霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二六章 (わか)(うら)〔九四一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第33巻 海洋万里 申の巻 篇:第4篇 理智と愛情 よみ:りちとあいじょう
章:第26章 第33巻 よみ:わかのうら 通し章番号:941
口述日:1922(大正11)年09月19日(旧07月28日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年11月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
若の浦は昔は豊見の浦と言ったが、国玉別たちが球の玉に稚姫君命の御霊を取りかけて一つ島に斎き祀ってから、若の浦と改称したのである。この玉を納めた島は、玉留島と名付けられた。
玉留とは、玉を地中深くに埋めてその上に神社を建て、永遠に守るということである。玉留島は今は陸続きとなって玉津島と言われている。この辺りは非常に巨大な楠の木や杉の木が繁茂していた。
太古の大木からは虫のみならず、風水火の作用によって人が生まれたり、樹の魂が天狗となって生まれたりしたものである。
さて、国玉別夫婦らの奉安により、三五教の教えは紀の国はもちろん、伊勢志摩、尾張、大和、和泉方面まで拡張したのであった。
国玉別は宮殿を造営し、玉を納めて天津祝詞を奏上し祝歌を歌った。続いて玉能姫も祝歌を歌い、夫婦は永遠にこの島に鎮まって神業に奉仕することとなった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3326
愛善世界社版:288頁 八幡書店版:第6輯 355頁 修補版: 校定版:301頁 普及版:114頁 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第五巻 言霊解・其他 > 【随筆・其他】 > 大木の精魂
001(あき)(やうや)(たか)くして
002四方(よも)山辺(やまべ)佐保姫(さほひめ)
003(にしき)織出(おりだ)小男鹿(さをしか)
004(つま)()(こゑ)()(なが)
005(こころ)あうたる夫婦(ふうふ)()
006国玉別(くにたまわけ)玉能姫(たまのひめ)
007駒彦(こまひこ)さまと諸共(もろとも)
008数多(あまた)信者(しんじや)(おく)られて
009(きう)(たま)をば捧持(ほうぢ)しつ
010再度山(ふたたびさん)山麓(さんろく)
011たちたる(やかた)(あと)にして
012(すこ)しは名残(なごり)()しみつつ
013生田(いくた)(もり)をくぐりぬけ
014()()についで()(くに)
015(わか)(うら)へと()きにける。
016 (わか)(うら)(むかし)豊見(とよみ)(うら)といつた。017国玉別命(くにたまわけのみこと)(きう)(たま)(ほう)じ、018樟樹(しやうじゆ)鬱蒼(うつさう)として(しげ)れる和田中(わだなか)(ひと)(じま)稚姫君命(わかひめぎみのみこと)御霊(みたま)(きう)(たま)()りかけ(いつき)(まつ)つてより、019豊見(とよみ)(うら)はここに(わか)(うら)改称(かいしよう)する(こと)となつたのである。020()(しま)玉留島(たまつめじま)()づけられた。
021 玉留(たまつめ)といふ意義(いぎ)(たま)(かた)地中(ちちう)(うづ)め、022(その)(うへ)神社(かむやしろ)()てて永久(とことは)(まも)るといふ意味(いみ)である。023(いま)(この)玉留島(たまつめじま)陸続(りくつづ)きとなつて、024玉津島(たまつじま)改称(かいしよう)されてゐる。
025 (この)(あた)りは非常(ひじやう)巨大(きよだい)なる(すぎ)()(くすのき)大地(だいち)一面(いちめん)繁茂(はんも)してゐた。026(ふと)(くすのき)になると、027(みき)周囲(まはり)百丈(ひやくぢやう)(あま)りも(まは)つたのがあつた。028(すぎ)(また)三十丈(さんじふぢやう)029五十丈(ごじふぢやう)(みき)周囲(しうゐ)(いう)するものは(かず)(かぎ)りもなく()えてゐた。030自転倒島(おのころじま)(おい)(もつと)巨大(きよだい)なる樹木(じゆもく)繁茂(はんも)せし(くに)なれば、031神代(かみよ)より()(くに)(とな)へられてゐたのである。
032 大屋比古(おほやひこ)(かみ)などは(この)大木(たいぼく)(また)よりお(うま)れになつたといふ(こと)である。033また木股(きまた)(かみ)といふ神代(かみよ)(かみ)大木(たいぼく)(せい)より(あらは)れた神人(しんじん)である。
034 近代(きんだい)(あま)大木(たいぼく)(すくな)くなつたが、035太古(たいこ)非常(ひじやう)巨大(きよだい)なる樹木(じゆもく)()(くに)のみならず、036各地(かくち)にも沢山(たくさん)()えてゐたものである。037植物(しよくぶつ)繊維(せんゐ)醗酵(はつかう)作用(さよう)によつて(むし)(しやう)じ、038()(むし)孵化(ふくわ)して甲虫(かぶとむし)(ごと)甲虫族(かふちうぞく)発生(はつせい)する(ごと)く、039(いにしへ)大木(たいぼく)繊維(せんゐ)により風水火(ふうすいくわ)醗酵(はつかう)作用(さよう)によつて、040(ひと)(うま)()(こと)(めづら)しくない。041(また)(さる)などは随分(ずゐぶん)沢山(たくさん)発生(はつせい)したものである。
042 天狗(てんぐ)木精(こだま)といふのは()(たましひ)といふ(こと)であつて樹木(じゆもく)精魂(せいこん)より発生(はつせい)する一種(いつしゆ)動物(どうぶつ)である。043天狗(てんぐ)人体(じんたい)()たのもあり、044(あるひ)鳥族(てうぞく)()たのもある。045近代(きんだい)(いた)つても巨大(きよだい)なる樹木(じゆもく)(これ)(この)天狗(てんぐ)()まり()(とな)へられ地方(ちはう)によつては非常(ひじやう)(おそ)れられてゐる(ところ)もある。046現代(げんだい)(おい)ても大森林(だいしんりん)大樹(たいじゆ)には天狗(てんぐ)種類(しゆるゐ)()なり沢山(たくさん)発生(はつせい)しつつあるのである。
047 (かく)(ごと)(こと)口述(こうじゆつ)する(とき)は、048現代(げんだい)理学者(りがくしや)植物学者(しよくぶつがくしや)は、049痴人(ちじん)夢物語(ゆめものがたり)一笑(いつせう)()して(かへり)みないであらうが、050(しか)天地(てんち)(あひだ)はすべて不可思議(ふかしぎ)なものである。051到底(たうてい)今日(こんにち)所謂(いはゆる)文明人士(ぶんめいじんし)智嚢(ちなう)では(かみ)霊能力(れいのうりよく)(わか)るものではない(こと)断言(だんげん)しておく。
052 さて国玉別(くにたまわけ)053玉能姫(たまのひめ)(この)(しま)(やしろ)(つく)りて、054(きう)宝玉(ほうぎよく)捧按(ほうあん)し、055(これ)稚姫君(わかひめぎみ)大神(おほかみ)(いつき)(まつ)り、056(かたはら)広殿(ひろどの)()て、057ここにありて三五教(あななひけう)御教(みをしへ)()(くに)一円(いちゑん)はいふも(さら)なり伊勢(いせ)058志摩(しま)059尾張(をはり)060大和(やまと)061和泉(いづみ)方面(はうめん)まで拡充(くわくじう)したのである。
062 国玉別(くにたまわけ)宮殿(きうでん)(つく)(たま)(をさ)めて天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)し、063祝歌(しゆくか)(うた)ふ。064(その)(うた)
065国玉別(くにたまわけ)朝日(あさひ)のたださす(かみ)(くに)
066夕日(ゆふひ)のひてらす(うづ)(くに)
067自凝島(おのころじま)のいや()てに
068打寄(うちよ)(きた)荒波(あらなみ)
069(なか)(うか)べる(うづ)(しま)
070下津磐根(したついはね)はいや(ふか)
071竜宮(りうぐう)(そこ)まで(とど)くなり
072千引(ちびき)(いは)もて(かた)めたる
073(この)珍島(うづしま)神国(かみくに)
074堅磐常磐(かきはときは)(かた)めぞや
075皇大神(すめおほかみ)御言(みこと)もて
076琉球島(りうきうたう)より(あらは)れし
077(きう)御玉(みたま)(いま)ここに
078大宮柱(おほみやばしら)太知(ふとし)りて
079高天原(たかあまはら)千木(ちぎ)(たか)
080(つか)へまつりて永久(とこしへ)
081(をさ)むる今日(けふ)目出(めで)たさよ
082(この)神国(かみくに)(この)(たま)
083(しづ)まりゐます(その)(かぎ)
084自凝島(おのころじま)はいや(かた)
085(なみ)(しづ)かに(をさ)まりて
086青人草(あをひとぐさ)()(つき)
087天津御空(あまつみそら)(ほし)(ごと)
088(はま)真砂(まさご)(かず)ならず
089(さか)えて()かむ(かみ)(くに)
090朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
091(つき)()つとも()くるとも
092大地(だいち)(どろ)にひたるとも
093(きう)御玉(みたま)をかくしたる
094(この)珍島(うづしま)永久(とこしへ)
095(みづ)(おぼ)れず()にやけず
096(くに)(まも)りとなりなりて
097国玉別(くにたまわけ)玉能姫(たまのひめ)
098(つか)へまつりし功績(いさをし)
099千代(ちよ)八千代(やちよ)(とど)むべし
100あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
101御霊(みたま)(さちは)ひましまして
102皇大神(すめおほかみ)(まも)ります
103三五教(あななひけう)(あめ)(した)
104四方(よも)国々(くにぐに)(くま)もなく
105伊行(いゆ)きわたらひ神人(かみびと)
106いと(やす)らけく(たひら)けく
107五六七(みろく)御代(みよ)(たの)しみて
108(とり)(けだもの)はいふもさら
109(くさ)片葉(かきは)(いた)るまで
110各々(おのおの)(その)(しよ)()せしめよ
111(きう)御玉(みたま)(とり)かけし
112稚姫君(わかひめぎみ)生御霊(いくみたま)
113()神国(かみくに)(しづ)まりて
114()しよせ(きた)仇波(あだなみ)
115伊吹払(いぶきはら)ひに()(はら)
116自凝島(おのころじま)永久(とこしへ)
117(さか)(さか)えて神人(かみびと)
118ゑらぎ(たの)しむ楽園地(らくゑんち)
119天国(てんごく)浄土(じやうど)有様(ありさま)
120いや永久(とこしへ)(たも)ちつつ
121千代(ちよ)(さか)えを松緑(まつみどり)
122()はくれ(たけ)()きふしに
123(こころ)(きよ)()(きよ)
124(つか)へまつらむ夫婦(めをと)()
125(こころ)駒彦(こまひこ)(いさぎよ)
126(かみ)御前(みまへ)(まつ)ろひて
127(めぐみ)(ひら)(うめ)(はな)
128一度(いちど)(かを)時津風(ときつかぜ)
129(まつ)神代(かみよ)(いしづゑ)
130(くす)()()のいや(かた)
131(すぎ)木立(こだち)のすぐすぐと
132(まも)らせ(たま)惟神(かむながら)
133(かみ)御前(みまへ)()ぎまつる
134(かみ)御前(みまへ)()ぎまつる』
135(うた)(をは)拍手(はくしゆ)再拝(さいはい)して、136(かたはら)(くす)()(こし)(うち)かけた。137玉能姫(たまのひめ)(また)(うた)ふ。
138(みなみ)(ひろ)(うみ)をうけ
139(ひがし)朝日(あさひ)()(をが)
140西(にし)二日(ふつか)(つき)()
141(この)珍島(うづしま)(かしこ)くも
142稚姫君(わかひめぎみ)御霊魂(おんみたま)
143(いつ)きまつりて三五(あななひ)
144(かみ)(つかさ)宣伝使(せんでんし)
145国玉別(くにたまわけ)玉能姫(たまのひめ)
146(こころ)駒彦(こまひこ)諸共(もろとも)
147大宮柱(おほみやばしら)(ふと)しりて
148(あさ)(ゆふ)なに(つか)へゆく
149(その)神業(かむわざ)(たふと)けれ
150天教山(てんけうざん)()れませし
151神伊邪諾大御神(かむいざなぎのおほみかみ)
152神伊邪冊大御神(かむいざなみのおほみかみ)
153()出神(でのかみ)()(はな)
154咲耶(さくや)(ひめ)御言(みこと)もて
155(あめ)(した)なる国々(くにぐに)
156(ひら)(たま)ひし(かみ)(みち)
157神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
158(みづ)御霊(みたま)(かしこ)くも
159高天原(たかあまはら)退(やら)はれて
160大海原(おほうなばら)国々(くにぐに)
161(めぐ)(たま)ひて許々多久(ここたく)
162教司(をしへつかさ)(くば)りつつ
163数多(あまた)(かみ)人々(ひとびと)
164(をし)(みちび)(とり)(けもの)
165(むし)けら草木(くさき)(いた)るまで
166(めぐみ)(つゆ)をたれ(たま)
167コーカス(ざん)斎苑館(いそやかた)
168(あや)聖地(せいち)天降(あも)りまし
169仁慈無限(じんじむげん)神徳(しんとく)
170(ほどこ)(たま)有難(ありがた)
171(わらは)(おな)三五(あななひ)
172(かみ)大道(おほぢ)宣伝使(せんでんし)
173大海原(おほうなばら)打渡(うちわた)
174山川(やまかは)(いく)つふみ()えて
175やうやく玉能(たまの)(ひめ)となり
176生田(いくた)(もり)(とし)(なが)
177(つか)へまつりし(をり)もあれ
178(つま)(みこと)若彦(わかひこ)
179言依別(ことよりわけ)御言(みこと)もて
180琉球(りうきう)(しま)より宝玉(ほうぎよく)
181(ほう)じて目出(めで)たく再度(ふたたび)
182(やま)(ふもと)神館(かむやかた)
183生田(いくた)(もり)(かへ)りまし
184ここに夫婦(ふうふ)同棲(どうせい)
185(めぐみ)(よく)朝夕(あさゆふ)
186(りう)(きう)との神宝(しんぽう)
187(かた)(まも)りて()(うち)
188玉照彦(たまてるひこ)玉照姫(たまてるひめ)
189(うづ)(みこと)御言(みこと)もて
190生田(いくた)(もり)(やかた)をば
191高姫司(たかひめつかさ)相渡(あいわた)
192(りう)(たま)をば(のこ)しおき
193(きう)神宝(しんぽう)捧持(ほうぢ)して
194()神国(かみくに)打渡(うちわた)
195大海原(おほうなばら)(ただよ)へる
196堅磐常磐(かきはときは)(いは)()
197宮居(みやゐ)()てて(おごそ)かに
198稚姫君(わかひめぎみ)御霊(みたま)とし
199(つか)へまつれと()(たま)
200あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
201(かみ)御言(みこと)はそむかれず
202(すみ)なれかけし(やかた)をば
203(あと)()すててはるばると
204(この)島国(しまぐに)()()れば
205(おも)ひもよらぬ(うづ)(くに)
206木々(きぎ)色艶(いろつや)(うる)はしく
207野山(のやま)(にしき)(はた)()
208(かは)(なが)れはさやさやと
209自然(しぜん)音楽(おんがく)(かな)でつつ
210天国(てんごく)浄土(じやうど)(ごと)くなり
211(こと)(たふと)(この)(しま)
212(うづ)(やしろ)()()げて
213いや永久(とこしへ)(まも)()
214げにも(うれ)しき優曇華(うどんげ)
215(はな)()(はる)()心地(ここち)
216皇大神(すめおほかみ)御恵(みめぐみ)
217(ふか)きを今更(いまさら)(おも)()
218感謝(かんしや)(なみだ)しとしとと
219(くち)には()はれぬ(うれ)しさよ
220稚姫君大御神(わかひめぎみのおほみかみ)
221(なれ)(みこと)(この)(しま)
222いや永久(とこしへ)(しづ)まりて
223(あまね)世人(よびと)身魂(みたま)をば
224(まも)らせ(たま)惟神(かむながら)
225(かみ)御前(みまへ)只管(ひたすら)
226玉能(たまの)(ひめ)()ぎまつる
227あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
228御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
229(うた)(をは)り、230永久(とこしへ)(この)(しま)(しづ)まり神業(しんげふ)奉仕(ほうし)する(こと)とはなりける。
231大正一一・九・一九 旧七・二八 松村真澄録)
232(昭和一〇・六・一〇 王仁校正)