霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 地位転変(ちゐてんぺん)〔一七八二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第70巻 山河草木 酉の巻 篇:第2篇 千種蛮態 よみ:せんしゅばんたい
章:第15章 第70巻 よみ:ちいてんぺん 通し章番号:1782
口述日:1925(大正14)年08月24日(旧07月5日) 口述場所:丹後由良 秋田別荘 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
千草姫は王に対して、自分を神として崇めるように強要している。王は姫が発狂したと思い、狂人に下手に逆らってますます病気を強めてしまわないようにと、黙っていうことを聞いている。
千草姫は平伏した王の頭に左右の足を交互に乗せてうーんと唸った。千草姫は、つま先から王に悪霊を注入したのである。これによって王はがらりと心気一転し、千草姫を活き神と信じるようになってしまった。
千草姫は、三五教の宣伝使、照国別・照公を投獄すること、太子と王女を修行という名目で城から追い出すこと、またジャンクを数日のうちに追放するように、と命じる。
太子と王女は、レールとマークをたよって城を出る。
第三編 理想新政
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7015
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 460頁 修補版: 校定版:194頁 普及版:96頁 初版: ページ備考:
001 千草姫(ちぐさひめ)(わう)居間(ゐま)羽搏(はばた)きし(なが)ら、002仕舞(しまひ)でも()ふやうなスタイルで横柄面(わうへいづら)をさらして()(きた)り、003(ことば)荘重(さうちよう)に、
004『トルマン(ごく)国王(こくわう)005ガーデン王殿(わうどの)006三千世界(さんぜんせかい)救世主(きうせいしゆ)007底津岩根(そこついはね)(おほ)みろく太柱(ふとばしら)008第一霊国(だいいちれいごく)天人(てんにん)()出神(でのかみ)生宮(いきみや)託宣(たくせん)を、009(みみ)をさらへてお聞下(ききくだ)され。010肉体(にくたい)千草姫(ちぐさひめ)であつても、011(みたま)()出神(でのかみ)誠生粋(まこときつすゐ)水晶魂(すいしやうだま)012(この)()救主(すくひぬし)として(あら)はれたので御座(ござ)るぞや。013其方(そなた)()から()(とき)は、014(この)生宮(いきみや)気違(きちが)ひと(おも)ふであらう。015(まこと)(かみ)間違(まちが)ひは御座(ござ)らぬぞや』
016 ガーデン(わう)千草姫(ちぐさひめ)(この)(てい)()て、017不審(ふしん)(まゆ)をひそめ、018あゝ(こま)つた(こと)出来(でき)たわい。019たうとう王妃(わうひ)発狂(はつきやう)して(しま)つた。020(しか)(なが)()のたつてる(とき)(さか)らふは、021益々(ますます)病気(びやうき)(つよ)める道理(だうり)022少時(しばらく)(かれ)()(こと)(だま)つて()いてやらう……と決心(けつしん)し、
023(わう)成程(なるほど)其方(そなた)()出神(でのかみ)生宮(いきみや)であらう。024如何(いか)なる(よう)か、025()かしてくれ』
026千草(ちぐさ)『これは()しからぬ(なんぢ)言葉(ことば)027無礼(ぶれい)であらうぞや。028()出神(でのかみ)(たい)して()かしてくれ……とは(なん)たる暴言(ばうげん)029()(たか)い、030(すわ)りなされ。031三千世界(さんぜんせかい)因縁(いんねん)()いて()かしてやらうぞや』
032(わう)『ハイ』
033不承不承(ふしようぶしよう)椅子(いす)(はな)れて()()けば、034千草姫(ちぐさひめ)はニコニコし(なが)ら、
035千草(ちぐさ)『ホヽヽヽヽヽ、036流石(さすが)はトルマン(ごく)(わう)ぢや、037(この)()出神(でのかみ)をよく見届(みとど)けた。038褒美(ほうび)には(これ)をつかはす。039有難(ありがた)頂戴(ちやうだい)()され』
040()(なが)ら、041刹帝利(せつていり)のピカピカ(ひか)つた禿頭(はげあたま)(うへ)へ、042(ひだり)片足(かたあし)をドツカと()せ『ウーン ウーン』と二声(ふたこゑ)(うな)(なが)ら、043(ひだり)(あし)()ろし、044(また)(みぎ)(あし)(おな)じく頭上(づじやう)にのせ『ウーン ウーン』と(また)もや二声(ふたこゑ)……『ホヽヽヽヽヽ』と(わら)悠々(いういう)として(とこ)()直立(ちよくりつ)し、
045千草(ちぐさ)如何(いか)にガーデン(わう)046よつく(うけたま)はれ。047セーロン(たう)浄飯王(じやうぼんわう)太子(たいし)悉達(しつた)壇特山(だんとくざん)霊鷲山(りやうしうざん)(のぼ)り、048五ケ年(ごかねん)修業(しうげふ)(のち)仏果(ぶつくわ)()帰国(きこく)し、049(ちち)浄飯王(じやうぼんわう)仏足(ぶつそく)頂礼(ちやうらい)せしめた(ため)しがある。050(おそ)(おほ)くも底津岩根(そこついはね)(おほ)みろく太柱(ふとばしら)051第一霊国(だいいちれいごく)天人(てんにん)052()出神(でのかみ)御神足(ごしんそく)を、053両足(りやうあし)(とも)頂戴(ちやうだい)(いた)したる(なんぢ)こそは、054三千世界(さんぜんせかい)果報者(くわはうもの)055有難(ありがた)感謝(かんしや)(いた)されよ。056()出神(でのかみ)間違(まちが)ひは御座(ござ)らぬぞや』
057 ガーデン(わう)(はじ)めの(あひだ)(なん)だか(あや)しいと(おも)つてゐたが、058千草姫(ちぐさひめ)(あし)(あたま)にのせられてから、059ガラリと心機一転(しんきいつてん)し、060(まつた)くの活神(いきがみ)(かた)(かた)(しん)ずる(やう)になつた。061サア()うなつては、062最早(もはや)城内(じやうない)整理(せいり)中心(ちうしん)(うしな)ひ、063()のつけやうもなくなつて(しま)つた。
064千草(ちぐさ)『ガーデン王殿(わうどの)065(この)千草姫(ちぐさひめ)肉体(にくたい)は、066今日(こんにち)(まで)(なんぢ)(きさき)として、067神界(しんかい)より(ゆる)しありしも、068いよいよ(てん)時節(じせつ)到来(たうらい)し、069三千世界(さんぜんせかい)救世主(きうせいしゆ)(あら)はれたれば、070最早(もはや)(なんぢ)(きさき)ではない(ほど)に、071(なんぢ)(これ)より()出神(でのかみ)肉宮(にくみや)弟子(でし)となり、072絶対服従(ぜつたいふくじう)(ちか)つて、073何事(なにごと)にも違背(ゐはい)せず(つく)すであらうなア』
074(わう)『ハイ、075(あふ)(まで)もなく、076どんな御用(ごよう)でも(うけたま)はりませう』
077千草(ちぐさ)『オホヽヽヽヽ、078満足(まんぞく)々々(まんぞく)079(うへ)(した)になり、080(した)(うへ)になり、081天地(てんち)がかへる(かみ)仕組(しぐみ)082(いま)(まで)(をつと)(つま)弟子(でし)となり、083(いま)(まで)(つま)(その)(をつと)弟子(でし)として使(つか)(かみ)経綸(しぐみ)084()くなる(うへ)はガーデン(わう)085(その)(はう)()出神(でのかみ)神勅(しんちよく)(ほう)じ、086三千世界(さんぜんせかい)救世主(きうせいしゆ)副柱(そへばしら)なる名僧(めいそう)キユーバーを、087一時(いつとき)(はや)(さが)()し、088(この)城内(じやうない)()(かへ)れよ。089違反(ゐはい)(およ)ばば神罰(しんばつ)立所(たちどころ)(いた)るであらう』
090(わう)『ハイ、091委細(ゐさい)承知(しようち)(いた)しましたが、092()れキユーバーは如何(いかが)なりしか、093破獄(はごく)逃走(たうそう)(いた)しました(ゆゑ)094内々(ないない)(ひと)()し、095捜索(そうさく)(いた)して()りまするが、096(いま)(なん)吉報(きつぱう)()ませぬ。097少時(しばし)御猶予(ごいうよ)(ねが)(たてまつ)りまする』
098千草(ちぐさ)(なんぢ)(げん)にして間違(まちが)ひなくば、099大方(おほかた)ジヤンクが(かく)して()るのだらう』
100(わう)『いやいや(けつ)して(けつ)して、101左様(さやう)道理(だうり)御座(ござ)いませぬ。102(かれ)はキユーバーを一時(いちじ)(はや)(すく)はむと、103(ひそ)かに相談(さうだん)(いた)しました。104早速(さつそく)ジヤンクの(ねが)ひを(ゆる)し、105牢獄(らうごく)(ひと)()(しら)()れば、106()れキユーバーは(はや)くも何者(なにもの)にかさらはれ、107行方不明(ゆくへふめい)となつて()りました』
108千草(ちぐさ)『あ、109さうであらう さうであらう、110(わか)つた(わか)つた。111(この)張本人(ちやうほんにん)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)照国別(てるくにわけ)112照公(てるこう)両人(りやうにん)間違(まちが)ひはなからう。113一時(いちじ)(はや)(かれ)をふん(じば)り、114キユーバーを押込(おしこ)めありし牢獄(らうごく)へ、115(とき)(うつ)さず打込(うちこ)めよ。116これ(けつ)して肉体(にくたい)千草姫(ちぐさひめ)言葉(ことば)でない。117底津岩根(そこついはね)(おほ)みろく神勅(しんちよく)御座(ござ)るぞや』
118(わう)御神勅(ごしんちよく)(おそ)()りまするが、119(なん)()つても、120国家(こくか)危急(ききふ)(すく)(くだ)された照国別(てるくにわけ)宣伝使(せんでんし)を、121(なん)(とが)もなく牢屋(らうや)押込(おしこ)むなど()ふことは(じやう)(おい)出来(でき)ませぬ。122(これ)(ばか)りは御容赦(ごようしや)(ねが)ひます』
123千草(ちぐさ)『オホヽヽヽヽ、124(なに)馬鹿(ばか)(こと)(まを)すか、125三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)()えすく生神(いきがみ)()一目(ひとめ)(にら)んだならば、126(けつ)して間違(まちが)ひは御座(ござ)らぬぞ。127(なんぢ)頑強(ぐわんきやう)にも(わが)神勅(しんちよく)(こば)むに(おい)ては、128立所(たちどころ)(なんぢ)生命(せいめい)をとるが、129それでも()いか、130返答(へんたふ)()かう』
131(わう)『いや、132少時(しばし)御待(おま)(くだ)さいませ。133(しか)らば御神勅(ごしんちよく)(とほ)り、134照国別(てるくにわけ)135照公(てるこう)神司(かむづかさ)を、136手段(てだて)(もつ)てふん(じば)り、137牢獄(らうごく)(なげ)()んでお()にかけませう』
138千草(ちぐさ)『ウ、139よしよし、140それで(かみ)満足(まんぞく)(いた)した。141トルマン(じやう)万々歳(ばんばんざい)142七千余国(しちせんよこく)(つき)(くに)(まを)すに(およ)ばず、143(この)()(うへ)にありとあらゆる(くに)は、144(のこ)らず(なんぢ)支配(しはい)にしてやらう。145(わづか)三十万(さんじふまん)人民(じんみん)(ちち)として、146可惜(あたら)一生(いつしやう)(くら)すも()しいでないか。147どうぢや合点(がてん)がいつたか』
148(わう)『ハイ、149委細(ゐさい)承知(しようち)(いた)しまして御座(ござ)います』
150千草(ちぐさ)『ヤ、151満足々々(まんぞくまんぞく)152(つぎ)(その)(はう)(まを)(わた)すことがある。153太子(たいし)チウイン、154王女(わうぢよ)チンレイを修行(しうぎやう)(ため)155一笠(いちりつ)一蓑(いつさん)旅人(たびびと)として一杖(いちぢやう)(あた)へ、156一時(いちじ)(はや)当城(たうじやう)出立(しゆつたつ)せしめられよ』
157(わう)(おほ)せには御座(ござ)いまするが158(わたし)老年(らうねん)159太子(たいし)がゐなくては、160国家(こくか)中心人物(ちうしんじんぶつ)(うしな)道理(だうり)161(また)王女(わうぢよ)チンレイは(すこ)(ばか)病身(びやうしん)御座(ござ)いますれば、162(これ)(ばか)りはモ一度(いちど)御考(おかんが)への(うへ)御猶予(ごいうよ)(ねが)ひたう御座(ござ)います』
163千草(ちぐさ)(おろか)なり、164ガーデン(わう)165()出神(でのかみ)生宮(いきみや)底津岩根(そこついはね)(おほ)みろく(あら)はれた以上(いじやう)は、166三千世界(さんぜんせかい)(ひと)つに(まる)め、167(なんぢ)支配(しはい)(もと)におかむとす。168(なんぢ)(すで)老齢(らうれい)169後継者(こうけいしや)太子(たいし)には(ひろ)世間(せけん)見聞(けんぶん)せしめおく必要(ひつえう)あり。170(ことわざ)にも可愛(かあい)()には(たび)をさせと(まを)すでないか。171(なんぢ)()(あい)(おぼ)れて、172大切(たいせつ)(わが)()幸福(かうふく)抹殺(まつさつ)せむと(いた)すか、173不届(ふとどき)至極(しごく)腰抜爺(こしぬけぢぢ)()
174(わう)『イヤ(わか)りまして御座(ござ)ります。175太子(たいし)修行(しうぎやう)(ため)176神勅(しんちよく)(したが)ひ、177(たび)()すことと(いた)しませうが、178病身(びやうしん)なる(いもうと)(たび)苦労(くらう)(いた)させるのは(おや)として(しの)びませぬ。179どうぞこれ(ばか)りは御猶予(ごいうよ)御願(おねが)(まを)したう御座(ござ)ります』
180千草(ちぐさ)『ハテ(さて)181(わか)らぬ(ぢぢ)イだな。182(かみ)絶対服従(ぜつたいふくじう)(ちか)つたでないか。183王女(わうぢよ)チンレイは(この)(もん)()づるや(いな)や、184病魔(びやうま)(たちま)退散(たいさん)し、185金鉄(きんてつ)(ごと)壮健(そうけん)肉体(にくたい)となるであらう。186(かみ)言葉(ことば)間違(まちが)ひはないぞ。187返答(へんたふ)()うだ』
188(わう)左様(さやう)ならば御神勅(ごしんちよく)(したが)ひ、189両人(りやうにん)(その)(よし)(つた)へませう』
190千草(ちぐさ)『ガーデン(わう)191天晴(あつぱれ)々々(あつぱれ)192(なんぢ)改慎(かいしん)()つて、193(すみや)かに神政(しんせい)成就(じやうじゆ)194ミロクの()出現(しゆつげん)(いた)すであらうぞ』
195(わう)『ハイ有難(ありがた)(ぞん)じまする』
196千草(ちぐさ)『モ(ひと)其方(そなた)(まを)(わた)(こと)がある。197(これ)絶対服従(ぜつたいふくじう)(いた)すであらうなア』
198(わう)『ハイ』
199千草(ちぐさ)(なんぢ)はジヤンクを(もつ)て、200政治(せいぢ)枢機(すうき)(にん)じてゐるが、201(かれ)(ごと)田舎者(いなかもの)202どうして(かみ)(つく)りしトルマン(ごく)政治(せいぢ)出来(でき)ようぞ。203(かれ)(わが)国家(こくか)爆裂弾(ばくれつだん)だ。204八岐大蛇(やまたをろち)(れい)だ。205一時(いちじ)(はや)当城(たうじやう)()()せ』
206(わう)『これ(ばか)りは必要(ひつえう)人物(じんぶつ)御座(ござ)いますから、207どうぞ御猶予(ごいうよ)(ねが)ひたう御座(ござ)います』
208千草(ちぐさ)三日(みつか)猶予(いうよ)(いた)すに()つて、209それ(まで)(とく)()()かせ、210城内(じやうない)()(ぱら)ふべし。211(しか)(なが)()れジヤンクに(おい)て、212キユーバー上人(しやうにん)在所(ありか)(たづ)ね、213城内(じやうない)御迎(おむか)(まを)(きた)るに(おい)ては、214国政(こくせい)一部(いちぶ)(その)褒美(はうび)として(まか)しても差支(さしつかへ)なからう。215イヤ刹帝利殿(せつていりどの)216御苦労(ごくらう)御座(ござ)つた。217居間(ゐま)(さが)つて休息(きうそく)()され。218最前(さいぜん)から(かみ)(まを)(わた)した一伍一什(いちぶしじふ)219(かなら)落度(おちど)のなき(やう)220明日(みやうにち)(まで)実行(じつかう)せよ』
221()(なが)ら、222(また)もや両手(りやうて)(いち)()(ひら)き、223()(かへ)つて(とこ)()(くだ)り、224悠々(いういう)として(わが)寝室(しんしつ)()して(かへ)()く。
225 ガーデン(わう)千草姫(ちぐさひめ)(あし)爪先(つまさき)から悪霊(あくれい)注入(ちうにふ)され、226(にはか)心機一転(しんきいつてん)し、227(ほとん)邪神(じやしん)神憑(かむがかり)状態(じやうたい)となつて(しま)つた。228金毛九尾(きんまうきうび)悪狐(あくこ)首尾(しゆび)よくトルマン(じやう)占領(せんりやう)したのである。
229 太子(たいし)王女(わうぢよ)父母(ふぼ)両親(りやうしん)厳命(げんめい)(こば)(すべ)もなく、230(たび)()かけると(しよう)し、231数万(すうまん)(かね)用意(ようい)遍路姿(へんろすがた)となつて、232()()るる(ころ)233レール、234マークの住家(すみか)()して(たづ)()き、235門口(かどぐち)()つて、236チリンチリンと(すず)()つてゐる。237レール、238マークは(ひる)(たがひ)岩窟(がんくつ)番人(ばんにん)をやつてゐたが、239丁度(ちやうど)(この)(とき)240男女(だんぢよ)四人(よにん)食卓(しよくたく)(とも)にしてゐる真最中(まつさいちう)であつた。241太子(たいし)(かど)()つて、242(りん)()(なが)ら『(たの)まう(たの)まう』とおとなへば、243マークは()隙間(すきま)より外面(そと)(うかが)ひて、
244マ『ヤ、245夫婦(ふうふ)巡礼(じゆんれい)さま、246何用(なによう)()らないが、247斯様(かやう)貧民窟(ひんみんくつ)()(ところ)で、248何一(なにひと)()げる(もの)はない、249トツトと(かへ)つて(くだ)さい。250斯様(かやう)(せま)(うち)へ、251(いま)(ごろ)()(ところ)()めてやる(わけ)にも()かず、252(ことわ)(まを)します』
253(たい)『イヤ、254愚僧(ぐそう)(けつ)して(あや)しき(もの)御座(ござ)らぬ。255レール、256マーク殿(どの)知人(ちじん)御座(ござ)れば、257どうか()()()けて(もら)ひたい』
258レ『ヤ、259スパイの(やつ)260()けて()やがつたな、261コラ大変(たいへん)だ。262(ひめ)さまを(かく)さねばなるまい。263サア(ひめ)さま、264()みませぬが、265(この)戸棚(とだな)(なか)一寸(ちよつと)(はい)つてゐて(くだ)さいませ』
266テイラ『ホヽヽヽヽヽ、267さう(あわて)るには(およ)びませぬよ。268(なに)城内(じやうない)急変(きふへん)(おこ)つたと()え、269太子様(たいしさま)変装(へんさう)してお(いで)になつたので御座(ござ)いますワ。270あのお(こゑ)太子様(たいしさま)間違(まちが)御座(ござ)いませぬ』
271()(なが)ら、272テイラはガラガラと破戸(やぶれど)(ひら)き、
273『ヤ、274太子様(たいしさま)275よう御越(おこ)(くだ)さいました』
276 太子(たいし)は『ウン』と()つた()り、277チンレイと(とも)(うち)(はい)る。
278大正一四・八・二四 旧七・五 於丹後由良秋田別荘 松村真澄録)