霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 館帰(くわんき)〔一四九六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第58巻 真善美愛 酉の巻 篇:第4篇 猩々潔白 よみ:しょうじょうけっぱく
章:第21章 館帰 よみ:かんき 通し章番号:1496
口述日:1923(大正12)年03月30日(旧02月14日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:260頁 八幡書店版:第10輯 463頁 修補版: 校定版:275頁 普及版:106頁 初版: ページ備考:
001 アキスは一行(いつかう)(さき)()元気(げんき)よく(うた)()した。
002アキス『ああ有難(ありがた)有難(ありがた)
003(こひ)(こが)れた旦那(だんな)さま
004番頭(ばんとう)さまと諸共(もろとも)
005行衛(ゆくゑ)(うしな)(その)()より
006今日(けふ)(ほとん)どまる三年(みとせ)
007流石(さすが)平和(へいわ)家中(いへなか)
008主人(あるじ)不在(るす)となり()てて
009(はる)()れども(はな)()かず
010(なつ)木立(こだち)(しを)()
011(あき)木枯(こがらし)()(すさ)
012樹々(きぎ)(こづゑ)羽衣(はごろも)
013()いでブルブル(ふる)(ごと)
014(なん)とはなしに(いへ)(うち)
015(つめ)たく(かな)しく(くら)しける
016サーベル(ひめ)奥様(おくさま)
017一人(ひとり)(ぼん)さま(ちから)とし
018いつ(かへ)るとも白波(しらなみ)
019(うみ)()えたるバーチルの
020(をつと)(きみ)(した)ひつつ
021(なみだ)片手(かたて)(ねもご)ろに
022()(とむら)ひを(いとな)みつ
023(あさ)(はや)うからバラモンの
024(かみ)御前(みまへ)拝礼(はいれい)
025主人(あるじ)(きみ)冥福(めいふく)
026(いの)らせ(たま)()(くれ)
027アヅモス(さん)御墓場(おんはかば)
028香華(かうげ)手向(たむ)(みづ)(そな)
029山野河海(さんやかかい)珍味物(うましもの)
030(こころ)()めて(たてまつ)
031夫婦(ふうふ)(なさけ)何処(どこ)(まで)
032(ふか)きを(おもて)(あら)はして
033貞女(ていぢよ)烈婦(れつぷ)(かがみ)ぞと
034四方(よも)(うた)はれ(たま)ひけり
035主人(しゆじん)(いへ)(ふる)くより
036(つか)へまつりし吾々(われわれ)
037女主人(をんなしゆじん)御顔(おんかほ)
038()(たび)(ごと)(なみだ)ぐみ
039(むね)(せま)りてハアハアと
040吐息(といき)をつくも幾度(いくたび)
041(はか)()られぬ(かな)しみを
042やうやう(しの)びて(はや)三年(みとせ)
043皇大神(すめおほかみ)(この)(さま)
044(あは)れみ(たま)ひてバーチルの
045(いへ)降臨(かうりん)(あそ)ばされ
046サーベル(ひめ)神懸(かむがかり)
047(あそ)ばしまして(しゆ)(きみ)
048(かへ)()ますと(おごそ)かに
049()げさせ(たま)ひし(たふと)さよ
050(あま)りの(こと)吾々(われわれ)
051半信半疑(はんしんはんぎ)村雲(むらくも)
052(つつ)まれ(なが)炎天(えんてん)
053(をか)してスマの(いそ)()
054主人(あるじ)(きみ)(かへ)りをば
055(くび)()ばして()()たる
056(とき)しもあれや白浪(しらなみ)
057彼方(かなた)()ゆる白帆影(しらほかげ)
058主人(あるじ)(きみ)他人(あだびと)
059(かみ)ならぬ()吾々(われわれ)
060(さと)らむ(よし)(なつ)()
061芝生(しばふ)(しり)打据(うちす)ゑて
062(こひ)しき(ひと)(わが)(まへ)
063(かへ)りますかと()(あぐ)
064(こころ)(やみ)(ひら)(ぐち)
065暗夜(やみよ)()らして()(かみ)
066(ひがし)(やま)()(のぼ)りまし
067下界(げかい)光明(くわうみやう)()(たま)
068(うれ)しき(とき)(きた)りけり
069ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
070三五教(あななひけう)御教(みをしへ)
071四方(よも)(つた)ふる宣伝使(せんでんし)
072玉国別(たまくにわけ)一行(いつかう)
073無人(むじん)(しま)より(たす)けられ
074アンチーさまと諸共(もろとも)
075(かへ)りますこそ(うれ)しけれ
076サーベル(ひめ)()ふも(さら)
077五歳(いつつ)になつた坊様(ばうさま)
078欣喜雀躍(きんきじやくやく)(あそ)ばして
079(うれ)(かな)しの活劇(くわつげき)
080(おく)一間(ひとま)遺憾(ゐかん)なく
081演出(えんしゆつ)さるるでありませう
082ああ有難(ありがた)有難(ありがた)
083バーチル一家(いつか)()ふも(さら)
084恩顧(おんこ)()けし里人(さとびと)
085主人(あるじ)(きみ)(つつが)なく
086三年振(さんねんぶ)りで(わが)(いへ)
087(かへ)りましたと()くならば
088爺々(ぢぢい)婆々(ばばあ)(まご)()れて
089(いはひ)(まを)しに()るであらう
090門前(もんぜん)(たちま)(いち)をなし
091歓喜(くわんき)(こゑ)一時(いつとき)
092(うしほ)()()(その)(ごと)
093(やかた)周囲(まはり)人山(ひとやま)
094(きづ)いて歓喜(くわんき)(はな)(ひら)
095常世(とこよ)(はる)(にぎは)しさ
096(なが)めて(いは)瑞祥(ずゐしやう)
097(いま)()のあたり()心地(ここち)
098(こころ)(いさ)(むね)(をど)
099(からだ)(ちう)()(ごと)
100(おも)たき(あし)軽々(かるがる)
101()らず()らずに(すす)()
102ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
103(かみ)(めぐ)みの(さち)はひて
104(うれ)ひに(しづ)(この)(やかた)
105地獄(ぢごく)(やう)光景(くわうけい)
106(たちま)(かは)天国(てんごく)
107(いや)永久(とこしへ)(はる)となり
108()めよ(うた)への大歓喜(だいくわんき)
109ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
110(かみ)(めぐ)みを(つつし)みて
111(はる)かに感謝(かんしや)(たてまつ)
112朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
113(つき)()つとも()くるとも
114仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
115(かみ)(めぐ)みに(たす)けられ
116無事(ぶじ)でお(まめ)莞爾(にこにこ)
117(かへ)りましたる(わが)主人(あるじ)
118その高恩(かうおん)何時(いつ)()
119(かなら)(わす)(たま)ふまじ
120(しもべ)(つか)ふる吾々(われわれ)
121(かみ)(めぐみ)(うれ)しみて
122(こころ)(おに)()(いだ)
123(まこと)(ひと)つの御道(おんみち)
124真心(まごころ)()めて朝夕(あさゆふ)
125(つか)(まつ)りて(ぬし)(ため)
126(ちから)(かぎ)()(きは)
127(まこと)(つく)(まも)るべし
128(まも)らせ(たま)大御神(おほみかみ)
129御前(みまへ)(いの)(たてまつ)る』
130 カールは(また)(うた)ふ。
131有為転変(うゐてんぺん)()(なら)
132とは()ふものの(なさけ)ない
133スマの(さと)にて第一(だいいち)
134大物持(おほものもち)(きこ)えたる
135主人(あるじ)(きみ)朝夕(あさゆふ)
136(すなど)(ばか)りを(たの)しんで
137(ひま)ある(ごと)(ふね)()
138大海原(おほうなばら)(あみ)()
139大小(だいせう)幾多(いくた)魚族(うろくづ)
140捕獲(ほくわく)(たま)里人(さとびと)
141()しげもなしに(あた)へまし
142うまいうまいと舌鼓(したつづみ)
143()里人(さとびと)(こゑ)()
144これが唯一(ゆゐいつ)(たのし)みと
145(いへ)(わざ)をも打忘(うちわす)
146()(かた)まりし(すなど)りの
147妙技(めうぎ)益々(ますます)発達(はつたつ)
148漁師(れふし)(かみ)仇名(あだな)され
149(きよ)めの(うみ)魚族(ぎよぞく)をば
150(おに)(ごと)くに(おどろ)かせ
151一大得意(いちだいとくい)になりまして
152益々(ますます)漁業(ぎよげふ)勉励(べんれい)
153(つひ)悪魔(あくま)(みい)られて
154レコード(やぶ)りの暴風(しけ)()
155(やま)()()荒波(あらなみ)
156(ふね)諸共(もろとも)()まれまし
157()きつ(しづ)みつ猩々島(しやうじやうじま)
158(かみ)(まも)りに(すく)はれて
159三年(みとせ)(うき)(しの)びつつ
160三五教(あななひけう)(つかさ)()
161(おく)られ(かへ)(たま)ひけり
162ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
163(かみ)(めぐ)みの有難(ありがた)
164主人(あるじ)(きみ)のバーチルよ
165これから(こころ)取直(とりなほ)
166仮令(たとへ)魚族(ぎよぞく)(はし)()
167天地(てんち)(めぐ)みを(たの)しみて
168悠々(いういう)(あそ)べる生物(いきもの)
169(かなら)(くる)しむ(こと)(なか)
170禽獣虫魚(きんじうちうぎよ)()ふも(さら)
171虫族(むしけら)草木(くさき)(いた)(まで)
172(みな)神様(かみさま)生身霊(いくみたま)
173宿(やど)らせ(たま)御霊物(みたまもの)
174無益(むえき)殺生(せつしやう)(たま)ふな
175カールの(しもべ)(つつし)みて
176(いへ)(ため)真心(まごころ)
177(ささ)げて(いさ)(たてまつ)
178ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
179御霊(みたま)(さち)はひましませよ
180(やかた)(もり)(ちか)づいて
181木々(きぎ)(こづゑ)青々(あをあを)
182主人(しゆじん)(かへ)りを()つて()
183牡丹(ぼたん)(はな)広庭(ひろには)
184()びを(てい)して打笑(うちわら)
185(あご)(はづ)した芍薬(しやくやく)
186(はな)(した)をばペラペラと
187(かぜ)のまにまに(うご)かせつ
188(いは)ひの(さけ)()()ねつ
189(のど)()らして()つて()
190屋根(やね)(あひだ)()()んだ
191(すずめ)(むれ)はチヨチヨと
192(いへ)(さか)えを(いは)ひつつ
193軒端(のきば)(にほ)(はな)燕子花(あやめ)
194菖蒲(しやうぶ)(つるぎ)はヒラヒラと
195(やいば)(かざ)して警護(けいご)する
196()にも目出度(めでた)今日(けふ)()
197幽冥界(いうめいかい)より(かへ)()
198主人(あるじ)(きみ)(よみがへ)
199竜宮城(りうぐうじやう)遥々(はるばる)
200(かめ)背中(せなか)()せられて
201(すす)みましたる浦島(うらしま)
202乙姫(おとひめ)さまの玉手箱(たまてばこ)
203(いただ)(かへ)りませし(ごと)
204その(よろこ)びは何物(なにもの)
205(たと)へむ(すべ)ぞなかるべし
206ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
207(かみ)感謝(かんしや)(たてまつ)る』
208(うた)(なが)一行(いつかう)(はや)くも宏大(くわうだい)なる(やしき)表門(おもてもん)()いた。
209大正一二・三・三〇 旧二・一四 於皆生温泉浜屋 北村隆光録)