霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 客々舟(きやつきやぶね)〔一五二一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第59巻 真善美愛 戌の巻 篇:第4篇 六根猩々 よみ:ろっこんしょうじょう
章:第21章 客々舟 よみ:きゃっきゃぶね 通し章番号:1521
口述日:1923(大正12)年04月03日(旧02月18日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年7月8日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 579頁 修補版: 校定版:284頁 普及版: 初版: ページ備考:
001猩々王(しやうじやうわう)肉体(にくたい)
002(ほろ)びし姿(すがた)()るよりも
003海竜王(さあがらりうわう)雀踊(こをどり)
004猩々島(しやうじやうじま)()(のぼ)
005小猿(こざる)(むれ)(ことごと)
006()(くら)はむと蜒々(えんえん)
007(からだ)(ふと)弥長(いやなが)
008(しま)のかための岩石(がんせき)
009三周(みまは)四周(よまは)()きつきて
010(おほ)きな(くち)()(なが)
011(ひと)つも(のこ)さず丸呑(まるの)みに
012なさむものぞと(ひか)()
013数多(あまた)猩々(しやうじやう)(おどろ)いて
014狼狽(うろた)(さわ)ぎキヤツキヤツと
015悲鳴(ひめい)をあげてヤッコスや
016ハール、サボールの(まへ)()
017(すく)ひを()へば三人(さんにん)
018猩々(しやうじやう)よりか()大事(だいじ)
019仮令(たとへ)悪竜(あくりう)()はるるも
020(あた)(かぎ)りの抵抗(ていかう)
021(こころ)(その)()万一(まんいち)
022僥倖(げうかう)せむと磯端(いそばた)
023(いし)(つか)んでバラバラと
024悪竜(あくりう)目蒐(めが)けて()ちつける
025三百有余(さんびやくいうよ)猩々(しやうじやう)
026(さる)人真似(ひとまね)各自(めいめい)
027(いし)()にして()げつける
028流石(さすが)悪竜(あくりう)面喰(めんくら)
029少時(しばし)(ためら)(をり)もあれ
030三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
031伊太彦(いたひこ)(つかさ)(あら)はれて
032天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)
033(いづ)言霊(ことたま)()()()(よつ)
034(いつ)(むゆ)(なな)()(ここの)(たり)
035(もも)()(よろづ)(こゑ)(とも)
036(うち)()言霊(ことたま)(いし)(たま)
037()()(りう)(からだ)より
038黒煙(こくえん)濛々(もうもう)(たち)(のぼ)
039(かた)(うろこ)(あひだ)より
040紅蓮(ぐれん)(した)()(いだ)
041その極熱(ごくねつ)()へかねて
042海竜王(さあがらりうわう)岩山(いはやま)
043(くだ)りてバツサリ海中(かいちう)
044姿(すがた)(かく)せし(うれ)しさよ
045ヤッコス、ハール、サボールは
046ハツと(むね)をば()()ろし
047伊太彦(いたひこ)(つかさ)(ひき)ゐたる
048二十(にじふ)(ふね)(うち)(むか)
049両手(りやうて)(あは)せて感涙(かんるい)
050(むせ)びかへるぞ(あは)れなれ
051数多(あまた)猩々(しやうじやう)()(あは)
052伊太彦(いたひこ)(つかさ)(うち)(むか)
053キヤツキヤツキヤツと(とき)(こゑ)
054(うれ)(なみだ)()(さけ)
055(たちま)湖水(こすゐ)()(かへ)
056熱湯(ねつとう)(ごと)くなり(かは)
057大小無数(だいせうむすう)鱗族(うろくづ)
058(みな)水面(すいめん)にポカポカと
059(はら)(かや)して(うか)()
060伊太彦(いたひこ)(これ)(あは)れみて
061(たちま)天地(てんち)大神(おほかみ)
062(むか)つて祝詞(のりと)奏上(そうじやう)
063(ひと)(ふた)()()(いつ)()
064(なな)()(ここの)(たり)(もも)()
065(よろづ)(こゑ)千万(ちよろづ)
066(うみ)(うか)びし鱗族(うろくづ)
067(たちま)元気(げんき)恢復(くわいふく)
068溌溂(はつらつ)として()(まは)
069一同(いちどう)(かうべ)(なら)べつつ
070感謝(かんしや)()をば(へう)しける
071(かみ)使(つかひ)伊太彦(いたひこ)
072(しま)(のこ)りし三人(さんにん)
073(かみ)御子(みこ)をば相救(あひすく)
074天王(てんわう)(もり)眷族(けんぞく)
075(つか)へまつりし数百(すうひやく)
076猩々(しやうじやう)(いのち)救済(きうさい)
077(うみ)(うか)べる鱗族(うろくづ)
078生命(せいめい)までも(すく)ひつつ
079真善美愛(しんぜんびあい)神業(しんげふ)
080()極端(きよくたん)発揮(はつき)して
081(こころ)(いさ)(なみ)(うへ)
082天津神(あまつかみ)(たち)国津神(くにつかみ)
083三五教(あななひけう)(まも)ります
084(もも)のエンゼル神使(かみつかひ)
085その(ほか)(うみ)神々(かみがみ)
086感謝(かんしや)祝詞(のりと)(ささ)げつつ
087科戸(しなど)(かぜ)(おく)られて
088(こころ)いそいそ(かへ)()
089かかる(ためし)はあら(たふ)
090天地(あめつち)(ひら)けし(はじ)めより
091(また)世界(せかい)荒波(あらなみ)
092(うへ)()(わた)(かみ)(ふね)
093()にも目出度(めでた)次第(しだい)なり
094あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
095御霊(みたま)(さち)はひましまして
096この物語(ものがたり)詳細(まつぶさ)
097(みづ)()らさずスクスクと
098()べさせ(たま)へと瑞月(ずゐげつ)
099(たたみ)(なみ)(うか)びたる
100長方形(ちやうはうけい)方舟(はこぶね)
101(よこ)たはりつつ(かぢ)をとり
102敷島(しきしま)煙草(たばこ)のマストより
103(ゆが)まぬ(けぶり)()(なが)
104四月(しぐわつ)三日(みつか)北村(きたむら)の 北村隆光
105(りうりう)(ひか)朝日影(あさひかげ)
106(せな)()びつつ()べて()
107伯耆(はうき)(くに)米子駅(よなごえき)
108一里(いちり)(なかば)(へだ)てたる
109()さへ目出(めで)たき皆生村(かいけむら)
110浜屋旅館(はまやりよくわん)二階(にかい)()
111()きた神代(かみよ)(ひき)うつし
112処女(しよぢよ)著作(ちよさく)物語(ものがたり)
113諄々(じゆんじゆん)ここに()べて()
114(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
115(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
116(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
117直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
118()(あやま)ちは()(なほ)
119三五教(あななひけう)大御神(おほみかみ)
120三十万年(さんじふまんねん)(すゑ)()
121(うま)()でたる瑞月(ずゐげつ)
122雲霧(くもきり)()けて(おぼろ)げに
123()(つた)()物語(ものがたり)
124脱線(だつせん)誤謬(ごびう)(おほ)くとも
125(ひろ)(こころ)()(なほ)
126(ゆる)させ(たま)惟神(かむながら)
127(かみ)のまにまに()(すす)
128そも瑞月(ずゐげつ)(この)(さと)
129一行(いつかう)五人(ごにん)(きた)りしゆ
130(ためし)もあらぬ豊漁(ほうれふ)
131(さと)男女(なんによ)(ささや)くを
132()くともなしに()()れば
133大本教(おほもとけう)神様(かみさま)
134(この)()(きた)りませしより
135この神徳(しんとく)村人(むらびと)
136(いただ)きたりと口々(くちぐち)
137(かた)()るこそ(ゆか)しけれ
138日本海(につぽんかい)(つら)なりし
139夜見(よみ)浜辺(はまべ)(なみ)(きよ)
140日本国(につぽんごく)(かなめ)ぞと
141海底(かいてい)(ふか)()()でし
142簸野川上(ひのかはかみ)大山(だいせん)
143(きよ)姿(すがた)天空(てんくう)
144(ゆき)(ころも)(かぶ)りつつ
145(うみ)(のぞ)いた水鏡(みづかがみ)
146(てん)清浄(しやうじやう)()清浄(しやうじやう)
147(まつ)(はやし)海水(かいすい)
148(ひと)身魂(みたま)六根(ろくこん)
149(みな)清浄(しやうじやう)(きよ)めつつ
150猩々島(しやうじやうじま)物語(ものがたり)
151(こころ)(いさ)みて()(つた)
152(なみ)太平(たいへい)(つづみ)うち
153(きよ)めの(うみ)(ちり)もなく
154竜宮海(りうぐうかい)乙姫(おとひめ)
155数多(あまた)魚族(ぎよぞく)(おく)らせつ
156方舟(はこぶね)ならぬ猩々舟(しやうじやうぶね)
157幾百万(いくひやくまん)とも(かぎ)りなく
158大小無数(だいせうむすう)鱗族(うろくづ)
159ピンピンシヤンシヤン()(なが)
160神船(みふね)()して(すす)()
161あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
162御霊(みたま)(さち)はひましませよ。
163 伊太彦(いたひこ)(こゑ)(きよ)らかに(うた)ふ。164猩々(しやうじやう)(こゑ)(そろ)へて拍子(ひやうし)をとる。
165伊太彦(いたひこ)天津御空(あまつみそら)(かげ)(うつ)
166(ちり)もとどめぬキヨの(うみ)
167二十(にじふ)(ふね)相並(あひなら)
168猩々(しやうじやう)(しま)(たち)(むか)
169天王(てんのう)(もり)眷族(けんぞく)
170三百三十三人(さんびやくさんじふさんにん)
171人一化九(にんいちばけきう)三人(さんにん)
172(やうや)(すく)(かへ)()
173キヤツキヤツキヤツキヤツ キヤツキヤツキヤツ
174ドンドコ ドンドコ ドコドコドン
175(なみ)(しづか)(をさ)まりて
176一直線(いつちよくせん)水平(すいへい)
177(うへ)(すべ)()(この)(ふね)
178天津御国(あまつみくに)(たす)(ぶね)
179処女(しよぢよ)航路(かうろ)猩々隊(しやうじやうたい)
180二十(にじふ)(ふね)満載(まんさい)
181(さけ)(かがみ)()(はな)
182勝手(かつて)次第(しだい)()(なが)
183天国(てんごく)浄土(じやうど)光景(くわうけい)
184(いま)()のあたり(なが)めつつ
185(ひと)(けもの)化物(ばけもの)
186(よろこ)(いさ)今日(けふ)(そら)
187()にも目出度(めでた)次第(しだい)(なり)
188キヤツキヤツキヤツキヤツ キヤツキヤツキヤツ
189ドンドコ ドンドコ ドコドコドン
190三五教(あななひけう)(つか)へてゆ
191(この)伊太彦(いたひこ)行先(ゆくさき)
192瓢軽者(へうきんもの)狼狽者(あわてもの)
193出洒張者(でしやばりもの)(わら)はれて
194玉国別(たまくにわけ)()(きみ)
195軽蔑(けいべつ)されて()たけれど
196(たれ)(はばか)らぬ今日(けふ)こそは
197一人舞台(ひとりぶたい)艦長(かんちやう)さま
198何程(なにほど)(おほ)きいと()つたとて
199(うし)尻尾(しつぽ)になるよりも
200(とり)(あたま)になるがよい
201凱旋将軍(がいせんしやうぐん)伊太彦(いたひこ)
202(この)武者振(むしやぶり)逸早(いちはや)
203(わが)()(きみ)真純彦(ますみひこ)
204三千彦(みちひこ)夫婦(ふうふ)()らせ()
205あゝ(いさ)ましや(いさ)ましや
206今日(けふ)天地(てんち)殊更(ことさら)
207(きよ)(すず)しく(ひろ)()
208キヤツキヤツキヤツキヤツ キヤツキヤツキヤツ
209ドンドコ ドンドコ ドコドコドン
210(ひと)には一度(いちど)()ふて()
211(うま)には(かなら)()つて()
212何処(どこ)何処(いづく)()んな(ひと)
213(かく)してあるか()れないと
214三五教(あななひけう)筆先(ふでさき)
215明瞭(はつき)(あら)はれ()りまする
216誰様(どなた)(こと)かと(おも)ふたら
217一行(いつかう)(なか)沓取(くつとり)
218自分(じぶん)でさへも(しん)じたる
219(この)伊太彦(いたひこ)(こと)だつた
220真純(ますみ)(ひこ)三千彦(みちひこ)
221何程(なにほど)(えら)いと()つたとて
222三百有余(さんびやくいうよ)団体(だんたい)
223(かしら)となつて権力(けんりよく)
224()(まは)したる(こと)はない
225(おれ)身魂(みたま)(なん)として
226清浄(しやうじやう)のものであつただろ
227キヤツキヤツキヤツキヤツ キヤツキヤツキヤツ
228ドンドコ ドンドコ ドコドコドン
229いや()(しば)()(しば)
230三百人(さんびやくにん)(かしら)ぢやと
231何程(なにほど)メートル()げたとて
232あンな(かほ)した人間(にんげん)
233統率(とうそつ)したとて(えら)さうに
234威張(ゐば)れた道理(だうり)ぢやない(ほど)
235(ひと)(つら)した(やつ)ならば
236乞食(こじき)でも泥棒(どろばう)でも(かま)やせぬ
237(かしら)になつたら面白(おもしろ)
238一寸(ちよつと)此奴(こいつ)閉口(へいこう)
239とは()ふものの(たましひ)
240矢張(やつぱ)(ひと)(すぐ)れたる
241猩々(しやうじやう)さまと()ふからは
242チツとは(ほこ)つてもよいだらう
243こんな(こと)(まで)(かんが)へりや
244(にはか)(ちから)()ちて()
245(おほ)きな(かほ)してベラベラと
246(ほこ)(わけ)にはゆくまいぞ
247玉国別(たまくにわけ)()(きみ)
248(なれ)身魂(みたま)相応(さうおう)ぢやと
249(えり)(むか)へにやつたぞと
250もしも一言(ひとこと)仰有(おつしや)らば
251それこそサツパリ(みづ)(あわ)
252真純(ますみ)(ひこ)三千彦(みちひこ)
253デビスの(ひめ)殊更(ことさら)
254馬鹿(ばか)にされるに(ちが)ひない
255(おも)へば(おも)へば阿呆(あほ)らしや
256阿呆(あほ)()はれる(かな)しさに
257せめてはマストを(はだか)にし
258阿帆(あほ)()をば()(おろ)
259(うで)(ちから)()(かへ)
260(おれ)勇気(ゆうき)はこんなもの
261あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
262(かみ)のまにまに(まか)します
263キヤツキヤツキヤツキヤツ キヤツキヤツキヤツ
264ドンドコ ドンドコ ドコドコドン。
265都々逸調(どどいつてう)(なみ)(しづ)まるキヨメの(うみ)
266 (みづ)御魂(みたま)水鏡(みづかがみ)
267水鏡(みづかがみ)、チヨイと(のぞ)けばアラ不思議(ふしぎ)
268 (おれ)(つら)まで(しわ)()る。
269その(はず)ぢや、(なみ)(うへ)()(この)(ふね)
270 (いた)(いた)との()(あは)せ。
271年並(としなみ)()らぬ姿(すがた)(なみ)()
272 人並(ひとなみ)(すぐ)れた(わが)ちから』
273(うた)(なが)274長柄(ながえ)(しやく)(さけ)をグイグイひつかけつつ275数万(すうまん)魚族(ぎよぞく)(おく)られて(みなみ)をさして(かへ)()く。
276大正一二・四・三 旧二・一八 於皆生温泉浜屋 北村隆光録)