霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一三章 神祈(しんき)〔一五八八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第62巻 山河草木 丑の巻 篇:第3篇 四尾の嶺 よみ:よつおのみね
章:第13章 第62巻 よみ:しんき 通し章番号:1588
口述日:1923(大正12)年05月12日(旧03月27日) 口述場所:竜宮館 筆録者:隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6213
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 184頁 修補版: 校定版:160頁 普及版:61頁 初版: ページ備考:
001第三七二
002
003(あめ)(した)四方(よも)国々(くにぐに)(やす)かれと
004日毎(ひごと)(いの)(ほか)なかりけり。
005
006わが()づるうましき(くに)朝夕(あさゆふ)
007(めぐ)ませ(たま)元津大神(もとつおほかみ)
008
009(うち)(やす)(そと)より(おそ)(あだ)もなく
010御国(みくに)(おだひ)(すす)ませ(たま)へ。
011
012(かみ)()でし(まこと)智慧(ちゑ)()(あふ)
013御国(みくに)(はな)(にほ)はせ(たま)へ。
014
015常永久(とことは)(わが)神国(かみくに)生命(いのち)となりて
016(めぐみ)(つゆ)(うるほ)(たま)へ。
017第三七三
018
019国々(くにぐに)(さち)(いの)らむとりわけて
020わが日本(ひのもと)行末(ゆくすゑ)(さち)を。
021
022(よつ)(うみ)波風(なみかぜ)()たず浦安(うらやす)
023田畑(たはた)(みの)(うづ)神国(みくに)よ。
024
025鄙都(ひなみやこ)(めぐみ)(へだ)てあらねども
026(たみ)(こころ)差別(けぢめ)あるかな。
027
028(かみ)()のこぞりて(かみ)(つか)へつつ
029御代(みよ)(ことほ)(こゑ)()かまほし。
030
031(ねが)はくば元津御神(もとつみかみ)御教(みをしへ)
032(あまね)四方(よも)()らせたきもの。
033
034()(やま)(ひび)(わた)れり言霊(ことたま)
035(うづ)御声(みこゑ)はいと(さはや)かに。
036
037(いは)よりも(かた)神代(かみよ)()みながら
038(なに)(おどろ)くか神国(かみくに)(たみ)
039第三七四
040
041磯輪垣(しわがき)秀妻(ほづま)(くに)朝夕(あさゆふ)
042(まも)らせたまへ伊勢(いせ)大神(おほかみ)
043
044(うち)()する(あら)ぶる(なみ)()(はら)
045(をさ)めたまはれ大君(おほきみ)(くに)を。
046
047四海(しかい)(なみ)いとも(しづ)かに(をさ)まれる
048自転倒島(おのころじま)(かみ)御舎殿(みあらか)
049
050()(もと)稜威(いづ)(ひかり)四方(よも)(くに)
051(てら)(たま)へり伊勢(いせ)大神(おほかみ)
052
053四方(よも)(くに)(みな)同胞(はらから)(むつ)()
054神国(みくに)(たみ)となる()()たるる。
055第三七五
056
057(ゆき)をもて(おほ)ひかくしつ(あめ)をそそぎ
058(はぐく)(たま)(はた)種物(たなもの)
059
060天津(あまつ)()(あたた)()きぬ(つゆ)(くだ)
061(かぜ)(おく)りて(めぐ)ませ(たま)ふ。
062
063朝夕(あさゆふ)耕作(たがやし)(つと)むる狭田(さだ)長田(ながた)
064稲穂(いなほ)(なみ)(かみ)御恵(みめぐみ)
065
066よきものは(みな)御空(みそら)より(くだ)()
067(かみ)(めぐみ)()めよ(たた)へよ。
068
069雨風(あめかぜ)をよき折々(をりをり)(おこ)しつつ
070種子物(たなつもの)をら(はぐく)(たま)ふ。
071
072(はな)()かせ(とり)(やしな)種子物(たなつもの)
073(しげ)らせたまふ(みづ)大神(おほかみ)
074
075吾等(われら)をも御子(みこ)(とな)へて朝夕(あさゆふ)
076(あた)へたまひぬ生命(いのち)(かて)を。
077
078永久(とこしへ)(たま)生命(いのち)()(さち)
079種子物(たなつもの)(みな)(かみ)賜物(たまもの)
080
081村肝(むらきも)(きよ)けき(あか)(こころ)もて
082(うづ)御前(みまへ)御饌(みけ)(たてまつ)れ。
083第三七六
084
085(はる)()(なつ)()(あき)(みの)()
086冬籠(ふゆごも)りせむ(かみ)(やかた)に。
087
088(あき)()(とし)(ゆた)けし百姓(みたから)
089野辺(のべ)(うた)へる(こゑ)()みけり。
090
091()(ひかり)(つき)(つゆ)にて(はぐく)みし
092(あき)()()黄金(こがね)(なみ)()つ。
093
094御恵(みめぐみ)山々(やまやま)(をど)(たに)(うた)
095(めぐみ)(つゆ)(たま)とかがよふ。
096
097生業(なりはひ)(いそ)しむ(たみ)()でたまひ
098生命(いのち)種子(たね)(ゆた)(たま)へる。
099
100皇神(すめかみ)初穂(はつほ)(ささ)げて御恵(みめぐみ)
101千重(ちへ)一重(ひとへ)(むく)いまつらな。
102第三七七
103
104いざ(とも)天津祝詞(あまつのりと)(とな)へつつ
105(かみ)御稜威(みいづ)(いは)(まつ)らな。
106
107皇神(すめかみ)(つく)(たま)ひし天地(あめつち)
108栄光(さかえ)歓喜(よろこび)()(あふ)れたり。
109
110わが(はは)(ふところ)にありしその()より
111()みて()にけむ麻柱(あななひ)(みち)
112
113(いま)()(また)(のち)()(わざは)ひを
114(のぞ)きて(かみ)(まも)(たま)はむ。
115
116(かみ)()(うま)れあひたる人草(ひとぐさ)
117(かみ)(のぞ)きて如何(いか)(さか)えむ。
118
119村肝(むらきも)(こころ)(まよ)(あら)()
120(めぐ)ませ(たま)麻柱(あななひ)(かみ)
121
122元津神(もとつかみ)(いづ)(みづ)との二柱(ふたはしら)
123御栄光(みさかえ)あれと(いの)(かみ)()
124第三七八
125
126万有(ものみな)(さか)(かがや)(よろこ)びに
127()ちて(うる)はし(かみ)御国(みくに)は。
128
129御恵(みめぐみ)(ひかり)(かがや)四方(よも)(くに)
130(もも)草木(くさき)(おひ)()ちて()く。
131
132あぢきなき浮世(うきよ)(なか)瑞御霊(みづみたま)
133希望(のぞみ)かかへて(くだ)りましけり。
134
135誘惑(いざなひ)(やみ)黒雲(くろくも)かかるとも
136()(さき)(あか)(かみ)大道(おほぢ)は。
137
138()(わた)(きよ)御空(みそら)(あふ)()
139(みづ)御霊(みたま)(うづ)神姿(みすがた)と。
140第三七九
141
142雪霜(ゆきしも)(はげ)しき(ふゆ)先立(さきだ)ちて
143(あき)()()黄金(こがね)(なみ)()つ。
144
145(よろこ)びて(いさ)収穫(かりい)田人(たびと)()
146(うづ)御前(みまへ)初穂(はつほ)ささぐる。
147
148(うつ)()(かみ)御国(みくに)田畑(たはた)なれば
149(おそ)(つつし)日々(ひび)(はげ)めよ。
150
151よき種子(たね)(かみ)(はたけ)()くならば
152(ゆた)(みの)らむ千頴(ちかひ)八千頴(やちかひ)
153
154大本(おほもと)(かみ)(をしへ)田畑(たはた)なり
155(けもの)(きた)りて(あら)さむとせり。
156
157種子(たね)()けば(あさ)(ゆふ)なに()(くば)
158(からす)(きた)りて()をや(ひろ)はむ。
159
160よき種子(たね)()けばよき(はな)よき(みの)
161()しき種子(たね)をな(ゆめ)にも()きそ。
162
163八束穂(やつかほ)瑞穂(みづほ)(いね)()()るる
164(あき)こそ()ため御使(みつかひ)(とも)に。
165第三八〇
166
167大前(おほまへ)(いま)()(いの)(いも)()
168(めぐ)ませ(たま)へいや永久(とこしへ)に。
169
170(いも)()(あい)(ころも)(やぶ)れじと
171(まも)らせ(たま)(いや)永久(とこしへ)に。
172
173皇神(すめかみ)(めぐみ)(つゆ)のなかりせば
174(やす)けからまじ(いも)()(みち)
175
176八重葎(やへむぐら)(かこ)める(しづ)伏屋(ふせや)にも
177(あい)(ひかり)(たの)しみは()つ。
178
179(いも)()(たがひ)(たす)(すく)()
180(わた)らせ(たま)浮世(うきよ)(たび)を。
181
182相共(あひとも)(かみ)大道(おほぢ)()をとりて
183(すす)ませ(たま)(きよ)(ただ)しく。
184
185皇神(すめかみ)(いづ)御楯(みたて)(えら)まれて
186今日(けふ)(いも)()(ちぎ)(うれ)しさ。
187第三八一
188
189(いも)()(ちぎ)伏屋(ふせや)神床(かむどこ)
190(のぞ)ませ(たま)須勢理姫(すせりひめ)(かみ)
191
192那岐(なぎ)那美(なみ)稜威(いづ)(こころ)になりませる
193(いはひ)(むしろ)(ひら)目出度(めでた)さ。
194
195大前(おほまへ)(たち)(なら)びつつ(つつし)みて
196(むす)(ちぎり)(うご)かざらまし。
197
198真心(まごころ)(かぎ)りを(つく)(いも)()
199(かみ)大道(おほぢ)永久(とは)(つか)へむ。
200
201(いも)()(あい)(いしずゑ)(かた)()ゑて
202平和(へいわ)(はしら)永久(とこしへ)()てむ。
203
204何事(なにごと)(かみ)(したが)(すす)みなば
205妹背(いもせ)(みち)(ひさ)しかるらむ。
206
207(いも)()(きよ)(ただ)しき(まじ)はりは
208(いや)永久(とこしへ)(たの)しみ()きず。
209
210(くる)しみを(たが)ひに(わか)(にな)ひつつ
211(いさ)みて(すす)(かみ)大道(おほぢ)に。
212大正一二・五・一二 旧三・二七 於竜宮館 隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)