霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一六章 天降里(あまくだり)〔一七八三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第70巻 山河草木 酉の巻 篇:第3篇 理想新政 よみ:りそうしんせい
章:第16章 第70巻 よみ:あまくだり 通し章番号:1783
口述日:1925(大正14)年08月25日(旧07月6日) 口述場所:丹後由良 秋田別荘 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
太子は貧民窟の有様を見て、国の改革の思いを新たにする。
そこへ、番僧が人員調査のためにやってくる。レールとマークは、太子一行を自分の妻と友人として番僧に説明する。
太子は、この番僧がむしろ向上主義運動者たちに共感しているのを見て取って、自分の素性を明かして仲間に誘う。
番僧テルマンは承諾して、レール・マーク・太子たちの仲間となる。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7016
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 464頁 修補版: 校定版:207頁 普及版:102頁 初版: ページ備考:
001 シグレ(ちやう)貧民窟(ひんみんくつ)九尺二間(くしやくにけん)にはレール、002マークの両人(りやうにん)003(にはか)にテイラ、004ハリス、005チウイン、006チンレイの(あたら)しい四人(よにん)珍客(ちんきやく)(むか)へ、007どことはなく大活気(だいくわつき)(みなぎ)つて()た。008新来(しんらい)珍客(ちんきやく)(いづ)れも(ふる)ぼけた労働服(らうどうふく)()(まと)ひ、009(これ)太子(たいし)か、010貴婦人(きふじん)かと()まがふ(ばか)り、011服装(みなり)(おと)して(しま)つた。012それ(ゆゑ)七軒長屋(しちけんながや)(とな)りの婆嬶連(ばばかかれん)も、013(ゆめ)にも太子(たいし)王女(わうぢよ)変装(へんさう)とは()(よし)もなかつた。
014 (あさ)(はや)うから女議員(をんなぎゐん)が、015カバンの(かは)りに手桶(てをけ)をさげて、016井戸端(ゐどばた)会議(くわいぎ)(つばくろ)親方(おやかた)よろしく開催(かいさい)してゐる。
017(かふ)『これ、018(うめ)さま、019レールさま(とこ)(この)(ごろ)(めう)な、020()ちづれものが、021やつて()てゐるぢやないか。022あら、023大方(おほかた)024乗馬下(じやうめおろ)しの貴婦人(きふじん)かも()れんが、025長屋(ながや)規則(きそく)(まも)つて、026饂飩(うどん)一杯(いつぱい)づつ(くば)りさうなものだのに、027まだ挨拶(あいさつ)にも()()ぬぢやないかい』
028(おつ)『お(たけ)さま、029饂飩(うどん)蕎麦(そば)一杯(いつぱい)(もら)ふやうな(こと)があつたら、030それこそ大変(たいへん)ですよ。031あとが(うる)さいからな』
032(たけ)『それでも、033(わたし)去年(きよねん)(くれ)(この)長屋(ながや)(なが)()んで()(とき)034(まへ)さま()率先(そつせん)して、035(なん)かと世話(せわ)をして(くだ)さつた(さい)に、036長屋(ながや)規則(きそく)だから、037饂飩(うどん)蕎麦(そば)一杯(いつぱい)づつ(むか)三軒(さんげん)両隣(りやうどな)りへ(くば)れと()なしたものだから、038親爺(おやぢ)のハツピを(しち)において饂飩(うどん)一杯(いつぱい)づつ(くば)りましたよ』
039(うめ)『そら、040さうですとも、041普通(ふつう)人間(にんげん)なら、042(たがひ)(なか)ようして、043交際(つきあい)をして(もら)はなくちやなりませぬが、044あのレールさま、045一人(ひとり)のマークさまの二人(ふたり)046ラマ本山(ほんざん)のブラツクリストとか()ふものについて()人物(じんぶつ)で、047いつも番僧(ばんそう)さまが如意棒(によいぼう)をブラ()げて調(しら)べに()るぢやないか。048あの(ひと)向上会員(かうじやうくわいゐん)とか、049(くろ)主義者(しゆぎしや)とか()ふぢやないか。050そんな(ひと)交際(かうさい)でもしようものなら、051番僧(ばんそう)さまにつけねらはれ、052(たれ)もいやがつて日傭者(ひよさ)にも(やと)うて()れませぬワ。053さうすりや(たちま)親子(おやこ)(あご)乾上(ひあが)つて(しま)ふぢやありませぬか。054親爺(おやぢ)さまは毎日(まいにち)土方(どかた)をやり、055(わたし)(たち)はマツチの箱貼(はこはり)をして会計(くわいけい)(たす)けては()るものの、056(あめ)三日(みつか)()りや(たちま)土方(どかた)出来(でき)ず、057親子(おやこ)(かつ)(じに)せねばならぬと()境遇(きやうぐう)だもの、058番僧(ばんそう)さまなんかに(にら)まれちや(たま)りませぬわな』
059(たけ)(なん)とマア(おそ)ろしい(ひと)(この)路地(ろぢ)這入(はい)つて()たものぢやないか。060(この)(ごろ)はあんな(ひと)がうろつくので寺庵異持法(じあんいぢはふ)だとか、061国士団(こくしだん)062………(はふ)とか、063(むつ)かしい法律(はふりつ)発布(はつぷ)され、064三人(さんにん)()つて(はなし)をして()つても、065(すぐ)引張(ひつぱ)られるさうだから、066かう五人(ごにん)六人(ろくにん)一緒(いつしよ)水汲(みづく)みをやるのは剣呑(けんのん)ですぜ』
067(うめ)『タカが(をんな)ぢやありませぬか。068本来(ほんらい)裏長屋(うらながや)嬶連(かかれん)が、069何人(なんにん)()つて(すずめ)会議(くわいぎ)をやつた(ところ)何一(なにひと)出来(でき)やしないわ。070何程(なにほど)(めくら)番僧(ばんそう)さまだつて、071(をんな)まで引張(ひつぱ)つて(かへ)るやうな無茶(むちや)(こと)はしますまいよ』
072(たけ)(なに)073(をんな)でも仲々(なかなか)()()はぬ連中(れんぢう)さまがありますよ。074今時(いまどき)女性(ぢよせい)(みな)075高等(かうとう)淫売(いんばい)教育(けういく)とか、076()ふものを()けてゐる(ひと)だから、077女権拡張(ぢよけんくわくちやう)とか女子参政論(ぢよしさんせいろん)だとか、078いろいろのオキャンや、079チャンピオンが(あら)はれて、080ラマ本山(ほんざん)(あたま)(いた)めるものだから、081(この)(ごろ)(をんな)でも容赦(ようしや)なく、082番僧(ばんそう)さま、083一寸(ちよつと)(あや)しいと()たら(すぐ)引張(ひつぱ)つて()くさうだよ。084あの向上会員(かうじやうくわいゐん)さまの(なか)にも、085どうやら高等淫売(かうとういんばい)らしい、086綺麗(きれい)(をんな)三人(さんにん)まで、087やつて()てゐるのだもの、088何時(いつ)番僧(ばんそう)さまがやつて()るか()れないわ。089蕎麦(そば)御馳走(ごちそう)(どころ)か、090此方(こつち)側杖(そばづゑ)()はされちや(たま)りませぬな。091サアサア(かへ)りませう』
092五六人(ごろくにん)婆嬶(ばばかか)手桶(てをけ)をヒツ()げて093各自(めいめい)(ちひ)さい(やぶ)()をくぐつて姿(すがた)(かく)して(しま)つた。
094 チウインは共同(きようどう)井戸(ゐど)(そば)にある(むさくる)しい共同便所(きようどうべんじよ)這入(はい)つて()つたが、095(この)女連(をんなれん)(はなし)一伍一什(いちぶしじふ)()(をは)り、096そしらぬ(かほ)をして(かへ)(きた)り、
097チウ『オイ、098レールの兄貴(あにき)099(ぼく)(めう)(こと)()いて()たよ。100イヤ、101もう(おほい)社会教育(しやくわいけういく)()た。102人間(にんげん)()ふものはホンに生活上(せいくわつじやう)大変(たいへん)懸隔(けんかく)があるものだな』
103レ『長屋(ながや)(すずめ)(つばめ)()(こと)大抵(たいてい)(きま)つてゐますよ。104(わたし)向上会員(かうじやうくわいゐん)だと()つて、105いつも(くち)(きは)めて悪口(わるぐち)()ひ、106テンで(こは)がつて交際(かうさい)をせないのです。107随分(ずいぶん)108悪垂(あくた)(ぐち)(たた)いたでせう』
109チウ『ハヽヽヽ仲々(なかなか)面白(おもしろ)いわ、110イヤ(しか)面白(おもしろ)いと()うては()まぬ。111(この)トルマン(ごく)には一人(ひとり)貧民(ひんみん)のないやうに、112(なん)とかして(ほね)()らねばなるまい』
113レ『タラハン(ごく)のスダルマン太子(たいし)は、114アリナ、115バランスと()賢明(けんめい)棟梁(とうりやう)臣下(しんか)()て、116教政(けうせい)改革(かいかく)断行(だんかう)されたと()(はなし)ですが、117屹度(きつと)よく(をさ)まるでせう。118まだ今々(いまいま)(こと)ですから、119その結果(けつくわ)(わか)りませぬが、120今日(こんにち)場合(ばあひ)121あゝするより(ほか)(みち)御座(ござ)りますまい。122トルマン(ごく)(いま)改革(かいかく)時期(じき)だと(おも)ひます。123どうか太子様(たいしさま)英断(えいだん)(もつ)124一日(いちにち)(はや)教政(けうせい)改革(かいかく)断行(だんかう)し、125国民(こくみん)信望(しんばう)をつなぎ、126天下(てんか)名君(めいくん)(あふ)がれ(たま)ふやう、127吾々(われわれ)努力(どりよく)したいと(おも)ひます』
128チウ『ヤ、129(じつ)(ぼく)もスダルマン太子(たいし)のやり(くち)には感服(かんぷく)してゐる。130どうしても(おも)ひきつて決行(けつかう)せなくちや駄目(だめ)だ。131()(かく)132やれる()けやりたいものだな』
133レ『今度(こんど)宰相(さいしやう)余程(よほど)(わか)つてゐるやうですが、134浄行(じやうぎやう)古手(ふるて)首陀(しゆだ)大将(たいしやう)毘沙頭(びしやがしら)古手(ふるて)が、135いくら(あたま)(なや)まし、136教政内局(けうせいないきよく)組織(そしき)した(ところ)で、137その寿命(じゆみやう)(なが)くて一年半(いちねんはん)138(みじか)(やつ)三月(みつき)(くらゐ)(たふ)れて(しま)ふのだから、139吾々(われわれ)教徒(けうと)はいい(つら)(かは)ですよ。140今日(こんにち)最早(もはや)141人文(じんぶん)発達(はつたつ)して人民(じんみん)(みな)自覚(じかく)して()りますから、142古疵物(ふるきずもの)信用(しんよう)しませぬ。143()(かく)144清浄無垢(しやうじやうむく)民間(みんかん)から()たものでないと、145大衆(たいしう)信望(しんばう)をつなぐ(こと)はむつかしいですな』
146チウ『そらさうだ。147会衆(ゑしう)古手(ふるて)首陀頭(しゆだがしら)浄行(じやうぎやう)金持会衆(かねもちゑしう)が、148何遍(なんべん)出直(でなほ)した(ところ)で、149まるで子供(こども)飯事(ままごと)をしてゐるやうなものだ。150亡宗政治(ばうしうせいぢ)151骸骨政治(がいこつせいぢ)152幽霊政治(いうれいせいぢ)153日暮(ひぐら)政治(せいぢ)154軟骨政治(なんこつせいぢ)155章魚政治(たこせいぢ)156圧搾宗政(あつさくしうせい)ばつかりやられて()つちや、157大衆(たいしう)到底(たうてい)(いき)をつく(こと)出来(でき)まい。158(ぼく)もどうかして(この)(さい)159かくれたる智者(ちしや)仁者(じんしや)(さが)(もと)め、160善政(ぜんせい)()いて()たいと(おも)ふのだ。161(しか)(なが)ら、1611まだ自分(じぶん)部屋住(へやずまひ)(こと)でもあり、162両親(りやうしん)(あたま)(ふる)くつて時代(じだい)趨勢(すうせい)(わか)らないものだから、163(じつ)(こま)つてゐるのだ。164(なん)とか(ひと)(おほ)きな目覚(めざま)しが()るといいのだけれどな』
165レ『太子様(たいしさま)166(かなら)心配(しんぱい)して(くだ)さるな。167吾々(われわれ)王室中心(わうしつちうしん)向上主義(かうじやうしゆぎ)ですが、168現代(げんだい)大衆(たいしう)何時(いつ)でも一撃(いちげき)梵鐘(ぼんしよう)(ひびき)(とも)()つやうになつて()ります。169テイラさまや、170ハリスさまの(まへ)で、171こんな(こと)()ふのはチツト(ばか)()ひにくいけれど、172今度(こんど)戦争(せんそう)がなかつたなら、173吾々(われわれ)(すで)(すで)左守(さもり)174右守(うもり)両人(りやうにん)(たを)し、175宗政(しうせい)改革(かいかく)太子様(たいしさま)にお(ねが)ひする(ところ)だつたのです。176(すで)(すで)()(ゆみ)(つる)につがへられて()つたのです。177左守(さもり)178右守(うもり)浄行(じやうぎやう)戦争(せんそう)(ため)(たふ)れたのだから、179御本人(ごほんにん)にとつては非常(ひじやう)光栄(くわうえい)だつたのでせう。180さうでなくつても今日(けふ)まで(ふた)つの(くび)はつながれて()ない(はず)ですから』
181 テイラ、182ハリスの両人(りやうにん)平気(へいき)(かほ)して(わら)つてゐる。
183レ『もしテイラさま、184ハリスさま、185貴女(あなた)はお(とう)さまの(こと)()はれても、186(なん)ともないのですか』
187テイ『ハイ、188()として(ちち)()(かな)しまぬものはありませぬ。189(しか)(なが)大衆(たいしう)怨府(ゑんぷ)となり、190非業(ひごふ)最後(さいご)()げられやうなものなら、191それこそ()として(たま)りませぬが、192危機一髪(ききいつぱつ)場合(ばあひ)になつて、193王家(わうけ)のため国教(こくけう)のために(たたか)つて()んだのですもの、194(まつた)くウラルの(かみ)さまの御恵(みめぐみ)だと(おも)つて有難(ありがた)(かん)じて()りますわ。195ネー、196ハリスさま、197貴女(あなた)だつてさうお(かんが)へでせう』
198ハリ『何事(なにごと)(みな)199因縁事(いんねんごと)ですもの、200仕方(しかた)がありませぬわね』
201レ『イヤお二人(ふたり)とも、202立派(りつぱ)なお心掛(こころがけ)203向上会(かうじやうくわい)(わたし)今日(こんにち)上流(じやうりう)に、204こんな(かんが)への(ひと)があるかと(おも)へば(いささ)心強(こころづよ)くなつて()ました。205オイ、206マーク、207トルマンの国家(こくか)心配(しんぱい)()らないよ、208(よろこ)(たま)へ、209(この)若君(わかぎみ)(いただ)き、210(この)賢明(けんめい)左守(さもり)右守(うもり)のお(ぢやう)さまが(うへ)にある以上(いじやう)は、211国家(こくか)大磐石(だいばんじやく)だ。212(おれ)(たち)(いま)(まで)十年(じふねん)(あひだ)213国事(こくじ)改宗(かいしう)奔走(ほんそう)した曙光(しよくわう)(あら)はれたやうなものだ』
214マ『本当(ほんたう)にさうだ。215(ぼく)(なん)だか、216()から(よみがへ)つたやうな晴々(はればれ)した爽快(さうくわい)気分(きぶん)になつて()たよ。217(なん)()つても(とし)(わか)貴婦人(きふじん)()として、218(こま)(むち)()砲煙弾雨(はうえんだんう)(あひだ)を、219三軍(さんぐん)指揮(しき)して奔走(ほんそう)された女丈夫(ぢよぢやうぶ)だもの。220僕等(ぼくら)(ごと)痩男(やせをとこ)(ひめ)さまの(まへ)ではサツパリ顔色(がんしよく)なしだ、221ハツハヽヽヽ』
222 かく(はなし)してゐる(ところ)223如意棒(によいぼう)(おと)がガラガラと(きこ)えて()た。
224レ『ヤ、225(また)番僧(ばんそう)がやつて()よつたな。226チウインさま、227どうか本名(ほんめい)ママ()つちや、228いけませぬよ。229(みな)さま、230そのつもりでゐて(くだ)さい。231屹度(きつと)人員調査(じんゐんてうさ)にやつて()たのでせうから』
232チウ『よしよし、233心配(しんぱい)するな』
234番僧(ばんそう)『レールさま、235一寸(ちよつと)()()けて(くだ)さい』
236 レールは入口(いりぐち)(やぶ)()をガラリと(おし)()けニコニコし(なが)ら、
237『ヤア、238これはこれは、239(あさ)(はや)うから御苦労(ごくらう)御座(ござ)ります。240(なん)御用(ごよう)()りませぬが、241トツトと御這入(おはい)(くだ)さい。242拙宅(せつたく)(この)(ごろ)はお(きやく)()えまして大変(たいへん)(にぎや)かう御座(ござ)ります。243(にはか)六人(ろくにん)家内(がない)となつたものですから、244(ふところ)(さむ)いレールにとつては(いささ)(こま)つて()りますわい。245貴方(あなた)(この)(ごろ)物価(ぶつか)騰貴(とうき)で、246さぞお(こま)りでせうな』
247(ばん)(きみ)()(とほ)248(ぼく)大変(たいへん)生活難(せいくわつなん)(おそ)はれてゐるのだ。249女房(にようばう)内職(ないしよく)で、250どうなりかうなり、251ひだるい()はせずに(くら)してゐるが、252随分(ずいぶん)(つら)いものだよ。253(きみ)はこれと()仕事(しごと)もしてゐないやうだが、254随分(ずいぶん)裕福(ゆうふく)(くら)しをしてゐるらしいね。255(かしは)(たた)いてあるぢやないか。256(しか)(この)四人(よにん)(かた)何処(どこ)から()られたのだ。257(じつ)(この)長屋(ながや)(かか)本山(ほんざん)密告(みつこく)して()たものだから、258職務上(しよくむじやう)調(しら)べぬ(わけ)にも()かず、259(また)(きみ)(にが)(かほ)をしられるのを()(なが)ら、260(これ)職務上(しよくむじやう)やむを()ないのだから、261一応(いちおう)取調(とりしら)べに()たのだ。262どうか(わる)(おも)はないやうにして(くだ)さい』
263レ『(ひさ)()りで郷里(きやうり)友人(いうじん)や、264(わたし)女房(にようばう)や、265マークの女房(にようばう)(たづ)ねて()てくれたのですよ。266明日(あす)はどうして()はうかと兵糧(ひやうろう)がつきたので頭痛鉢巻(づつうはちまき)をやつてゐた(ところ)267郷里(きやうり)からこの(とほ)(かしは)(こめ)(さけ)()つて()たものだから、268(ひさ)()りで御馳走(ごちそう)にありつかうと(おも)つて、269(あさ)から立働(たちはたら)いてゐた(ところ)ですよ』
270(ばん)成程(なるほど)271どうも田舎(いなか)(ひと)らしいね。272(しか)(なが)田舎(いなか)にしては、273()ふと()まぬが、274垢抜(あかぬ)けのした(かた)(ばか)りだな』
275レ『(この)友人(いうじん)はバクシーと()つて、276チツト(ばか)財産(ざいさん)()つて()ります。277吾々(われわれ)二人(ふたり)国士(こくし)として国家(こくか)(ため)278身命(しんめい)()して活動(くわつどう)してゐるものだから、279妻子(さいし)(やしな)(こと)出来(でき)ないので、280(この)バクシーさまの(うち)へお世話(せわ)になり、281下女奉公(げぢよぼうこう)使(つか)つて(もら)つて()つた(ところ)282女房(にようばう)一度(いちど)(をつと)(かほ)()たい(かほ)()たいとせがむものだから、283遙々(はるばる)女房(にようばう)()れて、284バクシー夫婦(ふうふ)昨日(きのふ)()てくれたのです。285マアお(まへ)さま(ひさ)()りだ、286一杯(いつぱい)やつたらどうですか。287(べつ)貴方(あなた)職掌(しよくしよう)にも影響(えいきやう)するやうな(こと)はありますまい』
288(ばん)『イヤ、289有難(ありがた)う。290それでは一杯(いつぱい)頂戴(ちやうだい)しようかな。291(ぼく)だつて(おな)じトルマン(ごく)人民(じんみん)だ。292如意棒(によいぼう)をブラ()げて()()けの(ちが)ひだ。293(ひと)上司(じやうし)機嫌(きげん)(そん)じたが最後(さいご)294(たちま)丸腰(まるごし)になつて労働者(らうどうしや)仲間(なかま)()れて(もら)はなくちやならないのだから、295(いま)(うち)(きみ)(たち)懇親(こんしん)(むす)んでおかなくては、296(たちま)自分(じぶん)前途(ぜんと)(あん)じられて仕方(しかた)がないからな。297どうかレールさま、298よろしく(たの)みますよ』
299レ『(いま)高級僧侶(かうきふそうりよ)(など)は、300何奴(どいつ)此奴(こいつ)(みな)賄賂(わいろ)をとつたり、301御用商人(ごようしやうにん)結託(けつたく)して、302(あま)(しる)しこたま()ふてゐやがる餓鬼(がき)(ばか)りだ。303役僧(やくそう)(なか)でも比較的(ひかくてき)潔白(けつぱく)なのは(きみ)(たち)番僧(ばんそう)仲間(なかま)だ。304それでも()ラマ(ぐらゐ)になると305随分(ずいぶん)予算外(よさんぐわい)収入(しうにふ)があると()(こと)だ。306(きみ)(たち)労働者(らうどうしや)(まへ)如意棒(によいぼう)()せて威張(ゐば)()らす(くらゐ)役得(やくとく)では(つま)らぬぢやないか。307普選(ふせん)()もなく実行(じつかう)される()(なか)だ。308(きみ)吾々(われわれ)仲間(なかま)這入(はい)つて向上運動(かうじやううんどう)牛耳(ぎうじ)をとり、309会衆(ゑしう)にでも選出(せんしゆつ)されて、310国政(こくせい)宗政(しうせい)大改革(だいかいかく)断行(だんかう)(たま)へ。311月給(げつきふ)(やす)番僧(ばんそう)なんかやつて()つた(ところ)で、312つまらぬぢやないか。313何程(なにほど)出世(しゆつせ)したと()つた(ところ)で、314番僧(ばんそう)出世(しゆつせ)()ラマが(せき)(やま)だ。315それも三十年(さんじふねん)(くらゐ)勤続(きんぞく)せなくちや、316そこ(まで)()ぎつける(わけ)にや()かないからな、317ハヽヽヽ』
318(ばん)『ウン、319そらさうだな。320会衆(ゑしう)にでも()て、321うまく立働(たちはたら)けば伴食浄行(ばんしよくじやうぎやう)(くらゐ)はなれるかもしれない。322(わる)くした(ところ)首陀頭(しゆだがしら)椅子(いす)(ぐらゐ)には()りつけるかも()れぬ。323生活(せいくわつ)保証(ほしよう)さへしてくれる(もの)があつたら、324(ぼく)今日(けふ)からでも辞職(じしよく)して(きみ)(たち)一緒(いつしよ)活動(くわつどう)するつもりだがな』
325レ『そりや面白(おもしろ)い、326番僧(ばんそう)(なか)でも、327(きみ)はどつか(ちが)つた(ところ)があると向上会員(かうじやうくわいゐん)仲間(なかま)からも()はれてゐるのだ。328(おも)ひきつて番僧(ばんそう)なんか(ぼう)にふり(たま)へ。329(きみ)生活(せいくわつ)は、330このバクシーさまが屹度(きつと)保証(ほしよう)して(くだ)さるよ。331さうしてバクシーさまに(つい)てさへ()れば、332最早(もはや)大磐石(だいばんじやく)だ。333寺庵異持法(じあんいぢはふ)334国士団(こくしだん)335…………(はふ)も、336(なに)も、337へつたくれも、338あつたものぢやない』
339チウ『こいツア面白(おもしろ)番僧(ばんそう)さまだ。340オイ(きみ)341(ぼく)(じつ)(ところ)342(うち)()つて()ふがチウイン太子(たいし)だ。343教政(けうせい)改革(かいかく)せむために向上会員(かうじやうくわいゐん)仲間(なかま)偵察(ていさつ)変装(へんさう)して()てゐるのだよ。344(きみ)もどうぢや、345今日(けふ)(かぎ)番僧(ばんそう)をやめて向上運動(かうじやううんどう)没頭(ぼつとう)する()はないか。346浄行(じやうぎやう)(ぐらゐ)にや屹度(きつと)(ぼく)がしてやるよ』
347(ばん)本当(ほんたう)ですか、348(はら)(わる)い、349(ひと)(なぶ)るのでせう。350(おそ)(おほ)くも太子様(たいしさま)が、351かやうな(ところ)へおいでなさる道理(だうり)はありますまい』
352チウ『因習(いんしふ)(とら)はれた現代人(げんだいじん)は、353太子(たいし)()へばどつか特種(とくしゆ)権威(けんゐ)でもあるやうに誤解(ごかい)してゐるが、354太子(たいし)だつて神柱(かむばしら)だつて355(しろ)(こめ)()つて(きいろ)(ふん)()れる代物(しろもの)だ、356ハツハヽヽヽ』
357(ばん)『イヤ(わか)りました、358間違(まちが)御座(ござ)りますまい。359(なん)だかどこともなしに気品(きひん)(たか)(ひと)(おも)つてゐましたが、360さうすると(この)御婦人(ごふじん)(たち)(いづ)れも(くも)(うへ)生活(せいくわつ)(あそ)ばす貴婦人(きふじん)でせう。361(わたし)はテルマンと(まを)小本山(せうほんざん)番僧(ばんそう)御座(ござ)ります。362どうか(よろ)しう今後(こんご)御指導(ごしだう)(ねが)ひます。363如何(いか)なる御用(ごよう)でも犬馬(けんば)(らう)(をし)みませぬ』
364チウ『ハ、365よしよし、366これで新人物(しんじんぶつ)一人(ひとり)()つけた。367早速(さつそく)穫物(えもの)があつた、368ハヽヽヽ』
369 ()隙間(すきま)から太陽(たいやう)光線(くわうせん)五条(いつすぢ)六条(むすぢ)(くろ)ずんだ(たたみ)(うへ)()ち、370(けぶり)のやうな(ほこり)がモヤモヤと輪廓(りんくわく)(ゑが)いて浮游(ふいう)してゐる。371豆腐屋(とうふや)のリンが(かすか)(きこ)えて()る。372新聞配達(しんぶんはいたつ)のリンが一入(ひとしほ)(たか)(ひび)く。
373大正一四・八・二五 旧七・六 於由良海岸秋田別荘 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)