霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第六章 (うた)(とく)〔九七〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 篇:第1篇 向日山嵐 よみ:むこうやまあらし
章:第6章 第35巻 よみ:うたのとく 通し章番号:970
口述日:1922(大正11)年09月15日(旧07月24日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年12月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
黒姫は元気よく、双方の和解を祝す宣伝歌を歌い、一同魂を磨くよう神の道を奨励した。一方徳公は、直前まで三公がお愛を掘り出してまた心変わりをさせようと画策していたことを歌い、兼公を幽霊だと思って腰を抜かしたさまなどを出まかせの滑稽な歌に乗せた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3506
愛善世界社版:59頁 八幡書店版:第6輯 494頁 修補版: 校定版:63頁 普及版:21頁 初版: ページ備考:
001 黒姫(くろひめ)元気(げんき)よく(うた)をうたつて、002双方(さうはう)和解(わかい)(しゆく)す。003その(うた)
004三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)
005一度(いちど)(ひら)(とき)(いま)
006天教山(てんけうざん)地教山(ちけうざん)
007黄金山(わうごんざん)にあれませる
008三五教(あななひけう)大神(おほかみ)
009(たふと)(をしへ)四方(よも)(くに)
010(くま)なく(ひか)(かがや)きて
011(こころ)筑紫(つくし)熊襲国(くまそくに)
012(やま)(おく)まで()(わた)
013()にも(たふと)(かみ)(みち)
014虎公(とらこう)さまを(はじ)めとし
015大蛇(をろち)三公(さんこう)(きこ)えたる
016竜虎(りうこ)(ごと)両人(りやうにん)
017(こころ)(そこ)より()()けて
018(たふと)(かみ)御教(みをしへ)
019(まつろ)(たま)ひし(かしこ)さよ
020天ケ下(あめがした)なる人草(ひとぐさ)
021(たか)(ひく)きの(へだ)てなく
022老若男女(らうにやくなんによ)(きら)ひなく
023国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
024豊国主大御神(とよくにぬしのおほみかみ)
025(つく)(たま)ひし御子(みこ)なれば
026(たがひ)(むつ)(した)しみて
027(かみ)(つく)りし(かみ)()
028()(なが)らへて御恵(みめぐみ)
029(つゆ)(うるほ)(よろこ)びの
030(はな)(ひら)かせ()(むす)
031千代(ちよ)万代(よろづよ)(すゑ)までも
032(おな)(こころ)(むつ)()
033(さか)()くこそ(ひと)()
034(この)()(うま)れし(つとめ)なり
035虎公(とらこう)さまは最愛(さいあい)
036(あい)(かた)(いもうと)
037(うめ)無残(むざん)三公(さんこう)
038指図(さしづ)(もと)(さいな)まれ
039無念(むねん)(なみだ)(おさ)へつつ
040(かみ)(こころ)(かへり)みて
041(すべ)ての(あだ)神直日(かむなほひ)
042(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
043見直(みなほ)(たま)ひし(たふと)さよ
044(かみ)吾等(われら)(まも)ります
045(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
046(かみ)(かみ)とは(ぜん)(ぜん)
047(ぜん)刃向(はむか)(あだ)はない
048あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
049御霊(みたま)(さち)はひましまして
050今日(けふ)生日(いくひ)喜悦(よろこび)
051千代(ちよ)八千代(やちよ)(かは)らずに
052(つづ)かせ(たま)天津神(あまつかみ)
053国津神(くにつかみ)(たち)(もも)(かみ)
054国魂神(くにたまがみ)御前(おんまへ)
055三五教(あななひけう)黒姫(くろひめ)
056(つつし)(ゐやま)(よろこ)んで
057感謝(かんしや)(ことば)(たてまつ)
058いざこれからは(みな)(ひと)
059(こころ)(へだ)てを()(はら)
060(おや)()(ごと)(した)しみて
061(こころ)(たま)(みが)きつつ
062(かみ)大道(おほぢ)(まつろ)へや
063朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
064(つき)()つとも()くるとも
065仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
066(まこと)(ちから)()(すく)
067(まこと)(この)()(たから)ぞや
068金剛不壊(こんがうふゑ)如意宝珠(によいほつしゆ)
069麻邇(まに)宝珠(ほつしゆ)(うるは)しく
070如何(いか)(たふと)くあるとても
071(まこと)(たま)には()かざらめ
072(たま)(みが)けよ諸人(もろびと)
073(たま)功績(いさを)永久(とこしへ)
074(あが)むる()こそ(たの)しけれ
075あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
076御魂(みたま)(さち)はへましませよ』
077 徳公(とくこう)はツと()ちてうたひ()した。
078『あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
079(かみ)(めぐ)みを(かうむ)りて
080徳公(とくこう)此処(ここ)言霊(ことたま)
081(うた)をうたひ(たてまつ)
082大蛇(をろち)三公(さんこう)()(ひと)
083本当(ほんたう)(はら)(わる)(ひと)
084(いま)御歌(おうた)(うかが)へば
085夜前(やぜん)(うち)木花(このはな)
086(ひめ)(みこと)御化身(ごけしん)
087天地(てんち)道理(だうり)()かされて
088(こころ)(くも)()(はら)
089(ただ)しき身魂(みたま)となりながら
090(いま)(いま)まで()らず(がほ)
091徳公(とくこう)さまを()()てて
092向日峠(むかふたうげ)山麓(さんろく)
093(うづ)めて()いたお(あい)さま
094一日(ひとひ)(はや)(たす)()
095何処(どこ)かの(やま)()()きて
096うまくお(まへ)抱込(だきこ)んで
097(たけ)(はしら)(かや)屋根(やね)
098手鍋(てなべ)さげても(かま)はぬと
099(あい)(かた)(ぬか)すまで
100うまくやつつけ()れよやと
101(まこと)しやかに()きたてて
102(さけ)()うた(とく)さまを
103無性(むしやう)矢鱈(やたら)()きたてる
104(まこと)(はら)(わる)(ひと)
105(ほか)(こと)とは(こと)(かは)
106冗談(じようだん)()ふにも(ほど)がある
107(あき)れて(もの)()はれない
108本当(ほんたう)馬鹿(ばか)にされました
109()んな(こと)だと()つたなら
110心配(しんぱい)するのぢや()かつたに
111(おも)へば(おも)へば馬鹿(ばか)らしい
112与三公(よさこう)(やつ)まで(だま)されて
113本当(ほんたう)になつて徳公(とくこう)
114(はや)()かなきや親方(おやかた)
115(おほ)きな()(たま)むき()すと
116(おど)文句(もんく)(なら)べたて
117章魚禿頭(たこはげあたま)湯気(ゆげ)()てて
118(すす)めくさつたこと(おも)
119(ゆめ)(うつつ)(まぼろし)
120(わか)らぬ(やう)になつて()
121今日(けふ)(おも)はぬ(さけ)(せき)
122天下(てんか)(きは)めて太平(たいへい)
123兼公(かねこう)(やつ)がヒヨロヒヨロと
124此処(ここ)(かへ)つて()(とき)
125亡者(まうじや)俺等(おれら)(くび)とりに
126やつて()たかと(きも)(つぶ)
127(こし)()かした(くる)しさよ
128さはさりながら一同(いちどう)
129(かほ)をばよくよく(なが)むれば
130(いづ)れも愉快(ゆくわい)(かほ)(いろ)
131此奴(こいつ)大事(だいじ)アあるまいと
132(たか)(くく)つて虎公(とらこう)
133(こし)をば()んで(くだ)さいと
134()けても()ないわが(こし)
135瀬踏(せぶ)みの()めに()()せば
136(うら)みを(わす)れた虎公(とらこう)
137(こま)つた(やつ)ぢやと()ひながら
138(わたし)(うしろ)にツと(まは)
139(さす)つてくれた御親切(ごしんせつ)
140この徳公(とくこう)もこれを()
141(とどろ)(むね)()(おろ)
142ヤツと安心(あんしん)したわいな
143あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
144(かみ)御神酒(おみき)沢山(たくさん)
145(みな)さま()んで(くだ)さんせ
146(わたし)()ますぢやない(ほど)
147大蛇(をろち)親分(おやぶん)三公(さんこう)
148秘蔵(ひざう)して()(うま)(さけ)
149地獄(ぢごく)(うへ)()(やう)
150(きも)()()して惜気(をしげ)なく
151社会(しやくわい)()めに()()した
152由緒(ゆゐしよ)(ふか)(さけ)ぢやぞえ
153(けつ)して遠慮(ゑんりよ)はいりませぬ
154ズブ(ろく)さまに()(つぶ)
155(した)(まは)らず()()えず
156(あし)さへ()たぬ(ところ)まで
157遠慮会釈(ゑんりよゑしやく)はない(ほど)
158ガブガブ()んで(くだ)さんせ
159親分(おやぶん)さまの(さけ)ぢやもの
160(わたし)懐中(ふところ)(いた)まない
161ほんに結構(けつこう)結構(けつこう)
162目出度(めでた)(こと)出来(でき)てきた
163「ドツコイドツコイ ドツコイシヨ」
164(さけ)酒屋(さかや)に よい(ちや)茶屋(ちやや)
165別嬪(べつぴん)さまは此処(ここ)()
166(あい)(かた)やお(うめ)さま
167何卒(どうぞ)(いま)から()()けて
168(わたし)一杯(いつぱい)甘酒(うまざけ)
169何卒(どうぞ)(しやく)して(くだ)さんせ
170黒姫(くろひめ)さまはチと(ばか)
171(とし)()して御座(ござ)るけど
172矢張(やつぱり)(をんな)(ちが)ひない
173(をとこ)()から(もら)ふより
174(をんな)(はう)(あぢ)がよい
175さあさあ(みな)さま(をど)りませう
176()んだり()つたり()(まは)
177(うた)うて一夜(いちや)()かさうか
178八岐大蛇(やまたをろち)(みたま)まで
179三公(さんこう)さまの体内(たいない)
180(くも)(かすみ)()()して
181(いま)(たふと)(かみ)(みや)
182御神酒(おみき)あがらぬ(かみ)はない
183三公親分(さんこうおやぶん)御守護神(ごしゆごじん)
184(さぞ)嘸々(さぞさぞ)御満足(ごまんぞく)
185(あい)(かた)虎公(とらこう)
186御一同様(ごいちどうさま)御満足(ごまんぞく)
187(ついで)(わたし)御満足(ごまんぞく)
188千客万来(せんきやくばんらい)いつまでも
189昼夜(ちうや)(わか)たず(さけ)()
190面白(おもしろ)可笑(をか)しう(くら)したい
191(これ)一生(いつしやう)(とく)さまだ
192あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
193(かん)でも(ひや)でも(かま)はない
194(はや)一杯(いつぱい)ついで()
195(ついで)にも(ひと)つついでくれ
196本当(ほんたう)(うま)(さけ)だなア
197こんな()(さけ)()ちながら
198大蛇(をろち)(みたま)憑依(ひようい)され
199俺等(おれら)(かく)して三公(さんこう)さま
200()んで()たのに(ちが)ひない
201昨日(きのふ)()したる甘酒(うまざけ)
202(くさ)つた(やう)(さけ)だつた
203もうこれからは親分(おやぶん)
204(まへ)改心(かいしん)したからは
205(まへ)(わる)(さけ)()
206乾児(こぶん)(やつ)にや()(さけ)
207ドツサリ()ましてやらさんせ
208悪虐無道(あくぎやくむだう)三公(さんこう)
209(かみ)(ひかり)(てら)されて
210改心(かいしん)したと()(しるし)
211(おも)(ちが)ひのない(やう)
212(この)徳公(とくこう)()(こと)
213うまく()()んで(くだ)さんせ
214あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
215(かん)した(さけ)(なほ)(うま)い』
216(くち)から出任(でまか)せに(うた)(なが)()(くる)ふ。
217大正一一・九・一五 旧七・二四 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)