霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第70巻 山河草木 酉の巻 篇:余白歌 よみ:
章:第70巻 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm708801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
瑞御霊(みづみたま)(いづ)御霊(みたま)御光(みひかり)
(ひと)()むべき(みち)(さと)りぬ〈序文(初)〉
()(なか)()きも()しきも(さちは)ひも
(わざは)ひともに()ます御教(みをしへ)〈序文(初)〉
()(すく)(いづ)御魂(みたま)瑞御魂(みづみたま)
その聖顔(かんばせ)伊照(いて)(かがや)〈箜二章(初)〉
天地(あめつち)(たぐひ)もあらぬ更生主(かうせいしゆ)には
天津使(あまつつかひ)(こぞ)りて(つか)えむ〈第3章(初)〉
()(くに)()()身魂(みたま)(あは)れみて
天津神国(あまつみくに)(すく)ひます(きみ)〈第4章(初)〉
(かぎ)りなき(めぐ)みを()けし(ひと)()
(こころ)(かぎ)(つか)へまつれよ〈第4章(初)〉
一度(ひとたび)天津御神(あまつみかみ)国津神(くにつかみ)
(もも)罪科(つみとが)()はせ(たま)ひぬ〈第5章(初)〉
素盞嗚(すさのを)(かみ)(めぐみ)村肝(むらきも)
(こころ)せまりて涙零(なみだこぼ)るる〈第5章(初)〉
常暗(とこやみ)()はますますに()けゆきぬ
民安(たみやす)かれと(いの)()救主(きみ)〈第6章(初)〉
宮垣内(みやがいち)()()(みづ)()(ひと)
(つみ)(きよ)むる(いのち)なりけり〈第6章(初)〉
()(ひと)(のろ)ひを(あい)()(なほ)
(ひと)(こころ)神国(かみくに)はあり〈第6章(初)〉
(よろこ)びと(かな)しみ(むね)()()ひて
(なみだ)のみづの神跡(みあと)(うるほ)〈第7章(初)〉
罪科(つみとが)(おそ)れもいつか()()てて
(かみ)(をしへ)(のぞ)()()〈第7章(初)〉
(あふ)ぐさへいとも(かしこ)(いつくし)みの
(かみ)御許(みもと)(われ)(はな)れむや〈第8章(初)〉
千早振(ちはやふ)(かみ)(をしへ)(したが)ひて
(あい)(あふ)るる神国(みくに)()かむ〈第8章(初)〉
千座(ちくら)なす置戸(おきど)()ひて()のために
(つく)したまひし(きみ)をぞ(おも)〈第8章(初)〉
八千座(やちくら)(うへ)にも(いづ)(よろこ)びの
()えずあふるる瑞霊(みづみたま)かも〈第8章(初)〉
御恵(みめぐ)みに(かがや)(あい)(かを)りたる
(いづ)御魂(みたま)御跡(みあと)(うる)はし〈第9章(初)〉
()(ひと)(うれ)ひも(つみ)身一(みひと)つに
()(たま)ひたる御魂(みたま)(たふと)〈第9章(初)〉
千座(ちくら)なす置戸(おきど)()へと(さけ)びたる
(あだ)をも(ゆる)(みづ)神柱(みはしら)〈第9章(再)〉
()めらるる(くる)しき()にも(しひた)ぐる
(あだ)(あい)する心賜(こころたま)はれ〈第10章(初)〉
(あだ)をなす醜人(しこびと)のみを(あは)れみて
(やす)きを(いの)心賜(こころたま)へよ〈第10章(初)〉
皇神(すめかみ)(むね)もはりさく(くる)しみを
(ゆめ)にも()らぬ御弟子(みこ)ぞうたてき〈第11章(初)〉
()(つみ)()きて(いの)れる()救主(きみ)
元津御神(もとつみかみ)(よみ)したまはむ〈第11章(初)〉
大空(おほぞら)天津使(あまつつかひ)(くだ)()
救主(きみ)御前(みまへ)(はべ)(うれ)しさ〈第11章(初)〉
現身(うつそみ)姿(すがた)そのまま天津国(あまつくに)
(のぼ)りて()かむ()こそ(たの)しき〈第11章(初)〉
()(くに)御門(みかど)(かみ)(くだ)かれて
天津大道(あまつおほぢ)(さまた)げもなし〈第15章(初)〉
天津日(あまつひ)(かみ)御裔(みすゑ)とあれませる
(うづ)御子(みこ)をば(うやま)(まつ)〈第15章(初)〉
許々多久(ここたく)(つみ)(けがれ)()()ひて
世人(よびと)(すく)ひし(きみ)(あが)めよ〈第15章(初)〉
皇神(すめかみ)(めぐ)みと(きみ)(なや)みとを
(おも)(いた)して(かみ)(たた)へよ〈第17章(初)〉
千万(ちよろづ)(くに)益人御前(ますひとおんまへ)
ひれ()御稜威(みいづ)(かしこ)(あが)めよ〈第17章(初)〉
永久(とこしへ)(いづ)御歌(みうた)声合(こゑあは)
万司(よろづつかさ)(きみ)(あが)めよ〈第17章(初)〉
烏羽玉(うばたま)(くら)闇夜(やみよ)()()りて
(あづま)(そら)(あかね)さしけり〈第12章(初)〉
(うる)はしき(きみ)御影(みかげ)()(をが)
(ひかり)(きみ)(つか)へまつらむ〈第12章(初)〉
神国(かみくに)(ひかり)といます厳御魂(いづみたま)
(みづ)御魂(みたま)御稜威(みいづ)(かしこ)〈第13章(初)〉
皇神(すめかみ)(めぐ)みの(つゆ)()ふる(たみ)
(よろこ)(さか)えは(なに)(たと)へむ〈第13章(初)〉
大空(おほぞら)(ほし)にも(まさ)(たみ)(かず)
(めぐ)ませ(たま)(かみ)(かしこ)〈第13章(初)〉
厳御魂(いづみたま)(みづ)御魂(みたま)()(まさ)
(きよ)きは(ほか)にあらじとぞ(おも)〈巻末(初)〉
いと(たか)(かみ)御子(みこ)にしましませど
()(すく)ふため(くだ)りましぬる〈巻末(初)〉
八千座(やちくら)(うへ)にかかげし(うづ)()
(よろづ)国民(くにたみ)(いま)(あふ)がむ〈巻末(初)〉
[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]