霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 地異(ちい)天変(てんぺん)〔一九六六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第78巻 天祥地瑞 巳の巻 篇:第2篇 焼野ケ原 よみ:やけのがはら
章:第10章 地異天変 よみ:ちいてんぺん 通し章番号:1966
口述日:1933(昭和8)年12月21日(旧11月5日) 口述場所:大阪分院蒼雲閣 筆録者:林弥生 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年5月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
一行は忍ヶ丘を後にし、鷹巣の山の麓に葦原比女の神が守るという聖所に急ぎ進んでいく。
中野河の濁流がいたく濁っていることに朝香比女は驚くが、初頭比古の神は天の数歌を歌い、言霊歌を歌い始めた。すると、中野河の濁流も次第次第に色あせ始めた。
朝香比女はさらに、初頭比古の言霊によって、中野河を陸にしようと歌い、御樋代の葦原比女の神が、自分たちを迎えに出立したのがわかる、と歌った。
起立比古は、葦原比女の姿が見えないのに、朝香比女の歌を不思議に思うが、朝香比女は、葦原比女が共を伴って確かにやってくる、と歌った。そして、中野河の水が引き始め、川底が陸地となって向こう岸に渡るときに、葦原比女はやってくるだろう、と予言した。
立世比女は中野河の河水が引くように歌を歌い、天晴比女は河水が引いた後の魚の命を心配する歌を歌った。
朝香比女は、魚たちは上流に逃げて広い清沼に行くように歌を歌った。そして天の数歌と言霊歌を歌うと、河底は大音響とともに地底からふくれあがり、少しの高低もない平地と変わってしまった。
一行は新しく生まれた河跡の陸地を、駒を進めて渡ろうとすると、萱草の野に見え隠れしつつ、駒に乗って現れた神々があった。これは、朝香比女の神一行を迎えに鷹巣山の麓の鷹巣宮居からやってきた、御樋代神・葦原比女の神一行であった。
葦原比女の神を先頭に、真以(まさもち)比古の神、成山(なりやま)比古の神、栄春(さかはる)比女の神、八栄(やさか)比女の神、霊生(たまなり)比古の神の三男三女の天津神々であった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 73頁 修補版: 校定版:170頁 普及版: 初版: ページ備考:
001御樋代神(みひしろがみ)()れませる
002朝香(あさか)比女神(ひめがみ)諸神(ももがみ)
003(したが)(たま)(まつ)(しげ)
004忍ケ丘(しのぶがをか)をあとにして
005鷹巣(たかし)(やま)(ふもと)なる
006葦原比女(あしはらひめ)(かみ)います
007聖所(すがど)(いそ)(すす)まむと
008(こま)(くつわ)(なら)べつつ
009大野ケ原(おほのがはら)をすくすくと
010(すす)ませ(たま)(いさ)ましさ
011彼方此方(かなたこなた)()(おも)
012春風(はるかぜ)(かを)(とり)うたひ
013陽炎(かげろひ)()えたつ長閑(のどか)さを
014(よみ)(たま)ひつやうやうに
015グロスの(しま)(よこ)ぎれる
016中野(なかの)(かは)河岸(かはぎし)
017黄昏(たそが)るる(ころ)()(たま)ふ。
018 国津神(くにつかみ)野槌彦(ぬづちひこ)(かは)(なが)れを(ゆび)さしながら、
019(かみ)()()(はや)(しも)()
020ぬるくて(ふか)中津瀬(なかつせ)ゆきませ
021河水(かはみづ)はひた(にご)りつつ水底(みなそこ)
022いや(ふか)くして(わた)るに(かた)
023(むか)(きし)(わた)らふ(すべ)()きままに
024御樋代神(みひしろがみ)御姿(みすがた)()らずも』
025 朝香比女(あさかひめ)(かみ)馬上(ばじやう)より、026中野河(なかのがは)濁流(だくりう)打見(うちみ)やりながら、027御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
028曲津見(まがつみ)(いき)(しづく)のしたたりか
029この河水(かはみづ)はいたく(にご)れり
030(こま)(あし)()るるもきたなきこの(かは)
031ただに(わた)らむ(こと)のうたてき』
032 初頭比古(うぶがみひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
033(ひむがし)(かは)(なが)れに(くら)ぶれば
034(にご)りたれども河幅(かははば)(せま)
035朝香比女(あさかひめ)(かみ)神言(みこと)言霊(ことたま)
036天馬(てんば)となして(わた)らまほしけれ
037(おほ)いなる(つばさ)はやして(ひむがし)
038(かは)(わた)りし(わが)(こま)なるも
039(こま)(こま)生言霊(いくことたま)(さち)はひに
040(ふた)つの(つばさ)(ただ)()やせよ。
041(ひと)(ふた)()()(いつ)(むゆ)(なな)()(ここの)(たり)
042(もも)()(よろづ)千万(ちよろづ)
043生言霊(いくことたま)(さち)はひに
044(こま)(へん)じて(わし)となり
045(かは)(へん)じて(つち)となれ
046これの(なが)れは(ふか)くとも
047(かは)(おもて)(にご)るとも
048()大神(おほかみ)(たま)ひてし
049()みきらひたる言霊(ことたま)
050山河(やまかは)野辺(のべ)もことごとに
051帰順(まつろ)()べき国土(くに)なるよ
052(つち)(わか)()国土(くに)(わか)(さだ)まらぬ
053この島ケ根(しまがね)言霊(ことたま)
054水火(いき)のままなり言霊(ことたま)
055(ひかり)(すべ)ては(かた)まりて
056紫微天界(しびてんかい)真秀良場(まほらば)
057(しげ)れよ(さか)えよ永久(とことは)
058御樋代神(みひしろがみ)二柱(ふたはしら)まで
059この島ケ根(しまがね)天降(あも)りましぬ
060ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
061(かみ)(あい)なり(ちから)なり
062如何(いか)なる曲津(まが)山河(やまかは)
063(あい)(ぜん)との(ちから)にて
064(よみがへ)るべき国柄(くにがら)
065わが(こま)(つばさ)()えずば()むを()
066この広河(ひろかは)荒金(あらがね)
067(つち)(かた)めつ(むか)(きし)
068雄々(をを)しく(すす)まむわが首途(かどで)
069(まも)らせ(たま)へと()(かみ)
070御前(みまへ)(つつし)()ぎまつる
071天津(あまつ)()()(つき)(みつ)
072この浮島(うきしま)(はる)さりて
073百草千草(ももぐさちぐさ)(はな)(ひら)
074小鳥(ことり)(うた)(てふ)()
075かかる目出度(めでた)国中(くになか)
076(きみ)()でまし(さまた)ぐる
077(にご)りも(ふか)広河(ひろかは)
078八十曲神(やそまがかみ)雄猛(をたけ)びか
079(しこ)曲津(まがつ)奸計(たくらみ)
080()けよ()()中野河(なかのがは)
081(みづ)(こほ)りて(つち)となれ
082高地秀山(たかちほやま)より天降(あも)りませし
083御樋代神(みひしろがみ)()でましよ
084グロノス、ゴロスの醜神(しこがみ)
085(きみ)(ひかり)()(おそ)
086(くも)(かすみ)()()りぬ
087かかる(たふと)きわが(きみ)
088御行(みゆき)(さは)広河(ひろかは)
089わが言霊(ことたま)(さち)はひに
090陸地(くがち)()して(すす)むべし
091いろはにほへとちりぬるを
092わかよたれそつねならむ
093うゐのおくやまけふこえて
094あさきゆめみしゑひもせす
095今日(けふ)のよき()のよき(とき)
096この天地(あめつち)(ひら)けしゆ
097(ためし)もあらぬ御光(みひかり)
098朝香(あさか)比女(ひめ)御行(みゆき)ぞや
099(かは)()()(くが)となれ
100(われ)(かみ)()(かみ)(みや)
101(かみ)とともなる(かみ)()
102生言霊(いくことたま)帰順(まつろ)はぬ
103山河草木(やまかはくさき)もあらざらめ
104(さと)れよ(さと)言霊(ことたま)
105()きの生命(いのち)功績(いさをし)
106()きの生命(いのち)御光(みひかり)を』
107 かく(うた)はせ(たま)ふや、108さしもに(ひろ)濁流(だくりう)(みなぎ)中野河(なかのがは)次第々々(しだいしだい)(みづ)あせ(はじ)めける。
109 朝香比女(あさかひめ)(かみ)はこの有様(ありさま)御覧(みそなは)して御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
110初頭比古(うぶがみひこ)(かみ)言霊(ことたま)(さち)はひて
111広河(ひろかは)(みづ)はあせ()めにけり
112わが伊行(いゆ)(みち)にさやれる広河(ひろかは)
113生言霊(いくことたま)(くが)()さばや
114初頭比古(うぶがみひこ)(かみ)()らせし言霊(ことたま)
115中野(なかの)(かは)(くが)となるべし
116駿馬(はやこま)(つばさ)()やせと(いま)()りし
117生言霊(いくことたま)(ひかり)あらずも
118一度(ひとたび)(つばさ)()れど二度(ふたたび)
119功績(いさをし)なきぞ(こま)(さが)なる
120わが(こま)荒金(あらがね)(つち)をわたりゆく
121真言(まこと)(うづ)(こま)となりける
122御樋代(みひしろ)葦原比女(あしはらひめ)神司(みつかさ)
123(われ)(むか)へむと()()たしける』
124 起立比古(おきたつひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
125目路(めぢ)(かぎ)(われ)(なが)むれど葦原比女(あしはらひめ)
126(かみ)御姿(みすがた)()えず(あや)しも
127(とほ)()春霞(はるがすみ)たちて()(かぜ)
128いと(おだや)かに(もの)のかげなし』
129 朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
130(なれ)()にたしに()えねど葦原比女(あしはらひめ)
131(かみ)御供(みとも)(したが)()ませる
132(とき)()れば()河岸(かはぎし)葦原比女(あしはらひめ)
133(かみ)御姿(みすがた)(かがや)(たま)はむ
134さりながら中野(なかの)(かは)河水(かはみづ)
135いや次々(つぎつぎ)()きはじめけり
136河底(かはそこ)陸地(くがち)ちとなして(むか)(きし)
137(わた)らむ(とき)比女神(ひめがみ)()まさむ
138葦原比女(あしはらひめ)(うづ)聖所(すがど)(みち)(とほ)
139(おも)はず()らず(とき)(うつ)るべし
140駿馬(はやこま)(ひづめ)(いそ)がせ(たま)へども
141(とほ)広野(ひろの)はたどたどしもよ』
142 立世比女(たつよひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
143初頭比古(うぶがみひこ)(かみ)()らせる言霊(ことたま)
144中野(なかの)河水(かはみづ)あせにけらしな
145河水(かはみづ)(すみやか)()けよ御樋代(みひしろ)
146(ひかり)(かみ)御行(みゆき)なるぞや
147国土(くに)(わか)きこの浮島(うきしま)()らさむと
148(ひかり)(かみ)此処(ここ)()たせり
149醜神(しこがみ)水火(いき)よりなりし中野河(なかのがは)
150生言霊(いくことたま)にかわかざらめや』
151 天晴比女(あめはれひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
152次々(つぎつぎ)河水(かはみづ)()きぬ河底(かはそこ)
153百津石村(ゆついはむら)姿(かげ)(あら)はしつ
154河底(かはそこ)数多(あまた)()まへる魚類(うろくづ)
155()きの生命(いのち)(われ)如何(いか)にせむ』
156 朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
157河底(かはそこ)数多(あまた)()みてし魚類(うろくづ)
158上津瀬(かみつせ)()して()()せにけり
159上津瀬(かみつせ)辿(たど)りて(ひろ)清沼(すがぬま)
160(すべ)ての魚類(うろくづ)()()りにけり
161河底(かはそこ)真白(ましろ)(かわ)()つるとも
162(うを)(いのち)にかかはりもなし。
163(ひと)(ふた)()()(いつ)(むゆ)(なな)()(ここの)(たり)
164(もも)()(よろづ)八千万(やちよろづ)
165(かみ)御水火(みいき)()らしつつ
166(やす)(わた)らむこの河瀬(かはせ)
167ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
168生言霊(いくことたま)(ひかり)あれ
169わが言霊(ことたま)生命(いのち)あれ』
170 かく(うた)はせ(たま)(をり)しも、171河底(かはそこ)百雷(ひやくらい)一時(いちじ)(とどろ)(ごと)大音響(だいおんきやう)とともに地底(ちてい)よりふくれ(あが)り、172(すこ)しの高低(かうてい)もなき平面地(へいめんち)となり(かは)りけるぞ不思議(ふしぎ)なれ。
173 ここに、174朝香比女(あさかひめ)(かみ)一行(いつかう)は、175(あたら)しく(うま)れたる河跡(かはあと)陸地(くがち)(こま)()めて(わた)(たま)はむとする(をり)しもあれ、176萱草(かやくさ)()()えつかくれつ、177(こま)()りて(あら)はれ(たま)神々(かみがみ)おはしけり。178この神々(かみがみ)は、179朝香比女(あさかひめ)(かみ)一行(いつかう)(むか)(たてまつ)るべく鷹巣山(たかしやま)(ふもと)なる鷹巣(たかし)宮居(みや)()()で、180ここにやうやう()かせ(たま)ひたる八十比女神(やそひめがみ)一柱(ひとはしら)なる葦原比女(あしはらひめ)(かみ)先頭(せんとう)真以比古(まさもちひこ)(かみ)181成山比古(なりやまひこ)(かみ)182栄春比女(さかはるひめ)(かみ)183八栄比女(やさかひめ)(かみ)184霊生比古(たまなりひこ)(かみ)三男三女(さんなんさんぢよ)天津神(あまつかみ)(おは)しましける。
185昭和八・一二・二一 旧一一・五 於大阪分院蒼雲閣 林弥生録)