霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第六章 田族島(たからじま)着陸(ちやくりく)〔一九三八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第77巻 天祥地瑞 辰の巻 篇:第1篇 万里の海原 よみ:までのうなばら
章:第6章 田族島着陸 よみ:たからじまちゃくりく 通し章番号:1938
口述日:1933(昭和8)年12月12日(旧10月25日) 口述場所:大阪分院蒼雲閣 筆録者:内崎照代 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
海はたそがれ日は落ちてきた。神々は述懐歌を歌っていたが、なんとはなしに寂しき道中に、起立比古はつい弱音を吐くが、立世比女に諭されて宣り直し、夜の海の美しさをたたえる歌を歌った。
朝香比女は、起立比古の言霊に万里の海原もよみがえり、輝きを取り戻したと喜び、夜の航海を楽しんだ。
そうするうちに、白馬ヶ岳の麓に舟は着いた。この島は、万里(まで)の島と言い、万里の海の島々の中で、もっとも広く土の肥えた素晴らしい島であった。
万里の島には、幾千万ともなく野生の馬と羊が住んでおり、またこれまで誰も国津神が住んだことのない、田族(たから)の島であった。
朝香比女の神一行は、舟を磯につないで島に登って来ると、たくさんの馬・羊は先を争って、白馬ヶ岳の麓をさして逃げていった。一行は、天を封じて立っている大きな楠の陰に憩いながら、おのおの述懐の歌を歌った。
住むものもなきこの島に白駒がいななき、野も開かれているのを見て朝香比女は、御樋代神の一人、田族(たから)比女神がこの島を統べていることを悟った。
神々が述懐歌を歌ううち、いずこよりか白駒にまたがった神が現れ、輪守比古の神、若春比古と名乗った。そして二柱の神は、田族比女の神の神言により、朝香比女一行を迎えにきたことを告げた。
一同はひらりと駒に乗り、月の照る夜半の野路を、くつわを揃えて田族比女の館へ進んで行った。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7706
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 612頁 修補版: 校定版:97頁 普及版: 初版: ページ備考:
001伊猛(いたけ)(くる)荒浪(あらなみ)
002ものともなさず比女神(ひめがみ)
003生言霊(いくことたま)御光(みひかり)
004(たちま)(いは)(しま)となし
005泡立(あわだ)(なみ)(たちま)ちに
006(しま)真砂(まさご)()へさせて
007いみじき(いさを)()(たま)
008諸神等(ももがみたち)(おどろ)かせ
009水火(いき)(ひかり)()らしまし
010(はて)しも()らぬ万里(まで)(うみ)
011(なみ)()()けて悠々(いういう)
012白馬ケ岳(はくばがだけ)目当(めあて)とし
013(こゑ)(すが)しく言霊(ことたま)
014御歌(みうた)()ませ(たま)ひつつ
015(すす)ませ(たま)ふぞ雄々(をを)しけれ
016御空(みそら)(わた)天津(あまつ)()
017高地秀山(たかちほやま)(いただき)
018うすづき(たま)ひて山影(やまかげ)
019万里(まで)海原(うなばら)(おそ)()
020(つめ)たき(ゆふ)べの海風(うなかぜ)
021女神(めがみ)御舟(みふね)(おそ)()ぬ。
022 朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
023(なみ)(たか)万里(まで)海原(うなばら)(わた)()れば
024高地秀山(たかちほやま)()()ちにけり
025高地秀(たかちほ)山影(やまかげ)(とほ)万里(まで)(うみ)
026(おもて)(くろ)(たふ)れけるかも
027百鳥(ももどり)(ねぐら)(もと)めて島々(しまじま)
028茂樹(しげき)(うれ)をさして()ぶなり
029奴婆玉(ぬばたま)(つばさ)(くろ)夕烏(ゆふからす)
030西(にし)島根(しまね)をさして(いそ)ぐも
031(なみ)(おと)いや(たか)らかに(ひび)きつつ
032わが()(ふね)はさゆらぎにけり
033数限(かずかぎ)りなき島山(しまやま)()ひて()
034(ふね)(めぐ)みに(つつが)なかりき
035天津(あまつ)()(やま)(しづ)みて月読(つきよみ)
036(かげ)はますます()(わた)るなり
037月読(つきよみ)(きよ)姿(すがた)(なが)むれば
038わが()岐美(きみ)(しの)ばるるかな
039御空(みそら)ゆく(つき)をし()れば()岐美(きみ)
040(きよ)姿(すがた)(しの)ばるるかな
041天津(あまつ)()はかくろひぬれど月読(つきよみ)
042御舟(みふね)磐楠舟(いはくすぶね)()らせり
043(つき)()ゆる大海原(おほうなばら)(わた)りゆく
044われ国魂(くにたま)(かみ)()まむと
045百鳥(ももどり)(こゑ)()こえずなりにけり
046ただ潮騒(しほざゐ)(おと)のみにして
047島々(しまじま)(きし)()(なみ)白々(しらじら)
048しぶき()つなり(かぜ)のまにまに
049滔々(たうたう)巌ケ根(いはがね)()(なみ)しぶきの
050(おと)一入(ひとしほ)(たか)くなりけり
051(うみ)()(にほ)はぬ(はな)()()ちて
052わが()夜半(よは)(ふね)はさやけし』
053 初頭比古(うぶがみひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
054万里(まで)(うみ)()黄昏(たそが)れて潮騒(しほざゐ)
055(おと)たかだかと()(ひび)くかも
056百鳥(ももどり)(しま)茂樹(しげき)宿(やど)をとるか
057(ただ)一羽(いちは)だも(かげ)()せなく
058(われ)もまた(いづ)れの(しま)にか(ふね)()せて
059雨宿(あまやど)りつつ(ゆめ)(むす)ばむ
060白馬ケ岳(はくばがだけ)深雪(みゆき)(つき)(かがや)きて
061(きり)海原(うなばら)(かげ)をうつせり
062(おと)にきく白馬ケ岳(はくばがだけ)生島(いくしま)
063白馬(しらこま)数多(あまた)()()むときく
064(わが)(こま)終日(ひねもす)(ふね)()せられて
065(くる)しかるらむ(みづ)()はねば
066(みづ)()はむ(すべ)もなきかな万里(まで)(うみ)
067(みづ)はことごと(しほ)なりにける』
068 起立比古(おきたつひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
069比女神(ひめがみ)御供(みとも)(つか)へて万里(まで)(うみ)
070黄昏(たそが)れにつつくたびれしはや
071曲神(まがかみ)伊猛(いたけ)(くる)海中(わだなか)
072黄昏(たそが)れてやる(ふね)(さび)しも』
073 立世比女(たつよひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
074起立(おきたつ)(かみ)言葉(ことば)ぞあやしけれ
075生言霊(いくことたま)(たび)にあらずや
076さびしみを(かた)れば(さび)(たの)しみを
077(かた)らば(たの)しき神世(かみよ)なるぞや
078言霊(ことたま)のたすけ(さちは)国中(くになか)
079弱音(よわね)ふかすな起立比古(おきたつひこ)(かみ)
080 起立比古(おきたつひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
081立世比女(たつよひめ)(かみ)言霊(ことたま)うべなうべな
082(われ)言霊(ことたま)をあやまりにけり
083久方(ひさかた)(つき)()夜半(よは)海原(うなばら)
084いと(にぎ)はしくかがやきにけり
085(なみ)()(はな)()えつつ(きし)()
086(しほ)のしぶきは(たま)()るなり
087()()きて(われ)(さか)えむ永久(とことは)
088(こころ)(たま)(つか)るることなく
089朝香比女(あさかひめ)(かみ)雄々(をを)しさに(くら)ぶれば
090(われ)(ちひ)さき(よわ)(かみ)かも』
091 朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
092起立(おきたつ)(かみ)()らする言霊(ことたま)
093万里(まで)海原(うなばら)よみがへりぬる
094大空(おほぞら)(ほし)(くだ)りて水底(みなそこ)
095(ひか)りかがやき(たま)海原(うなばら)
096(うへ)(した)(つき)(ほし)とを(なが)めつつ
097わが()(ふね)(あま)鳥船(とりぶね)
098(かく)(ごと)(うるは)しき(うみ)(なみ)()
099(つき)()らされ()くは(たの)しも』
100 天晴比女(あめはれひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
101白馬ケ岳(はくばがだけ)(かげ)はやうやく(ちか)みたり
102千重(ちへ)浪路(なみぢ)(とほ)(わた)りて
103海原(うなばら)(なみ)(かしら)百千々(ももちぢ)
104またたきにけり(つき)(ひかり)
105右左(みぎひだり)島根(しまね)はここだく(なら)べども
106(かみ)()むべき(ところ)だになし
107巌骨(いはほね)をあらはし(しま)赤々(あかあか)
108(そら)()(つき)のかげをうつせり
109(あふ)ぎみる白馬ケ岳(はくばがだけ)青々(あをあを)
110樹木(じゆもく)(しげ)れり()きてひらかばや』
111 ()(うた)ひつつ(やうや)くにして白馬ケ岳(はくばがだけ)(ふもと)御舟(みふね)()きにけり。112この(しま)万里(まで)(しま)(とな)へ、113この海原(うなばら)(うか)べる島々(しまじま)(なか)に、114(もつと)(ひろ)くして(つち)()えたる(うづ)島ケ根(しまがね)なりける。115万里(まで)(しま)には幾千万(いくせんまん)ともなき野馬(やば)(ひつじ)棲息(せいそく)し、116(いま)一柱(ひとはしら)国津神(くにつかみ)()みたることなき田族(たから)(しま)にぞありける。
117 朝香比女(あさかひめ)(かみ)一行(いつかう)(ふね)磯辺(いそべ)(つな)ぎ、118静々(しづしづ)とのぼり(たま)へば、119数多(あまた)(うま)120(ひつじ)(さき)をきそひて白馬ケ岳(はくばがだけ)(ふもと)をさして()()でにけり。121一行(いつかう)は、122こんもりと(てん)(ふう)じて()てる(くす)大樹(おほき)(かげ)(いこ)はせながら、123各自(おのもおのも)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
124万里(まで)(うみ)やうやく(わた)(つき)夜半(やは)
125田族(たから)(しま)()きにけるかも
126こんもりと(そら)(ふう)じて(そそ)()
127(くす)樹蔭(こかげ)月影(つきかげ)()えずも
128この(しま)にわがのぼり()生島(いくしま)
129(くさ)()()(むし)()きにけり
130(むし)()はいや()えにつつ天津(あまつ)()
131(さか)えを永久(とは)にうたひつつ()
132白馬ケ岳(はくばがだけ)()()(ゆき)白々(しろじろ)
133夜目(よめ)にもしるく(かがや)(わた)れり
134この(しま)(むら)がり()める幾万(いくまん)
135(うま)(ひつじ)()()せにけむ
136土地(つち)()えしこの島ケ根(しまがね)百草(ももくさ)
137いや(しげ)らひて(さか)(はて)なき
138幾万(いくまん)(うま)(ひつじ)(やしな)ふに
139()らふ小草(をぐさ)()ゆる(しま)はも
140(この)(しま)国津神等(くにつかみたち)のたねうゑて
141千代(ちよ)八千代(やちよ)(ひら)かせ()きもの』
142 初頭比古(うぶがみひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
143(あふ)ぎみれば白馬ケ岳(はくばがだけ)(くも)()
144(ゆき)をかぶりてかがやきにけり
145(なみ)(おと)(たか)(きこ)えて(とほ)()
146白馬(はくば)(いなな)(ひび)(わた)れり
147白駒(しらこま)(いなな)(たか)千万(ちよろづ)
148(こゑ)(ひと)つに(ひび)かひにけり
149この(しま)(われ)御樋代神(みひしろかみ)ますと
150おもはれにける(こま)(いなな)きに
151白駒(しらこま)(いなな)()けば天津神(あまつかみ)
152生言霊(いくことたま)(ひかり)おぼゆも』
153 朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
154国津神(くにつかみ)はただ一柱(ひとはしら)()まねども
155八十御樋代(やそみひしろ)(かみ)はいまさむ
156遠近(をちこち)()はひらかれて穀物(たなつもの)
157()()ちみれば(かみ)おはしまさむ
158八十柱(やそはしら)御樋代神(みひしろがみ)(ひと)つなる
159田族比女神(たからひめがみ)住処(すみか)なるらむ
160明日(あす)()はこの(しま)ふかく(すす)()きて
161御樋代神(みひしろがみ)言問(ことと)ひせむかな』
162 立世比女(たつよひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
163『この(しま)御樋代神(みひしろがみ)のおはしますと
164()けばかしこし言問(ことと)ひまつらむ
165御樋代神(みひしろがみ)これの田族島(たからじま)におはしまして
166国魂神(くにたまがみ)()ます()()たるる』
167 起立比古(おきたつひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
168万里(まで)(しま)山野(やまぬ)(きよ)()えながら
169谿(たに)狭間(はざま)黒雲(くろくも)()つも
170黒雲(くろくも)八十曲津見(やそまがつみ)水火(いき)ならむ
171明日(あす)(ちか)みて言向(ことむ)(やは)さむ』
172 朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
173()(かみ)神言(みこと)(かしこ)田族比女(たからひめ)
174(かみ)はこの()()(たま)ふべし
175顕津男(あきつを)(かみ)()でまし()ちにつつ
176この島ケ根(しまがね)にひそみ(たま)はむ』
177 天晴比女(あめはれひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
178八十柱(やそはしら)御樋代神(みひしろがみ)只一人(ただひとり)
179この(ひろ)(しま)におはしますにや
180この(ひろ)島根(しまね)一人(ひとり)おはします
181田族(たから)比女神(ひめがみ)(さび)しかるらむ』
182 朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
183十柱(とはしら)(うづ)(かみ)たち(したが)へて
184(しづ)まりいまさむ御樋代神(みひしろがみ)
185ともかくも()()くるまでこの(もり)
186(やす)(ねむ)らむ潮騒(しほざゐ)()きつつ』
187 ()(うた)はせ(たま)(をり)しも、188何処(いづこ)よりか輪守比古(わもりひこ)(かみ)189若春比古(わかはるひこ)(かみ)二柱(ふたはしら)は、190白馬(しらこま)(またが)(すす)(きた)りこの(もり)(かげ)(こま)(とど)め、
191『かしこけれど(こと)とひ(まつ)らむこの(もり)
192いますは朝香比女神(あさかひめがみ)にまさずや
193田族比女(たからひめ)(かみ)神言(みこと)をかしこみて
194(われ)二柱(ふたはしら)伊迎(いむか)へまつるも』
195 朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)もて(こた)(たま)ふ。
196二柱(ふたはしら)(かみ)(まを)さむ(われ)こそは
197朝香(あさか)比女(ひめ)御樋代神(みひしろがみ)
198(きり)こむる万里(まで)海原(うなばら)()らしつつ
199これの島根(しまね)(いま)()つるはや』
200 若春比古(わかはるひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
201()()ちし朝香(あさか)比女(ひめ)御姿(みすがた)
202(をろが)今宵(こよひ)(たふと)かりける
203いざさらば御樋代神(みひしろがみ)諸神(ももがみ)
204案内(あない)をなさむ比女(ひめ)(やかた)
205(われ)こそは田族比女(たからひめ)(かみ)(つか)(まつ)
206若春比古(わかはるひこ)神司(かむつかさ)なり
207(いま)ここに(あら)はれ(きた)りし一柱(ひとはしら)
208輪守(わもり)比古(ひこ)神司(かむつかさ)なるよ
209いざさらば(やかた)案内(あない)(つかまつ)らむ
210()()たせませ比女神(ひめがみ)諸神(ももがみ)
211 朝香比女(あさかひめ)(かみ)は、
212『いざさらば若春比古(わかはるひこ)()(ごと)
213(したが)(われ)御館(みやかた)(すす)まむ』
214()ふより(はや)白馬(しらこま)(またが)(たま)へば、215初頭比古(うぶがみひこ)(かみ)216起立比古(おきたつひこ)(かみ)217立世比女(たつよひめ)(かみ)218天晴比女(あめはれひめ)(かみ)四柱(よはしら)(かみ)は、219ひらりと(こま)(またが)り、220(つき)()夜半(よは)野路(のぢ)(くつわ)(そろ)へて(すす)ませ(たま)ふぞ(かしこ)けれ。
221昭和八・一二・一二 旧一〇・二五 於大阪分院蒼雲閣 内崎照代謹録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。