霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 袂別(けつべつ)〔九二七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第33巻 海洋万里 申の巻 篇:第2篇 鶴亀躍動 よみ:かくきやくどう
章:第12章 第33巻 よみ:けつべつ 通し章番号:927
口述日:1922(大正11)年08月28日(旧07月6日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年11月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
神素盞嗚大神は、言依別命とカールを連れて天の鳥舟に乗り込み、国依別夫婦一同に見送られてウヅの都を後にし、フサの国の斎苑の館への帰途についた。
大神は、高砂島は殊のほか神が選んだすばらしい場所であり、それゆえ日々固く神の教えを守って人々を導くように、という道歌を残した。
国依別は、大神の歌に応えて決意を歌い、また言葉に尽くせぬ感謝を歌って大神との別れを惜しんだ。末子姫も空を打ち仰ぎ、別れを惜しみ、父大神への感謝とこれからの高砂島の司としての決意を歌った。
末子姫の歌の中には、カールが木花姫命の化身であることが明かされていた。末子姫は歌いまた述懐を終わると、一同に会釈をして神殿に進み入った。
竜国別は歌の中に、大神との別れを惜しみ、自分は今後、母・鷹依姫とともに自転倒島へと帰るつもりであることを詠み込んだ。
高姫も大神との別れを惜しみ、大神への感謝を述べ、国依別と末子姫の前途を祝しまた高砂島での活動を任せつつ、高砂島一同への別れを歌に詠み込んだ。
鷹依姫も大神への思いを述べ、これまでの述懐を詠みつつ、自転倒島への帰還と、まだ果たせぬ玉探しの行く末を思う歌を歌った。
テーリスタンとカーリンスもそれぞれ述懐の歌を歌った。高姫、鷹依姫、竜国別、テーリスタン、カーリンス、常彦の一行はウヅの都に別れを告げ、テル山峠を越えてハラの港に出て、自転倒島に向かって帰ることとなった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3312
愛善世界社版:121頁 八幡書店版:第6輯 296頁 修補版: 校定版:125頁 普及版:45頁 初版: ページ備考:
001 神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)言依別命(ことよりわけのみこと)002カールと(とも)にウヅの(みやこ)(あと)にして、003国依別(くによりわけ)夫婦(ふうふ)(はじ)(その)()一同(いちどう)(おく)られ、004(あま)鳥船(とりふね)()りて、005空中(くうちう)(たか)()ばたき(いさ)ましく、006フサの(くに)斎苑(いそ)(やかた)()して(かへ)(たま)ふこととなりましぬ。007(わか)れに(のぞ)み、008大神(おほかみ)一同(いちどう)()(うた)(たま)はりける。
009(あめ)(つち)との中空(なかぞら)
010功績(いさを)(たか)()(たか)
011(こころ)(ひろ)(かへ)()
012斎苑(いそ)(やかた)欣々(いそいそ)
013言依別(ことよりわけ)神司(かむつかさ)
014カールを(したが)三人連(みたりづ)
015ウヅの(みやこ)(いま)はしも
016(わか)れに(のぞ)みて末子姫(すゑこひめ)
017国依別(くによりわけ)(その)(ほか)
018(もも)(つかさ)()べておく
019あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
020(かみ)(めぐみ)のいや(ふか)
021(みち)御稜威(みいづ)のいや(たか)
022山川(やまかは)(きよ)()(あを)
023高砂島(たかさごじま)(かみ)(くに)
024(たふと)(かみ)殊更(ことさら)
025(えら)(たま)ひし真秀良場(まほらば)
026(こころ)(きよ)()(きよ)
027(かみ)(をしへ)朝夕(あさゆふ)
028(かた)(まも)りて三五(あななひ)
029(みち)(ひかり)(かがや)かし
030青人草(あをひとぐさ)(ことごと)
031(めぐみ)(つゆ)にうるほはせ
032千代(ちよ)八千代(やちよ)(おだや)かに
033(をさ)(たま)へよ惟神(かむながら)
034(かみ)(つかさ)信徒(まめひと)
035(わか)れに(のぞ)()べておく
036あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
037御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
038(うた)(たま)へば、039国依別(くによりわけ)(ただち)()つて(うた)(うた)ひ、040大神(おほかみ)名残(なごり)()しみまいらせけり。
041四方(よも)雲霧(くもきり)()(はら)
042(けが)れを(きよ)天地(あめつち)
043(もも)神人(かみびと)(たす)けむと
044(こころ)(くば)()(くだ)
045()くさせ(たま)瑞御霊(みづみたま)
046神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
047神言(みこと)(かしこ)みウヅの(くに)
048(かみ)(つかさ)(えら)まれて
049末子(すゑこ)(ひめ)諸共(もろとも)
050アルゼンチンを(まも)りつつ
051三五教(あななひけう)御教(みをしへ)
052ウヅの御国(みくに)()ふも(さら)
053高砂島(たかさごじま)(なほ)(おろか)
054常世(とこよ)(くに)()(まで)
055(ひら)(すす)めて大神(おほかみ)
056(ふか)(めぐみ)(むく)いなむ
057(われ)(いや)しき()(もつ)
058(たふと)(かみ)御裔(みすゑ)なる
059末子(すゑこ)(ひめ)(つま)となり
060(むな)しく月日(つきひ)(おく)()
061うら(はづ)かしき神司(かむつかさ)
062(いま)より(こころ)練直(ねりなほ)
063千代(ちよ)八千代(やちよ)永久(とこしへ)
064皇大神(すめおほかみ)御教(おんをしへ)
065あななひまつりうまし()
066五六七(みろく)神世(かみよ)(ひら)きなむ
067あゝ大神(おほかみ)御恵(おんめぐみ)
068仮令(たとへ)天地(てんち)(かは)るとも
069いかで(わす)れむ神心(かみごころ)
070(こころ)(たひら)(やす)らかに
071国依別(くによりわけ)末子姫(すゑこひめ)
072ウヅの(やかた)御心(みこころ)
073(くば)らせ(たま)はずすくすくに
074天津御空(あまつみそら)をかけらして
075御国(みくに)(かへ)らせ(たま)へかし
076あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
077親子(おやこ)夫婦(ふうふ)生別(いきわか)
078名残(なごり)()きじ(くも)(うへ)
079(あふ)ぐも(たか)(きみ)(おん)
080(つつし)感謝(かんしや)(たてまつ)
081あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
082御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
083 (ここ)素盞嗚尊(すさのをのみこと)(ふたた)(あま)鳥船(とりふね)()つて、084天空(てんくう)(たか)(かへ)(たま)ひぬ。085末子(すゑこ)(ひめ)(そら)打仰(うちあふ)ぎ、086(うた)()む。087(その)(うた)
088久方(ひさかた)天津御空(あまつみそら)打仰(うちあふ)
089(かく)れし(あと)(なが)めつるかな。
090垂乳根(たらちね)(ちち)雲井(くもゐ)(そら)(たか)
091かけりて波斯(フサ)(かへ)りましけり。
092(いま)(しば)()たせ(たま)へと(ねが)()
093なくなく(ちち)(かへ)りましけり。
094()(あふ)(なが)めすかして大空(おほぞら)
095(きよ)きは(ちち)(こころ)なる(かな)
096国依別神(くによりわけかみ)(みこと)諸共(もろとも)
097ウヅの(やかた)(きよ)(つか)へむ。
098言依別神(ことよりわけかみ)(みこと)御姿(みすがた)
099(あふ)けば(きよ)瑞御霊(みづみたま)かも。
100言依別神(ことよりわけかみ)(みこと)はいかにして
101(うづ)(やかた)()りましにけむ。
102()(はな)(かみ)(みこと)分霊(わけみたま)
103カールの(つかさ)いとなつかしき(かな)
104大空(おほぞら)(のぼ)りつめたる鳥船(とりふね)
105(めぐみ)(つゆ)をふらしてぞ()く。
106(たま)()はふ(かみ)(めぐみ)朝夕(あさゆふ)
107(わす)れざらまし夫婦(めをと)二人(ふたり)は。
108天降(あまくだ)(たま)ひし(ちち)(いま)(はや)
109雲井(くもゐ)(そら)(かく)れましけり。
110千早(ちはや)ふる(かみ)(つく)りしウヅの(くに)
111高砂島(たかさごじま)(くに)真秀良場(まほらば)
112桃上彦神(ももがみひこかみ)(つかさ)(しづ)まりし
113ウヅの神国(かみくに)(こと)にさやけき。
114国彦(くにひこ)(かみ)御裔(みすゑ)松若彦(まつわかひこ)
115(つく)(まこと)(かみ)()るらむ。
116高砂(たかさご)()()()てる松若彦(まつわかひこ)
117(ほまれ)千代(ちよ)(かがや)きやせむ。
118惟神(かむながら)(かみ)御前(みまへ)()()して
119(あさ)(ゆふ)なに(くに)(まも)らむ。
120数万年(すまんねん)歴史(れきし)(すゑ)(つま)()
121(つま)といふ(もの)(うま)()しかな。
122垂乳根(たらちね)(おや)(めぐみ)()()けて
123ウヅの(みやこ)()りわたるかな。
124朝日(あさひ)さす夕日(ゆふひ)(かがや)くウヅの(くに)
125(めぐみ)(こと)高砂(たかさご)(しま)
126国民(くにたみ)のかまどの(けむり)(にぎは)しく
127竜世(たつよ)(ひめ)(めぐみ)(たふと)き。
128アマゾンの(かは)魔神(まがみ)言向(ことむ)けし
129言依別(ことよりわけ)国依別(くによりわけ)(かみ)
130国依別神(くによりわけかみ)(みこと)(はたら)きに
131時雨(しぐれ)(もり)(をさ)まりにけり』
132 末子姫(すゑこひめ)三十一文字(みそひともじ)(うた)(もつ)て、133名残(なごり)(をし)み、134(あるひ)述懐(じゆつくわい)()べなどして、135(ここ)一同(いちどう)会釈(ゑしやく)し、136神殿(しんでん)()して(すす)()りにける。
137 竜国別(たつくにわけ)(わか)れに(のぞ)み、138三十一文字(みそひともじ)()む。139(その)(うた)
140(たま)()はふ(かみ)国依(くにより)(わか)(わか)れに
141竜国別(たつくにわけ)(こころ)(かな)しき。
142神国(かみくに)(いま)竜国別(たつくにわけ)神司(かむつかさ)
143(はは)諸共(もろとも)自凝島(おのころ)()かむ』
144 高姫(たかひめ)(うた)
145高砂(たかさご)千歳(ちとせ)(まつ)(いま)しばし
146(わか)れなむとす名残(なごり)()しさよ。
147遥々(はるばる)海山(うみやま)()えてウヅの(くに)
148(うづ)身魂(みたま)(われ)はなりぬる。
149惟神(かむながら)(かみ)(ひかり)()らされて
150高姫(たかひめ)(むね)()れわたりける。
151素盞嗚神尊(すさのをのかみのみこと)のいます(かぎ)
152()はおだやかに(をさ)まりて()く。
153高砂(たかさご)(しま)天降(あも)りし素盞嗚(すさのをの)
154(かみ)(みこと)(たふと)かりけり。
155国依別(くによりわけ)(うづ)(みこと)神司(かむつかさ)
156千代(ちよ)八千代(やちよ)御国(みくに)(まも)れよ。
157大神(おほかみ)八人乙女(やたりをとめ)末子姫(すゑこひめ)
158わけて(きよ)けき(きみ)御姿(みすがた)
159松若彦神(まつわかひこかみ)(みこと)神司(かむつかさ)
160ウヅの(やかた)永遠(とは)(つか)へよ。
161惟神(かむながら)(かみ)御国(みくに)高姫(たかひめ)
162(わか)(をし)みて神言(かみごと)()る』
163 鷹依姫(たかよりひめ)(また)三十一文字(みそひともじ)()む。164(その)(うた)
165自凝(おのころ)(しま)より(きた)鷹依姫(たかよりひめ)
166(かみ)(つかさ)(いま)(わか)れなむ。
167これやこの()くも(かへ)るも(わか)れても
168(かみ)(めぐみ)大本(おほもと)(みち)
169足曳(あしびき)(やま)()()(かは)わたり
170(うみ)(うか)びて(かみ)(みち)()く。
171国依別(くによりわけ)(うづ)(みこと)末子姫(すゑこひめ)
172(さち)(おほ)かれと朝夕(あさゆふ)(いの)る。
173鷹依姫(たかよりひめ)(かみ)(つかさ)(うづ)(みやこ)
174(わか)れむとして(なみだ)こぼるる。
175惟神(かむながら)(かみ)御為(おんため)(みち)(ため)
176世人(よびと)(ため)(つく)真心(まごころ)
177アマゾンの(かは)(なが)れはさかしくも
178(かみ)とわたればさかしくもなし。
179アマゾンの時雨(しぐれ)(もり)鷹依(たかより)
180(ひめ)(つかさ)(こころ)(のこ)りぬ。
181(つき)(かみ)(いつ)きまつりし()(みやこ)
182(いま)(こひ)しくなりにけるかな。
183黄金(わうごん)(たま)所在(ありか)(たづ)ねむと
184()(きた)りける親子(おやこ)(かな)しも。
185惟神(かむながら)(かみ)御前(みまへ)にひれ()して
186ウヅの(やかた)(さち)(いの)らむ。
187見渡(みわた)せば山川(やまかは)(きよ)()(あを)
188天津御空(あまつみそら)真澄(ますみ)(かがみ)
189()(やま)(きよ)くさやけき神国(かみくに)
190(わか)れて(かへ)名残(なごり)()しさよ。
191自凝(おのころ)(しま)立出(たちい)(はや)三年(みとせ)
192四年振(よとせぶり)にて(にしき)(みや)へ。
193四尾(よつを)(やま)(ふもと)にそそり()
194(にしき)(みや)(とほ)(をが)みつ。
195素盞嗚神尊(すさのをのかみのみこと)御姿(みすがた)
196(ちか)(をが)みし(こと)(うれ)しさ。
197言依別神(ことよりわけかみ)(みこと)(めぐ)()
198雄々(をを)しき姿(すがた)()たる(うれ)しさ。
199国依別神(くによりわけかみ)(みこと)今日(けふ)よりは
200(こころ)(くば)重荷(おもに)()()は。
201八乙女(やおとめ)末子(すゑこ)(ひめ)御館(おんやかた)
202(いま)(わか)()(こころ)(かな)しき。
203惟神(かむながら)(かみ)(めぐみ)(さち)はひて
204(また)()(はる)()ちつつぞ()む』
205 テーリスタンは覚束(おぼつか)なげに(うた)()む。
206鷹依姫(たかよりひめ)(かみ)(つかさ)(したが)ひて
207(たま)(もと)めつ(いま)此処(ここ)にあり。
208玉々(たまたま)(たま)(こころ)(うば)はれて
209(いま)はたまらぬ(かな)しい(わか)れ。
210(たましひ)はどこかの(そら)宿替(やどがへ)
211テーリスタンの魂無(たまな)(をとこ)
212われも(また)自凝島(おのころじま)立帰(たちかへ)
213若草(わかぐさ)(つま)()たむとぞ(おも)ふ。
214若草(わかぐさ)(つま)(みこと)()をひいて
215ウヅの(みやこ)にいます芽出(めで)たさ。
216素盞嗚神尊(すさのをのかみのみこと)御姿(おんすがた)
217()(をが)(とき)(なみだ)こぼれつ。
218言依別(ことよりわけ)(かみ)(みこと)(そら)(たか)
219()れを見棄(みす)てて()りましにけり。
220カールさま二人(ふたり)(あと)(したが)ひて
221()もカールガールと御空(みそら)()くかな。
222高姫(たかひめ)(やうや)(こころ)(やは)らぎて
223久方(ひさかた)()りに(わら)(がほ)()る。
224いと(すず)(かぜ)()(しま)(かみ)(くに)
225(あと)見棄(みす)てて(かへ)()しさよ。
226黒姫(くろひめ)生命(いのち)(すく)ひし(その)(ため)
227高砂島(たかさごじま)退(やら)はれにけり。
228烏羽玉(うばたま)(こころ)(くろ)黒姫(くろひめ)
229(いま)何処(いづこ)(そら)彷徨(さまよ)ふ。
230いつ(まで)腰折歌(こしをれうた)()きざれど
231(かみ)のまにまにとどめおくなり』
232 カーリンスは、233(また)もや三十一文字(みそひともじ)()む。
234『カーリンス、テーリスタンと諸共(もろとも)
235(なみだ)(うみ)(ただよ)ひにけり。
236高砂(たかさご)(しま)にやうやう(わた)()
237玉捜(たまさが)しする(とき)(くる)しさ。
238天祥(てんしやう)(やま)瀑布(ばくふ)(あらは)れて
239モールバンドを言向(ことむ)(やは)しぬ。
240言向(ことむ)けしモールバンドの功績(いさをし)
241カーリンスならで鷹依(たかより)(ひめ)
242竜国別(たつくにわけ)(かみ)(みこと)(はな)(たか)
243帽子ケ岳(ぼうしがだけ)(のぼ)()くかな。
244素盞嗚神尊(すさのをのかみのみこと)()(をが)
245()置所(おきどころ)()らぬ(うれ)しさ。
246(うれ)しやと(おも)()もなく大神(おほかみ)
247われを()すてて(かへ)りましけり。
248高姫(たかひめ)(つかさ)(とも)海原(うなばら)
249(わた)ると(おも)へば涙含(なみだぐ)まるる。
250高姫(たかひめ)(こころ)(こま)立直(たてなほ)
251(なみ)太平洋(たいへいやう)(わた)りましませ。
252カーリンスこれが一生(いつしやう)御願(おねがひ)
253波高姫(なみたかひめ)(こころ)(しづ)めよ。
254村肝(むらきも)(こころ)(うみ)荒波(あらなみ)
255竜国別(たつくにわけ)(しば)(しづ)まれ』
256(くち)から出放題(ではうだい)(うた)(なら)べ、257高姫(たかひめ)258鷹依姫(たかよりひめ)259竜国別(たつくにわけ)260テーリスタン、261カーリンス、262常彦(つねひこ)一行(いつかう)は、263ウヅの(みやこ)(わか)れを()げ、264テル山峠(やまたうげ)()()え、265ハラの(みなと)()で、266自凝島(おのころじま)(むか)つて(かへ)ることとなりにけり。
267大正一一・八・二八 旧七・六 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)