霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 言霊停止(ことたまていし)〔九一八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第33巻 海洋万里 申の巻 篇:第1篇 誠心誠意 よみ:せいしんせいい
章:第3章 第33巻 よみ:ことたまていし 通し章番号:918
口述日:1922(大正11)年08月26日(旧07月4日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年11月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
言依別命は、激しい喧嘩の後を見て取って、これはどうしたことかと高姫に尋ねるが、高姫はこれも全部、言依別命のせいだと悪態をつく。また春彦と言い合いになるが、やにわに高姫は泡を吹いてその場に倒れてしまった。
春彦はいい気味だと嘲るが、言依別命とカールに諭され促され、三人は禊をして高姫に鎮魂を施した。
高姫は目をさまし、三人は高姫に話しかけるが、高姫は一時的に言霊の使用を神様より許されておらず、身振り手振りで不満と反対をあらわしている。
言依別命は高姫が言霊を再び使用できるようにと神様に祈願したが、なにゆえか言霊の発射がうまくできなかった。しかたなく春彦に高姫の介抱を願いおき、自分の館をさして帰って行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3303
愛善世界社版:30頁 八幡書店版:第6輯 267頁 修補版: 校定版:31頁 普及版:13頁 初版: ページ備考:
001 言依別命(ことよりわけのみこと)(この)(はひ)まぶれ騒動(さうだう)一目(ひとめ)()て、002(かほ)をしかめ(なが)ら、
003『モシ高姫(たかひめ)さま、004言依別(ことよりわけ)御座(ござ)います。005コリヤまあ如何(どう)なさいました。006カールに春彦(はるひこ)007(まへ)さまも(はひ)まぶれぢやないか』
008カール『ハイ、009さつぱり灰猫婆(はひねこばば)(はひ)()かれまして、010イヤもう(この)(とほ)り、011ハイ(ぼく)ハイ(ぢん)為体(ていたらく)御座(ござ)います。012ハイもうさつぱり、013ハイ()きませぬワイ。014どうぞ()ハイ(りよ)(くだ)さいませぬ(やう)に、015ハイ(ぐわん)(いた)します』
016春彦(はるひこ)紅塵万丈(こうぢんばんぢやう)……でなくて、017薩張(さつぱり)ハイ塵万丈(ぢんばんぢやう)()にあひました。018ハイ神楽(かぐら)(まひ)(ひと)()うて()ましたが、019何分(なにぶん)(おやぢ)になる(やく)ハイカラですものだから、020薩張(さつぱり)(さい)ハイをふり(そこな)つて、021灰猫婆(はひねこば)アさまに()みつかれました』
022言依別(ことよりわけ)(なん)だか()らぬが、023大変(たいへん)喧嘩(けんくわ)をしたと()えますな。024………高姫(たかひめ)さま、025コリヤ一体(いつたい)如何(どう)して()んな(こと)突発(とつぱつ)したのですか、026(なに)(ふか)事情(じじやう)があるでせう。027差支(さしつかへ)なくば(その)理由(りいう)拝聴(はいちやう)したいものですな』
028高姫(たかひめ)『あのマア(こと)さまの白々(しらじら)しい(こと)ワイの。029(うま)両人(りやうにん)()(ふく)ませ、030(この)(ばば)アをこんな()にあはしておいて、031ヘン、032そんな計略(けいりやく)最早(もはや)駄目(だめ)ですよ。033()加減(かげん)にお(まへ)改心(かいしん)をなさいませ。034ドハイカラ()が……』
035言依別(ことよりわけ)『コレハ コレハ、036(おも)ひがけなき高姫(たかひめ)(さま)のお言葉(ことば)……』
037高姫(たかひめ)(おも)ひがけないでせう、038それだけ死際(しにぎは)(わる)高姫(たかひめ)とは、039いかなお(まへ)でも(おも)ひがけなかつたでせう、040ホツホヽヽヽ。041(にく)まれ()()覇張(はば)る……とか(まを)しましてな、042折角(せつかく)国依別(くによりわけ)(うま)くドハイカラの(こと)さまに取込(とりこ)み、043今晩(こんばん)男蝶女蝶(をてふめてふ)(はな)(さかづき)(つぎ)かはす段取(だんどり)まで、044やうやう()ぎつけた(ところ)045諸行無常(しよぎやうむじやう)()(なか)046(つき)叢雲(むらくも)047(はな)(あらし)高姫婆風(たかひめばばかぜ)が、048(つれ)なくも()きすさみ、049半開(はんかい)(つぼみ)()らさうとする。050(その)防禦網(ぼうぎよあみ)を……(いな)(あみ)(どころ)か、051妨害(ばうがい)根絶(こんぜつ)せむと(うま)(たく)んだお前達(まへたち)のお手際(てぎは)052(じつ)見上(みあ)げたもので御座(ござ)いますワイ。053オツホヽヽヽ。054何程(なにほど)(りう)(たま)(きう)(たま)()()れたと()つて、055琉球(りうきう)(さう)にして()つても、056肝腎(かんじん)身魂(みたま)(くも)()り、057灰泥(はひどろ)(やう)になつて()つては、058(たま)効用(かうよう)はサツパリ(たま)()しですよ』
059春彦(はるひこ)『コラ灰猫婆(はひねこばば)ア! 貴様(きさま)比喩方(たとへかた)のない悪垂婆(あくたればば)アだ。060改心(かいしん)をしたり、061慢心(まんしん)をしたり、062モウ(これ)から(さき)(なに)をするのだ。063疑心暗鬼(ぎしんあんき)張本人(ちやうほんにん)()が』
064高姫(たかひめ)改心(かいしん)慢心(まんしん)(あと)感心(かんしん)だよ。065前達(まへたち)のどこ(まで)執念深(しふねんぶか)計略(けいりやく)には(この)高姫(たかひめ)(じつ)感心(かんしん)……(いな)寒心(かんしん)せざるを()ませぬワイ。066オツホヽヽヽ』
067()つた()り『ウーン』と()(かへ)り、068癲癇(てんかん)(やう)(くち)から(あわ)()き、069手足(てあし)をピリピリと(ふる)はせて、070(その)()にふん()びて(しま)つた。
071春彦(はるひこ)(あま)逆理屈(さかりくつ)ばかりを()ふものだから、072神様(かみさま)神罰(しんばつ)(あた)つて、073(この)(とほ)りふん()びて(しま)つたのだ。074……なあカール、075(ぜん)(あく)とを立別(たてわ)ける(かみ)は、076(この)()(たしか)()られますねえ』
077言依別(ことよりわけ)『オイお前達(まへたち)078そんな(こと)()つてゐる(とき)ぢやない。079(はや)(はひ)掃除(さうぢ)して、080(かほ)(あら)ひ、081()(きよ)め、082高姫(たかひめ)さまの御恢復(ごくわいふく)(いの)らなならないぢやないか』
083春彦(はるひこ)言依別(ことよりわけ)(さま)084こんな(ばば)アは懲戒(みせしめ)(ため)に、085()うやつて(つめ)たくなる(ところ)まで(はう)つといてやつたら如何(どう)でせう。086(じつ)()しからぬ(やつ)ですから、087(また)()()かしてやらうものなら、088それこそ反対(はんたい)団子理屈(だんごりくつ)()ね、089殺人未遂犯(さつじんみすゐはん)告訴(こくそ)するの(なん)のと、090(いのち)(たす)けて(もら)うた恩人(おんじん)(むか)つて、091(あだ)(かへ)すのですから、092(さいは)ひ、093自分(じぶん)勝手(かつて)()んだのですから、094こんな厄介者(やつかいもの)はモウ(はう)つといたらどうでせうなア。095カールに(たい)しても、096(じつ)(わたくし)としては(たす)けてやつて()れとは(まを)されませぬワイ』
097カール『そんな御気遣(おきづか)ひは()りませぬ。098サア(はや)御病気(ごびやうき)全快(ぜんくわい)御祈念(ごきねん)(いた)しませう』
099門先(かどさき)(なが)れる小川(をがは)飛込(とびこ)み、100()をきよめ、101一生懸命(いつしやうけんめい)病気(びやうき)恢復(くわいふく)祈願(きぐわん)をこめ(はじ)めた。
102 言依別命(ことよりわけのみこと)(あま)数歌(かずうた)(うた)()げ、103反魂(はんこん)神術(かむわざ)(しう)して()る。104春彦(はるひこ)()むを()ず、105()(きよ)一生懸命(いつしやうけんめい)祈願(きぐわん)をこめた。106(やうや)くにして高姫(たかひめ)(いき)()(かへ)し、107()をキヨロつかせ(なが)ら、108三人(さんにん)姿(すがた)をマンジリともせずに打眺(うちなが)めてゐる。
109言依別(ことよりわけ)高姫(たかひめ)(さま)110()がつきましたか、111大変(たいへん)心配(しんぱい)(いた)しましたよ』
112 高姫(たかひめ)(みみ)(きこ)えるが、113まだ言霊(ことたま)応用(おうよう)(ゆる)されてゐなかつた。114(かひこ)(さなぎ)芋虫(いもむし)のやうに(つら)をふくらし、115プリンと(からだ)()つて、116背中(せなか)()けて、117……(うま)(こと)()うて()れな。118そんな上手(じやうず)追従(つゐしやう)()ひませぬぞ……といふ意思(いし)表示(へうじ)して()る。119春彦(はるひこ)(また)もや高姫(たかひめ)(まへ)にまはり、
120春彦(はるひこ)高姫(たかひめ)さま、121御気分(ごきぶん)如何(いかが)ですかな』
122(たづ)ぬれば、123(また)もプリンと背中(せなか)()ける。124カールも(また)(まへ)()つて、
125カール『高姫(たかひめ)さま、126()加減(かげん)(うたがひ)()らし、127御機嫌(ごきげん)(なほ)されては如何(いかが)ですか、128(あま)執拗(しつこう)()ぎるぢやありませぬか』
129(かほ)(のぞ)けば、130(また)もやプリンと背中(せなか)()ける。131三人(さんにん)挨拶(あいさつ)一人(ひとり)々々(ひとり)132弓張(ゆみはり)はぢきでもする(やう)彼方(あちら)()此方(こちら)()き、133恰度(ちやうど)134(あやつ)人形(にんぎやう)(やう)(おな)(ところ)(しり)(おろ)した(まま)135(みぎ)(ひだり)回転(くわいてん)して()る。
136 言依別命(ことよりわけのみこと)言霊(ことたま)使用(しよう)神様(かみさま)より()められて()(こと)(さと)り、137(また)もや(あま)数歌(かずうた)(うた)つて、138言語(げんご)自由(じいう)(はつ)()(やう)祈願(きぐわん)をこめた。139されど何故(なにゆゑ)容易(ようい)言霊(ことたま)発射(はつしや)することが出来(でき)なかつた。140言依別(ことよりわけ)はカールを(したが)へ、141目礼(もくれい)(なが)ら、142春彦(はるひこ)介抱(かいほう)(めい)()(やかた)()して(かへ)()く。
143大正一一・八・二六 旧七・四 松村真澄録)