霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 猩々舟(しやうじやうぶね)〔一五一九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第59巻 真善美愛 戌の巻 篇:第4篇 六根猩々 よみ:ろっこんしょうじょう
章:第19章 猩々舟 よみ:しょうじょうぶね 通し章番号:1519
口述日:1923(大正12)年04月02日(旧02月17日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年7月8日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 574頁 修補版: 校定版:267頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 玉国別(たまくにわけ)一行(いつかう)晩餐(ばんさん)(あた)へられ、002(ふたた)(かみ)拝礼(はいれい)し、003(しん)()かむとする(とき)しも、004サーベル(ひめ)言葉(ことば)(しづ)かに玉国別(たまくにわけ)(みみ)(くち)()せ、
005サーベル『モシ先生様(せんせいさま)006猩々島(しやうじやうじま)(のこ)しおかれた三人(さんにん)(をとこ)(たす)ける(ため)007(ふね)()して(いただ)けませぬでせうか、008どうか神様(かみさま)御願(おねが)(くだ)さいまして、009御差支(おさしつかへ)なくば(かれ)()三人(さんにん)(たす)けてやりたう(ござ)います。010そしてモ(ひと)つの御願(おねが)ひは、011天王(てんわう)(もり)一日(いちにち)(はや)二棟(ふたむね)宮様(みやさま)建築(けんちく)し、012一方(いつぱう)三五(あななひ)大神様(おほかみさま)013一方(いつぱう)はバラモンの大神様(おほかみさま)鎮祭(ちんさい)して(いただ)(こと)出来(でき)ませぬか』
014玉国(たまくに)成程(なるほど)015()れは()いお(かんが)へで(ござ)います。016(しか)しあの猩々ケ島(しやうじやうがしま)沢山(たくさん)眷族(けんぞく)は、017(もと)はアヅモス(さん)のお(みや)(つか)へてゐたもののやうに直覚(ちよくかく)(いた)しましたが、018差支(さしつかへ)なくば、019沢山(たくさん)(ふね)用意(ようい)し、020一匹(いつぴき)(のこ)らず天王(てんわう)(もり)()れて(かへ)つてやりたいと(おも)ひますが、021如何(いかが)(ござ)いませうかな』
022 サーベル(ひめ)(にはか)(この)言葉(ことば)()くより、023(うれ)(さう)()(あが)り、024『キヤツ キヤツ』と(あや)しき(こゑ)()(なが)両手(りやうて)(あは)せ、
025サーベル『(わらは)猩々姫(しやうじやうひめ)(ござ)います。026沢山(たくさん)()(まご)(のこ)して(ござ)いますから、027それ(ばか)りが()になつて、028(よる)もロクに()られませぬ。029()うまア()うて(くだ)さいました。030何卒(どうぞ)神様(かみさま)のお(ゆる)しがあれば、031一匹(いつぴき)(のこ)らず此方(こちら)(むか)へさして(いただ)きたう(ござ)います』
032玉国(たまくに)『ヤアそれは尚々(なほなほ)結構(けつこう)です。033左様(さやう)ならば明日(みやうにち)(はや)(ふね)用意(ようい)(いた)しまして、034村人(むらびと)(めい)(むか)()りにやりませう』
035サーベル『どうか貴師(あなた)御弟子(みでし)一人(ひとり)二人(ふたり)036()つて(いただ)(こと)出来(でき)ませぬか』
037 伊太彦(いたひこ)(そば)()つて、038小耳(こみみ)(はさ)み、
039伊太(いた)先生(せんせい)040(その)御用(ごよう)伊太彦(いたひこ)(うけたま)はります。041三千彦(みちひこ)さま夫婦(ふうふ)はどうかお(やかた)(しばら)逗留(とうりう)して、042(みや)普請(ふしん)設計図(せつけいづ)でも()いて(もら)いませう。043そして先生(せんせい)(しばら)村人(むらびと)布教(ふけう)をして(いただ)きまして、044真純彦(ますみひこ)さまが(その)(あひだ)(おぎな)ふといふ都合(つがふ)(ねが)ひますれば(まこと)結構(けつこう)ですがなア』
045玉国(たまくに)『イヤ、046(まへ)のやうな慌者(あわてもの)絶対(ぜつたい)(ゆる)(こと)出来(でき)ませぬ。047三千彦(みちひこ)夫婦(ふうふ)(ねが)ひませう』
048伊太(いた)『オイ、049三千彦(みちひこ)夫婦(ふうふ)050あんな、051()()れる(うみ)(うへ)052女房(にようばう)のある(もの)()くものぢやないよ。053(わし)のやうな独身者(どくしんもの)なら仮令(たとへ)()んでも女房(にようばう)(くや)心配(しんぱい)もいらず、054大変(たいへん)都合(つがふ)()い。055そこは(おれ)にお(かぶ)(ゆづ)つて(もら)いたいものだなア』
056三千(みち)先生(せんせい)のお(ゆる)しさへあれば、057どうでもしてやる』
058伊太(いた)先生(せんせい)059是非(ぜひ)(わたし)御下命(ごかめい)(ねが)ひます』
060玉国(たまくに)『ウン、0601ヨシ、061それならお(まへ)一任(いちにん)せう。062相当(さうたう)人物(じんぶつ)をお(まへ)から(えら)むで()れて()つたがよからう』
063伊太(いた)『イヤ、064有難(ありがた)い、065抃舞雀躍(べんぶじやくやく)だ、066エヘヽヽヽ。067サア、068(これ)から北極探険隊(ほくきよくたんけんたい)だ。069オイ、070アンチーさま、071(まへ)副艦長(ふくかんちやう)だ。072アキス、073カールの両人(りやうにん)分隊長(ぶんたいちやう)だ。074テクの番頭(ばんとう)さまは家事(かじ)万端(ばんたん)管掌(くわんしやう)せなくてはならないから、075出陣(しゆつぢん)(ゆる)されない。076サア、077アキス、078カール、079両人(りやうにん)さま、080屈強(くつきやう)人間(にんげん)選抜(せんばつ)して(もら)ひませう。081猩々(しやうじやう)先生(せんせい)(むか)へに()くのだから、082猩々潔白(しやうじやうけつぱく)(みたま)をよりぬいて()れて()くやうにして(もら)ひませう。083それから(つぶ)れかけたボロ(ふね)があれば一艘(いつそう)つもりをして(もら)ひたい。084此奴(こいつ)ア、085ヤッコス、086ハール、087サボールの人一化九(にんいちばけきう)()せる(ふね)だ。088アハヽヽヽ』
089アキス『そんなボロ(ふね)一隻(いつせき)(ござ)いませぬよ』
090伊太(いた)『アヽ仕方(しかた)がない。091人間(にんげん)姿(すがた)をしてゐるのだから、092(なか)でも堅牢(けんらう)(ふね)(えら)むで()つて()(やう)にしてくれ、093一体(いつたい)猩々(しやうじやう)(かず)何人(なんにん)さま(ほど)ゐられるのだらうな』
094サーベル『ハイ、095三百三十三(さんびやくさんじふさん)(びき)だと(おも)つて()ります』
096伊太(いた)成程(なるほど)097猩々潔白(しやうじやうけつぱく)身魂(みたま)三百三十三人(さんびやくさんじふさんにん)098バラモン、099ヤッコスのなまくら(もの)のサボール()(ひと)(あたま)をよくハールといふ人一化九(にんいちばけきう)三匹(さんびき)100アキス、101カールさま、102抜目(ぬけめ)なく、103至急(しきふ)用意(ようい)して(もら)ひませう。104サアいよいよ伊太彦(いたひこ)三百三十三人(さんびやくさんじふさんにん)(ならび)三匹(さんびき)総司令官(そうしれいくわん)となつたのだ、105アハヽヽヽ。106イヤ先生(せんせい)107どうも有難(ありがた)(ござ)います。108(これ)(わたし)登竜門(とうりようもん)109出世(しゆつせ)門口(かどぐち)110移民会社(いみんぐわいしや)社長(しやちやう)となつて、111大活動(だいくわつどう)(いた)します。112何卒(どうぞ)(うま)凱旋(がいせん)(いた)しましたら113花火(はなび)(うち)()げ、114里人(さとびと)一同(いちどう)浜辺(はまべ)整列(せいれつ)させ、115伊太彦(いたひこ)万歳(ばんざい)(とな)へて(くだ)さいませ。116(これ)(なに)より吾々(われわれ)(たのし)みで(ござ)いますから』
117サーベル(ひめ)伊太彦(いたひこ)(をしへ)(きみ)一時(ひととき)
118(はや)(いで)ませ(わが)()(むか)ひに』
119伊太彦(いたひこ)『これは(また)不思議(ふしぎ)(こと)()くものだ
120猩々(しやうじやう)(むれ)(わが)()なりとは』
121サーベル(ひめ)『からたまはよし猩々(しやうじやう)(うま)るとも
122(みたま)(ひと)(かは)らざりけり。
123(いま)()(ひと)(けもの)容器(いれもの)
124(けもの)(なか)(ひと)(たま)あり』
125玉国別(たまくにわけ)面白(おもしろ)しサーベル(ひめ)御言葉(おんことば)
126()くにつけてもうら()づかしきかな』
127真純彦(ますみひこ)(ひと)(みな)(けもの)()みかとなりはてて
128(まこと)(ひと)(かげ)だにもなし。
129(われ)とても(つみ)(けが)れし(けだもの)
130(たま)棲家(すみか)(はづか)しき(かな)
131三千彦(みちひこ)(おそ)ろしき八十(やそ)曲津(まがつ)(たけ)()
132(ひと)()として()(すべ)もなき。
133それ(ゆゑ)(ひと)(こころ)(おに)となり
134大蛇(おろち)となりて()(わた)るなり』
135伊太彦(いたひこ)『これはしたり三千彦(みちひこ)(つかさ)世迷言(よまいごと)
136(かみ)宮居(みやゐ)(けだもの)()らすか』
137デビス(ひめ)()(きみ)()らせ(たま)ひし言霊(ことたま)
138(ひと)(かは)()(けだもの)(こと)よ。
139伊太彦(いたひこ)(うづ)(つかさ)神様(かみさま)
140(ひと)(なか)なる(ひと)(かみ)なり』
141伊太彦(いたひこ)『いざさらばアキス、カールよアンチーよ
142用意(ようい)()されよ猩々(しやうじやう)(ふね)
143 これより伊太彦(いたひこ)(よる)(ろく)(ねむ)らず、144アキス、145カール、146アンチーを指揮(しき)し、147(ふね)熟練(なれ)たる荒男(あらをとこ)選抜(せんばつ)し、148(ふね)をキヨの(みなと)(その)(ほか)附近(ふきん)磯辺(いそべ)より(あつ)(きた)り、149(やうや)二十艘(にじつそう)小舟(こぶね)をしつらへ、150(おのおの)酒樽(さかだる)満載(まんさい)し、151猩々(しやうじやう)眷族(けんぞく)(むか)ふべく夜明(よあ)くる(ころ)(まで)にすべての準備(じゆんび)(ととの)へた。
152大正一二・四・二 旧二・一七 於皆生温泉浜屋 松村真澄録)