霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 三婚(みこん)〔一七八八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第70巻 山河草木 酉の巻 篇:第3篇 理想新政 よみ:りそうしんせい
章:第21章 第70巻 よみ:みこん 通し章番号:1788
口述日:1925(大正14)年08月25日(旧07月6日) 口述場所:丹後由良 秋田別荘 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
その協議会の中で、レールが新しい左守となり、テイラと夫婦になる、マークが新右守となってハリスと夫婦となることが定められた。また、王女は照国別の弟子・春彦と夫婦となることとなった。
また太子は、タラハン国スダルマン太子の妹バンナ姫が許婚であった。
照国別と照公は婚礼の祝歌を歌う。そこへ番僧テルマンもやってきて、改革派の一同全員がそろう。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7021
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 487頁 修補版: 校定版:270頁 普及版:134頁 初版: ページ備考:
001 シグレ(ちやう)九尺(くしやく)二間(にけん)臨時御殿(りんじごてん)には、002主客(しゆきやく)八人(はちにん)(ひざ)をすり(あは)して(つき)()となり、003面白(おもしろ)さうに(わら)(なが)内局組織(ないきよくそしき)大会議(だいくわいぎ)(ひら)かれて()る。
004チウイン『宣伝使(せんでんし)()はれた(とほ)り、005もはや教政改革(けうせいかいかく)時期(じき)(せま)つて()(やう)だ。006しかし(この)(さい)教政改革(けうせいかいかく)(もつと)もよき人物(じんぶつ)採用(さいよう)せなくてはなるまい。007どうぢやレール(くん)左守司(さもりのかみ)となつて教政(けうせい)重任(ぢうにん)(あた)つて()れまいか』
008レール『(おほせ)とあらば(よろこ)んでお()(いた)しませう。009(しか)(なが)左守(さもり)010右守家(うもりけ)今日(こんにち)(まで)世襲(せしふ)となつて()りますが、011もし(わたし)左守(さもり)とならばテイラさまのお(いへ)はどうなるのですか』
012チウ『左守家(さもりけ)013右守家(うもりけ)世襲制度(せしふせいど)(この)(さい)全廃(ぜんぱい)せなくてはなるまい。014何事(なにごと)根本的(こんぽんてき)大改革(だいかいかく)だからな。015ついてはテイラさまを(きみ)妻君(さいくん)()仲人(なかうど)しよう』
016レ『太子様(たいしさま)017一寸(ちよつと)(まち)(くだ)さい。018拙者(せつしや)にはマサ()()(つま)もあり()御座(ござ)います。019左様(さやう)(こと)到底(たうてい)出来(でき)ますまい』
020 チウインはニコニコ(わら)(なが)ら、
021『ア、022そんな心配(しんぱい)()らないよ。023これが証拠(しようこ)だ』
024()(なが)025マサ()から(あづ)かつた離縁状(りえんじやう)()()した。026レールはつくづく封筒(ふうとう)(おもて)()027(また)(うら)をかへして()
028レ『チエ、029(やま)(かみ)(やつ)030洒落(しやれ)(こと)をしをるな』
031(ふう)をおしきり()れば、032水茎(みづくき)(あと)(あざや)かに細々(こまごま)(なが)手紙(てがみ)(しる)してある。
033チウ『ハヽヽヽヽヽ、034どうだレール、035一寸(ちよつと)(その)文句(もんく)()んで()かして()れたまへ』
036レ『ハイ、037しかたがありませぬ。038女房(にようばう)から離縁状(りえんじやう)(もら)ふなんて、039(をとこ)としては(あま)()めた(はなし)ぢやありませぬ。040(しか)しもうかうなつちや(やぶ)れかぶれです。041サア()いて(くだ)さい、042()()げますから』
 
043前文(ぜんぶん)御免(ごめん)……『(なん)ぢや失敬(しつけい)な、044挨拶(あいさつ)もせずに前文(ぜんぶん)御免(ごめん)とけつかるわい。045(をつと)馬鹿(ばか)にしてけつかる』……エー、046(わらは)(こと)不思議(ふしぎ)御縁(ごえん)によりまして、047貴方様(あなたさま)(つま)となり()(まで)なしたる間柄(あひだがら)御座(ござ)いますれども、048貴方(あなた)万民(ばんみん)()(きら)向上運動(かうじやううんどう)だとか、049免囚運動(めんしううんどう)だとか反逆人(はんぎやくにん)のやうな(おこな)ひを(あそ)ばすので、050兄弟(きやうだい)親類(しんるゐ)近所合壁(きんじよがつぺき)より排斥(はいせき)し、051(つま)たる(わたし)(まで)非常(ひじやう)圧迫(あつぱく)()けますのみならず、052日夜(にちや)番僧(ばんそう)(ども)(すご)()()めつけられ、053かよわき(をんな)()として到底(たうてい)()()れませぬ。054しかるに貴方(あなた)今度(こんど)055(おそ)(おほ)くも王妃(わうひ)御輿(みこし)(たい)不隠(ふおん)御行動(ごかうどう)(あそ)ばし、056重大事件(ぢうだいじけん)()(おこ)し、057(とら)はれ(びと)とおなり(あそ)ばしたのも、058(まつた)天地(てんち)(かみ)見離(みはな)され(たま)ひし(こと)推察(すいさつ)(いた)します。059かかる重大事件(ぢうだいじけん)(をか)せし(うへ)は、060もはや貴方(あなた)死刑(しけい)(まぬが)れますまい。061それ(ゆゑ)(いま)(うち)にどうか妻子(さいし)可愛(かあい)いと思召(おぼしめ)さるるなら、062(わたし)離縁(りえん)して(くだ)さるであらうと、063(かた)(かた)(しん)じます。064何事(なにごと)因縁(いんねん)因果(いんぐわ)(めぐ)()ひと御締(おあきら)(くだ)さいませ。065そして(この)()(さいは)ひに貴方(あなた)出獄(しゆつごく)されるやうな(こと)()りましたらお(かへ)(いた)します。066(また)御不幸(ごふかう)にして極刑(きよくけい)におなり(あそ)ばすやうな(こと)があれば、067是非(ぜひ)なく貴方(あなた)(わす)形見(がたみ)として(そだ)てますから、068御安心(ごあんしん)(くだ)さいませ。069仮令(たとへ)無罪(むざい)になつてお(かへ)(あそ)ばすとも、070(わたし)(だん)じて貴方(あなた)夫婦(ふうふ)となる(こと)(いた)しませぬ。071よつて兄弟(きやうだい)親族(しんぞく)相談(さうだん)(うへ)離縁状(りえんじやう)差上(さしあげ)ますから、072宿世(すぐせ)因縁(いんねん)御締(おあきら)(くだ)さいませ。073   (つま)マサ()より
074   レール殿(どの)
 
075レール『ハヽヽヽヽヽ。076このレールも最早(もはや)駄目(だめ)だ。077マサ()列車(れつしや)がたうとうレールを脱線(だつせん)しよつたわい。078太子様(たいしさま)079御命令(ごめいれい)(したが)ひ、080左守司(さもりのかみ)奉職(ほうしよく)さして(いただ)きませう。081テイラ(さま)縁談(えんだん)(べつ)として、082……到底(たうてい)(わたし)のやうな083女房(にようばう)(しり)()られる(やう)(もの)に、084テイラさまがどうして婚姻(こんいん)して(くだ)さいませうや、085覚束(おぼつか)なう御座(ござ)いますからなあ』
086太子(たいし)(なに)087そんな心配(しんぱい)()らないよ。088(おれ)天眼通(てんがんつう)でテイラさまの心中(しんちう)(かがみ)にテーラして()ておいたのだ。089なあテイラさま、090異存(いぞん)はありますまい』
091 テイラは『ハイ』と()つたきり、092(かほ)(あか)らめ(そで)(おほ)うて俯向(うつむ)く。
093(たい)『ハヽヽヽヽヽ、094これで一夫婦(ひとふうふ)落着(らくちやく)だ。095サア(これ)からはマークさまだ。096マークさま、097(きみ)右守司(うもりのかみ)になるのだよ』
098マ『(おも)ひもよらぬ御恩命(ごおんめい)099(じつ)有難(ありがた)御座(ござ)います。100到底(たうてい)(わたし)(ごと)不徳者(ふとくもの)()をもつて、101右守司(うもりのかみ)などといふ重職(ぢうしよく)には()()られますまい。102どうかもう(すこ)(かる)御用(ごよう)にお使(つか)(くだ)さいますまいか。103沐猴(もくこう)にして(くわん)するものと()(わら)ひを()けますから』
104レ『オイ、105マークそれや(なに)()ふのだ。106太子様(たいしさま)御命令(ごめいれい)ぢやないか。107そんな遠慮(ゑんりよ)はするに(あた)らないよ。108(おれ)だつて(ふた)返事(へんじ)左守司(さもりのかみ)(いただ)いたぢやないか』
109マ『サア(しばら)(かんが)へさして(もら)ひたいなあ』
110レ『それや(なに)()ふのだ。111(かんが)へも(くそ)もあつたものかい。112いつも()つて()つたぢやないか。113(この)運動(うんどう)成功(せいこう)したら、114(きみ)左守(さもり)になれ、115(ぼく)右守(うもり)になる」と気焔(きえん)をあげて()(くせ)に、116なんだ、117卑怯(ひけふ)に、118(いま)になつて尻込(しりごみ)すると()腰抜(こしぬけ)があるか』
119マ『……………』
120(たい)『オイ、121マーク(しつか)りせないか、122(なん)だその(つら)は』
123マ『ハイ、124(つつし)んでお()(いた)します。125(いた)らぬ吾々(われわれ)どうか宜敷(よろし)くお引立(ひきたて)を………』
126(たい)『アハヽヽヽヽヽ、127たうとう落城(らくじやう)しよつたな。128よしよし、129それについては、130ハリス女将軍(ぢよしやうぐん)(きみ)奥様(おくさま)にお世話(せわ)しよう。131随分(ずいぶん)美人(びじん)だらうがな』
132マ『(わたし)には(つま)御座(ござ)います。133これ(ばか)りは御容赦(ごようしや)を……』
134(たい)『それ、135これを()ろ。136これが証拠(しようこ)だ』
137一通(いつつう)封書(ふうしよ)をマークの(まへ)()()した。138マークは不思議(ふしぎ)さうに(その)書面(しよめん)()(とり)あげ、139よくよく()れば(つま)筆跡(ひつせき)である。140(ただ)ちに(ふう)()()()れば、
 
141カル()より、142マーク(さま)離縁状(りえんじやう)差上(さしあげ)ます。143人間(にんげん)(あきら)めが肝腎(かんじん)ですよ。144貴方(あなた)(をとこ)でせう145滅多(めつた)女々(めめ)しい、146未練(みれん)たらしい(こと)(けつ)して()はない(かた)(しん)じて()ます………
 
147マ『ヤこいつは手厳(てきび)しい。148(かかあ)(やつ)149大変(たいへん)なメートルを(あげ)()やがるな』
150レ『アハヽヽヽヽヽ。151(ざま)()い、152オイ、153マーク(その)(つぎ)()まないか』
154マ『いやもう(こら)へてくれ。155(あま)りひどい(こと)()いてあるので、156()むに(しの)びないわ』
157とパリパリパリと()(やぶ)り、158矢庭(やには)頬張(ほほばり)159クシヤクシヤクシヤとかみたれこにし、160(はひ)(なか)(てつ)火箸(ひばし)()()んでしまつた。
161マ『エー、162もう(おも)()りました。163(しか)(かかあ)離縁状(りえんじやう)()れるのも無理(むり)御座(ござ)いますまい。164第一(だいいち)彼奴(あいつ)兄弟(きやうだい)(おや)没分暁漢(わからずや)ですから、165カル()(やつ)166一刀両断的(いつたうりやうだんてき)態度(たいど)()よつたのですわい』
167(たい)『かうなる(うへ)はハリスさまを新夫人(しんふじん)としても差支(さしつかへ)ないぢやないか』
168マ『何事(なにごと)太子様(たいしさま)にお(まか)(いた)します。169どうか宜敷(よろし)おとりなしを………』
170(たい)『ヤアこれで二夫婦(ふたふうふ)(そろ)うた。171ハリスさま172満足(まんぞく)だらうな』
173ハリ『ホヽヽヽヽヽ。174仰有(おつしや)(まで)もなく満足(まんぞく)ですわ。175(わたし)始終(しじう)(もと)めて()理想(りさう)(をつと)出会(であ)つたのですもの』
176 レールは(あたま)(たた)(なが)ら、
177『ヤーこいつは猛烈(まうれつ)だ。178(たま)らぬ(たま)らぬ(たま)らぬ、179アハヽヽヽヽヽ』
180ハリ『ホヽヽヽヽヽ』
181マ『エヘヽヽヽヽヽ』
182チンレイ『もし(にい)さま183(ひど)いわ、184(わたし)だつて(をんな)ですよ。185どうして(くだ)さるのですか』
186(たい)『ほんにお(まへ)(こと)(わす)れて()つた。187まさか(おれ)女房(にようばう)にする(わけ)にも()かず、188(こま)つたなあ。189まあ()つとつて()れ。190(なん)とか適当(てきたう)(をつと)(さが)してやるから』
191チン『(にい)さま、192そんな(こと)()つて何時(いつ)(まで)引張(ひつぱ)るのは()やですよ。193(わたし)だつて、194(せい)(よく)(とら)はれ、195日夜(にちや)(なや)んで()るのですもの』
196(たい)『アハヽヽヽヽヽ。197こいつは猛烈(まうれつ)だ。198今時(いまどき)女性(ぢよせい)(すべ)てかふいふ(しき)だから(こま)つて(しま)ふわ』
199照国(てるくに)王女様(わうぢよさま)適当(てきたう)(をつと)をお世話(せわ)(いた)しませうか、200仲々(なかなか)()()いた好人物(かうじんぶつ)ですよ。201(けつ)してレールさま、202マークさまに(まさ)つても(おと)らない人物(じんぶつ)です』
203(たい)『どうか世話(せわ)をしてやつて(くだ)さい』
204照国(てるくに)(じつ)(わたし)弟子(でし)春公(はるこう)()立派(りつぱ)(をとこ)()ります。205(いま)城外(じやうぐわい)牢獄(らうごく)看守(かんしゆ)(つと)めて()りますが、206どうでせうかなあ』
207(たい)『どうか宜敷(よろし)(ねが)ひませう。208サア、209チンレイ、210これでお(まへ)安心(あんしん)だらう』
211チンレイ『(にい)さま212(いや)ですよ、213なんぼなんでも牢獄(らうごく)番人(ばんにん)なんて殺生(せつしやう)だわ』
214照国(てるくに)(じつ)(ところ)春公(はるこう)()(をとこ)215神様(かみさま)命令(めいれい)により吾々(われわれ)入牢(にふらう)前知(ぜんち)し、216臨時牢番(りんじらうばん)となつて、217いろいろと便宜(べんぎ)(あた)へて()れた義理堅(ぎりがた)情深(なさけぶか)神司(かむづかさ)です。218きつと人物(じんぶつ)保証(ほしよう)(いた)します。219男前(をとこまへ)仲々(なかなか)()てたものぢやありませぬ。220王女様(わうぢよさま)(めあ)はすには(まけ)(おと)らずの器量(きりやう)をして()ります』
221チン『そんなら(にい)さま222世話(せわ)になりませうかねえ、223ホヽヽヽヽヽ』
224(たい)『お()()りましたかなあ、225やお目出(めで)たう。226サアこれで一時(いちじ)三夫婦(みめをと)結婚(けつこん)(やく)(むす)ばれた。227(ひと)祝盃(しゆくはい)()げて(うた)はふぢやないか』
228チン『(にい)さま229貴方(あなた)(おく)さまはどうなさいますか』
230(たい)『そんな(こと)()はなくてもお(まへ)(かね)てより()いて()るぢやないか。231タラハン(じやう)のスダルマン太子(たいし)(いもうと)バンナ(ひめ)(きま)つて()るぢやないか。232(おや)(おや)との許婚(いひなづけ)だもの』
233チン『オホヽヽヽヽヽ、234えらい失礼(しつれい)(こと)(まを)()げました。235随分(ずいぶん)(にい)さまも執念深(しふねんぶか)(かた)ですね』
236(たい)馬鹿(ばか)()ふな、237(おれ)(こと)(かま)はいでもよいわ。
238千早(ちはや)()神代(かみよ)のままに()()とが
239(とつ)ぎの(みち)(ひら)今日(けふ)かな。
240三組(みくみ)(まで)夫婦(ふうふ)(そろ)うて(さかづき)
241()ぐるは御代(みよ)瑞祥(ずゐしやう)なるらむ』
242レール『(わが)(きみ)(めぐみ)(つゆ)(さかづき)
243()みて(とつ)ぎをなすぞ(うれ)しき』
244テイラ『()(まれ)男子(をのこ)(つま)にもちながら
245(きみ)(つか)ふる(われ)(たの)しき』
246マーク『有難(ありがた)世嗣(よつぎ)(きみ)媒介(とりもち)
247今日(けふ)(あたら)しき(つま)()ちぬる』
248ハリス『(もと)めてし理想(りさう)(をつと)()ひながら
249()(ひら)きゆく(こと)(うれ)しさ』
250チンレイ『如何(いか)にせむ()()(つま)()(まか)
251(かみ)宮居(みやゐ)(つか)ふる(わが)()を』
252太子(たいし)『ヤ、253目出度(めでた)目出度(めでた)い、254これで()安心(あんしん)した。255モーシ宣伝使(せんでんし)(さま)256どうか祝歌(しゆくか)(うた)つて(くだ)さいませ』
257照国別(てるくにわけ)億万年(おくまんねん)(むかし)より
258億万年(おくまんねん)(すゑ)(まで)
259(ひと)(なさけ)(みな)(ひと)
260男子(をとこ)(をみな)相睦(あひむつ)
261(とつ)ぎの(みち)(ひら)きつつ
262(かみ)()さしの神業(かむわざ)
263(つか)へたまはむ人々(ひとびと)
264今日(けふ)(こころ)(いさ)ましさ
265(あふ)()るさへ(たの)しけれ
266(たふと)(かみ)()(あは)
267(きよ)()はしき女子(をみなご)
268男子(をのこ)(ここ)()(つど)
269(とつ)ぎの(みち)(はじ)めつつ
270トルマン(ごく)政事(まつりごと)
271常磐堅磐(ときはかきは)末永(すえなが)
272(かた)めたまひし今日(けふ)こそは
273(あま)岩戸(いはと)のそれならで
274十方世界(じつぱうせかい)皎々(かうかう)
275(かがや)(ばか)りの(おも)ひなり
276あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
277(かみ)(めぐみ)弥深(いやふか)
278これの(えにし)をどこ(まで)
279(たがひ)(むつ)(した)しみて
280大神業(だいしんげふ)(つか)ふべし
281(まも)らせたまへと()(かみ)
282御前(みまへ)(いの)(たてまつ)
283(つる)千年(ちとせ)松ケ枝(まつがえ)
284御子(みこ)()みつつ(きみ)()
285(ことほ)ぎまつりて緑毛(りよくまう)
286(かめ)(うみ)より(はひ)()でて
287底津岩根(そこついはね)聖場(せいぢやう)
288万世(よろづよ)(いは)()(あそ)
289()にもミロクの新政(しんせい)
290神政(しんせい)成就(じやうじゆ)(あかつき)
291()にも目出度(めでた)次第(しだい)なり
292あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
293御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ
294朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
295(つき)()つとも()くるとも
296たとへ大地(だいち)(しづ)むとも
297(まこと)(かみ)(むす)びたる
298六人(むたり)(えん)はどこ(まで)
299(ほど)けざらまし惟神(かむながら)
300(かみ)(ちか)ひて三五(あななひ)
301照国別(てるくにわけ)神司(かむづかさ)
302(よろこ)(ことほ)(たてまつ)る』
303照公(てるこう)目出度(めでた)目出度(めでた)しお目出(めで)たし
304(ここ)三夫婦(みふうふ)相並(あひなら)
305(とつ)ぎの(みち)(はじ)めまし
306トルマン(ごく)柱石(ちうせき)
307(かた)めたまひし(たふと)さよ
308この(よろこ)びを吾々(われわれ)
309言葉(ことば)にかくる(すべ)もなし
310(ただ)何事(なにごと)目出(めで)たしと
311(ことほ)ぎまつる(ほか)はなし
312あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
313御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
314 かく(たがひ)(うた)(をは)(さかづき)()みかはして()(ところ)へ、315如意棒(によいぼう)をぶら()げてやつて()たのは、316ラムのテルマンであつた。317テルマンはニコニコし(なが)()(きた)り、
318『ヤア、319レールさま、320マークさまお目出(めで)たう。321仁恵令(じんけいれい)(おこな)はれ無事(ぶじ)出獄(しゆつごく)せられたと()き、322()るものも()(あへ)ずお(よろこ)びに(まゐ)りました。323やチウイン太子様(たいしさま)324目出(めで)たう御座(ござ)います。325どうか宜敷(よろし)くおとりなしを(ねが)(あげ)ます』
326大正一四・八・二五 旧七・六 於由良海岸秋田別荘 加藤明子録)