霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章 (こころ)(いろ)〔九二二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第33巻 海洋万里 申の巻 篇:第2篇 鶴亀躍動 よみ:かくきやくどう
章:第7章 第33巻 よみ:こころのいろ 通し章番号:922
口述日:1922(大正11)年08月26日(旧07月4日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年11月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
続いて鷹依姫が銀扇を開き、これまでの経緯を読み込んだ祝歌を歌った。竜国別の祝歌は簡単であれ国依別への厚い友情を読み込み、感嘆しない者はなかった。
石熊も、これまでの三五教への改心からの経緯を読み込んだ祝歌を歌った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3307
愛善世界社版:75頁 八幡書店版:第6輯 282頁 修補版: 校定版:76頁 普及版:31頁 初版: ページ備考:
001 鷹依姫(たかよりひめ)立上(たちあが)り、002(うれ)しげに銀扇(ぎんせん)(ひら)き、003(すこ)(まが)つた(こし)()ばせる(やう)心持(こころもち)にて、004おとなしく(うた)(はじ)めた。
005常世(とこよ)(くに)自在天(じざいてん)
006(いつ)きまつりしバラモンの
007(かみ)(をしへ)(うべな)ひて
008此上(こよ)なきものと(おも)ひつめ
009自凝島(おのころじま)(うち)わたり
010アルプス(けう)(めい)()つて
011高春山(たかはるやま)にたてこもり
012テ、カ、二人(ふたり)(つかさ)とし
013(をしへ)(つた)ふる折柄(をりから)
014(おも)ひがけなき三五(あななひ)
015(かみ)(つかさ)方々(かたがた)
016言霊戦(ことたません)(ひら)くべく
017(のぼ)()ませし(その)(とき)
018竜国別(たつくにわけ)(わが)(せがれ)
019(めぐ)()うたる(うれ)しさよ
020国依別(くによりわけ)神様(かみさま)
021竜国別(たつくにわけ)玉治別(たまはるわけ)
022教司(をしへつかさ)杢助(もくすけ)さま
023(はつ)(ひめ)諸共(もろとも)
024いと(ねんご)ろに三五(あななひ)
025(をしへ)(さと)(たま)ひつつ
026(にしき)(みや)()(かへ)
027(あさ)(ゆふ)なに(かみ)(まへ)
028使(つか)はせ(たま)ひし(うれ)しさよ
029黒姫(くろひめ)(さま)(あづか)りし
030黄金(こがね)(たま)ははしなくも
031いつの()にやら紛失(ふんしつ)
032黒姫(くろひめ)さまが(おどろ)いて
033ヤツサモツサと修羅(しゆら)もやし
034吾等(われら)親子(おやこ)(うたが)ひて
035()めよせたまふ(おそ)ろしさ
036(この)(こと)(たちま)高姫(たかひめ)
037(みみ)(きこ)えて(おや)()
038黄金(こがね)(たま)捜索(そうさく)
039()ひつけられて是非(ぜひ)もなく
040高砂島(たかさごじま)にふみ(まよ)
041いろいろ雑多(ざつた)憂苦労(うきくらう)
042()めたる()かげに神様(かみさま)
043(まこと)(みち)(こころ)より
044(さと)りて親子(おやこ)はテ、カの
045二人(ふたり)(とも)にアマゾンの
046速瀬(はやせ)(わた)りて(そら)(おほ)
047時雨(しぐれ)(もり)立向(たちむか)
048(けもの)(わう)となりすまし
049(かみ)御言(みこと)()(つた)
050(とき)しもあれや琉球(りうきう)
051(たま)(ちから)()()けし
052言依別(ことよりわけ)神司(かむつかさ)
053国依別(くによりわけ)神人(しんじん)
054吾等(われら)一同(いちどう)(すく)()
055アルゼンチンの(みやこ)まで
056(ともな)(たま)(かへ)りける。
057吾等(われら)親子(おやこ)(いさ)()
058(きた)りて()れば末子姫(すゑこひめ)
059神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
060此処(ここ)(あら)はれましまして
061御稜威(みいづ)(てら)させ(たま)ひつつ
062大恩(たいおん)()けし国依別(くによりわけ)
063(かみ)(みこと)末子姫(すゑこひめ)
064千代(ちよ)(ちぎり)今日(けふ)(よひ)
065(むす)ばせ(たま)ふと()きしより
066(こころ)(いさ)()(いさ)
067有難涙(ありがたなみだ)にくれました
068国依別(くによりわけ)神様(かみさま)
069末子(すゑこ)(ひめ)末永(すえなが)
070いつくしみつつウヅの(くに)
071ウヅの(やかた)永久(とこしへ)
072(しづ)まりゐまして()(ひと)
073(やす)きに(みちび)(たま)へかし
074あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
075(たふと)(かみ)御恵(みめぐみ)
076感謝(かんしや)しまつり(いも)()
077()(すこや)かに(さき)かれと
078国治立大御神(くにはるたちのおほみかみ)
079豊国姫大御神(とよくにひめのおほみかみ)
080(その)(ほか)(もも)(かみ)(たち)
081御前(みまへ)(いの)(たてまつ)
082あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
083御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
084(うた)(をは)つて、085(おも)(からだ)をゆすり(なが)ら、086(もと)()()いた。087竜国別(たつくにわけ)立上(たちあが)り、088銀扇(ぎんせん)(ひら)いて、089(みづか)(うた)(みづか)()ふ。
090高姫(たかひめ)さまや黒姫(くろひめ)
091(するど)(まなこ)(にら)まれて
092(おも)はぬ嫌疑(けんぎ)をうけ(なが)
093親子(おやこ)(かな)しき(たび)(そら)
094自凝島(おのころじま)(あと)にして
095荒波(あらなみ)(たけ)海原(うなばら)
096(いのち)カラガラ(わた)()
097高砂島(たかさごじま)上陸(じやうりく)
098(かがみ)(いけ)(きよ)(かま)
099親子(おやこ)二人(ふたり)玉捜(たまさが)
100(こころ)(おに)()められて
101夜陰(やいん)(まぎ)れてアリナ(さん)
102スタスタ(のぼ)(くだ)りつつ
103アルゼンチンの荒野原(あれのはら)
104ポプラの(かげ)にて皇神(すめかみ)
105(きよ)(たふと)御教(おんをしへ)
106かかぶり(ここ)(おや)()
107(はじ)めて(まよ)ひの(ゆめ)もさめ
108曠野(くわうや)(わた)(うみ)()
109艱難(かんなん)辛苦(しんく)(その)()ては
110アマゾン(がは)森林(しんりん)
111(うさぎ)(わう)(かみ)となり
112言依別(ことよりわけ)国依別(くによりわけ)
113教司(をしへつかさ)神人(しんじん)
114(ひかり)(てら)され屏風山(びやうぶやま)
115帽子ケ岳(ぼうしがだけ)攀登(よぢのぼ)
116(ここ)一行(いつかう)十八(じふはち)
117身魂(みたま)(とも)にやうやうに
118ウヅの(みやこ)()()れば
119(おも)ひがけなき末子姫(すゑこひめ)
120捨子(すてこ)(ひめ)諸共(もろとも)
121(くだ)りゐますぞ有難(ありがた)
122吾等(われら)親子(おやこ)朝夕(あさゆふ)
123(かみ)(めぐみ)(うれ)しみて
124(つか)へまつれる(をり)もあれ
125(すく)ひの(かみ)とたよりたる
126神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
127(また)もや此処(ここ)天降(あも)りまし
128げに(あたた)かき(こと)()
129(くだ)させ(たま)(たふと)さよ
130自凝島(おのころじま)をあちこちと
131()()()うて(めぐ)りたる
132いとも(した)しき(みち)(とも)
133国依別(くによりわけ)神司(かむつかさ)
134(きう)御玉(みたま)(ひかり)もて
135ウヅの御国(みくに)神柱(かむばしら)
136(つかさ)となりて末子姫(すゑこひめ)
137(つま)()たせつ永久(とこしへ)
138(しづ)まり(たま)(いも)()
139今日(けふ)御式(みのり)(おや)()
140(こころ)(そこ)より感激(かんげき)
141(いは)(まつ)るぞ(うれ)しけれ
142国依別(くによりわけ)若草(わかぐさ)
143(つま)(みこと)末永(すえなが)
144鴛鴦(をし)(ふすま)(ゆめ)さめず
145()(すこや)かに(さか)えませ
146あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
147(かみ)(めぐみ)()のあたり
148(あら)はれますぞ(たふと)けれ
149(あら)はれますぞ(たふと)けれ』
150(きは)めて簡単(かんたん)なる(うた)なれども、151竜国別(たつくにわけ)国依別(くによりわけ)(たい)する友情(いうじやう)(こも)りあるに、152(いづ)れも感歎(かんたん)せざる(もの)はなかつた。153石熊(いしくま)立上(たちあが)り、154銀扇(ぎんせん)(ひら)いて、155(みづか)(うた)(みづか)()ふ。
156高照山(たかてるやま)山麓(さんろく)
157バラモン(けう)神館(かむやかた)
158(ふと)しく(ひろ)()(なら)
159(あさ)(ゆふ)なに大国彦(おほくにひこ)
160(かみ)(みこと)神霊(しんれい)
161(いつ)きまつりて諸人(もろびと)
162(をし)(みちび)きゐたりしが
163アンゼンチンのウヅ(みやこ)
164三五教(あななひけう)(いきほ)ひは
165(あさひ)豊栄(とよさか)(のぼ)(ごと)
166四方(よも)(かがや)きわたりしを
167(こころ)(なか)曲者(くせもの)
168そそのかされていろいろと
169(かみ)大道(おほぢ)のさまたげを
170(いた)せしことの(はづ)かしさ
171(いぬゐ)(たき)にあらはれて
172(いのち)(あやふ)(ところ)をば
173末子(すゑこ)(ひめ)(たす)けられ
174(たつみ)(いけ)(むか)()
175(あし)(いた)めていろいろと
176(なや)折柄(をりから)側近(そばちか)
177()ひて(つか)へしカールさまが
178(こころ)(くば)りの神徳(しんとく)
179(あし)(やまひ)()やされて
180(こころ)(いさ)()(をど)
181ウヅの(みやこ)()()れば
182(をしへ)(はな)()(つき)
183梅花(ばいくわ)(ごと)(かを)りける
184かかる(ところ)三五(あななひ)
185(にしき)(みや)大教主(だいけうしゆ)
186言依別(ことよりわけ)()でましに
187(ふたた)喜悦(きえつ)(はな)()
188上下(しやうか)(むつ)びて惟神(かむながら)
189(をしへ)(つた)ふる(をり)もあれ
190神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
191いと(おごそ)かな神懸(かむがかり)
192アマゾン(がは)(むか)ひたる
193鷹依姫(たかよりひめ)高姫(たかひめ)
194(つかさ)(すく)ひて逸早(いちはや)
195(うづ)(みやこ)(かへ)れよと
196()らせ(たま)ひし神言(かみごと)
197言依別(ことよりわけ)大教主(だいけうしゆ)
198吾等(われら)四人(よにん)(したが)へて
199帽子ケ岳(ぼうしがだけ)(むか)ひまし
200めでたく凱旋(がいせん)なし(たま)
201(かへ)りて()れば素盞嗚神(すさのをのかみ)
202(みづ)(みこと)日月(じつげつ)
203御空(みそら)(かがや)御姿(おんすがた)
204天降(あまくだ)ります(たふと)さよ
205()くも(たふと)神人(しんじん)
206(あつ)まり(たま)珍館(うづやかた)
207国依別(くによりわけ)末子姫(すゑこひめ)
208妹背(いもせ)(ちぎり)(つき)(きよ)
209今宵(こよひ)(そら)(むす)びます
210(その)(うれ)しさに石熊(いしくま)
211皇大神(すめおほかみ)(そこ)()れぬ
212(ふか)仕組(しぐみ)拝察(はいさつ)
213(こころ)(かぎ)()(かぎ)
214(まこと)(ささ)げまつりつつ
215天地(あめつち)(もも)(かみ)(たち)
216(ちか)ひて(つか)(たてまつ)
217あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
218(かみ)御霊(みたま)(さち)はひて
219(こころ)(にご)れる石熊(いしくま)
220千代(ちよ)八千代(やちよ)永久(とこしへ)
221使(つか)はせ(たま)国依別(くによりわけ)
222(かみ)(みこと)末子姫(すゑこひめ)
223(うづ)御前(みまへ)()ぎまつる
224あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
225御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
226大正一一・八・二六 旧七・四 松村真澄録)