霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第77巻 天祥地瑞 辰の巻 篇:前付 よみ:
章:序文 よみ:じょぶん 通し章番号:
口述日:1933(昭和8)年12月12日(旧10月25日) 口述場所:大阪分院蒼雲閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
各国には、その国に合った建国の精神があるように、日本には固有の大和魂というものがある。
吾(出口聖師)は、明治三十一年より、その大和魂の宣揚に努めてきた。今、大和魂を奉じる団体が沢山現れてきたことは、喜ばしいことである。
東方に位置し、万世一系の国家として他に類を見ない日本国とすれば、自身が持っている国民精神=大和魂に基づいてこそ、日本の文化文物の特異性を世界に訴え、賞賛を受けることができるのである。
今日、大和魂を発奮して国民が覚醒しなければ、その輝きも徳も失われてしまう、と叫ぶ向きもあるが、堅固で純粋な大和魂はそう簡単に消えたり磨り減ったりするものではない。むしろ、常に明るく澄んで、磨かれつつ光を放っているのである。
では、大和魂がどのようなものであるかというと、忠孝、信義、友愛、大侠、義勇、正義、自由、それぞれが、純真な意識的行動によって、発現される=大和魂なのである。
日本の比類ない国体を護り、国家を支持する精神はすべて、このような国民性が持っている、誇りと矜持なのである。それこそが、日本人の国民性のみが占有する、独占的な特質なのであり、他のいかなる国民も、真似をしたり奪ったりできないところである。
たとえて言えば、これは大和魂が約束する、絶対に侵すことの出来ないひとつの手形である。もしもこの手形を手放す者があるとすれば、大和魂=国民的精神は奪い去られ、精神的財産は跡形もなく消えうせるということになる。
現代日本に生を受け営みつつ、これを手放す精神的亡者があるとすれば、それは日本精神を賊し冒涜するものであり、筆者としては心外千万の沙汰である。
顧みて、欧米の文明が日本(精神)に何をもたらしたか。理知や物質的・機械的なものは先走り、上滑るほどに盛りだくさんであった。欧米文明の心酔者は、それに幻惑され、愛溺し、重宝がった。その結果残ったのは、思想の偏りと荒廃くらいなものである。そんな状況の中、ややもすれば、この思想の変遷を助長し促進して、とんでもない方向へ脱線し奔放をほしいままにする一部の国民さえ現れたのである。
基本的に、欧米文明の長所を取り短所を大和魂で補う、ということの正しさは、いかに古臭い学者といえども、もはや否認する道理もない。しかし、短を補うのではなく、あまりに長所を盲信し、機械と物質のロボットと化してしまったことによって、脱線・奔放をほしいままにする「似非自由主義者」という怪物が、のさばり出すようになってしまった。
つまり、常軌を逸した状態が、ただ政治や経済組織の上に見られるだけでなく、人間の思想の上にも存在するようになってしまった。まことに呪わしい世相・人間世界となってしまったのである。
具体的に、どのような異常状態が、現在の人間精神にあるかと言うと、欧米文明をあまりに広範に取り入れてしまった結果、欧米文明の長所が本来どこにあったか、という指標が狂ってしまった。そうして終に、脱線し歯止めがなくなり、ありのままの姿をさらけ出してしまった。その結果が左翼化、共産主義化である。
左翼・共産主義が、資本主義の是正を叫び、統制経済の確立を叫ぶのは、既存の組織のあり方を正すという点では、一つの努力とみなすことはできる。しかし、大局的に大きく物事を見たときに、果たしてそのような方向で大和魂は、発揚したり、その豊かな味わいを発揮したりできるのだろうか。
左翼的・共産主義的な是正ではなく、先祖に報い始めに返る精神で是正をしていかなければ、日本の国民精神は滅亡してしまうかもしれない。
このような事態の中、皇国日本の真の精神と、天壌無窮の皇室の尊厳とをあまねく国民に現し、そうすることで、この非常時に直面している国民同胞を迷いから醒ますために、『天祥地瑞』の神書を著したのである。東洋、特に日本の天地開闢・宇宙創造説を、西洋諸国と比べて見ても、海外のものは根拠のない神話物語であり、これを見ても非文明的である理由がわかるであろう。
さて、この巻は、八柱の御樋代神の一人、朝香比女神が、スウヤトゴル山で太元顕津男の神と再会し、英雄的活動により大曲津見を言向けやわし、新しい国土を経営し国魂神を生み出でますという、紫微天界での大活動の序幕の物語である。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm770001
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 583頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版: 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第一巻 皇道編 > 第八篇 瑞祥 > 第九章 日本精神
001 近来(きんらい)(やうや)世間(せけん)日本魂(やまとだましひ)発揚(はつやう)国民精神(こくみんせいしん)高調(かうてう)(はか)らむとする種々(しゆじゆ)団体(だんたい)発生(はつせい)したるを()く。002まことに慶賀(けいが)すべき現象(げんしやう)である。
003 吾人(ごじん)明治(めいぢ)三十一年(さんじふいちねん)より今日(こんにち)(いた)前後(ぜんご)三十六ケ年間(さんじふろくかねんかん)004日本魂(やまとだましひ)高調(かうてう)皇道宣揚(くわうだうせんやう)のために一大獅子吼(いちだいししく)(つづ)けつつ万難(ばんなん)(はい)して(すす)んで()たが、005(てん)(とき)(いた)りて現代(げんだい)日本国(にほんこく)超非常時(てうひじやうじ)直面(ちよくめん)したれば、006国民(こくみん)各階級(かくかいきふ)(つう)じて日本精神(にほんせいしん)作興(さくこう)007国民精神(こくみんせいしん)高調(かうてう)云為(うんゐ)する(もの)()(つき)(おほ)きを(くは)ふるに(いた)りたるこそ皇国日本(くわうこくにほん)更生(かうせい)先駆(せんく)として結構(けつこう)なことであると(おも)ふ。008(しか)日本(にほん)には日本(にほん)固有(こいう)精神(せいしん)があり、009欧羅巴(ヨーロツパ)にはヨーロッパの精神(せいしん)があり、010亜米利加(アメリカ)にはアメリカ精神(せいしん)()ふものがあつて、011建国(けんこく)大精神(だいせいしん)として国民(こくみん)伝統性(でんとうせい)象徴(しやうちよう)すべき(こと)()ふまでもないことである。
012 (こと)東方(とうはう)(くに)し、013万世一系(ばんせいいつけい)国家(こくか)として万邦(ばんぱう)冠絶(くわんぜつ)する日本国(にほんこく)とすれば、014われわれのみの(いう)する国民精神(こくみんせいしん)015(すなは)日本魂(やまとだましひ)でなくては、016(わが)文物(ぶんぶつ)制度(せいど)諸々(もろもろ)特異性(とくいせい)が、017世界(せかい)万邦(ばんぱう)強記(きやうき)され驚嘆(きやうたん)さるる(はず)はないのである。
018 (とく)日本魂(やまとだましひ)高調(かうてう)によつて、019国民(こくみん)覚醒(かくせい)(もと)めなければ、020わが日本魂(やまとだましひ)光暉(くわうき)もなく徳沢(とくたく)もないと主張(しゆちやう)する人々(ひとびと)もあるやうだが、021(しか)もわが日本国民(にほんこくみん)には牢固(らうこ)たる日本魂(やまとだましひ)022純乎(じゆんこ)たる国民精神(こくみんせいしん)なるものは、023(けつ)して(もろ)消磨(せうま)(また)喪失(さうしつ)すべきものとは(だん)じられない、024のみならず、025この精神(せいしん)には益々(ますます)(たか)(きよ)()明澄(めいちよう)常住坐臥(じやうぢうざぐわ)026(みが)きをかけられ光暉(くわうき)(はな)ちつつあるものと()なければならない。
027 日本魂(やまとだましひ)なるものは忠孝(ちうかう)028信義(しんぎ)029友愛(いうあい)030大侠(たいけふ)031義勇(ぎゆう)032正義(せいぎ)033自由(じいう)各自(かくじ)純真(じゆんしん)意識(いしき)行動(かうどう)によつて発励(はつれい)さるるを本義(ほんぎ)とする。034(わが)万邦(ばんぱう)比類(ひるゐ)なき国体(こくたい)(まも)国家(こくか)支持(しぢ)する精神(せいしん)は、035(ことごと)(みな)これら国民性(こくみんせい)固有(こいう)する負誇(ふこ)矜持(きんぢ)であつて、036()国民(こくみん)()()(うば)ふべからざる独占的(どくせんてき)所有権(しよいうけん)である。037この占有権(せんいうけん)には絶対(ぜつたい)保障(ほしやう)がなくてはならない。038(すなは)日本魂(やまとだましひ)約束(やくそく)する(ひと)つの手形(てがた)である。039この絶対不可侵的(ぜつたいふかしんてき)手形(てがた)既成宗教的(きせいしうけうてき)信仰心(しんかうしん)裏書(うらがき)によつて容易(ようい)手放(てばな)されぬ。040もし手放(てばな)すものがありとするならば、041(ここ)日本魂(やまとだましひ)(すなは)国民精神(こくみんせいしん)(うば)()られて、042国民(こくみん)()(ところ)精神的(せいしんてき)財産(ざいさん)043精神的(せいしんてき)衣糧(いりやう)跡形(あとかた)もなく()()せるであらう。044(しか)り、045この精神的(せいしんてき)亡者(まうじや)046精神的(せいしんてき)自殺者(じさつしや)現代日本国(げんだいにほんこく)(せい)()(せい)(いとな)みつつありとせば、047それは日本精神(にほんせいしん)(ぞく)()冒涜(ばうとく)するもので心外千万(しんぐわいせんばん)沙汰(さた)である。
048 (かへり)みれば欧米(おうべい)文明(ぶんめい)なるものは(はた)して日本(にほん)何物(なにもの)をもたらしたか、049(ただ)その文明(ぶんめい)心酔者(しんすゐしや)先走(さきばし)上辷(うはすべ)りたる理智(りち)本能(ほんのう)物質的(ぶつしつてき)機械的(きかいてき)なる盛装(せいさう)眩惑(げんわく)し、050愛溺(あいでき)し、051重宝(ちようはう)がつただけの事象(じしやう)(みと)められようが、052()るところ(のこ)さるるものは、053思想(しさう)偏傾(へんけい)荒頽(くわうたい)とを()()(くらゐ)のもので、054この(かん)(やや)もすれば思想(しさう)変遷(へんせん)助長(じよちやう)促進(そくしん)して、055あらぬ方面(はうめん)への脱線(だつせん)056奔放(ほんぱう)体現(たいげん)する一部(いちぶ)国民(こくみん)なしとは断言(だんげん)されない。
057 欧米文明(おうべいぶんめい)(ちやう)()(たん)(おぎな)ふと()本来(ほんらい)意義(いぎ)は、058如何(いか)固陋(ころう)旧道学者(きうだうがくしや)(いへど)否認(ひにん)すべき道理(だうり)がない。059けれども(たん)(おぎな)ふの程度(ていど)()え、060(あま)りに長所(ちやうしよ)盲信(まうしん)した機械(きかい)物質(ぶつしつ)のロボツト(くわ)せしことによつて、061脱線的(だつせんてき)思想家(しさうか)(しやう)じ、062自恣奔放(じしほんぱう)なる似而非(えせ)自由主義者(じいうしゆぎしや)怪物(くわいぶつ)がのさばり()すやうになつた。063これで()ると、064(およ)()変態(へんたい)(しよう)()べき範囲(はんゐ)(おい)て、065(ただ)政治(せいぢ)(うへ)経済組織(けいざいそしき)(うへ)にのみ(とき)変態(へんたい)(しよう)(くわん)()事実(じじつ)発生(はつせい)記憶(きおく)する以外(いぐわい)(おい)て、066人間(にんげん)思想(しさう)(うへ)にも(また)変態的(へんたいてき)事実(じじつ)存在(そんざい)否認(ひにん)されぬこととなる。067(まこと)(のろ)はしい世相(せさう)であり人間世界(にんげんせかい)である。
068 (なに)をか人間(にんげん)思想(しさう)変態事象(へんたいじしやう)ありと()ふか。069いはゆる欧米文明(おうべいぶんめい)のあまりに広範囲(くわうはんゐ)無際限(むさいげん)にとり()れられた(ため)に、070その長所(ちやうしよ)標識(へうしき)(くる)()して、071(つひ)脱線(だつせん)奔放(ほんぱう)のありの(まま)のすがたをさらけ()してしまつた。072(すなは)国民思想(こくみんしさう)一部(いちぶ)に、073左傾(さけい)赤化(せきくわ)する事実(じじつ)認定(にんてい)首肯(しゆこう)するものは、074これを思想(しさう)荒頽的(くわうたいてき)変態事象(へんたいじしやう)として指摘(してき)するに(あへ)(はばか)らざるべしと(おも)ふ。075資本主義(しほんしゆぎ)是正(ぜせい)076統制経済(とうせいけいざい)確立(かくりつ)077これらの組織的(そしきてき)努力(どりよく)は、078組織(そしき)構成(こうせい)歪曲(わいきよく)(ただ)(うへ)には(いつ)努力(どりよく)には相違(さうゐ)ないが、079高所大局(かうしよたいきよく)から()(わが)日本魂(やまとだましひ)はこれと(とも)発揚(はつやう)豊潤味(ほうじゆんみ)(しめ)しつつあるであらうか。080一部(いちぶ)左傾(さけい)赤化(せきくわ)歪曲精神(わいきよくせいしん)から報本反始的(はうほんはんしてき)是正(ぜせい)努力(どりよく)せなければ、081(わが)日本国民精神(にほんこくみんせいしん)全体(ぜんたい)滅亡(めつばう)せしむるに(いた)るやも(はか)(がた)いのである。
082 ()かる事態(じたい)にある皇国日本(くわうこくにほん)真精神(しんせいしん)と、083天壌無窮(てんじやうむきう)皇室(くわうしつ)尊厳(そんげん)とを(あまね)国民(こくみん)示現(じげん)し、084(もつ)非常時(ひじやうじ)直面(ちよくめん)せる同胞(どうはう)(たい)迷夢(めいむ)()まさしめむがために、085(ここ)に『天祥地瑞(てんしやうちずゐ)』の神書(しんしよ)(あら)はしたる次第(しだい)である。086東洋(とうやう)(とく)皇国日本(くわうこくにほん)天地開闢宇宙創造説(てんちかいびやくうちうさうざうせつ)西洋諸国(せいやうしよこく)(せつ)とを比較(ひかく)()るも、087海外諸国(かいぐわいしよこく)論説(ろんせつ)根拠(こんきよ)なき神話(しんわ)物語(ものがたり)にして、088非文明(ひぶんめい)(きは)まれる理由(りゆう)(さと)()るであらう。
089 (さて)本巻(ほんくわん)八柱(やはしら)御樋代神(みひしろがみ)一柱(ひとはしら)なる朝香比女神(あさかひめがみ)英雄的(えいゆうてき)活動(くわつどう)より、090西方(にしかた)国土(くに)巡生中(じゆんせいちう)なる太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)とスウヤトゴルの(やま)(くわい)し、091大曲津見(おほまがつみ)言向(ことむ)(やは)し、092(うるは)しき(あたら)しき国土(くに)経営(けいえい)し、093国魂神(くにたまがみ)()()でますといふ紫微天界(しびてんかい)()ける大活動(だいくわつどう)序幕的(じよまくてき)物語(ものがたり)である。
094   昭和八年十二月十日 旧十月二十三日   於大阪分院 口述者識
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。