(をか)(すさ)みたる
087(ばば)アはあはれ(かげ)(かく)しける』
088 (うめ)(うた)ふ。
089(たか)らかに()らせる(いづ)言霊(ことたま)
090天地(あめつち)四方(よも)雲霧(くもきり)()()く。
091千早振(ちはやぶ)(かみ)伊吹(いぶき)言霊(ことたま)
092(この)()(あら)(ちから)なりけり。
093()(なか)生言霊(いくことたま)をおいて(ほか)
094(たふと)きものはあらじと(おも)ふ。
095(やま)()平和(へいわ)(かぜ)()(おこ)
096(はな)()(みの)るも言霊(ことたま)(さち)
097()くまでも(たふと)(きみ)()らざりき
098秋男(あきを)(かみ)()ける言霊(ことたま)よ』
099 (さくら)(うた)ふ。
100種々(くさぐさ)(なや)みに()ひて吾々(われわれ)
101生言霊(いくことたま)(ちから)(さと)りぬ。
102幾万(いくまん)(てき)(あら)はるも(おそ)れざらむ
103(きみ)言霊(ことたま)(きよ)(ひび)けば。
104アオウエイ五大父音(ごだいふおん)功績(いさをし)
105(この)天地(あめつち)()()でしと()く。
106(いま)となりて(かみ)(ちから)(たふと)さを
107(さと)りけるかな(おろか)なる(われ)は。
108草枕(くさまくら)(たび)(かさ)ねて山裾(やますそ)
109茂樹(しげき)(かげ)(みち)(さと)りぬ。
110水奔鬼(すゐほんき)如何(いか)にたくむも(なに)かあらむ
111言霊剣(ことたまつるぎ)()ぶる(わが)()は。
112(わが)()ぶる言霊剣(ことたまつるぎ)()びぬれど
113(きみ)(するど)(ちから)()たせり』
114 (ここ)秋男(あきを)()(けつ)し、115生言霊(いくことたま)(いさを)(たふと)さに(ちから)()116(みづか)先頭(せんとう)()ちて、117壁立(かべた)山肌(やまはだ)(みぎ)(ひだり)(つた)ひながら(うた)ひつつ(のぼ)()く。
118火炎(くわえん)(やま)(さか)しとも
119百草千草(ももくさちぐさ)(わが)()()
120うづめ(ふさ)ぎて(さまた)ぐる
121(この)山路(やまみち)(なに)かあらむ
122生言霊(いくことたま)(つるぎ)もて
123(みぎ)(ひだり)()りなびけ
124()()(きよ)めて(のぼ)るべし
125()(いただき)火口(くわこう)には
126獅子王(ししわう)熊王(くまわう)虎王(とらわう)
127(おほかみ)大蛇(をろち)(あつ)まりて
128昼夜(ちうや)(まも)()ると()
129如何(いか)なる(たけ)(けだもの)
130(かみ)(たま)ひし言霊(ことたま)
131(つるぎ)にかけて服従(まつろ)はし
132(かみ)経綸(しぐみ)()(たね)
133(うば)(かへ)らで()くべきや
134(この)山路(やまみち)(さか)しくて
135()(なや)めども真心(まごころ)
136(かぎ)りを(つく)()(つく)
137(かみ)御為(おんた)()()めに
138(すす)吾等(われら)にさやるべき
139如何(いか)なる曲津(まが)もあるべきや
140(まつ)(たけ)(うめ)(さくら)ども
141(こころ)(いさ)みて(したが)(きた)
142一度(いちど)不覚(ふかく)はとりつれど
143生言霊(いくことたま)(ちから)をば
144(さと)()りたる(わが)身魂(みたま)
145最早(もはや)(おそ)るる(こと)もなし
146ああ(いさ)ましや面白(おもしろ)
147魔神(まがみ)(つど)巣窟(さうくつ)
148言霊剣(ことたまつるぎ)()きつれて
149(われ)はすくすく(すす)むなり。
150岩根(いはね)木根(きね)()みさくみつつ(のぼ)()
151火炎(くわえん)(やま)(すが)しくもあるかな。
152見下(みおろ)せば(やま)(ふもと)白雲(しらくも)
153(ゆた)かに(あそ)びて(かぜ)にゆるげり。
154白雲(しらくも)(そら)(そび)えし(この)(やま)
155(のぼ)りて四方(よも)国形(くにがた)()むかな。
156久方(ひさかた)(はる)御空(みそら)にぼんやりと
157(かす)むは高光山(たかみつやま)姿(すがた)か。
158高光(たかみつ)(やま)(たふと)御樋代(みひしろ)
159(かみ)()します聖場(せいぢやう)なりせば。
160朝霧比女(あさぎりひめ)永遠(とは)()します高光(たかみつ)
161(やま)姿(すがた)のおごそかなるかも。
162(いま)(しば)(すす)めば頂上(いただき)(たつ)すべし
163(しば)しを此処(ここ)(いき)(やす)まさむ』
164(うた)ひつつ(みち)()萱草(かやくさ)打敷(うちし)き、165どつかと(しり)(おろ)し、166(まつ)167(たけ)168(うめ)169(さくら)も、170ともに眼下(がんか)四方(よも)見渡(みわた)しながら各自(おのもおのも)(うた)ふ。
171 (まつ)(うた)ふ。
172麓辺(ふもとべ)百樹(ももき)(しげ)らひこの(あた)
173萱草(かやくさ)ばかり()ひにけるかな。
174(くも)()くこの高山(たかやま)(のぼ)()れば
175(わが)(いき)さへも(くる)しかりけり。
176葭原(よしはら)国原(くにはら)ことごと白雲(しらくも)
177(つつ)まれさながら海原(うなばら)(ごと)し。
178ぼんやりと彼方(かなた)(そら)(そばだ)てる
179高光山(たかみつやま)()れば(たふと)し。
180(おのづか)(たふと)さの()(やま)なれや
181御樋代神(みひしろがみ)御舎(みあらか)として』
182 (たけ)(うた)ふ。
183()(かぜ)もいと()()えと()にしみて
184()軽々(かろがろ)となりし心地(ここち)す。
185若君(わかぎみ)(あと)(したが)(のぼ)()れば
186(はや)(むし)()(きこ)えずなりぬ。
187火炎山(くわえんざん)此処(ここ)(やうや)七合目(しちがふめ)
188されど(とり)()(むし)()もなし。
189尾花(をばな)()(かぜ)(なび)きて(その)(ほか)
190草木(くさき)なければ(はな)()もなし』
191 (うめ)(うた)ふ。
192曲神(まがかみ)(つど)(やま)とは()えぬまで
193(なが)めよろしき聖所(すがど)なりけり。
194曲神(まがかみ)白雲(しらくも)(せん)(かぎ)りにて
195(ふもと)(むら)がり()めるなるらむ。
196()(かぎ)葭草(よしぐさ)(しげ)原野(はらの)なり
197水上(みなかみ)(やま)(くも)()()く。
198みはるかす水上山(みなかみやま)(いただき)
199います巌ケ根司(いはがねつかさ)(こひ)しき。
200種々(くさぐさ)(まが)(なや)みに()ひながら
201(やうや)此処(ここ)(のぼ)()つるも。
202山風(やまかぜ)(あし)(した)より()(きた)
203(おも)へば(たか)(やま)にもあるかな。
204獅子(しし)(くま)(とら)(おほかみ)大蛇(をろち)まで
205()()(やま)火炎(くわえん)()くなり。
206(よる)されば(ほのほ)(ひかり)百里余(ひやくりよ)
207野辺(のべ)()らすと()くも(すさ)まじ。
208若君(わかぎみ)(したが)(まつ)(くに)(ため)
209火種(ひだね)()りて(やま)(くだ)らばや』
210 (さくら)(うた)ふ。
211言霊(ことたま)(つるぎ)あれども(こころ)せよ
212曲津(まがつ)(そな)(きび)しくありせば。
213曲津見(まがつみ)最後(さいご)(そな)へを(かま)へつつ
214(われ)きためむと()てるなるべし。
215(たましひ)(ちから)をこめて(のぼ)るべし
216曲津(まがつ)棲処(すみか)(はや)(ちか)ければ』
217 ()(うた)(をり)しも、218山上(さんじやう)より(たちま)大岩石(だいがんせき)(あめ)219百雷(ひやくらい)()(きた)(ごと)音響(おんきやう)()てて、220五人(ごにん)身辺(しんぺん)(くだ)(きた)(その)危険(きけん)さ、221(たと)ふるものなし。222五人(ごにん)此処(ここ)先途(せんど)(いは)(あめ)(くぐ)り、223(から)うじて頂上(ちやうじやう)(たつ)しければ、224猛獣(まうじう)毒蛇(どくじや)強敵(きやうてき)こそ御座(ござ)むなれと、225()(いか)らせ(きば)をとぎ、226大口(おほぐち)()けて咆哮(ほうこう)怒号(どごう)しながら、227五人(ごにん)(むか)つて()みつき(きた)る。228五人(ごにん)勇者(ゆうしや)は、229(なに)猪口才(ちよこざい)な、230如何(いか)なる曲津(まがつ)(さまた)ぐるとも、231火種(ひだね)()らねば()くべきかと、232驀地(まつしぐら)()ゆる()(そば)近寄(ちかよ)りたるを()すましたる猛獣(まうじう)毒蛇(どくじや)(むれ)は、233生命(いのち)(かぎ)りに(おそ)()たり、234五人(ごにん)勇者(ゆうしや)(くち)にくはへて各自(おのもおのも)()(まは)し、235(たちま)火口(くわこう)(とう)じ、236凱歌(がいか)()げて(うな)(うそぶ)(こゑ)は、237百雷(ひやくらい)(ひと)つになりて(とどろ)くが(ごと)し。238()くしてあはれ五人(ごにん)勇者(ゆうしや)は、239猛烈(まうれつ)なる()()かれ、240白骨(はくこつ)となりて火焔(くわえん)(いき)翻弄(ほんろう)され、241(たか)(てん)()(あが)(ふたた)地上(ちじやう)()(きた)りけり。
242昭和九・七・二八 旧六・一七 於関東別院南風閣 森良仁謹録)