霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一六章 聖歌(せいか)〔一四九一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第58巻 真善美愛 酉の巻 篇:第3篇 千波万波 よみ:せんぱばんぱ
章:第16章 第58巻 よみ:せいか 通し章番号:1491
口述日:1923(大正12)年03月29日(旧02月13日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5816
愛善世界社版:193頁 八幡書店版:第10輯 440頁 修補版: 校定版:205頁 普及版:77頁 初版: ページ備考:
001初稚丸(はつわかまる)()をあげて
002(しほ)のまにまに(すべ)()
003玉国別(たまくにわけ)一行(いつかう)
004前途(ぜんと)(あた)島陰(しまかげ)
005(なが)めて(なに)心中(しんちう)
006(おぼろ)(なが)(のぞ)みをば
007(いだ)きていそいそ湖風(うなかぜ)
008()かれて(すす)(なみ)(うへ)
009(つき)(やうや)中天(ちうてん)
010(のぼ)らせ(たま)清涼(せいりやう)
011空気(くうき)はおひおひ()(せま)
012(なん)とも()へぬ心持(こころもち)
013(おも)はず()らず(とま)屋根(やね)
014立出(たちい)(きた)舷頭(げんとう)
015(とほ)くに(かす)島陰(しまかげ)
016打仰(うちあふ)ぎつつ独言(ひとりごと)
017玉国別(たまくにわけ)際限(さいげん)もなき湖原(うなばら)
018彼方(かなた)()ゆる浮島(うきしま)
019如何(いか)なる(ひと)()みけるか
020(ただ)しは(ひと)()孤島(ひとりじま)
021猩々島(しやうじやうしま)片割(かたわ)れか
022(なみ)()まれて(ふね)()
023バーチルさまの()(まひ)
024(えん)じて(やうや)漂着(へうちやく)
025猩々(しやうじやう)(ひめ)(つま)()
026浮世(うきよ)(はな)れし別世界(べつせかい)
027(その)()(くら)(ひと)あらば
028(また)もや(かな)しき()(わか)
029(すく)ふも(つら)(すく)はねば
030(かみ)(たい)して相済(あひす)まず
031(なに)()もあれ(なみ)()
032(すす)みて実地(じつち)(さぐ)()
033ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
034御霊(みたま)(さちは)ひましまして
035(かみ)(たま)ひし(この)御船(みふね)
036波路(なみぢ)(やす)(わた)らせよ
037国治立(くにはるたち)大御神(おほみかみ)
038豊国主(とよくにぬし)大御神(おほみかみ)
039斎苑(いそ)(やかた)()れませる
040(みづ)御霊(みたま)御前(おんまへ)
041三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
042玉国別(たまくにわけ)(はじ)めとし
043(かみ)稜威(みいづ)三千彦(みちひこ)
044その(ほか)(もも)神司(かむづかさ)
045(とほ)海路(うなぢ)(つつが)なく
046(すす)ませ(たま)へと()(まつ)
047初稚姫(はつわかひめ)神司(かむづかさ)
048(この)荒波(あらなみ)()()りて
049猛犬(まうけん)スマートに(またが)りて
050(なみ)のまにまに()(たま)
051その扮装(いでたち)(いさ)ましさ
052もしも彼方(かなた)島陰(しまかげ)
053(やす)らひ(たま)(こと)あれば
054(じつ)(うれ)しき(かぎ)りなり
055初稚姫(はつわかひめ)逸早(いちはや)
056(ふね)見棄(みす)てて(いぬ)()
057()()(たま)ひし心根(こころね)
058(なに)かは()らねど重大(ぢうだい)
059使命(しめい)()すと(おぼ)えたり
060吾等(われら)一同(いちどう)行先(ゆくさき)
061(また)もや(まが)(あら)はれて
062如何(いか)なる(あだ)をなさむやも
063(はか)られ()らぬキヨの(うみ)
064(ただ)何事(なにごと)惟神(かむながら)
065大御心(おほみこころ)(まか)せつつ
066天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)
067(あま)数歌(かずうた)(うた)()
068一同(いちどう)(こゑ)相揃(あひそろ)
069(かみ)御名(おんな)(たた)ふべし
070ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
071御霊(みたま)(さちは)ひましませよ』
072(うた)(をは)り、073一同(いちどう)(とも)(かた)(ごと)(うやうや)しく祝詞(のりと)奏上(そうじやう)し、074数歌(かずうた)(うた)(をは)つて宣伝歌(せんでんか)(ふし)面白(おもしろ)(とな)(はじ)めた。
075玉国別(たまくにわけ)()(すい)(くわ)(ふう)(くう)大本(おほもと)
076(つく)(たま)ひし神御祖(かむみおや)
077大国常立大御神(おほくにとこたちおほみかみ)
078宇宙(うちう)(そと)()しまして
079天地(てんち)日月(じつげつ)星辰(せいしん)
080完全(うまら)委曲(つばら)(つく)()
081青人草(あをひとぐさ)(とり)(けもの)
082虫族(むしけら)(はじ)(くさ)()
083片葉(かきは)(つゆ)(いた)るまで
084(いづ)(めぐ)みを()(たま)
085(この)(うる)はしき()(なか)
086(まも)らせ(たま)有難(ありがた)
087()第一(だいいち)()御神(みかみ)
088高皇産霊(たかみむすび)大御神(おほみかみ)
089(つき)御神(みかみ)()れませる
090神皇産霊(かむみむすび)大御神(おほみかみ)
091水火(みづひ)(わざ)受持(うけも)ちて
092天地(てんち)万有(ばんいう)按配(あんばい)
093(おのおの)その(しよ)()せしめて
094無限(むげん)歓喜(くわんき)(あた)へつつ
095弥勒(みろく)聖代(みよ)(まつぶさ)
096(きづ)かせ(たま)(たふと)さよ
097()第一(だいいち)(ひと)()
098天足(あだる)(ひこ)胞場姫(えばひめ)
099青人草(あをひとぐさ)祖先(そせん)とし
100エデンの(その)(くだ)しまし
101(かみ)(かたち)(つく)られし
102(ひと)()数多(あまた)()()はせ
103(この)()(なか)(ひら)かむと
104かからせ(たま)(とき)もあれ
105天足(あだる)(ひこ)胞場姫(えばひめ)
106皇大神(すめおほかみ)御心(みこころ)
107(そむ)(まつ)りし邪心(じやしん)より
108天地(てんち)妖邪(えうじや)空気(くうき)()
109八岐大蛇(やまたをろち)醜狐(しこぎつね)
110曲鬼(まがおに)などの(うま)()
111益々(ますます)(この)()(みだ)()
112高皇産霊(たかみむすび)大神(おほかみ)
113(いづ)御霊(みたま)()れませる
114国治立(くにはるたち)大神(おほかみ)
115天津御神(あまつみかみ)御言(みこと)もて
116遥々(はるばる)(てん)より(くだ)りまし
117(この)()(うへ)万有(ばんいう)
118いと(やす)らけく(たひら)けく
119(をさ)めむものと千万(ちよろづ)
120(おきて)(さだ)神々(かみがみ)
121()みなし(たま)ひて三界(さんかい)
122(すく)はむ()めに種々(いろいろ)
123(こころ)(なや)ませ(たま)ひけり
124神皇産霊(かむみむすび)大神(おほかみ)
125(みづ)御霊(みたま)()れませる
126豊国姫(とよくにひめ)大神(おほかみ)
127(いづ)御霊(みたま)神業(しんげふ)
128(たす)(たま)ひて遠近(をちこち)
129山野海河(やまのうみかは)(ことごと)
130(こころ)(くば)(まも)りまし
131八岐大蛇(やまたをろち)(かか)りたる
132常世(とこよ)(ひこ)常世姫(とこよひめ)
133金毛九尾(きんまうきうび)曲鬼(まがおに)
134(しこ)魅魂(みたま)霊魂(たましひ)
135攪乱(かきみだ)されて大神(おほかみ)
136大神業(だいしんげふ)妨害(ばうがい)
137(つひ)には(まが)(あつ)まりて
138天津御国(あまつみくに)()しませる
139元津御祖(もとつみおや)大神(おほかみ)
140(いづ)(みづ)との二柱(ふたはしら)
141(かみ)(おきて)()しざまに
142申上(まをしあ)げたる枉業(まがわざ)
143皇大神(すめおほかみ)()むを()
144(あつ)(なみだ)(たた)へまし
145弥勒(みろく)聖代(みよ)(きた)(まで)
146国治立(くにはるたち)大神(おほかみ)
147地上(ちじやう)世界(せかい)(うしとら)
148(なが)(うか)べる自転倒(おのころ)
149根別(ねわ)けの(しま)押込(おしこ)めて
150時節(じせつ)()たせ(たま)ひつつ
151豊国姫(とよくにひめ)大神(おほかみ)
152メソポタミヤの瑞穂国(みづほくに)
153(さかひ)(かぎ)りて(いま)(しば)
154弥勒(みろく)聖代(みよ)(きた)るまで
155時節(じせつ)()てと(おごそ)かに
156()らせ(たま)ひし(かな)しさに
157(いづ)(みづ)との大神(おほかみ)
158(なみだ)()んで(いさぎよ)
159各自々々(おのもおのも)隠遁所(かくれが)
160その()(しの)ばせ(たま)ひしが
161一度(いちど)(ひら)蓮葉(はちすば)
162(ひら)いて(かをる)御代(みよ)となり
163神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
164千座(ちくら)置戸(おきど)()(なが)
165斎苑(いそ)(やかた)やコーカスの
166(やま)姿(すがた)(かく)しまし
167(しま)八十島(やそしま)八十(やそ)(くに)
168(くま)なく(をしへ)()(たま)
169世人(よびと)(をし)曲神(まがかみ)
170言向和(ことむけやは)天地(あめつち)
171(きよ)めて(もと)神国(かみくに)
172立直(たてなほ)さむと宣伝使(せんでんし)
173数多(あまた)(やしな)(そだ)てつつ
174彼方(かなた)此方(こなた)派遣(はけん)して
175(くも)りきつたる()(なか)
176()らさせ(たま)ふぞ有難(ありがた)
177(かみ)使(つかひ)(かず)(おほ)
178()します(なか)にいと(すぐ)
179神徳(しんとく)(つよ)神柱(かむばしら)
180初稚姫(はつわかひめ)(ただ)一人(ひとり)
181魔神(まがみ)(たけ)荒野原(あらのはら)
182山川海(やまかはうみ)()()えて
183猛犬(まうけん)スマートと諸共(もろとも)
184神変不思議(しんぺんふしぎ)神力(しんりき)
185(あら)はし(たま)(かしこ)さよ
186朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
187(つき)()つとも()くるとも
188仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
189(まこと)(ちから)()(すく)
190(まこと)(みち)御教(みをしへ)
191(をし)へられたる吾々(われわれ)
192皇大神(すめおほかみ)御為(おんため)
193あらゆる艱難(なやみ)(しの)ぎつつ
194(みち)御為(おんため)()(ため)
195(つく)さにやならぬ宣伝使(せんでんし)
196ああ有難(ありがた)有難(ありがた)
197斎苑(いそ)(やかた)()でしより
198種々(いろいろ)雑多(ざつた)大神(おほかみ)
199(めぐ)みの(ため)しに()(なが)
200その(たび)(ごと)神力(しんりき)
201いと(さはや)かに(あた)へられ
202所々(ところどころ)功勲(いさをし)
203(あら)はしまつり(いま)此処(ここ)
204(きよ)めの(うみ)(うか)びつつ
205仁慈(じんじ)無限(むげん)大神(おほかみ)
206(のり)御船(みふね)(さを)さして
207(すす)()くこそ(たの)しけれ
208真純(ますみ)(ひこ)三千彦(みちひこ)
209デビスの(ひめ)伊太彦(いたひこ)
210いざ(これ)よりは腹帯(はらおび)
211下津岩根(したついはね)()(なほ)
212上津岩根(うはついはね)()(かた)
213バラモン(けう)やウラル(けう)
214(かみ)(やかた)(わだか)まる
215(しこ)曲津(まがつ)打向(うちむか)
216善言美詞(ぜんげんびし)言霊(ことたま)
217(こら)(しの)びの(つるぎ)もて
218(わが)()(いと)はず(すす)むべし
219(かみ)吾等(われら)(とも)にあり
220(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
221如何(いか)なる(てき)()()とも
222(おそ)るる(こと)のあるべきぞ
223ハルナの(みやこ)(わだか)まる
224八岐大蛇(やまたをろち)醜神(しこがみ)
225(かみ)(たま)ひし言霊(ことたま)
226言向和(ことむけやは)斎苑館(いそやかた)
227皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)
228勝鬨(かちどき)あげて(かへ)(まで)
229(こころ)(ゆる)さぬ(この)旅路(たびぢ)
230(まも)らせ(たま)惟神(かむながら)
231皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)
232玉国別(たまくにわけ)一行(いつかう)
233ここに代表(だいへう)(つかまつ)
234(かしこ)(かしこ)()(まつ)
235ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
236御霊(みたま)(さちは)ひましませよ』
237 船頭(せんどう)のイールは、238()(あやつ)(なが)(また)もや(うた)()した。
239イール『(喇叭節(ラツパぶし)(かぜ)はそよそよ()(わた)
240 (きよ)めの(うみ)には百鳥(ももどり)
241彼方(あちら)此方(こちら)(ひるがへ)
242 天国(てんごく)浄土(じやうど)()のあたり。
243(むか)ふに()えるは猩々(しやうじやう)(しま)
244 猩々島(しやうじやうしま)ならもう()かぬ
245(なみ)(うか)べるあの島陰(しまかげ)
246 (われ)をまつ(かぜ)フクの(しま)
247琉球節(りうきうぶし))フクの(しま)には真水(まみづ)(ござ)
248 真水(まみづ)(ばか)りか(ほら)がある。
249(ほら)(なか)には大蛇(だいじや)()むと
250 ()ふて(おそ)れる(ひと)(じま)
251いやが(おう)でも(この)潮流(てうりう)
252 フクの(しま)へと(ふね)(なが)す。
253もしも大蛇(をろち)()()たなれば
254 (いづ)言霊(ことたま)(たの)みます。
255(いづ)言霊(ことたま)()()すなれば
256 (おに)大蛇(をろち)丸跣足(まるはだし)
257(わし)はイヅミのスマ(ざと)(うま)
258 (わか)(とき)から(ふね)(うへ)
259(うた)(なが)一生懸命(いつしやうけんめい)()(あやつ)つて()る。
260大正一二・三・二九 旧二・一三 於皆生温泉浜屋 北村隆光録)