霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一七章 (たに)(みづ)〔六〇七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 篇:第2篇 深遠微妙 よみ:しんえんびみょう
章:第17章 第16巻 よみ:たにのみず 通し章番号:607
口述日:1922(大正11)年04月16日(旧03月20日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年12月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
かつて鬼雲彦の手下で、三五教に改心した鬼彦、鬼虎、石熊、熊鷹らは、手下百人を連れてこの谷間に現れ、青彦とともに神殿造営に協力した。
真名井ヶ岳や曽我部郷、登由気の神や素盞嗚の遠き神代の御経綸をここに述べていく。瑞の御霊の本性を一皮剥いて述べておく、第十六巻の物語である。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1617
愛善世界社版:202頁 八幡書店版:第3輯 475頁 修補版: 校定版:207頁 普及版:92頁 初版: ページ備考:
001剣尖山(けんさきやま)山麓(さんろく)
002(あら)はれ()でたる青彦(あをひこ)
003ウラナイ(けう)(ひら)かむと
004(ふもと)(なが)るる谷川(たにがは)
005(きし)穿(うが)てる産盥(うぶだらひ)
006片方(かたへ)(ひと)産釜(うぶがま)
007縁由(えんゆ)(ふか)清泉(せいせん)
008(みそぎ)(なが)遠近(をちこち)
009老若男女(らうにやくなんによ)(すく)ひつつ
010ウラナイ(けう)()(つた)
011(とき)しもあれや亀彦(かめひこ)
012()黄昏(たそが)れし(やみ)(そら)
013(ひと)()()けて()(きた)
014(もり)(しげ)みに(たたず)みて
015様子(やうす)如何(いか)にと()()れば
016姿(すがた)(かく)して悦子姫(よしこひめ)
017(やみ)(なか)より三五(あななひ)
018(かみ)(をしへ)()(つた)
019老若男女(らうにやくなんによ)青彦(あをひこ)
020殊更(ことさら)(にご)れる言霊(ことたま)
021(おどろ)(あき)(あや)しみつ
022由来(ゆらい)()かむと焦慮(あせ)(をり)
023皇大神(すめおほかみ)神懸(かむがか)
024(きよ)(すず)しき言霊(ことたま)
025青彦(あをひこ)までも(おどろ)きて
026燧石(ひうち)()()しカチカチと
027()()()だし手探(てさぐ)りに
028枯木(かれき)枯葉(かれは)()(あつ)
029()(てん)ずれば(たちま)ちに
030四辺(あたり)真昼(まひる)(ごと)くなり
031火光(くわくわう)目蒐(めが)けて(あつ)まれる
032数多(あまた)(はち)()()され
033呻吟(しんぎん)苦悶(くもん)最中(さいちう)
034(あら)はれ(いで)たる英子姫(ひでこひめ)
035亀彦(かめひこ)諸共(もろとも)常磐木(ときはぎ)
036(まつ)小枝(こえだ)打折(うちを)りて
037(にはか)(づく)りの大麻(おほぬさ)
038代用(だいよう)しつつ村肝(むらきも)
039(こころ)()めて左右左(さいうさ)
040打振(うちふ)打振(うちふ)許々多久(ここたく)
041(いきほひ)(たけ)熊蜂(くまばち)
042(やみ)彼方(あなた)()ひのけて
043青息吐息(あをいきといき)青彦(あをひこ)
044危難(きなん)(すく)(かみ)(わざ)
045青彦(あをひこ)(やうや)(かほ)をあげ
046四辺(あたり)キヨロキヨロ見廻(みまは)して
047三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
048()さへ目出度(めでた)亀彦(かめひこ)
049英子(ひでこ)(ひめ)出現(しゆつげん)
050感謝(かんしや)(なみだ)(ぬぐ)ひつつ
051前非(ぜんぴ)()いて只管(ひたすら)
052(あやま)()るこそ健気(けなげ)なれ
053悦子(よしこ)(ひめ)(あら)はれて
054(あま)数歌(かずうた)()(そろ)
055(ひと)(ふた)(みい)()(いつ)()
056(なな)()(ここの)(たり)(もも)()
057万代(よろづよ)(ことほ)亀彦(かめひこ)
058(ひと)(すぐ)れし神業(しんげふ)
059()(たた)へつつ皇神(すめかみ)
060御言(みこと)(かしこ)(いは)()
061美頭(みづ)御舎(みあらか)つかへむと
062上津岩根(うはついはね)()()らし
063下津岩根(したついはね)()(かた)
064忌鋤(いむすき)忌斧(いむをの)()()せて
065大峡小峡(おほがいをがい)()()りつ
066百日(ももか)百夜(ももよ)(その)(あひだ)
067(この)谷川(たにがは)禊斎(みそぎ)して
068(この)()(すく)柱立(はしらだて)
069()れて(うれ)しき棟上(むねあげ)
070千草百草(ちぐさももぐさ)(なに)やかや
071(かや)()(あつ)屋根(やね)となし
072千木(ちぎ)勝男木(かつをぎ)(いさ)ましく
073(つか)(まつ)るぞ目出度(めでた)けれ
074魔窟ケ原(まくつがはら)(あら)はれて
075(こころ)岩戸(いはと)()(ひら)
076(まこと)(ひと)つの三五(あななひ)
077(みち)(まつろ)ひまつりたる
078鬼雲彦(おにくもひこ)(ふところ)
079(かたな)(きこ)えし鬼虎(おにとら)
080鬼彦(おにひこ)石熊(いしくま)熊鷹(くまたか)
081ヒーロー豪傑(がうけつ)(はじ)めとし
082それに(したが)百人(ももびと)
083前非(ぜんぴ)()いて(いさ)ましく
084(これ)谷間(たにま)(あら)はれて
085帰順(きじゆん)しきつたる青彦(あをひこ)
086(たくみ)(かみ)(あふ)ぎつつ
087(よる)(ひる)との際目(けじめ)なく
088いと(まめ)やかに(はたら)きて
089千代(ちよ)(いしずゑ)万代(よろづよ)
090ミロクの基礎(もと)をつき(かた)
091皇大神(すめおほかみ)神霊(かむみたま)
092(まね)(むか)へて(おごそ)かに
093(いつ)(まつ)るぞ(たふと)けれ
094(ひか)(かがや)元伊勢(もといせ)
095(たに)(なが)るる五十鈴川(いすずがは)
096(あめ)真名井(まなゐ)水鏡(みづかがみ)
097(きよ)神姿(すがた)(のち)()
098(うつ)すも(うれ)霊界(れいかい)
099(たふと)神代(かみよ)物語(ものがたり)
100四魂(しこん)(そろ)うて十六(じふろく)
101巻物語(まきものがたり)瑞祥(ずゐしやう)
102(やかた)()をば(よこ)たへて
103直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
104(げん)(しん)(いう)一貫(いつくわん)
105過去(くわこ)未来(みらい)現在(げんざい)
106超越(てうゑつ)したる不可解(ふかかい)
107幽玄微妙(いうげんびめう)(こと)()
108一度(いちど)(ひら)白梅(しらうめ)
109(かを)(ゆか)しく春風(はるかぜ)
110()()(あと)()(むす)
111(はな)()もある物語(ものがたり)
112真名井ケ岳(まなゐがだけ)曽我部郷(そがべがう)
113登由気(とゆけ)(かみ)素盞嗚(すさのを)
114(とほ)神代(かみよ)御経綸(ごけいりん)
115(ひろ)(ただ)しき(とを)あまり
116(ひと)つの(とし)弥生空(やよひぞら)
117(つき)(ひかり)宵暗(よひやみ)
118(そら)(はら)して(のぼ)()
119玉兎(たま)(ひかり)(てら)されて
120(はら)より(いづ)口車(くちぐるま)
121(ふで)(かぢ)をば()(なが)
122あてども()らずスクスクと
123(よこ)(くるま)()して()
124(たて)(よこ)との十字街(じふじがい)
125辻褄(つじつま)あはぬと()(ひと)
126(もも)(そしり)(かへり)みず
127八岐大蛇(やまたをろち)長々(ながなが)
128(みぎ)(ひだり)(うね)りつつ
129彼方(あちら)此方(こちら)()()びに
130(かはづ)行列(ぎやうれつ)(むか)()
131(みづ)(みたま)本性(ほんしやう)
132一皮(ひとかは)()いて()べて()
133ホンに(わか)らぬ物語(ものがたり)
134アヽ惟神(かむながら)々々(かむながら)
135御霊(みたま)幸倍(さちはへ)坐世(ましませ)よ。
136大正一一・四・一六 旧三・二〇 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)