霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二三章 昼餐(ちうさん)〔一四九八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第58巻 真善美愛 酉の巻 篇:第4篇 猩々潔白 よみ:しょうじょうけっぱく
章:第23章 昼餐 よみ:ちゅうさん 通し章番号:1498
口述日:1923(大正12)年03月30日(旧02月14日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:281頁 八幡書店版:第10輯 470頁 修補版: 校定版:298頁 普及版:114頁 初版: ページ備考:
001 玉国別(たまくにわけ)一行(いつかう)は、002鄭重(ていちよう)なる饗応(きやうおう)をうけ、003神酒(みき)()(かは)し、004主客(しゆきやく)()()けて、005(たがひ)神恩(しんおん)感謝(かんしや)祝歌(しゆくか)(うた)つて(この)(せき)(にぎは)した。006玉国別(たまくにわけ)(さかづき)()り、007主人(しゆじん)のバーチルにさし、008(みづか)(さけ)()愉快気(ゆくわいげ)(うた)ふ。
009玉国別(たまくにわけ)『アヅモス(さん)(かみ)(もり)
010下津岩根(したついはね)千木(ちぎ)(たか)
011大宮柱(おほみやばしら)太知(ふとし)りて
012(しづ)まり()ますバラモンの
013主神(すしん)とあれます自在天(じざいてん)
014大国彦(おほくにひこ)大神(おほかみ)
015(いつき)(まつ)りし森林(しんりん)
016(かみ)使(つかひ)()れませる
017猩々彦(しやうじやうひこ)猩々姫(しやうじやうひめ)
018如何(いか)なる宿世(すぐせ)因縁(いんねん)
019(ふか)仔細(しさい)(わか)らねど
020(この)()(あるじ)(ちち)とます
021バークスさまに(たま)()
022(たふと)(いのち)(うば)はれて
023(その)精霊(せいれい)住所(ぢうしよ)をば
024(うしな)(たま)世継(よつぎ)なる
025バーチルさまの(たい)()
026堅磐常磐(かきはときは)(しづ)まりて
027スマの(さと)なる人草(ひとぐさ)
028(こころ)(そこ)より(いつく)しみ
029(たふと)(ひと)(うた)はれて
030(きよ)(この)()(くら)しつつ
031猩々彦(しやうじやうひこ)生霊(いくたま)
032猩々姫(しやうじやうひめ)精霊(せいれい)
033(みちび)くままに和田(わだ)(はら)
034棚無(たなな)(ぶね)()()みて
035(ひま)ある(ごと)(すなど)りの
036(わざ)(たの)しみ(たま)ひつつ
037因縁(いんねん)(つな)()かされて
038猩々(しやうじやう)(しま)漂着(へうちやく)
039(みたま)夫婦(ふうふ)(めぐ)()
040(たがひ)(むつ)(した)しみて
041(ひと)()(しま)三年(みとせ)ぶり
042()ごさせ(たま)ひし不思議(ふしぎ)さよ
043三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
044玉国別(たまくにわけ)一行(いつかう)
045印度(ツキ)(みやこ)()れませる
046大黒主(おほくろぬし)神柱(かむばしら)
047言向(ことむ)(やは)印度(ツキ)(くに)
048(あさひ)(かがや)神国(しんこく)
049()(なほ)さむと瑞御霊(みづみたま)
050神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
051御言(みこと)かしこみ遙々(はるばる)
052(もも)(なや)みを(しの)びつつ
053彼方(あなた)此方(こなた)聖場(せいぢやう)
054立寄(たちよ)功績(いさを)()てながら
055(たづ)(もと)めし三千彦(みちひこ)
056(おも)はず()らずテルモンの
057(かみ)(やかた)(めぐ)()
058(ここ)師弟(してい)再会(さいくわい)
059(よろこ)(いは)皇神(すめかみ)
060御前(みまへ)(うれ)しく感謝(かんしや)しつ
061一行(いつかう)五人(ごにん)急坂(きふはん)
062(くだ)りて(やうや)(きた)(はま)
063漂渺千里(へうべうせんり)埠頭際(はとばぎは)
064波濤(はたう)(なが)むる(をり)もあれ
065()()(ごと)(すべ)()
066一艘(いつそ)(ふね)()(まか)
067浪路(なみぢ)(はるか)(すす)(をり)
068(うらみ)(いだ)きしワックスが
069数多(あまた)同志(どうし)引連(ひきつ)れて
070(ふね)(そこ)より()(きた)
071(あだ)()たむと(せま)()
072スワ一大事(いちだいじ)一行(いつかう)
073(おび)()(なほ)(をり)もあれ
074(なみ)(すべ)つて馳来(はせきた)
075一艘(いつそ)(ふね)(たす)けられ
076初稚丸(はつわかまる)命名(めいめい)
077大真人(だいしんじん)(なみ)(うへ)
078(いぬ)(せな)(またが)りて
079()()(あと)(した)ひつつ
080()()についで(なみ)(うへ)
081(すす)みて()けば(つみ)(しま)
082左手(ゆんで)(かた)(よこ)たはる
083よくよく()れば磯端(いそばた)
084五人(ごにん)(をとこ)何事(なにごと)
085(あらそ)()ると()るよりも
086(なに)仔細(しさい)のあるならむ
087(ちか)より様子(やうす)調(しら)べむと
088(ふね)()()せて上陸(じやうりく)
089五人(ごにん)(をとこ)(すく)ひつつ
090またもや(ふね)真帆(まほ)をあげ
091(みなみ)()して(すす)(をり)
092前途(ぜんと)(あた)つて賊船(ぞくせん)
093横梯陣(わうていぢん)をはりながら
094初稚丸(はつわかまる)()(かこ)
095(その)光景(くわうけい)(おそ)ろしさ
096(ふね)(すく)ひしヤッコスは
097海賊船(かいぞくせん)()(むか)
098(おれ)(きさま)頭梁株(とうりやうかぶ)
099バラモン(けう)目付役(めつけやく)
100ヤッコス(つかさ)(ござ)るぞや
101(はや)退却(たいきやく)(いた)せよと
102八百長芝居(やほちやうしばゐ)巧妙(かうめう)
103(たく)みたるこそ可笑(をか)しけれ
104(ここ)数多(あまた)賊船(ぞくせん)
105(へさき)(きた)(てん)じつつ
106何処(いづく)ともなく()げてゆく
107暗礁(あんせう)点綴(てんてつ)する浪路(なみぢ)
108(みぎ)(ひだり)によけ(なが)
109いつとはなしに潮流(てうりう)
110(ふね)()()西南(せいなん)
111(むか)つてずんずん(なが)()
112(くも)(かすみ)()(やま)
113彼方(かなた)()ゆる黒影(くろかげ)
114猩々島(しやうじやうじま)かと(あや)しみつ
115やうやう(ちか)づき(なが)むれば
116数多(あまた)小猿(こざる)()りかこまれ
117猩々姫(しやうじやうひめ)諸共(もろとも)
118バーチルさまが()つて()
119これぞ(まさ)しく(ひと)()
120御船(みふね)(すく)ひて悠々(いういう)
121(かへ)(とき)しも猩々姫(しやうじやうひめ)
122(わき)(いだ)きし稚子(をさなご)
123()るも無慙(むざん)()(ころ)
124(その)()(うみ)()()みて
125(あは)れや水沫(みなわ)()えましぬ
126吾等(われら)一同(いちどう)ふりかへり
127(ひめ)情緒(じやうちよ)をしのびつつ
128悲歎(ひたん)(なみだ)()れながら
129バラモン(けう)目付役(めつけやく)
130海賊(かいぞく)()ねしヤッコスや
131ハール、サボール三人(さんにん)
132(この)猿島(さるじま)()()いて
133船歌(ふなうた)(たか)(うた)ひつつ
134(なみ)のまにまに(かへ)()
135(また)もや左手(ゆんで)(ひと)(じま)
136()らず()らずに(わが)(ふね)
137島影(しまかげ)(ちか)(すす)()
138よくよく(あふ)(なが)めむれば
139(けは)しき(いはほ)中央(ちうあう)
140自然(しぜん)岩窟(いはや)穿(うが)たれて
141そこに(あや)しき(ひと)(かげ)
142此方(こなた)(むか)つて手招(てまね)きし
143(すく)ひを(さけ)(ごと)くなり
144逆巻(さかまく)(なみ)()()えて
145(ふね)間近(まぢか)()()せつ
146(ちか)づき()ればバーチルが
147懐刀(ふところがたな)(たの)みたる
148(いへ)(やつこ)のアンチーさま
149()()(きた)(よろこ)んで
150初稚丸(はつわかまる)(すく)()
151順風(じゆんぷう)真帆(まほ)()げながら
152(なみ)のまにまに船首(せんしゆ)をば
153東北方(とうほくはう)()(なが)
154スマの磯辺(いそべ)目当(めあて)とし
155(かへ)(をり)しもバラモンの
156(つかさ)(とな)ふる海賊(かいぞく)
157八艘(はつさう)(ふね)(ひき)ゐつつ
158前途(ぜんと)(さへぎ)執拗(しつえう)
159(かみ)(ちから)()らさむと
160天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)
161(いづ)言霊(ことたま)()()せば
162(その)神徳(しんとく)におそれてか
163(れつ)(みだ)して()げて()
164ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
165(をり)から()()神風(しんぷう)
166櫓櫂(ろかい)(つよ)(あやつ)りつ
167スマの岸辺(きしべ)につき()れば
168アキス、カールの両人(りやうにん)
169いと(うれ)しげに(むか)()
170ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
171(かみ)仕組(しぐみ)(くし)びなる
172猩々(しやうじやう)(ひめ)逸早(いちはや)
173(われ)より(さき)(この)(やかた)
174主婦(しゆふ)()しますサーベルの
175(ひめ)(からだ)憑依(のりうつ)
176(みたま)(うへ)夫婦(ふうふ)なる
177猩々彦(しやうじやうひこ)生宮(いきみや)
178(かへ)(きた)るを()(たま)
179()かるためしは千早(ちはや)ふる
180神代(かみよ)もきかぬ奇蹟(きせき)なり
181(みたま)(みたま)(にく)(にく)
182二組(ふたくみ)(そろ)ふた夫婦連(ふうふづ)
183無事(ぶじ)(やかた)(をさ)まりて
184(かみ)大道(おほぢ)によく(つか)
185(この)村人(むらびと)(いつく)しみ
186(めぐみ)(つゆ)永久(とこしへ)
187()れさせ(たま)惟神(かむながら)
188(かみ)(ちか)ひて()ぎまつる』
189バーチル『千早(ちはや)ふる神代(かみよ)(ひと)となり(かは)
190(ひと)(はじ)めの(とつ)ぎするかな。
191(ひと)(みな)猩々(しやうじやう)子孫(しそん)()くからは
192さながら神世(かみよ)心地(ここち)こそすれ』
193伊太彦(いたひこ)(ひと)(ひと)(けもの)(けもの)(むかし)から
194(その)肉体(にくたい)差別(さべつ)あるなり。
195さりながら(かみ)よりうけし霊魂(たましひ)
196(ひと)猩々(しやうじやう)(かは)らざるらむ』
197サーベル(ひめ)何事(なにごと)(かみ)のまにまに(つか)へなむ
198玉国別(たまくにわけ)(すく)はれし()は』
199玉国別(たまくにわけ)玉国(たまくに)(わけ)(つかさ)功績(いさを)ならず
200(みな)皇神(すめかみ)(まも)りなりけり』
201真純彦(ますみひこ)『いざさらばこれの宴会(うたげ)()()げて
202(いづ)御前(みまへ)神祭(かみまつ)りせむ』
203玉国別(たまくにわけ)神司(かむづかさ)宿(やど)(あるじ)諸共(もろとも)
204(いづ)御祭(みまつ)(つか)へまつれよ』
205 (やうや)酒宴(しゆえん)(をは)(おのおの)身体(しんたい)(きよ)汗染(あせじん)衣服(いふく)着替(きか)へ、206感謝(かんしや)祭典(さいてん)準備(じゆんび)着手(ちやくしゆ)する(こと)となつた。
207大正一二・三・三〇 旧二・一四 於皆生温泉浜屋 加藤明子録)