霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 舞踏(ぶたふ)〔一四九四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第58巻 真善美愛 酉の巻 篇:第4篇 猩々潔白 よみ:しょうじょうけっぱく
章:第19章 第58巻 よみ:ぶとう 通し章番号:1494
口述日:1923(大正12)年03月30日(旧02月14日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5819
愛善世界社版:235頁 八幡書店版:第10輯 454頁 修補版: 校定版:249頁 普及版:95頁 初版: ページ備考:
001 酷熱(こくねつ)太陽(たいやう)は、002脳天(なうてん)から()()びせるやうに()りつける。003スマの浜辺(はまべ)小芝草(こしばぐさ)は、004暑熱(しよねつ)()()ねて(のど)(かわ)かし、005(いづ)れの()もキリキリと(うづ)()ひて、006(はり)のやうになつて()る。007アキス、008カールの二人(ふたり)はサーベル(ひめ)命令(めいれい)()つて炎天(えんてん)太陽(たいやう)()びながら、009(あさ)から(ばん)(まで)(おき)(なが)めて(あて)もなき(あるじ)(かへ)()るを夢路(ゆめぢ)辿(たど)心地(ここち)()つて()る。
010 (はるか)沖合(おきあひ)白帆(しらほ)が、011ポツと()(うつ)つた。012二人(ふたり)はこれこそ主人(しゆじん)(かへ)()(ふね)であらうか、013(ただ)しは他人(たにん)航海船(かうかいせん)だらうかと、014半信半疑(はんしんはんぎ)ながらも(やや)(のぞみ)(しよく)して()た。015白帆(しらほ)刻々(こくこく)(ちか)より()る。016二人(ふたり)()(つな)いで磯辺(いそべ)芝草(しばくさ)(うへ)に、017まだ(わか)らぬ主人(しゆじん)帰国(きこく)を、018(よろこ)びながらダンスをやつて()る。019(こころ)のせいか頭上(づじやう)()諸鳥(もろどり)二人(ふたり)のダンスに()して、020主人(しゆじん)帰国(きこく)(しゆく)する(ごと)(おも)はれ、021上下一致(じやうげいつち)抃舞雀躍(べんぶじやくやく)光景(くわうけい)(たれ)(はばか)らず(てい)して()る。
022 二人(ふたり)汗塗(あせみどろ)になつて(いき)(はづ)ませ、023少時(しばらく)(いき)をやすめて(おき)()()る。024(たちま)沖合(おきあひ)より七八艘(しちはつそう)(ふね)025垢染(あかじん)()()げ、026()()(うち)白帆(しらほ)(ふね)前後左右(ぜんごさいう)より()(かこ)んでしまつた。027茶色(ちやいろ)()(なな)(やつ)ツ、028白帆(しらほ)(ひと)(たがひ)(おひ)()はれつ(なみ)(しづ)かなる湖上(こじやう)(てふ)()(ごと)活動(くわつどう)(はじ)めて()る。
029アキス『おイ、030カールもう駄目(だめ)だ、031(また)(ちが)つたやうだ。032あの白帆(しらほ)をあげたのは()うやら三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)()つて()(ふね)らしいぞ。033さうして垢染(あかじん)()()げて()(ふね)はバラモンの捕吏(とりて)(ふね)だ。034旦那様(だんなさま)がお()(あそ)ばして()(ふね)ならばバラモン信者(しんじや)だから、035滅多(めつた)()ひかける(はず)がない。036(まへ)どう(おも)ふか』
037カール『どうも合点(がつてん)()かぬぢやないか、038折角(せつかく)ながらもう(あきら)めて(しばら)く、039アヅモス(さん)木蔭(こかげ)へでも這入(はい)つて(あつ)さを(しの)がうぢやないか。040いつ(まで)もこんな(とこ)()つては日射病(につしやびやう)(かか)つて仕舞(しま)ふよ。041アアあれ()よ、042白帆(しらほ)()えなくなつたぢやないか、043まさか沈没(ちんぼつ)したのぢやあるまいなア。044(あつ)いから(かへ)らうぢやないか、045アヅモス(さん)木蔭(こかげ)(まで)
046アキス『それでも主命(しゆめい)(そむ)(わけ)には()かない。047心頭(しんとう)(めつ)すれば()(また)(おのづか)(すず)し」と()ふぢやないか。048(ひと)此処(ここ)(うた)でも()んで(こころ)()(なほ)し、049元気(げんき)をつけて()ようかい。050()兼題(けんだい)として(なつ)(うた)で、051()(おれ)から(はじ)めて()よう』
052アキス『(なつ)
053人間(にんげん)にとりて
054(やす)むべき(とき)ではない
055むしろ一層(いつそう)(つよ)
056(はたら)くべき(とき)
057()
058()(てん)(かがや)
059雷霆(らいてい)(とどろ)
060人間(にんげん)周囲(しうゐ)にある
061(くさ)()
062(この)(とき)孳々(しし)として
063(さか)んに生長(せいちやう)繁茂(はんも)しあるに
064人間(にんげん)のみ安閑(あんかん)として
065ひとり
066徒然(とぜん)として
067避暑(ひしよ)(ふけ)
068遊惰(いうだ)にこの好日(かうじつ)
069銷過(せうくわ)することが出来(でき)やうか
070国祖(こくそ)大神(おほかみ)
071開闢(かいびやく)太初(はじめ)より今日(こんにち)(いた)(まで)
072一日(いちにち)
073片時(かたとき)秒間(べうかん)
074休養(きうやう)せずに吾人(ごじん)のために
075(はたら)きたまふではないか
076(しん)
077天地(てんち)(あひだ)流行(りうかう)する
078この孟然(まうぜん)たる
079至大霊活(しだいれいくわつ)一気(いつき)
080感得(かんとく)するものにありては
081労働(らうどう)こそ
082(かへつ)無上唯一(むじやうゆゐいつ)安息(あんそく)である
083(けだ)
084(しん)安息(あんそく)
085()臍帯(せいたい)によりて
086母体(ぼたい)気息(きそく)通同(つうどう)する
087胎児(たいじ)のそれの(ごと)
088自然法界(しぜんはふかい)霊運(れいうん)
089順応(じゆんおう)する生活(せいくわつ)
090活動(くわつどう)(うち)(そん)する而已(のみ)である』
091カール『成程(なるほど)そいつは面白(おもしろ)い、092万木(ばんぼく)万草(ばんさう)のせつせつと繁茂(はんも)する(なつ)はよいシーズンだ。093人間(にんげん)(なつ)()れば(ふゆ)()(こと)(のぞ)み、094(ふゆ)()れば(また)(なつ)()(こと)希望(きばう)する、095勝手(かつて)厄介(やくかい)代物(しろもの)だ。096(おれ)(ひと)(なつ)(うた)()んで()よう、
097(なつ)()
098(けつ)して(あつ)いものではない
099またしても またしても
100吾人(ごじん)(こころ)()えつく
101名利肉楽(みやうりにくらく)欲火(よくくわ)(あつ)いのだ
102(うま)れながら
103吾人(ごじん)心中(しんちう)()えてゐる
104貪瞋痴愛(どんしんちあい)
105毒燄(どくえん)があついのだ
106四時(しじ)永久(とこしへ)
107(ふき)わたる
108聖霊(せいれい)涼風(りやうふう)()れて
109かの欲火(よくくわ)
110毒炎(どくえん)とを
111()すことを(さまた)ぐる
112(ひそか)
113(とざ)された
114(こころ)頑壁(ぐわんぺき)そのものが
115清涼(せいりやう)なるべき(なつ)
116さながら焦熱地獄(せうねつぢごく)
117(かん)ぜしむるのだ
118吾人(ごじん)聖霊(せいれい)涼風(りやうふう)
119()かれて
120天国(てんごく)(はる)(すす)むべきのみだ』
121アキス『アハハハハ、122如何(いか)にも(なつ)らしいなつかしき(うた)だ。123(しか)(なが)(くち)では(つよ)(こと)()つて()るものの、124矢張(やは)(あつ)(とき)(あつ)いなア。125この芝草(しばぐさ)もたうとう屁古垂(へこた)れたと()えて、126(きり)のやうに(ちぢ)かんだぢやないか。127(はた)()(ほこ)(をさ)めて、128炎熱軍(えんねつぐん)追撃(つゐげき)され、129山寨(さんさい)()(こも)つたと()体裁(ていさい)だ。130ほんたうに夏草(なつぐさ)先生(せんせい)131このアキスも同情(どうじやう)(いた)しますよ。132(おれ)(なん)だか(にはか)急性退屈炎(きふせいたいくつえん)勃発(ぼつぱつ)しさうだ。133エ、134気分直(きぶんなほ)しに(あき)(うた)でも()んで()よう。
135(すず)しい(あき)()
136そして何処(どこ)ともなしに
137もの(さび)しい
138(とほ)(ちか)四方(よも)山野(やまの)
139(にしき)織出(おりだ)した佐保姫(さほひめ)姿(すがた)
140満目(まんもく)光耀(くわうえう)として
141(こころ)(こま)
142いやに落付(おちつ)
143(あか)萌黄(もえぎ)(いろ)あでやかな
144(かへで)
145日夜(にちや)(その)()発揮(はつき)
146万丈(ばんじやう)(ころも)(さら)すに()たり
147山奥(やまおく)(つま)()
148小男鹿(さをしか)(こゑ)
149偕老々々(かいらうかいらう)(きこ)ゆれど
150(なん)となく悲調(ひてう)あり
151小夜砧(さよぎぬた)(おと)もまばらになりて
152(しも)()(かこ)つか
153日鶏(ちやぼ)(うた)(こゑ)
154いとど(あは)れを(もよほ)
155四方(よも)()()
156黄金(こがね)(なみ)(ただよ)
157御代(みよ)富貴(ふうき)(ほこ)りつ
158(くは)()りし農夫(のうふ)
159()()時期(じき)とはなりぬ
160アア()れど
161自然界(しぜんかい)太陽(たいやう)
162(ひか)益々(ますます)(つよ)くして
163その愛熱(あいねつ)(おとろ)
164秋霜烈日(しうさうれつじつ)(かがや)
165(ななめ)万木万草(ばんぼくばんさう)
166(なや)ませしへたげ滅尽(めつじん)()へねば
167休止(きうし)せない(いきほひ)である
168アア地上(ちじやう)草木(さうもく)
169(ねつ)(とほ)ざかり
170(ひか)りに(そこな)はれ
171()()つることありとも
172(ゆふべ)(むし)数々(かずかず)
173(こゑ)(そろ)へて果敢(はか)なげに
174()(なげ)くとも
175(たふと)大神(おほかみ)
176愛善(あいぜん)神熱(しんねつ)
177(あたたか)みの()もれる
178神光(しんくわう)十二分(じふにぶん)(あた)えられた
179吾人(ごじん)所謂(いはゆる)
180万物(ばんぶつ)霊長(れいちやう)
181天地(てんち)(はな)果実(くわじつ)
182永遠(ゑいゑん)()(にほ)
183天界(てんかい)地上(ちじやう)(はな)
184(かみ)生宮(いきみや)
185天人(てんにん)前身(ぜんしん)
186()天人(てんにん)霊身(れいしん)
187自然界(しぜんかい)肉身(にくしん)相応神(さうおうしん)たる
188吾人(ごじん)には
189(あき)()ければ
190(ふゆ)さえも(きた)らない
191(ただ)永遠(えいゑん)(はな)()(にほ)
192(とり)(うた)(てふ)()(あそ)
193(はる)()
194万木万草(ばんぼくばんさう)(しげ)栄行(さかゆ)
195天恵的(てんけいてき)(なつ)(ばか)りだ
196()れば吾人(ごじん)
197(あき)(ふゆ)()にはならない
198()(かみ)内流的(ないりうてき)神格(しんかく)
199(めぐ)まれた()ける身魂(みたま)たる以上(いじやう)
200永遠無窮(えいゑんむきう)
201天国(てんごく)地上(ちじやう)(はな)
202(つるぎ)をかざして万有(ばんいう)(せま)霜柱(しもばしら)
203(つめ)たき(そら)残月(ざんげつ)()(おそ)ろしさ
204(われ)はこの惨憺(さんたん)たる光景(くわうけい)()
205天人(てんにん)(しろ)(やはら)かき
206温情(をんじやう)(こも)
207(はだへ)(かん)ずるのだ
208(また)ピユウ ピユウと()(すさ)
209けたたましい木枯(こがらし)(おと)
210天津乙女(あまつをとめ)(かな)づる
211(しやう)()とぞ()
212アア面白(おもしろ)きかな
213天国(てんごく)(はる)
214人間(にんげん)世界(せかい)(あき)よ』
215カール『成程(なるほど)216(えら)馬力(ばりき)だ。217(うま)(こと)()ふなア。218(しか)しお(まへ)にそれだけの覚悟(かくご)があるのか、219ちつと(あや)しいものだなア』
220アキス『アキスだから、221()(かく)(あき)(うた)()んで()たまでだ。222(すべ)詩人(しじん)()ふものは空想(くうさう)(ゑが)いたり、223上手(じやうず)(うそ)をつくもの、224三十五万年(さんじふごまんねん)未来(みらい)桃中軒(たうちうけん)雲右衛門(くもゑもん)だつて、225武士道(ぶしだう)鼓吹(こすゐ)だとか、226勧善懲悪(くわんぜんちようあく)だとか聖人(せいじん)らしい(こと)()つて()るが、227(その)内実(ないじつ)はお師匠(ししやう)さまの女房(にようばう)横領(わうりやう)して平気(へいき)演台(えんだい)()つて()るのだからなア、228近頃(ちかごろ)雨後(うご)(たけのこ)のやうに、229ムクムク(かしら)()げだした道学(だうがく)先生(せんせい)だつて、230バラモンの宣伝使(せんでんし)だつて、231(みな)裏面(りめん)這入(はい)つて()ればよい加減(かげん)なものだよ。232(かへつ)俗人(ぞくじん)(はう)がどの(くらゐ)(ただ)しいか(わか)らぬからなア。233偽善者(きぜんしや)悪人(あくにん)(たふと)まれる(やみ)()(なか)だもの、234(おれ)だつて(はら)(そこ)(たた)けば矢張(やつぱり)偽善者(きぜんしや)仲間(なかま)かも()れないよ』
235カール『ウンさうすると(おれ)矢張(やつぱ)偽善者(きぜんしや)かなア。236(なん)だか自分(じぶん)(こころ)(にく)らしうなつて()た』
237アキス『オイ、238あれを()よ、239何時(いつ)()にか沢山(たくさん)(ふね)()えなくなり、240(ただ)一艘(いつそう)此方(こちら)(むか)つて(あわただ)しく()いで()るぢやないか。241矢張(やつぱ)りあれは、242旦那様(だんなさま)御船(おふね)かも()れぬぞ。
243()るか()るかと(はま)()()れば
244(こころ)(うれ)しき(ふね)()る』
245カール『(おき)浪間(なみま)白帆(しらほ)()えるヨー
246あれは主人(あるじ)()ます(ふね)。ア、コラコラ』
247(とみ)元気(げんき)回復(くわいふく)して、248二人(ふたり)(また)もやダンスを(はじ)めかけた。249(ふね)八挺櫓(はつちやうろ)()いで船首(せんしゆ)白浪(しらなみ)()(なが)宣伝歌(せんでんか)(こゑ)(とも)(ちか)より()る。
250大正一二・三・三〇 旧二・一四 於皆生温泉浜屋 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)