霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 神厳(しんげん)〔一五六〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第61巻 山河草木 子の巻 篇:第2篇 神国の春 よみ:みくにのはる
章:第10章 第61巻 よみ:しんげん 通し章番号:1560
口述日:1923(大正12)年05月03日(旧03月18日) 口述場所: 筆録者:隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6110
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 71頁 修補版: 校定版:142頁 普及版:60頁 初版: ページ備考:
001第九二
002
003朝日(あさひ)(かがや)(かみ)(くに)
004その真秀良場(まほらば)(きづ)きたる
005(かみ)御庭(みには)(のぼ)ります
006天津使(あまつつかひ)瑞御魂(みづみたま)
007御魂(みたま)(さちは)ひましまして
008(つみ)重荷(おもに)(くる)しめる
009(もも)身魂(みたま)をいと(やす)
010(うづ)御前(みまへ)(みちび)(たま)へ。
011
012(みづ)御魂(みたま)(あら)はれて
013(わざはひ)(おほ)()(なか)
014艱難(なやみ)(みち)(かな)しみの
015(やま)安々(やすやす)()(たま)
016(この)()(たび)(まよ)ふなる
017青人草(あをひとぐさ)(みちび)きて
018(あか)神国(みくに)(すす)ませ(たま)へ。
019
020天津御国(あまつみくに)御使(みつかひ)
021(ひき)ゐて(ふたた)現世(うつしよ)
022(あら)はれ(たま)(とき)とこそ
023(いま)(まつた)くなりにけり
024(いづ)御魂(みたま)御側(おんそば)
025吾等(われら)身魂(みたま)(みちび)きて
026つきぬ(よろこ)栄光(さかえ)をば
027()させ(たま)へと()(まつ)
028(かみ)(あい)なり権威(ちから)なり
029(うづ)御前(みまへ)()(をが)む。
030第九三
031
032現身(うつそみ)姿(すがた)その(まま)天津国(あまつくに)
033(のぼ)りて()かむ()こそ(たの)しき。
034
035八雲(やくも)()出雲小琴(いづもをごと)()()ひて
036(かみ)(ひと)との(いき)(そろ)へる。
037
038()(くに)御門(みかど)(かみ)(くだ)かれて
039天津大道(あまつおほぢ)(さまた)げもなし。
040
041死出(しで)(やま)(しこ)川辺(かはべ)(なに)かあらむ
042(めぐみ)(かみ)(みちび)きあれば。
043第九四
044
045月日(つきひ)(かがや)大空(おほぞら)
046八重棚雲(やへたなぐも)(うち)()りて
047(のぼ)()きます瑞御霊(みづみたま)
048栄光(さかえ)(きみ)神姿(みすがた)
049(なが)めて(むか)天使(あまづかひ)
050(もも)音楽(おんがく)(かな)でつつ
051御門(みかど)(ひら)(むか)()
052称讃(たたへ)(うた)天地(あめつち)
053(ひび)(わた)るぞ(かしこ)けれ。
054
055五六七(みろく)殿(との)(にぎは)しく
056()()(ひと)()(さか)
057言霊軍(ことたまいくさ)()(たま)
058(みづ)御魂(みたま)()(をさ)
059御手(みて)より(この)()をとり(かへ)
060生命(いのち)(くに)(ひら)きつつ
061(かち)(いはひ)(たひら)かに
062いと(やす)らかに(うた)(たま)ふ。
063
064元津御神(もとつみかみ)諸共(もろとも)
065(かみ)大道(おほぢ)(あゆ)みなば
066生命(いのち)滅亡(ほろび)(わか)るる(みち)
067八衢(やちまた)街道(かいだう)(なん)のその
068()にも()まらず皇神(すめかみ)
069栄光(さかえ)(くに)(のぼ)るべし
070(かみ)言霊(ことたま)権威(ちから)なり。
071
072(つち)(うへ)にて()()つる
073(ひと)(いのち)(あは)れみて
074(さか)(ひさ)しき天津国(あまつくに)
075千代(ちよ)御園(みその)(のぼ)らせて
076(めぐ)みの(つゆ)()(たま)
077(きよ)めの(かみ)御後(みあと)をば
078(した)ひまつれよ(ひと)()
079()りさけ()れば大空(おほぞら)
080吾等(われら)()くべき千代(ちよ)(さと)
081いともさやかに()(わた)る。
082第九五
083
084千座(ちくら)置戸(おきど)()ひましし
085栄光(さかえ)(きみ)瑞御魂(みづみたま)
086その()()くも(いさぎよ)
087青人草(あをひとぐさ)()かさむと
088八束(やつか)(ひげ)()きとられ
089手足(てあし)(つめ)(のぞ)かれて
090血潮(ちしほ)(そま)()(つみ)
091()はせ(たま)ひて()(ひと)
092(きよ)むる神業(みわざ)詳細(まつぶさ)
093()げさせ(たま)(たふと)さよ。
094
095(いづ)御魂(みたま)大神(おほかみ)
096(みぎ)()まして永久(とこしへ)
097(うづ)住居(すまゐ)(かま)へつつ
098吾等(われら)(まも)瑞御魂(みづみたま)
099(ふか)(めぐ)みを(うれ)しみて
100()めよ(たた)へよ御栄光(みさかえ)
101(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
102
103(みづ)御魂(みたま)御恵(おんめぐ)
104(きよ)稜威(みいづ)()(ひろ)
105(あら)はれましていと(たか)
106(たへ)(たふと)大神業(おほみわざ)
107天津使(あまつつかひ)相共(あひとも)
108世人(よびと)(こぞ)りて(きみ)()
109(かがや)(さか)ゆる有様(ありさま)
110()めよ(たた)へよ真心(まごころ)に。
111第九六
112
113三五(あななひ)(かみ)(をしへ)(つかさ)(たち)
114(みづ)御魂(みたま)(とく)(あふ)げよ。
115
116天津(あまつ)()(かみ)御裔(みすゑ)とあれませる
117(うづ)御子(みこ)をば(うやま)(まつ)れ。
118
119許々多久(ここたく)(つみ)(けがれ)()()ひて
120世人(よびと)(きよ)めし(きみ)(あが)めよ。
121
122皇神(すめかみ)(めぐ)みと(きみ)(なや)みとを
123(おも)(いだ)して(かみ)(たた)へよ。
124
125千万(ちよろづ)(くに)益人(ますひと)御前(おんまへ)
126平伏(ひれふ)御稜威(みいづ)(かしこ)(あが)めよ。
127
128永久(とこしへ)(いづ)御歌(みうた)(こゑ)(あは)
129万司(よろづつかさ)(きみ)(あが)めよ。
130第九七
131
132()(あら)(いづ)御魂(みたま)瑞御魂(みづみたま)
133その聖顔(かんばせ)伊照(いて)(かがや)く。
134
135天地(あめつち)(たぐひ)もあらぬ(きよ)(ぬし)
136天津使(あまつつかひ)(こぞ)りて(つか)ふ。
137
138()(ひと)(あはれ)(たま)千座(ちくら)をば
139()ひて()()(きみ)(たふと)き。
140
141()(くに)()()身魂(みたま)(あはれ)みて
142天津神国(あまつみくに)()かす(きみ)はも。
143
144(かぎ)りなき(めぐ)みを()けし(ひと)()
145(こころ)(かぎ)(つか)へまつれよ。
146第九八
147
148()(ひと)(いたは)(たま)瑞御魂(みづみたま)
149御声(みこゑ)(たへ)天地(あめつち)
150(ひび)(わた)りぬ()(たみ)
151(いづ)御魂(みたま)(わが)(きみ)
152栄光(さかえ)(かむり)(たてまつ)れ。
153
154天津使(あまつつかひ)(うち)()して
155(いづ)御魂(みたま)御光(みひかり)
156あこがれ(をが)(たふと)さよ
157いざ諸人(もろびと)(きよ)めの(きみ)
158栄光(さかえ)(かむり)(ささ)げよや。
159
160矢叫(やさけ)びの(こゑ)(とき)(こゑ)
161(にはか)()みて(たたか)ひの
162(には)神国(みくに)となり(かは)
163(いの)りと(うた)との言霊(ことたま)
164(あめ)(つち)とに(ひび)きけり
165四方(よも)民草(たみぐさ)平和(へいわ)(きみ)
166(たから)(かむり)(たてまつ)
167御空(みそら)(きは)(つち)のはて
168(のこ)(くま)なく御栄光(みさかえ)
169(うづ)(ひかり)()(わた)
170(いづ)御魂(みたま)瑞御魂(みづみたま)
171(この)()()らす神柱(みはしら)
172栄光(さかえ)(かむり)(たてまつ)れ。
173第九九
174
175(すべ)ての(つかさ)とあれませる
176(きよ)めの(きみ)瑞御魂(みづみたま)
177()めつ(たた)へつ(かみ)(こゑ)
178世人(よびと)(こゑ)海山(うみやま)
179(くま)なく(ひび)(わた)りけり
180(いづ)御魂(みたま)瑞御魂(みづみたま)
181(うべ)なひ(たま)惟神(かむながら)
182
183栄光(さかえ)(きみ)厳御魂(いづみたま)
184(みづ)御魂(みたま)(かみ)()
185(いや)永久(とこしへ)にしろしめし
186(かみ)稜威(みいづ)御光(みひかり)
187(あまね)天地(てんち)(かがや)かし
188(すべ)てを()かし(たま)へかし
189(うづ)御前(みまへ)()(まつ)
190(いづ)御魂(みたま)瑞御魂(みづみたま)
191(まも)らせ(たま)惟神(かむながら)
192
193(きよ)めの(きみ)(きた)りませ
194(うづ)御声(みこゑ)(うれ)しみて
195吾等(われら)身魂(みたま)(きよ)めつつ
196(いのち)(かて)(つか)へなむ
197仮令(たとへ)天地(てんち)()するとも
198吾等(われら)(きみ)御恵(みめぐ)みを
199(いや)永久(とこしへ)(よろこ)びて
200黄金(こがね)(こと)をかき()らし
201稜威(みいづ)(あふ)(まつ)るべし
202(いづ)御魂(みたま)瑞御魂(みづみたま)
203(きた)らせ(たま)惟神(かむながら)
204第一〇〇
205
206烏羽玉(うばたま)(くら)闇夜(やみよ)()()りて
207(あづま)(そら)(あかね)さすなり。
208
209(うる)はしき(きみ)御影(みかげ)()(をが)
210(ひかり)(きみ)(つか)へまつらむ。
211
212神国(かみくに)(ひかり)といます厳御魂(いづみたま)
213(みづ)御魂(みたま)御稜威(みいづ)(かしこ)し。
214
215皇神(すめかみ)(めぐ)みの(つゆ)()ふる(たみ)
216歓喜(よろこび)栄光(さかえ)(なに)(たと)へむ。
217
218大空(おほぞら)(ほし)にも(まさ)(たみ)(かず)
219(めぐ)ませ(たま)(かみ)(かしこ)き。
220第一〇一
221
222厳御魂(いづみたま)(みづ)御魂(みたま)()(まさ)
223(きよ)きは(ほか)にあらじとぞ(おも)ふ。
224
225いと(たか)(かみ)御子(みこ)にしましませど
226()(あら)ふため(くだ)りましぬる。
227
228八千座(やちくら)(うへ)(かか)げし(うづ)()
229万国民(よろづくにたみ)(いま)(あふ)がむ。
230
231皇神(すめかみ)(みぎ)にぞ()して(かみ)()
232現世(うつしよ)しらす(きみ)(かしこ)し。
233大正一二・五・三 旧三・一八 北村隆光録)