霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第80巻 天祥地瑞 未の巻 篇:余白歌 よみ:
章:第80巻 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年12月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm808801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
()(あき)(われ)関西(くわんさい)(たび)()ちて
(てん)威力(ゐりよく)(おどろ)きにけり〈第1章(初)〉
一日(いちにち)(はや)御民(みたみ)(すく)はむと
神聖運動(しんせいうんどう)雄健(をたけ)()すも〈第1章(初)〉
天地(あめつち)自然(しぜん)(ちから)(かう)すべき
何物(なにもの)()しと(かへり)みるべし〈第3章(初)〉
松茸(まつたけ)(かを)(ゆか)しき丹波路(たにはぢ)
秋日(あきひ)余所(よそ)言霊(ことたま)(たび)〈第4章(初)〉
東北(とうほく)(たび)(をは)りて中京(ちうきやう)
言霊戦(ことたまいくさ)(われ)(すめ)めし〈第6章(初)〉
中京(ちうきゃう)言霊戦(ことたません)にかちどきを
()げて聖地(せいち)(やす)(かへ)れり〈第6章(初)〉
亀岡(かめをか)言霊戦(ことたません)相終(あひをは)
二名(ふたな)(しま)(いくさ)(すす)めし〈第6章(初)〉
松山(まつやま)言霊軍(ことたまぐん)(はな)やかに
勝利(しようり)(みね)()()えにけり〈第6章(初)〉
風水害(ふうすいがい)(あと)()ながら山陰(さんいん)
(たび)()()(なに)かかなしも〈第8章(初)〉
()()けて()るに(しの)びぬ惨状(さんじやう)
(ひと)(こころ)(すさ)びを(おも)〈第8章(初)〉
(われ)は今神聖運動(しんせいうんどう)拍車(はくしや)かけて
御国(みくに)(あき)(たび)(つず)くる〈第9章(初)〉
(われ)にして()たずば御国(みくに)同胞(はらから)
なやみを(すく)()(きた)るまじ〈第9章(初)〉
この(あき)関西地方(くわんさいちはう)(たび)()ちて
自然(しぜん)(ちから)今更(いまさら)おどろきぬ〈第10章(初)〉
豊岡(とよおか)神聖会(しんせいくわい)支部(しぶ)開式(かいしき)
出演(しゆつえん)しつつ同胞(はらから)(おも)〈第11章(初)〉
鳥取(とつとり)神聖本部(しんせいほんぶ)開式(かいしき)
盛大(せいだい)なりしも(とき)(ちから)〈第11章(初)〉
(われ)は今米子市内(よなごしない)宿泊(しゅくはく)
明日(あす)言霊戦(ことたまいくさ)準備(じゆんび)〈第11章(初)〉
常闇(とこやみ)世々(よよ)(ひかり)日月(じつげつ)
(をしへ)四方(よも)(つた)()くなり〈第13章(初)〉
大神(おほかみ)(うづ)(まも)りの(ふか)くして
(わが)()(みち)(まが)(かげ)なし〈第14章(初)〉
秋ふかみ丹波(たには)の朝は風(さむ)
()()をもやす木犀(もくせい)(にほ)〈第16章(初)〉
(やま)()黄金色(こがねいろ)なる此秋(このあき)
(われ)皇道(くわうだう)(ため)(たび)すも〈第16章(初)〉
()(つき)()きつまるなる()(もと)
坐視(ざし)(しの)びず雄健(をたけ)びなすなり〈第16章(初)〉
東奔西走(とうほんせいそう)南船北馬(なんせんほくば)此秋(このあき)
紅葉(もみぢ)()づる(こころ)だにせず〈第18章(初)〉
(せま)()(やみ)(とびら)(ひら)かむと
神代(かみよ)ながらの言霊(ことたま)()〈第18章(初)〉
(やま)()(かみ)(めぐ)みは()()らふ
()のよき(くに)(なに)(なげ)かむ〈第20章(初)〉
皇国(くわうこく)(まこと)(みち)(つた)へむと
六十四歳(ろくじふしさい)(あき)雄健(をたけ)〈第23章(初)〉
(わが)伊行(いゆ)宣伝(せんでん)(たび)幸多(さちおほ)
秋陽(あきび)すがしく(かがや)けりけり〈第23章(初)〉
大神(おほかみ)(こころ)(かな)(たび)ならば
如何(いか)なるものも(さや)らぬものかな〈第23章(初)〉
[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。